マルチディスプレイ(デュアル/トリプル)に最適なおすすめ20選。サブモニター最適サイズ/解像度など選び方も紹介 2020年
▼シェア&フォローする▼

仕事に投資作業効率・作業スピードの向上のためにもはや必須ともいえるマルチディスプレイ環境。

オフィスに限らず、個人宅でも複数のディスプレイを使用されている方は多いでしょう。

まだ、マルチディスプレイ環境をお持ちでない場合は、できるだけ安いディスプレイでもいいかなとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、せっかく作業効率・生産性アップのためにディスプレイを購入するなら、単純に安さにこだわるだけでなく、押さえておきたいポイントがあります。

そこで、マルチモニター歴10年以上のChami@poststand)が、マルチモニター環境の構築時に 考慮しておきたいサブディスプレイのサイズ/解像度/その他ポイント、おすすめモニターをまとめて紹介します。

要チェック!
本ページで紹介の商品の内、割引クーポン価格(1,000~5,000円割引)が適用できるケースがあります。
割引クーポンは各商品ページにて案内されています。クーポンを利用したい場合は、チェックをしないと適用されないので、お忘れないように!
※本ページで紹介価格は、「割引クーポン適用前」の価格です。
 
モバイルモニター割引クーポン
1000円の本を毎日読めば、1ヵ月で3万円分の自己投資ができる
自己研鑽の"神サービス"


対象者は2ヵ月199円での利用も可能!
※対象者にはアイコン↑クリックでキャンペーン価格が提示

マルチディスプレイ用のモニターの選び方

最低限、押さえておきたいのは以下の項目です。

マルチモニター・サブモニターの選び方

①見やすいモニターサイズ(インチ数)
②多くのチャートを表示するために解像度(フルHDMI 1980×1080以上)
③ノングレア(非光沢)
④スリムベゼル
⑤同じディスプレイでそろえる
⑥モニターアームに取付可能(VESA規格)

以下で分かりにく③~⑥について追加解説します。

マルチモニターの選び方①:モニターサイズ

一般的なパソコンデスクの奥行きを考えると、確保できるモニターまでの視野距離は50~60cm。一方、健康面を考慮(目や姿勢)すると「視野距離はモニタサイズの1.5倍」が理想とされています。

仕事用の4Kモニターなら28インチ、32インチぐらいがベスト

この点を考えると、仕事用モニターの理想サイズは28インチ~32インチ。このサイズなら、視線を左右に移動させる必要もありません。一方、これ以上小さいモニターは、文字が小さくなりすぎて、見にくくなるためせっかくの高解像度を活かしきれません。
※モニターまでの距離をもっとゆったり確保できるなら、もう一回り大きいモニターの方が見やすいです。

サイズごとの特徴

28インチ:ゲームに最適。これ以下のサイズになると、拡大しないと文字が小さい
32インチ:机の奥行きを考えた場合、バランスが良いサイズ感
43インチ:表示スケーリング100%サイズ。作業エリアが非常に広い

ゲームや映像を楽しむことを前提とするなら、視野距離を確保できるためのでもっと大型でも構いません。テレビの場合、40インチ型で6畳、50インチ型で8畳が一つの目安です。

マルチモニターの選び方③:ノングレア(非光沢)

エクセル、メールなど仕事で使うことが前提なら、「ノングレア(非光沢)」なモニターを選びましょう。
表面に光沢のあるモニターは、見た目はきれいです。しかし、長時間使うと目が疲れます。仕事で長時間使う場合は非光沢なノングレアタイプのディスプレイにしましょう。

マルチモニターの選び方④:スリムベゼル

ベゼルとはディスプレイの枠の部分です。この部分が小さいほうが、モニターがすっきり小さくてすみます。特に、複数台のモニターを並べて使用する場合、ベゼルがスリムの方が邪魔にならずに作業効率が上がります。

例えば、【Amazon.co.jp限定】ASUS フレームレス モニター 23インチはフレームの厚さが薄さ7mmのウルトラスリムで、ディスプレイを並べても、ベゼルが気になりません。

 

マルチモニターの選び方⑤:同じディスプレイでそろえる

経験上、同じディスプレイでそろえるか否かは、作業効率にかなり影響を与えます。
モニターサイズが不揃いだとどうしても自分がお気に入りのディスプレイばかりに視線が集中してしまい、マルチディスプレイの利便性が低くなります。安いディスプレイでいいので、同じディスプレイで統一しましょう。

マルチモニターの選び方⑥:モニターアームに取付可能(VESA規格)

モニターアームを使うにはVESA規格対応モニターであることが必須ですVESA規格とは、「VESA」という業界団体が策定した規格で、モニターアームなどに取り付ける際のネジ穴の幅や大きさが決まっています。このタイプなら、購入時のモニタースタンドは取り外しができます。

おすすめ マルチディスプレ向き フルHDディスプレイ

Amazonのディスプレイ売れ筋ランキングを見ると、解像度はフルHD(1920×1080)の1万円台のモニターが人気です。Chami的には4kディスプレイがおすすめですが、はやり価格の安さも重要ですよね。

そこで、今回はフルHDディスプレイをメインにおすすめディスプレイを厳選し紹介。23インチなら1台1万円前半の価格でお求めが可能です。

なお、より表示にスペックが求められるゲーミングモニター、外出が多い方向けモバイルモニター、より解像度が欲しい方向けに4Kディスプレイのおすすめモデルについても、ページリンクで紹介します。

エントリーモデル:仕事での資料表示がメイン

通常のテキスト編集や表計算柵瀬などの仕事、またはトレードなどに使うディスプレイなら、高いモニターを購入する必要はありません。
また、Amazonで最も売れているモニターサイズは「23~24インチ」、次に売れているのが「27インチ」になります。このサイズなら、デュアルディスプレイ、トリプルディスプレイでも見やすく、価格もリーズナブルです。

また、最近は、フリーアドレスオフィスや外出がちなビジネスマン、さらには在宅ワーク用のサブモニターとしてモバイルディスプレイが売れています。

23インチディスプレイ

1万円台前半で購入可能なHDディスプレイが多数あります。安いモデルでも大丈夫ですが、より信頼性を重視する場合は、ディスプレイに定評のあるiiyama製などを購入するとよいでしょう。

27インチディスプレイ

値段の中心は1.5~1.8万円です。

モバイルサブディスプレイ

最近は、フリーアドレスオフィス、或いは外出が多いビジネスマンに、さらには、在宅ワーク用のサブモニターとして「モバイルディスプレイ」が売れています。価格も従来に比べかなり安くなってきています。15.6インチ×フルHD×タッチパネル非搭載のモバイルモニターなら2万円を切るモデルもあります。

モバイルディスプレイについては、以下の記事にてご確認ください。モデルラインナップが多いのは15.6インチです。

ハイスペック:ゲーム・映像、イラスト作成・映像制作に利用

ゲームや映像を楽しみたい、イラスト・映像制作にご利用の場合は、映像を快適に映し出す「ゲーミングモニター」がおすすめです。
ゲームや映像処理には、高度な映像処理速度が求められます(リフレッシュレートの高さ反応速度の速さ)。これら処理機能に優れるものを購入することで、より臨場感のあるゲームや映像が楽しめます。

一つの目安として、以下の数値を基準に選びましょう。特に、リフレッシュレートが価格に大きく影響し、その分、クオリティの高い映像が楽しめます。

リフレッシュレートの高さ:144Hz ※高いと良い
反応速度の速さ     :1ms ※低いとよい

240Hz以上の高リフレッシュレートモデル

240Hz以上の高リフレッシュレートモデル。映像がきれいで売れている!

もっと大きいディスプレイが欲しい 31.5インチディスプレイ

今現在、フルHDディスプレイの場合、主流となるモニターサイズは23~27インチのモニターです。31.5インチ以上のモニターを購入される方は「4kディスプレイ」を選択される方が多いです。

しかし、フルHDでも31.5インチ以上のディスプレイが欲しいという方のために、フルHD 31.5インチディスプレイも紹介します。

created by Rinker
マウスコンピューター
¥24,736 (2020/09/28 08:11:57時点 Amazon調べ-詳細)

見やすさ&肩こり軽減に「モニターアーム」

モニターアームを導入すると、高さや奥行き調整が簡単にできるためディスプレイが圧倒的に見やすくなります。高さ調整で猫背対策、向き調整で無理な姿勢対策ができるので、肩こりや腰痛も大きく軽減されます。
以下にオススメモニターアームを解説しているので、是非、ご確認を。

ChamiのPC・モニター環境
私Chamiは、ノートPCを2台使っていますが、そのうちの1台のノートPCには2台の外部ディスプレイを接続。自分自身の作業内容的に効率の良いよう、「縦画面2枚」にしています。

簡単に縦2画面にレイアウト変更可能
「縦+縦」画面レイアウトで仕事効率UP

通常の仕事利用の場合、Excelで横に長い表の扱いを除き、資料作成、プログラミング、ネット調査(ブラウザ閲覧)などは縦長配置の方が圧倒的に作業効率がUPします。

以下のサンワサプライのガス圧式×画面180度回転型のモニターアームなら、仕事の内容に合わせて、画面レイアウトを横+横、縦+縦、横+縦に自在に変更可能。仕事内容に応じて簡単にレイアウトが変更できます。また、画面の左右配置だけでなく、上下配置も可能で、作業に応じて作業効率のUPが実現できます。

また、トリプルディスプレイ以上になると、モニターアームの導入でディスプレイ配置も広がります。

トリプルディスプレイのおすすめ配置

デュアルディスプレの配置は、使い方に合わせて2台並べる(横-横、縦-縦、横-縦)だけですが、トリプルディスプレになると、3枚のモニターの配置の仕方で随分使い勝手が変わってきます。

机のスペースを節約したい場合は、以下のようなトリプルディスプレイの配置がおすすめです。

デスク幅を節約するトリプルディスプレイ配置

ディスプレイを縦置きにするとデスクの幅が節約できます。
縦置きモニターは、ブラウザを見たり、プログラムを書いたりするなど、縦に長いファイルを扱う際に、作業効率が上がります。
モニターアームを使うと、レイアウトの幅が広がるので、是非、検討してみてください。

大きいモニターを1台という選択肢も:4Kモニター

モニターを何枚も買う代わりに、1枚のモニターにより広範囲表示が可能な4Kモニターを利用する方法もあります。すすめの4Kモニターについては、以下をご参考に。

多画面出力用パソコン

マルチモニターにするためには、パソコンのスペックも求められます。理由は、パソコンのスペックが十分でないと、マルチモニター化でパソコンの動作が遅くなったり、画面が固まりやすくなり、作業効率が落ちるからです。

パソコンも合わせて新調したい方は以下の記事もご参考に!

マルチモニター用の幅広デスク

マルチモニターにするには、一定以上の机サイズ(幅)が必要になります。
デスクを買い替える場合は、以下の記事をご参考に。必要なデスクサイズ、おすすめデスクを紹介しています。

最後に

今回は、マルチモニター(サブモニター)を導入する際に気をつけるポイント、おすすめのディスプレイを紹介しました。
ディスプレイは一度購入するとなかなか壊れることがないので長く使うことになります。失敗することがないよう、ポイントを押さえて購入下さいね。