FX/株式取引用におすすめなノートパソコン10選。デイトレ投資&ビジネス兼務のPCスペックを初心者にもわかりやすく解説 2020年9月
▼シェア&フォローする▼

私にとって最も重要なアイテムともいえるノートパソコン
ビジネス用途はもちろんFX取引、株式取引などの投資用パソコンとして、一日最も長く使うアイテムです。だからこそ、妥協することなく納得のいくものを選びたいものです。

そんな私が選ぶのは機能性・操作性・持ち運び性に優れたモバイルノートPC。これからの時代は、ビジネスだってFX・株投資だって場所にとらわれず実現できる環境が必要。具体的には、外出先ではPC1台、自宅・オフィスでは、高機能モバイルノートPCに外部モニターを接続したマルチモニタ環境で仕事&投資。それらをかなえてくれるパソコンがベストだと考えています。

そこで今回は、パソコン初心者にもわかりやすいように投資用パソコン(デイトレパソコン)に必要なパソコンの性能(スペック)について解説。さらに売れ筋・人気のおすすめノートPCについても紹介します。

また、私が使用中のノートPC(ThinkPad Carbon X1)のレビュー、および、PCを購入する際に戸惑うビジネスに必須のMicrosoft Officeの購入 についても私の意見をまとめました。

注目情報
本ページで紹介のノートPC価格は、Amazonの価格をベースとしています。
セールで割引クーポン価格が適用可能なことが結構ありますが、それらの割引は考慮してないため、もっと安くなる可能性があります。

割引クーポンは以下の図のように各商品ページにて案内されているのでご確認を!
 
モバイルモニター割引クーポン

目次

1000円の本を毎日読めば、1ヵ月で3万円分の自己投資ができる
自己研鑽の"神サービス"


対象者は2ヵ月199円での利用も可能!
※対象者にはアイコン↑クリックでキャンペーン価格が提示

ノートPCでFX・株式などの投資環境を構築するメリット

この記事をご覧になられているあなたは、本業として1日中モニターに張り付いてトレードを行うプロのトレーダー/専業デイトレーダーさんではありませんよね?

プロトレーダーではなく、通常の仕事をもつ兼業投資家であるなら、仕事に投資にマルチに使える機能性・操作性・持ち運び性に優れた「モバイルノートPC」がトレード用パソコンとしても便利だというのが、私の考え。

最近のモバイルノートPCはトレーディングPCに必要な機能をコンパクトなボディで実現しており、以下の点では、デスクトップに勝っています。

ノートPCの方がデイトレPCとして勝っている点

・外出先でもいつもと同じ環境で投資可能
・場所を取らない
・UPSの代わりにバッテリを備えている

株・FXにもノートパソコンがおすすめ

「持ち運び」は最大の強み

何と言っても、モバイルノートPCならどこにでもFX用/株用の取引環境を持ち運べるというのが最大の強み。自宅内でも、ベッドやソファなどでリラックス環境でチャートチェックができますし、災害時もノートPCをもって海外逃亡することだってできます。

バッテリーにより突然の停電でも問題なし

停電や容量オーバーによるブレーカー落ちの場合も、バッテリーを備えているのでいきなり電源落ちの心配がありません。停電で自宅の光ネットワークが使えなくても、簡単にスマホにテザリングしてネットワークを確保したり、wifi環境がある場所に出かけられるというのも大きな強みです。

ノートPCならいきなりの停電でも大丈夫
ノートPCならいきなりの停電でもバッテリーがあるからデイトレ中でも大丈夫

ノートPCの弱点”表示力”は「外付けマルチモニター接続」で克服

ノートPCがデスクトップ機に劣る点はグラフィック性能(表示エリア)。

正直、ノートパソコンのスペックで4台、6台といったマルチモニター環境を構築するのは無理。ノートパソコンの動作が非常に遅くなったり、落ちたりして仕事になりません。このような場合は、デイトレ専用デスクトップパソコンを用意すべきです。

しかし、今回紹介するノートPCならUSBグラフィックアダプターとの接続により、2台の外部モニターの接続でマルチモニター化は可能。表示領域が広がるので、例えば、ノートPC画面では仕事、外部モニターではFX,仮想通貨などのデイトレチャート表示が可能です。外部モニター2台+ノートPCモニター=トリプルディスプレイでOKならこれから紹介するノートPCでデイトレ専用パソコンとして完全投資用環境としてもよいです。

USBグラフィックアダプターについては、以下の記事にて詳細解説しています。

ノートPCでマルチモニター化する場合の注意点:PCスペック

私は、仕事や投資に使うノートPCは、費用をケチってはいけないというのが基本的な考え。スペック不足でパソコン動作が鈍かったり、肝心な時にパソコンがフリーズしてしまっては本末転倒です。

必要以上に高価なパソコンを買う必要はありませんが、パソコンのスペック不足は買い替えも早めるので「安物買いの銭失い」になります。

それ故、私は安価なエントリーモデルは勧めません。移動も考慮し、ビジネスモバイルPCモデルがベストな選択と考えます。多少高くても、最新モデルなら4~5年は十分使えます。

そのためには、ノートPCには以下のスペックが必要です。

仕事や投資でストレスなく動くノートPCに求められる必須スペック

必須スペック要件
メモリは最低8GB(できれば16GB)
4k出力(解像度:3840×2160)に対応
CPUはインテルCoreプロセッサ第8世代以上 ※2020年3月時点で最新は第10世代

その他スペック要件
・ディスクは256GB以上のSSD
・外出時の利用の観点から、できれば、生体認証搭載モデル(指紋認証など)がGood

快適に動作するノートPC必須スペック

 

最新動向:ノートPCは極薄超軽量モデルに人気!オススメPC 10選

では、デイトレードにも問題なく使える人気になっているノートPCはどんなモデルなのか?

働き方改革の影響もあり、在宅や外出先で仕事をすることが増えているため、ノートPCはモバイルPCへの関心が上昇。近年、ディスプレイのフレームを狭めた狭額縁デザイン化が進み、ノートPCの筐体サイズはそのままに、ディスプレイサイズがワンサイズ大きくなった、「13インチサイズ14インチディスプレイ搭載のノートPC」に人気が集まっています。

また、購入時に便利そうに見える2in1 PCより、ノートPCも本来の機能である「小型・軽量・極薄ながら仕事もサクサクできるビジネスモバイルPC」に原点回帰しています。

上記を考慮し、仕事もバリバリこなす兼業投資家向け、スペックを妥協しないオススメモバイルPC 上位10台(10万~20万円)を厳選しました。

【1位】安さNo.1:マウスコンピューター mouse X4-i7

マウスコンピューター mouse X4-i7-E

第10世代Core i7プロセッサ搭載のmouse X4シリーズ機
プロセッサ インテル® Core™ i7-10510U、メモリ 8GB(16GBまで拡張可能)、容量256GBで快適なパソコンワークに申し分ないスペックを搭載した、重さ1.13kgの軽量ノートPC

ナローベゼルデザインで13.3型クラスの本体に14型液晶を搭載で【テレワークにも最適】。バッテリー約 12.0時間駆動で1日外出でも電源ケーブル不要でパソコン1台で外出できる。

また、外部インターフェースにHDMI x1、USB2.0 x1、USB3.0 x3を搭載しているので、自宅・オフィスでの外部機器拡張も不自由なし

このスペックで標準価格99,800円(税抜)はコスパ最強。

【特価セール中】マウスコンピューター mouse X4-i5

上記No.1おすすめモデル mouse X4-i7より、もう少し安いモデルをお求めなら、mouxe X4シリーズのエントリーモデル、第10世代Core i5プロセッサ搭載の「mouse X4-i5」がおすすめ。

mouse X4-i7と基本構成は同じでCPUのみ異なるモデルですが、こちらは、11/23スタートのセールで、1万円引きとなっており、お買い得です。

マウスコンピューター mouse X4-i5icon89,800円→79,800円(税別)
【10/7(水)11時までの限定】1万円引き!
マウスコンピューター公式

「mouse 期間限定セール」で最大6万円OFF
iconicon

只今、マウスコンピューターでは、mouse 期間限定セール」を開催
エントリーからプロ用まで各種パソコンがセール対象となっています。
・クリエイターPC(DAIV)
・ゲーミングPC(G-Tune)
・ノートパソコン(mouse)
・デスクトップパソコン(mouse)

【2位】14型で世界最軽量!870g:ASUS Expertbook B9

ASUSのノートパソコンExpertbook B9は13インチクラスのボディサイズでの14インチ画面を実現した軽量ノートPC。プロセッサーにCPUにインテル Core I5-10210U プロセッサーを搭載。最安モデルでメモリ8GB、ストレージ 512GB SSDを搭載しています。

「最軽量モデル」と「大容量バッテリーモデル」がありますが、どちらも最安モデルは価格127,091円(税別)。このスペックは凄すぎです。

超軽量モデル:870g/最長15時間バッテリー
 型番 9450FA-BM0504Ticon
大容量バッテリーモデル:995g/最長30時間バッテリー
 型番 B9450FA-BM0502Ticon ※在庫あり

スペック増強シリーズ紹介
Expresbook B9シリーズには、SSD、メモリを増強したシリーズもあります。

ASUS Expertbook B9の基本スペック
インチ : 14型
CPU : インテル® Core™ i5-10210U
OS:Windows 10 Home

モデル型番メモリSSDオフィス価格(税別)
超軽量9450FA-BM0504Ticon8GB512GBWPS
Office
127,091円
大容量
バッテリー
B9450FA-BM0502Ticon8GB512GBWPS
Office
127,091円
超軽量B9450FA-BM0500TS
icon
16GB512GB177,091円
大容量
バッテリー
B9450FA-BM0501TS
icon
16GB512GB177,091円
超軽量B9450FA-BM0323TS
icon
16GB1TB199,819円
大容量
バッテリー
B9450FA-BM0295TS
icon
16GB1TB199,819円

【3位】ビジネスユーザの王道:レノボ ThinkPad X1 Carbon

ウルトラスリム モバイルノート Lenovo yoga S730

私が使っているThinkPad X1 Carbonは、まさにモバイルノートPCの王道ともいえるPC。ビジネスユーザやPC上級者を中心に安定した人気を誇るシリーズです。
極薄、高性能、大画面と機能面でも高評価で価格とのバランスもいいです。また、キーボードの打ちやすさにも定評があります。

X1 Carbon(2019)は、わずか約14.95mmの薄さで、約1.09kgのスリムで軽量なボディを採用。第8世代プロセッサーインテル Core i5-8265U※、8GBメモリ、256 SSD、14.0型FHD液晶 (1920×1080)を搭載。最大18.9時間バッテリー駆動。
※予算はUPしますが第10世代プロセッサーインテル Core i5-10210U プロセッサーモデルもあり

私の使用する2台のノートPCの一台がThinkPad X1 Carbonシリーズ。2位のDELL XPSシリーズと比較して良い点は、キーボードのストロークの心地よさと、Thinkpadならではのマウス代わりのポインティングデバイスです。使用感は後述