今夜9月29日は 満月の「中秋の名月」。 次に満月と重なるのは2023年。満月✕スパ✕サウナの力で心身浄化&露天風呂で美しい月を堪能しよう

本日9月29日は「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」です。

2023年の「中秋の名月」は「満月」と重なる特別な日です(2つが重なるとは限りません)。今夜はお天気も良く、日本全国で「お月見」をできる場所が多そうです。

満月は、相場が変化(逆転、あるいは、加速)しやすい危険日である一方、満月には心身を浄化する作用があります。本日は露天風呂・サウナのあるスーパー銭湯・スパに出かけて、心身共にリラックスさせよう!

本記事では、中秋の名月カレンダーや、なぜ秋の月はなぜ美しいか、さらに、サウナーでスパ好きな私の「満月の夜の過ごし方(心身浄化)」についても紹介します。

[スポンサーリンク]

今月の読み放題:おすすめビジネス書・自己啓発  おすすめ小説

中秋の名月カレンダー

中秋の名月カレンダー

「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」とは、旧暦の15日の夕方に出る月のことです。そのため、毎年、日が異なります。

旧暦では、秋にあたる月が、7・8・9月で、それぞれ、初秋・中秋・晩秋と呼んでいました。この中で、今でも言葉として耳にするのが「中秋の名月」です。

暦と月齢(満月かどうか)は別物です。そのため、「中秋の名月」は「満月」とは限りません。

中秋の名月と、同月の満月の日を調べてみると以下の通り。次に「中秋の名月」と「満月」が重なるのは7年後の2023年です。

中秋の名月同月の満月の日一致
2020年10月01日2020年10月02日
2021年09月21日2021年09月21日一致
2022年09月10日2022年09月10日一致
2023年09月29日2023年09月29日一致
2024年09月17日2024年09月18日
2025年10月06日2025年10月07日
2026年09月25日2026年09月27日
2027年09月15日2027年09月16日
2028年10月03日2028年10月04日
2029年09月22日2029年09月23日
2030年09月12日2030年09月12日一致

十五夜(中秋の名月)はなぜ美しいのか

十五夜(中秋の名月)はなぜ美しいのか

美しい月を眺めながら「月団子を楽しむ」というのが、秋の月の楽しみ方ですが、このようにして月を楽しむのも、旧暦15日の夜に浮かぶ月は特に美しいといわれるからです。

なぜ、秋の月は美しいのか

ではなぜ「秋の月は美しい」のでしょうか。

秋の月が美しい理由

❶空気が比較的乾燥しているから
❷月が見える高さがちょうどいいから

詳細は以下の記事にまとめています。満月を見るのにぴったりな名曲と共に紹介しているので、よかったらご確認を。

十五夜と言えば「お月見」

9月の満月と言えば、「十五夜=中秋の名月はお月見」。満月✕お団子✕すすき という秋を感じる風物詩です。

お月見という風習は、もともと中国から伝わり、平安時代に日本に定着しました。昔から、名月が愛されてきたのですね。

ただ、2023年の中秋の名月は、まだまだ夏と言った様相。我が家では本日もエアコン(冷房)が稼働中です。

「月の光」で心身浄化

月の光を生活に取り入れる

月の光を静かに眺めていると、自分の気持ちも穏やかになります。

現代人は、夜でも明るい中で暮らしているため、月のパワーを忘れがちですが、古より月(月の光)は神秘的なパワーがあると信じられてきました。特に満月は「美」と「富」との象徴で、健康を阻害するストレスや財布についた邪気の浄化に効果的とされています。

上手に生活に取り入れると、心を穏やかにできます。

露天風呂で心身の「月光浴」

月の光には心と身体の「浄化作用」があります。私がおすすめしたいのが、満月(あるいは、満月に近い日に行く)月見露天風呂

露天風呂があるスーパー銭湯に出かけると、ゆったりと、お月見しながら露天風呂が楽しめます。特に私のおすすめは、一人ではいる「ツボ湯」。脚をツボ湯の縁にかけながら、ゆったりと月を眺めると、自分の中にある「邪気」がお湯に説けていくような気がして、心が洗われていく感じが満喫できます。

また、スパでサウナで発汗すれば、体内の毒素も汗と共に排出できます。また、サウナ⇒水風呂⇒休憩でととのえば、脳のゴミも浄化されます!!

お金・お財布「月光浴」で金運アップ

誰しも、少しでも豊かに幸せになるために、お金があったらな、という思いを抱いています。

それならば月の浄化作用を利用して、お財布やお金に溜まったマイナスの気を浄化し、金運アップを図ってみてはいかがでしょうか?

方法は以下の記事で紹介しています。

気持ちを落ち着ける月ランプ

夜空に輝く月を眺めると気持ちが自然とおさまります。しかし、室内にいると、月を眺めて気持ちを静めるのは難しいものです。

そんな時は、間接照明に「月ライト」

そもそも、夜は、明るい蛍光灯の光の中で過ごすのはよくありません。良質な睡眠には「間接照明」が欠かせません。「月ランプ」なら、月の雰囲気も相まって、心を落ち着かすことができます。

日々のストレスの解消、良質な睡眠に是非。

最後に

今回は、2023年の中秋の名月にちなんで、月の雑学、及び、月の光の生活の取り入れ方について紹介しました。
忙しいと、夜空を眺めることすら忘れてしまいます。たまには、美しい月を眺めてみてくださいね。