▼シェア&フォローする▼

資産形成・老後資金形成の新しい運用先として注目を集めるクラウドファンディング。

値動きの心配一切なし。投資案件を見極めてしまえば、後は期日が来るまで「ただ待つ」だけのミドルリスク・ミドルリターンの投資方法で、株式・FXに比べて忙しいビジネスマンでも投資がしやすいと注目されています。

クラウドファンディングといっても、いろいろありますが、中でも人気があるのは「投資型のクラウドファンディング」。この投資型の中でも最も人気があり、運用規模が拡大しているのが、融資型クラウドファンディング=ソーシャルレンディング)」と「不動産型クラウドファンディング」です

今回は、注目のソーシャルレンディングサービスを中心に、以下の内容について紹介します。

本記事でわかること

・クラウドファンディングサービスの概要
・投資型クラウドファンディングの4つ種類とその特徴
・ソーシャルレンディングサービス一覧(特徴・利回り・運用期間)

クラウドファンディングサービスの全体像

クラウドファンディングには、大きく分けて3つの種類があり、「寄附型」「購入型」「投資型」があります。
今回取り上げるのは最も人気がある「投資型クラウドファンディング」で、こちらも「融資(貸付)型」「不動産型」「株式投資型」「ファンド型」の4つに大別されます。

投資型クラウドファンディングの4つのタイプ

投資型クラウドファンディングの4つのタイプの中で、人気を集めているのが「融資型クラウドファンディング=ソーシャルレンディング」「不動産型クラウドファンディングです。それぞれの特徴をまとめると以下のようになります。

タイプ特徴リターン代表的なサービス
融資型・いわゆるソーシャルレンディング(ソシャレン)
・サービス数会社が多い
・投資規模の額・伸びも大きい
融資の利息分配金
5%~10%
クラウドバンク
SBIソーシャルレンディング
クラウドクレジット
SAMURAI FUND
ネクストシフトファンド
不動産型・不動産投資に特化
・融資型に続く投資額
不動産売却益・家賃収入にの分配金
5%以下が中心
CREAL
FANTAS funding
Rimple
SYLA FUNDING
株式投資型IPOやM&Aが見込める中小企業やベンチャー企業を対象普通株・新株予約権
10倍~を狙う
FUNDINNO
ユニコーン
ファンド型リターンが金銭とは限らず、プロジェクトに基づく事業売上に応じた分配金、他Funds

投資商品のリスク×リターン関係

では、従来からの投資商品に対して、ソーシャルレンディングや不動産型クラウドファンディングのリスク×リターン関係はどのようになるでしょうか。

投資商品のリスク×リターンの関係をまとめたのが以下の図です。
クラウドファンディングの中で、投資商品として人気が集まっているのは、年利回り5%前後の安定した利回りが得られる「ソーシャルレンディング」や「不動産クラウドファンディング」に人気が集まっています。

ソーシャルレンディング:投資商品とリスク・リターンの関係

ソーシャルレンディングサービス一覧(特徴・利回り・運用期間)

さて、ソーシャルレンディングがクラウドファンディングの一部であり、中でも一番の人気を集めていることが分かりましたね。
でも、具体的にどのサービスを利用したらよいでしょうか?

以下に各サービスの特徴、利回り目安、運用期間目安をまとめました。投資の参考にしていただけると幸いです。

なお、中には、投資家登録キャンペーンを開催している企業もあります。具体的な案件の詳細は口座を開設しなければ見れないものも多いです。また、口座を開設していないとそもそも魅力的な案件の募集が始まってもエントリーができず、残念な思いをすることになります。お得な機会に口座を開設し、情報取得を開始されることをお勧めします。


 クラウドファンディング会社一覧
社名特徴利回り目安
運用期間目安
融資型(ソーシャルレンディング)
オススメ!
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング
日本屈指の金融グループSBIの信用力
・常時募集の不動産担保ローンファンドと随時募集のファンドあり
・募集案件も大きく人気
・申込の人気が高く、クリック合戦状態
・1万円から投資可能
・延滞案件でも回収実績あり、信頼性に寄与
3.0~10%
4~36月
オススメ!
Crowd Bank
(クラウドバンク)

クラウドバンク
過去にデフォルトなしである点が最大の武器
・安定的な募集があり、申込しやすい
・証券会社(第一種金融証券取引業)が運営する安心感
・1万円から投資可能
5.0~7.0%
2~36ヵ月
オススメ!
クラウドクレジット
海外案件を扱う案件で最も信頼性が高い
・新興国を対象とする高利回り案件に投資可能
・1万円から投資可能
・SBI、三菱UFJ、LINE、伊藤忠などが株主である安心感
【4/28迄】新規登録&20万円以上の投資でビットコイン最大10万円もだえるキャンペーン
5.5~11.0%
13~31ヵ月
SAMURAI Fund
SAMURAI Fund
・JASDAC上場企業の完全子会社が運営
保証付きや上場企業の連帯保証付き案件が魅力
・1万円から投資可能
5.0~9.0%
3~24ヵ月
LENDEX
(レンデックス)

LENDEX
案件の大部分に担保を設定。LTV80%以下
・国内不動産案件に特化
・東急リバブルと事業提携し、不動産担保の評価額に利用
・2万円から投資可能
・1年以内の短期投資が中心
6.0~12.0%
6~12ヵ月前後
Pocket Funding
(ポケットファンディング)

Pocket Funding
人口増加率国内トップクラスの沖縄の高利回りファンドに投資が可能
・LTV70%以下の保全背の高いファンドを提供
・沖縄で認知度の高い財全グループが運営
・軍用地投資、ホテル・観光施設案件などにも投資可能
・1万円から投資可能
4.0~9.0%
3~24ヵ月
CAMPFIRE Owners
CAMPFIRE Owners
購入型国内最大級のクラウドファンディングCAMPFIREグループが運営
・国内・海外も含めた様々な事業案件を予定
 農業、古民家再生、待機児童対策幼稚園 等
・一般的に従来の金融機関・金融サービスでは取扱いが
 難しい資金需要に対し、資金調達機会の提供を目指す
・1万円から投資可能
1.5~8.0%
10ヵ月~
ネクストシフトファンド
社会的インパクト投資【ネクストシフトファンド】
鳥取銀行が株主
・躍進中の新興国への投資を実施
・社会的インパクト投資に特化(社会問題解決への貢献と経済リターンの同時追及)
・2万円から投資可能
4.5~7.2%
12ヵ月~
New!
CRE Funding
CRE Funding
東証一部上場のCREグループが運営
・安定性の高い物流不動産ファンドへの投資
・第二種金融商品取引業者による厳格な案件審査
・1万円から投資可能
・案件はこれから ※現在は1件(成立済み)のみ
3.0%
12ヵ月
不動産投資型
CREAL(クレアル)
CREAL
不動産投資型では運用資産残高No.1
・運用資産残高約300億円の不動産アセットマネジメント会社※が運営
 ※ブリッジ・シー・キャピタル
・募集案件が大型で、申込時もクリック合戦とならず申込可能
・優先劣後方式で一定割合の下落はCREALが負担
・1万円から投資可能
3.5~5.0%
6~24ヵ月
FANTAS funding
FANTAS funding
空き家再生を中心に高利回り案件が対象
・新築マンション開発、中古ワンルームマンションも対象
・優先劣後方式で2~3割以下の下落はFANTASが負担
・1万円から投資可能
8~10.0%
6~12ヵ月
SYLA FUNDING(シーラファンディング)
SYLA FUNDING
驚異の入居率99.8%を誇る自社ブランド物件への投資が可能
・優先劣後方式で3割以下の下落はSYLA FUNDINGが負担
・投資期間が数ヵ月と短いものも多く、投資しやすい
・募集は抽選方式。投資上限100万円
4.2~4.6%
3ヵ月
New!
Rimple(リンプル)
Rimple(リンプル)
東証一部上場のプロパティエージェントが運営
・永久不滅ポイントを使ったポイント投資が可能
・都心に特化した高利回りの優良物件を取り扱い
・優先劣後方式で3割以下の下落はRimpleが負担
・1万円から投資可能
5.0%前後
6ヵ月
株式投資型
FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPOやバイアウトを目指す企業への投資が可能
・投資が成功すればリターンは10数倍以上
・エンジェル投資税制の適用案件が多い
・10万円前後から投資可能
【4/30迄】ベンチャー投資が日本をもっと明るくする
 投資家登録でAmazonギフト券 1,000円分プレゼント
 キャンペーン

最後に

今回は、クラウドファンディングを理解するための基礎情報と、具体的なサービス会社の特徴(利回り目安、運用期間目安)について紹介しました。

投資には分散投資が欠かせません。また、情報収集が必須です。
サービス会社、案件を分散して、投資することが大事です。上記情報をもとに、興味を持った数社から情報収集されてみてください。

待つだけ投資!クラウドファンディング・ソーシャルレンディング
クラウドファンディング・ソーシャルレンディングを始めよう

資産形成・老後資金確保のために投資の必要性は十分感じているけれど、リスクの高い投資は避けたいし、毎日、チャートチェックして投資タイミングを計るのは時間的にも難しい。
そんな方向きの一つの投資方法として、注目を集めるのが貸付型(融資型)のクラウドファンディング「ソーシャルレンディング(ソシャレン)」です。

投資の特徴を学ぶ
クラウドファンディング とは(種類、市場規模、拡大の理由、メリット、リスクなど)
ソーシャルレンディングサービス比較一覧(特徴、利回り、運用期間)
ソシャレンで利回り6%で増やす資産形成(利回り計算シミュレーション)
デフォルト歴なし!クラウドバンクのソシャレン投資
ソシャレンの早期償還:メリットとリスク
ソシャレンの税金と確定申告

クラファン会社の特徴
融資型  :クラウドバンク SAMURAI Fund 
不動産型 :Rimple SYLA Funding
株式投資型:FUNDINNO 

私の”実”投資案件
クラウドバンクの太陽光発電ファンドへの投資の理由
なぜ再び? 太陽光発電ファンドへ2回目の投資
【比較】仮想通貨レンディングのメリット・デメリット、国内サービス比較を徹底解説

理解を深めるための良書書評
家入一真 著「なめらかなお金がめぐる社会。」

▼シェア&フォローする▼
この記事を書いた人

chami(チャミ)

chami(チャミ)

好奇心旺盛に楽しく生きるをモットーとする、弱小個人投資家。
身銭を切って、株/FX/CFD/仮想通貨など取引。以下の2点を投資の基本方針に、税・節約なども意識し、賢く資産を増やす方法を探求中。

・税制優遇制度はしっかり利用し投資
・市場を問わず、底値買いして一定期間保有

趣味は、海外旅行読書ジムサウナ
ライフ:気軽なバツイチ、おひとりさま女

▼皆さんのフォロー・お便りが励みです▼

コメントを残す