▼シェア&フォローする▼

今年も全国的な猛暑で、体がだるいと感じる人も多い夏バテ。全国的にも猛暑が続いており、熱中症とみられる症状で救急搬送される人もみられるなど、深刻な事態となっていますね。

そんな方にお勧めしたいのが、サウナ&水風呂。私は、週5~6日サウナに通うサウナーで、夏バテ知らず。食欲もありすぎて困ってしまいます。

なぜ、サウナが夏バテや熱中症対策にも効果的なのか、私の体験もふまえて解説します。


7%還元対象の返礼品:家電📺 日用品🍴 お肉🍖 魚🐟 果物🍎

夏バテや熱中症の原因

夏バテの主な原因は、温度差による自律神経の乱れです。

太陽の日差しがきつくて暑い外から帰宅し、エアコンの効いた部屋には、大きな気温差があります。気温差が激しいと、体温調整がうまくいかなくできなくなり、自律神経の働きが低下して体調を崩します。

また、暑い中で大量に汗をかくと、脱水症状になったり、体内の水分やミネラルが失われ、体内の電解質バランスが崩れ、夏バテとなります。

熱中症の場合は、これに加えて、体温調節機能が乱れて体外への熱の放出ができなくなり、体内に熱がこもって体温が上昇します。体内の水分と塩分が失われ体液のバランスが崩れてしまうことが、筋肉や血流、神経などからだのさまざまな部分に影響をおよぼすし、けいれんやめまい、失神、頭痛、吐き気といった熱中症の症状となって現れます。

夏バテの原因「自律神経の乱れ」とサウナ

では、なぜ、サウナ・水風呂は夏バテや熱中症に効くのでしょうか。

これは、「自律神経(交感神経と副交感神経)」の切替が上手にできるかが関わっています。

2種類の自律神経:交感神経と副交感神経

自律神経とは、内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールするために、意思とは関係なく24時間働き続けている神経です。

この自律神経には、昼間や活動しているときに活発になる「交感神経」と、夜間やリラックスしているときに活発になる「副交感神経」の2種類があります。 この2つの神経がどう作用するかによって、心や体の調子は変わります。

自律神経が乱れてしまい、ストレスがかかっているときに高まる神経「交感神経」ばかりが有利になると、身も心もストレスフルな状態となってしまうのです。

サウナでうまくなる!自律神経の切替メカニズム

サウナでととのう仕組み
サウナでととのう仕組み
画像:本田直之著「人生を変えるサウナ術」内の挿絵&説明をもとにChami加筆

サウナでは交感神経優位

では、サウナに入るとこの自律神経はどうなるでしょうか。

サウナに入ると、当然のことながら、体温が上昇。体温を冷まそうと皮膚の表面の血流量が増加し、このとき、脈拍も平常時の2倍ほどの速さになります。

サウナ経験がない人は「サウナでととのう」と聞いて「サウナ=気持ちいいもの」と誤解をしてしまっている人もいるかもしれませんが、サウナは気持ちよくありません。高温なサウナ室に何時間も居たら人は死んでしまいます。だからサウナでは、身体が危険信号を出すために交感神経が活発になるになります。これは、生物が生きていくために備えられた大切な機能です。

水風呂でも交感神経優位

では、サウナーが「気持ちいい!」と思わず叫んでしまう水風呂はどうでしょうか?

水風呂は、生物にとっては体温が奪われる危機な状態です。つまり、水風呂に入っているとき、優位になるのは交感神経です。

猛烈に熱いサウナ直後に水風呂に入ると、クールダウンして頭がしゃきっと気持ちよく感じるのは事実です。私も、この水風呂で心身ともにクールダウンされる状態には「ヤミツキ」です。

しかし、温度にもよりますが、17度で2~3分も水風呂に浸かると、今度は体が冷えすぎて、今度は、血管が収縮し、鼓動がバクバクし始めてきます。この状態は、頭では気持ちいと感じても、カラダ的には「やばいよ、やばいよ状態」です。

外気浴で副交感神経優位でととのう

さて、ここで、水風呂から外気浴(休憩)のステップに移るとどうなるでしょうか。

外気温で水風呂によってぎゅっと収縮していた血管が解放!体表温度も脈拍も平常時近くに戻る「ホッとする時間」です。

このとき、体では、交感神経優位な状態から副交感神経が優位に切り替わり、身体全体が一気にリラックスモードになります。極端な暑さ・寒さというストレスから解放され「ホッとする」、この危機からの生還的解放により訪れるのが「ととのう」の正体です。

サウナーは日ごろの訓練で温度差に負けない

サウナは―はサウナトランスの境地=ととのいたくて、、サウナ→水風呂→休憩のセッションを3回ぐらい繰り返します。

サウナーは、日ごろから、「超暑つくてヤバい」「冷たすぎでヤバい」の2つの状態を強制的つくりだし、交感神経・副交感神経の切替訓練を行っています。また、同時に、血液を強制的に収縮・弛緩し、毛細血管の隅々まで血液をいきわたらせ、日ごろから体温調整の機能も働かせています。

そのため、夏の外気温の暑さ⇒冷房冷え冷えの部屋への移動で起こる温度差でも、日ごろの訓練の成果か、体温調整を崩しにくくなるのではないでしょうか。

私は今年も夏バテ知らずです。

サウナ後は水分やミネラルの補給を!

サウナに入ると大量の汗💦により、水分とミネラルが奪われます。これをほおっておくと、体がふらついたり、体の調子を崩す原因になります。

サウナ後は、汗によって失われる水分・ミネラルの補給はお忘れなきように!携帯ケース入ったヒマラヤ岩塩なら手軽に塩分とミネラル補給(マグネシウム・カルシウム・カリウム)が可能です。

created by Rinker
アースコンシャス
¥410 (2021/09/18 19:25:57時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、なぜ、サウナが夏バテや熱中症対策にも効果的なのか、サウナの効果にちて紹介しました。

なお、サウナ・水風呂・外気浴のリピートで「ととのう」ことができれば、脳も体も喜び、確実にストレスが減ります。そのため、サウナ後に喫茶店に寄り道して行う読書は、頭がシャキシャキでよく進みます。脳が喜んでいることを実感できる、いい時間です。

「ととのい方」については、以下の記事に私の経験もふまえてまとめているので、ご興味のある方はご確認を!