【仮想通貨 積立投資】は半値になっても儲かる!資産シミュレーションで解説する投資のコツと始め方。コインチェック/bitFlyerなら毎日積立も可能
▼シェア&フォローする▼

急落すると、止めてしまいたくなる「積立投資」

株式を例にとれば、もともとは、長期投資でコツコツ資産を築くことを目的に始めた「積立投資」であっても、リーマンショック級・コロナショック級の下落が起こると少なくない人が積立投資を辞めてしまうのが現実です。仮想通貨の場合は、株式市場に輪をかけて値動きが激しいので、暴落時は非常に厳しい精神的苦痛に襲われます。

しかし、値動きの時間軸が短い分、チャンスもあると言えるのが仮想通貨の「積立投資」

仮想通貨を定期的に自動積立する「仮想通貨積立サービス」を利用すれば、ドルコスト平均法により毎回定額の買い付けを、値段を意識しすぎて積立実行できないといったことなく実施可能。手間なく、中長期的な仮想通貨での資産形成が行えます。

そこで今回は、積立投資のイロハから、暴落後に始めることで爆発的な利益が得られる積立投資の妙味、さらには、仮想通貨の積立投資サービス2つをまとめて紹介します。

1000円の本を毎日読めば、1ヵ月で3万円分の自己投資が実現する"神サービス"

はじめてなら、2ヵ月299円での利用も可能🥳  解約方法を事前に確認

ドルコスト平均法による積立投資とは

ドル・コスト平均法とは、毎月一定額を買い付ける積立投資法です。この方法でコツコツ積み立てを続けると、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができます。

ハイリスク・ハイリターンで一気に資産を増やす方法とは真逆の考え方で、長期投資でリスクを軽減しながら資産形成を目指すものです。初心者、また忙しい人でも最初に買付設定さえしてしまえば、手放しで投資が行えます。

ドルコスト平均法による積立投資

積立投資の威力:シミュレーションで確認

タイトルにも記載しましたが、仮想通貨積立投資は「半値」になっても儲かるってホント?って思いますよね。そこで、もっと条件を厳しくして、価格が1/5=20%まで低下した場合を想定してシミュレーションをしてみましょう。

問題

毎月1万円ずつ、10年間、ドルコスト平均法で積立投資します(10年間で積立元本120万円)。

このとき、下図のように株価が5年間下落し1/5まで下落、その後、5年間かけて元の値に戻ったとします。

さて、この時、採取的な積立評価額はいくらになるでしょうか?

積立評価額は、投資額の120万円を大きく割れているように思いますよね… さて、結果は…

驚き!積立投資シミュレーション結果

価格が1/5=20%まで下落した場合

上記質問の答えは、「¥2,414,690円」! 投資元本の2倍です!
価格が10万円から2万円まで1/5にまで値下がり後、同じ期間をかけて同じ価格に戻っただけなのに評価額2倍とは驚きませんか?

積立シミュレーション結果
積立シミュレーション(価格が1/5まで下落した場合)
詳細シミュレーション結果(計算表)PDF

上記はシミュレーション結果ですが、株価回復と同時に一気に資産が増えていく状況が確認できます。

価格が半値=50%まで下落した場合

では、今度は、「半値の5万円」まで値下がりして、積立終了時に最初の価格10万円まで戻った場合はどうなるか見てみましょう。
この場合、最終資産額は「1,663,595円」になります。投資額に対して「+38.6倍」になります。

仮想通貨積立シミュレーション
仮想通貨積立シミュレーション(価格が半値まで下落の場合)

あれ?価格値下がりが少なかった方が、資産が増えてませんね。

値下がりがキツイ方が積立投資は儲かる

ここで、資産額は以下の式で計算されます。

資産額 = 株数 × 価格

つまり、ドルコスト平均法で安値で株数を多く買い付けることで、価格が上昇した際に、それが掛け算で効き、資産額が大きく増大します。これが、暴落後に始める積立投資が非常に強力な資産を築いてくれる理由です。

暴落時に安値でコツコツ買い続けられるものが勝者となる

上記の説明の繰り返しになりますが、言葉を変えて、もう一度説明します。

通常、価格が下がると損しますよね。しかし、ドル・コスト平均法なら、価格が下がれば量がたくさん買えます。その後、価格が上昇すれば大きな利益が得られて、「安く買いつけられてよかった!」と喜べます。だから、価格が下落したときに投資を止めないことが大切です。

積立投資は上がても下がっても嬉しい

様々な相場変動での積立シミュレーションを知ると、腹を据えて投資できる

私が積立投資の爆発的な資金形成力に築かされた本があります。それが以下の本です。

上記で紹介本では、様々なシュミレーションを行いて、長期「つみたて投資」の有効性を徹底的に紹介をしています。きっと、以下のような積立投資の効果に驚くことでしょう。

積立投資の4つの見逃せない「効果」

  • 下がっても安心できる(その分口数が増える)「値下がり安心効果」
  • 損から素早く回復する「スピード回復効果」
  • 下がってから上昇する時のリターンの大きさ「リバウンド効果」
  • 始めるタイミングを悩まなくていい「タイミング・フリー効果」

積立投資で最後に笑うために大切なこと

積立投資で最後に笑うために大切なことが2つあります。

積立投資の4つの見逃せない「効果」

  • 株価が大幅下落したからといって、投資をやめてはいけない
  • 始めるタイミングよりも、投資をやめるタイミング(出口戦略)が大切

値下がりしたからといって、やめってしまっては折角の積立投資の恩恵が得られません。下がったら、ドルコスト平均法で普段より安い価格で多数の口数が購入できると喜びましょう。

そして、やめるタイミングに最新の注意を払いましょう。そうすれば、ストレスなくできる投資として、長期つみたて投資の効果は絶大です。

投資家心理と価格形成

仮想通貨:株価サイクルと投資家心理
仮想通貨:株価サイクルと投資家心理

投資家心理と価格形成:今はどの位置?

相場を見るときは、少し長期視点から、現在の価格形成を考えたときにどのように位置にあると言えか考えることが大事です。

上図は、典型的なバブル相場の価格推移とそれに伴う人のサイコロジカルサイクルの図です。バブルが生じる 株式/金/原油/ビットコインなどの価格が、今、位置にいるか考えてみると、冷静に現在の相場が分析できます。

株価サイクルと投資家心理

1. Euphoria(陶酔)
2. Complacency(陶酔、独りよがり)※間違った買い
3. Anxiety(不安)
4. Denial(拒否)
5. Panic(パニック)
6. Anger(怒り、自暴自棄)
7. Depression(降伏、意気消沈)
8. Disbelief(懐疑)
9. Hope(希望)
10. Optimism(楽観)
11. Belief(確信)
12. Thrill(スリル)  →再び、「1」へ

私の個人的な考え(現在のビットコイン)

私は、今は、中期・長期的に「11. Belief(確信)⇒12.Thrillへの移行期」にあると考えています。12.Thrillが最も急騰する時期なので、今は、まだ、十分買い参戦できるとの考えです。

以下の記事に私の2021年のビットコインに売買戦略(売却ターゲット価格とそのおおよその時期)を全4回にわたってまとめているのでご確認ください。

以下記事も合わせてご確認を。短期売買より、長期で一定期間ポジションを持つ方がよい理由がわかります。

仮想通貨積立サービス

上記の通り、私は2021年2月の段階ではビットコインは「買い」だと考えます。ただし、ぼやぼやしていると上昇についていけません。
しかし、価格は極めて高い位置にあり、従来から安値で仕込んだポジションを持っていない限り、投資できる水準でないことも十分理解できます。

だからこそ、少額&時間分散で行うコツコツ「積立投資」をおススメします。ここでは、「仮想通貨での積立投資」ができる2つのサービスを紹介します。
Coincheckつみたて
bitFlyerつみたて

仮想通貨の積立投資サービス「Coincheckつみたて」

仮想通貨の積立投資サービス「Coincheckつみたて」

積立投資は毎月一定額をコツコツ積み立てるという手間が必要です。しかしこれを自動で行ってくれるのが仮想通貨の積立投資サービス「Coincheckつみたて」です。

Coincheckつみたての特徴

「Coincheckつみたて」の特徴は以下のようになっています。

「Coincheckつみたて」の特徴

・月々1万円から積立可能
・購入単価を引き下げ、長期で安定した投資を実現
・入金から購入まで全て自動

Coincheckつみたて:申込概要

対象者CoinCheckの個人の口座保有者  Coincheck口座開設(最短5分)
取扱通貨ビットコイン ※順次追加予定
積立金額毎月1万円~10万円の範囲、1000円単位で申込可能
手数料無料
入金方法指定の銀行から毎月引落 ※インターネットバンキングからの口座振替
その他積立の利用停止を行わない限り、翌月以降も同内容にて自動的に積立
ビットコイン上昇開始以降、
値動きが激しいので
毎日1000円という投資もありかと!
chami
chami

Coincheckつみたて:積立スケジュール

積立スケジュールは毎月決まっています。
引落となる銀行口座にお金を用意しておけば、特に毎月の積立を意識することなく、自動で積立が実施されます。

年月申込/変更締切日
※毎月10日前後
引落日
※毎月27日前後
買付日
※毎月7日前後
2021/11/121/272/8
2021/22/123/13/8
2021/33/133/294/7

Coincheckつみたて:申込

Coincheckに口座をお持ちであれば、ログイン後、以下の画面で積立設定ができます。口座がない方はまずは、口座準備を行いましょう。

画面:取引アカウント>左メニュー(4つの□マーク)>Coincheckつみたて

画面にて、承諾の☑の上、「お引き落とし口座の設定をする」から銀行を選択し登録

Coincheckつみたて 申込画面
Coincheckつみたて 申込画面

bitFyler「かんたん積立」

2021年になって積立投資をはじめたのが、bitFlyer。スマホアプリ「bitFlyer ウォレット」(iOS、Android 版)で利用ができます。

bitFlyer かんたん積立の特徴

・積立は最短翌日から開始可能
・積立頻度は4種類。毎日1回、毎週1回、毎月2回、毎月1回から選択
・積立金額は1回当たり1円~100万円まで
・利用手数料は無料
・自動積立の設定はアプリからのみ

積立は、bitFlyerに入金されている日本円残高から自動で積み立てられるため、積立日より前に入金が必要になります。日本円残高が不足する場合は積立はお休みとなります(自動積立は解除されません)。

自動積立の設定はアプリからのみとなっていますが、設問に答えていくだけなので難しくありません。アプリ画面下右端にある「メニュー」から設定できます。

かんたん積立投資設定のながれ

設定は簡単です。
❶アプリメニュー内の「かんたん積立」を選択し、積立したい暗号資産をタップ
❷積立頻度を選択
❸積立金額を入力

上述した通り、ビットコイン投資に関しては、一日も早く始めるのが最良策!
アクションを起こすことが大切です!
chami
chami

最後に

今回は、株式だけでなく、仮想通貨でも資産形成に役立つ暴落(バブル崩壊)後の積立投資について紹介しました。

まずは、1万円からでも積立投資をはじめ、値上りした際の効果を実感してみるといいと思います。

また、コツコツじっくり仮想通貨投資をするなら、貸仮想通貨取引についても要チェックです。

取引戦略の幅を広げる!オススメ仮想通貨口座

私の仮想通貨取引は長期保有が前提。大きく下落したら買う(買い増す)が前提です。
この場合、買いポジションを貸出すことで金利相当が期間に応じて受け取れる「貸仮想通貨サービス」がある仮想通貨取引事業者に口座を持つことが非常に大事になります。
以下は貸仮想通貨サービスがあるおすすめFX事業者です。

ただし、申し込みが多いせいか、現在は、受付停止中の企業が多し!
bitbankのみ、月ごとに申込募集の連絡があります。

Coincheck
コインチェック
bitbank
bitbank
取引手数料0キャンペーン
GMOコイン
サービス名貸仮想通貨サービス
現在受付停止中
暗号資産を貸して増やすサービス
月ごとに受付募集中
貸暗号資産サービス
現在受付停止中
貸出通貨数11通貨
BTC, ETH, ETC, LSK, XRP, LTC, BCH, XLM, XEM, QTUM, BAT
7通貨
※2020/11/2より全暗号資産に対応
BTC, XRP, LTC, ETH, MONA, BCH, XLM
9通貨
BTC・ETH・BCH・LTC・XRP・XEM・XLM・OMG・BAT
満期期間と利率(年利)14日:1%
30日:2%
90日:3%
365日:5%
1年:1~3%

申込量に応じて年率が変動
(預入数量が多いほど年率UP)
例)BTCの場合
1≦数量<5BTC:1%
5≦数量<10BTC:2%
10≦数量≦50BTC :3%

1ヵ月:1%
3ヵ月:3%
貸出数量
※BTCの場合
10万円相当以上、上限なし最小1BTC、最大50BTC最小0.1BTC、最大100BTC
途中解約不可手数料5%償還時に受取予定の貸借料の10%
受付・募集期間随時
買入可能枠上限に達している場合は、枠ができ次第承認
募集期間あり随時
貸出開始:毎月15日
メリット・スマホアプリが非常に使いやすい
・取引通貨量が多い
・レンディングの利息が良い
その他特徴マネックスグループの安心感
Coincheckつみたてで毎月積立が可能(全通貨対応)
LSKの保有量に応じて、ステーキング報酬が毎週もらえる
暗号通貨取引所国内No.1(2020年2月)
ライトコイン、リップルの板取引は国内ではここだけ
スマホで本人確認なら取引まで最短1日
GMOグループの安心感
・口座開設、および、取引に応じたキャンペーン多数
口座開設口座開設 口座開設 口座開設

上記より、金利面で言えば「Coincheck」が有利ですね。「coincheckつみたて」で月1回、或いは毎日積み立てることもできます。

一方、bitbankやGMOコインはレバレッジ取引もできるので、短期売買口座で資産効率よく投資したい方は便利ですね。

LINEの仮想通貨取引所「BITMAX」の貸出サービスについては、以下の記事をご参考に。
※現在はキャンペーン終了

貸し出しレートは以下の通り
ただし、申し込みが多すぎるためか、2020年11月27日現在、現在、受付停止中
・ビットコイン 2.7%(0.5BTCまで)
・イーサリアム 3.4%(20ETHまで)
・リップル 2.0%(25,000XRPまで)
・ビットコインキャッシュ 2.7%(20BCHまで)
・ライトコイン3.1%(50LTCまで)

chami
chami