▼シェア&フォローする▼

買い物はAmazonでという人も多い昨今。
キャンペーン・クーポンはもちろん、「セール狙い」でなくとも、欲しいものをもっとお得に買う方法の一つが、Amazonギフト券チャージ

事前にAmazonアカウントに残高チャージを行うことで、Amazonポイントがもらえるというものですが、このAmazonチャージのポイント還元率をさらにUPする方法があります。

今回は、まずは、Amazonのクレカチャージ・現金チャージの基本を押さえた上で、複数のクレカ・電子マネーを組み合わせてチャージすることでポイント還元率をさらにUPする「ポイント重複取り攻略法」(チャージルート)を紹介します。

【基本】Amazonチャージを利用して還元率をUP

【基本】Amazonチャージを利用して還元率をUP

まずは、Amazonが行う、基本となるAmazonギフト券チャージについて解説します。

Amazonでお買い物をする際、以下の2つのいずれかの方法で事前チャージしたうえでお買い物をすることで、Amazonポイントがもらえます。

❶クレジットカードチャージ 
❷現金チャージ(コンビニ払い、ATM払い、ネットバンキング払い、電子マネー払い)

【基本】Amazonギフト券:クレジットチャージで得をする

Amazonプライム会員限定ですが、キャンペーンにエントリーの上、クレジットカードでAmazonギフト券チャージを行うと0.5%のポイント還元されます。クレカ利用でカードのポイントもたまります。

高還元率のクレジットカードを使うことが鉄則です。私が使用している高還元率カードは以下の記事にて紹介しているのでご参考に。

【基本】Amazonギフト券:現金チャージで得をする

Amazonギフト券 現金チャージとは、事前に以下の決済でチャージする方法です。

・コンビニ払い
・ATM払い
・ネットバンキング払い

ポイント還元率は、以下の表のとおり、プライム会員か否か、チャージ金額がいくらかによって変わります。

なお、現金チャージの方法には、上記3つの方法以外に「電子マネー払い(楽天Edy、モバイルSuica、JCB Premo、支払い秘書)」もありますが、「電子マネー払い」の場合は上記還元特典が受けられないので注意してください。
また、開設から30日以内のAmazonアカウントからのチャージも対象外となるので注意してください。

楽天Edyのキャンペーンで還元率UPが狙えることもある

楽天EdyはAmazonギフト券の購入に使える数少ない電子マネーです。Edyアプリインストール済みのおサイフケータイならスマホでそのまま購入できます。
楽天Edyでは時々ポイントUPキャンペーンを開催(5/31まで)しています。
キャンペーンページでエントリーが必要ですが、楽天Edyで200円(税込)の支払いにつき、楽天Edy利用ポイント1ポイント+キャンペーン特典6ポイントがもらえます(還元率は3.5%)で、上述の現金チャージよりも還元率が高くなります。

楽天ポイントを楽天Edyへチャージ可能(方法詳細)なので、ポイントを利用すればさらに実質的な還元率はUPします。

どちらの方法がお得か

❶クレジットカードチャージと❷現金チャージのどちらがお得かは、

・Amazonプライム会員か
・クレジットカードの還元率
・チャージ額

によって異なります。

所有するクレジットカードの還元率を確認の上、どちらがお得か、確認の上、お得な方法を利用しましょう。

入会特典でAmazon利用がお得なクレカ

18~39歳入会限定のカードですが、年会費が永年無料です。
JCBカードWは、新規入会特典でのAmazonの利用がお得なカード。
カードに新規入会し、Amazon.co.jpで決済すると20%キャッシュバック(最大10,000円)!さらに、Amazonとのパートナーポイントプログラムでポイントががまりやすくなっています。
※40歳以上の方は、JCB一般カードがおすすめ
 
JCBオリジナルシリーズ

【応用】Amazonチャージを利用して還元率UP:ポイント重複取り

【応用】Amazonチャージを利用して「さらに」還元率UP:ポイント重複取り

それでは、さらにポイント還元率をUPする応用編についてみていきましょう。

【応用】Amazonギフト券にクレカチャージ

Kyashカード

Amazonギフト券にクレジットカードでチャージをするにあたって、ポイント2重取り、3重取りの王道クレジットカードであるKyashTOYOTA Walletをチャージのルート(太字部分)に加えたて、Amazonでクレカチャージを行います。

Amazon クレカチャージ:応用編ルート

所有の高還元率クレジットカード
Kyash(+0.2%)
⇒ TOYOTA Wallet(+1.0%)

⇒Amazonギフト券 クレカチャージ(+0.5%)

上記ルートで次々にチャージすることで、KyashとTOYOTA Walletのポイントが加わることで、+1.2%分のポイントが上乗せ獲得できます。

なお、TOYOTA Walletには1回当たり5万円、1日にチャージできる累計上限額30万円の利用上限があるので、チャージしたい額が高額な場合は、複数回チャージを行う必要があります。

このルートは、特にAmazonでの利用に限らず、様々なシーンで利用可能(オンラインショッピングや街での買い物)でも利用できるので、開拓しておくと、広範囲で得します。

アプリのダウンロード&カード申込などは以下から行えます。

ポイント三重取りに!アプリダウンロード先

Kyash Card   :左リンクからで発行手数料900円が実質無料
TOYOTA WALLET:紹介でもれなく1,000円!(紹介コード:AATWZEC6)※要スマホアクセス

【応用】Amazonギフト券に現金チャージ

Amazonギフト券の 現金チャージの場合は、「FamiPayにチャージでポイントが付くクレジットカードで残高チャージし、FamiPayでコンビニ払い」することで還元率をアップできます。

コンビニ払いは、セブンイレブン、ローソン他でもできますが、支払いは「現金払いのみ」。各種キャッシュレス決済は利用できません。唯一、キャッシュレス決済が利用できるが、ファミリーマートの「FamiPay」(電子マネー)になります。

この方法を用いる場合、以下のルートで購入・決済します。

Amazon 現金チャージ:応用編ルート

❶Amazonギフト券チャージをこちらから「コンビニ払い」で購入
クレジットでFamiPayに残高チャージ ※後述
❸支払い期日以内にファミリーマートに行く
❹専用端末「マルチコピー機」や「Famiポート」で、「代金支払い」をタッチ
❺「Amazon:お支払い番号お知らせ」に記載の「お客様番号」「確認番号」を入力
❻申込券を発行
❼レジにてFamiPay払い ※30分以内


マルチコピー機の画面

Famiポートの画面

FamiPayにチャージできるクレジットカード

さて、大まかな購入方法の流れを理解したうえで、ここからが、Amazonギフト券チャージ(コンビニ払い)で、還元率をUPさせる方法を見ていきましょう。

この方法の肝は、「FamiPayにポイントがつくクレジットカードで残高チャージする」ことです。

FamiPayにクレジットカードを使って残高チャージができるカードは、以下があります。

ファミマTカード :年会費無料、還元率0.5%、チャージ上限100万円 
❷JCBブマークのあるクレジットカード

お得になるクレカは限定的

❷JCBマークには、ポイント還元率が高いものがありそうです。
しかし、実際には、以下のような制限があり、お得になるカードは限定的です。

・本人認証(3Dセキュア)が使用できないカードは利用できない
・JCBプロパーカードはFamiPayチャージでのポイント対象外

また、❷には厳しいチャージ制約があり、利用しづらいのが現状です。

カード種類チャージ下限額チャージ上限額(上限回数)
1回当たり1回当たり1日当たり1月当たり
ファミマTカード1千円3万円10万円(無制限)100万円(無制限)
その他JCBカード3千円5千円1万5千円(3回)2万円(無制限)

安定して利用できるのは「ファミマTカード一択」

このように考えると、安定してチャージできるのは、「ファミマTカード一択」となります
ファミマTカードを利用すると、通常のAmazonギフト券チャージで現金チャージ(コンビニ払い)するより還元率が0.5%UPさせることができます。

最後に

今回は、Amazonギフト券チャージのポイント還元率をUPする【ポイント重複取り方法】について紹介しました。

今回紹介したポイント還元率をUPする【応用編】は、面倒に感じるかもしれませんが、一度慣れてしまうと、さほど苦にはなりません。
Amazonは今後も使い続けるオンラインショップだと思うので、少しでも安く買う方法として、是非、活用してください。

住民税の先払いといえる「ふるさと納税」もAmazonギフト券チャージを利用すると、実質的に安くできます。ふるさと納税は支払額が高額になる方も多いと思うので、是非、活用してください。方法は以下の記事で詳細解説しています。