※更新:2018年6月3日

4画面以上のマルチモニター環境を構築しようとすると必要なのが「幅広デスク」
幅が広いだけでなく、モニター(ディスプレイ)の重さに十分耐えられる頑丈さも必要になります。

具体的に、どんなデスクが必要でしょうか?

デスクの幅

まず先に、私chamiが4画面のマルチモニター画面の構築にオススメするモニターのインチ数は23~28インチです。もっと大きい画面も魅力的ですが、あまり画面が大きいと、視線移動が広くなり、結局、最も見やすい1画面に視線が集中してしまう、というのが私の経験です。

デスク横幅の計算
1インチ=2.54cmです。デスクの幅は、並べて何台置くかで決まります。
4画面=2×2画面構成なら2画面の横幅、6画面=3×2画面なら3画面分の横幅が必要です。
具体的には、画面の縦横枚数に応じて以下のような幅の机が必要になります。

 横:2画面×縦:2画面 
 モニタ横幅(机サイズ)
 横:3画面×縦:2画面 
 モニタ横幅(机サイズ)
23インチ 116.84cm(机幅:120cm) 175.26cm(机幅:180cm)
28インチ 142.24cm(机幅:140 or 160cm) 213.36cm(机幅:220cm)

28インチの場合、横3台×縦2台=6面構成の場合、もはやかなり横幅が広すぎて見づらいですね。

デスクの奥行

奥行は、モニターアームの取り付けの都合、自宅用デスクとして流通量の多い奥行60cmのデスクはオススメできません。
書類を広げたりすることも考えると奥行70cmは欲しいところです。

デスクの総耐荷重

4面マルチモニターを設定しようとすると、モニターアームとモニターで30~40kg(※)ぐらいになります。書類なども置くことを考慮すると最低でも総耐荷重50kgは必要であり、しっかりとした机が必要になります。
※モニターアームが8~9kg、モニターが5~8kg×4台 → 30~40kg

クランプ式モニターアームが取付が可能か

最も一般的なモニターアームの設置方法はクランプ式です。取付具をデスクの天板にがっちりと固定し、モニターを取り付ける支柱を設置します。
故、机の背面側天板が5~10cmぐらいはフラットであることが求められます。


グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム 5軸 クランプ式 4アームモデル
(モニターサイズ:32インチまで) GH-AMCG03
¥6,980

結論:マルチモニター設置用オススメデスク

上記を考慮して、低価格なデスクを探した結果がこちら。

PLUS(プラス)
平机 幅120×奥行70cm ¥13,865
平机 幅140×奥行70cm ¥18,576

色:4種類あり
  ホワイト×ブラック、ホワイト×ホワイト、
  木目×ブラック、木目×ブラック

カグクロ
W1200×D700×H700mm ¥12,852
W1400×D700×H700mm ¥17,064
プラス RJDeskIIシリーズ
W1600×D700×H700mm ¥34,203

コメントを残す