「小説」の記事一覧

【書評/要約】総理にされた男(中山 七里 著)(★4) 怒涛の展開に息を吞む!熱くて、面白くて、ためになる、政治エンタテイメント小説

【書評/要約】総理にされた男(中山 七里 著)(★4) 怒涛の展開に息を吞む!熱くて、面白くて、ためになる、政治エンタテイメント小説

小説

しばらくの間でいい。総理の替え玉をやってくれませんか 加納慎策は、内閣総理大臣・真垣統一郎に瓜二つの容姿とそ精緻なものまね芸をもつ、売れない舞台役者。それが、いきなり連れられて行った先で官房長官に告げ・・・

【書評/要約】車輪の下(ヘルマン・ヘッセ 著)(★4) ~一人の友との出会いから始まる没落人生。落ちぶれ、挫折し、最後には... ノーベル文学賞受賞作家作品

【書評/要約】車輪の下(ヘルマン・ヘッセ 著)(★4) ~一人の友との出会いから始まる没落人生。落ちぶれ、挫折し、最後には… ノーベル文学賞受賞作家作品

小説

ノーベル文学賞を受賞したドイツの小説家・詩人のヘルマン・ヘッセの代表作「車輪の下」 タイトルは知っていても、ストーリーは知らないという方が圧倒的に多いのではないでしょうか。 「車輪の下」は、元々エリー・・・

【書評/要約】老人と海(ヘミングウェイ 著)(★4) ~ノーベル文学賞・ピューリッツァー賞受賞。人生に敢然と立ち向かう人間の姿が胸を打つ

【書評/要約】老人と海(ヘミングウェイ 著)(★4) ~ノーベル文学賞・ピューリッツァー賞受賞。人生に敢然と立ち向かう人間の姿が胸を打つ

小説

人間ってやつ、負けるようにはできちゃいない 老人と海はアーネストヘミングウェイが1952年に発表した作品で、ノーベル文学賞とピューリッツァー賞を受賞したベストセラー。世界文学の中でも名著中の名著と言わ・・・

【書評/要約】何者(朝井 リョウ 著)(★) 何者かであろうとする就活生たちのリアルに感じる息苦さが半端ない。直木賞受賞作

【書評/要約】何者(朝井 リョウ 著)(★) 何者かであろうとする就活生たちのリアル。息苦さが半端ない。直木賞受賞作

小説

「何をするか、何者になるのか」が過剰に求められる現代社会。 小さい時から、「人生の成功には努力が必要」と教えられ、「将来は何になる?」と聞かれ続ける。そして、大人になると「あなたは何をしているのか?」・・・

【書評/要約】カエルの楽園(百田尚樹 著)(★5) 茹でガエル 日本人を痛烈に揶揄。終戦の8月、日本の外交・国防を考えるきっかけに

【書評/要約】カエルの楽園(百田尚樹 著)(★5) 茹でガエル 日本人を痛烈に揶揄。終戦の8月、日本の外交・国防を考えるきっかけに

小説

人気作家 百田尚樹さんの「カエルの楽園」は、2匹のアマガエルが見た「カエルの世界(国々)」を描いた寓話です。 寓話とは、教訓的な内容の作品ことで、「人間の本質」にかかわる教えをたとえ話で教えてくれます・・・

【書評/要約】楽園のカンヴァス(原田ハマ 著)(★5) ルソーとピカソが絡まる絵画ミステリー 第25回山本周五郎賞受賞

【書評/要約】楽園のカンヴァス(原田マハ 著)(★5) ルソーとピカソが絡まる謎の絵画ミステリー 第25回山本周五郎賞受賞

小説

美術作品を取り扱った作品で読者を楽しませてくれる作家原田マハさん。 キュレーターとして美術知識に支えられた小説は、単にエンタテイメントとして面白いだけでなく、美術館などでの美術鑑賞を非常に面白いものに・・・

【書評/要約】熊嵐( 著)(★5) ~想定外・圧倒的な力 に翻弄される姿は現代人に重なる。状況打開に何が必要か教えられる

【書評/要約】熊嵐(吉村昭 著)(★5) ~”圧倒的な力” “想定外”に翻弄される姿は現代人に重なる。状況打開に何が必要か教えられる

小説

1915年(大正4年)12月、北海道開拓時代、一頭の巨大羆(ヒグマ)が1週間弱の間に、開拓部落の住人7人を食い殺し、3人に重傷を負わせた日本最悪の獣害「三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)」をご存じ・・・

【書評/要約】スクラップ・アンド・ビルド(羽田 圭介 著)(★3.5) 死にたい祖父、死にたいは本当か?人間の生存本能を考える

【書評/要約】スクラップ・アンド・ビルド(羽田 圭介 著)(★3.5) 死にたい祖父、死にたいは本当か?人間の生存本能を考える

小説

じいちゃんなんて死んだらよか この言葉、介護に苦しむ家族からでたセリフではありません。このセリフを発したのは「おじいちゃん」。仮に、おじいちゃんが発したとしても、病気に苦しんでいるとか、悲壮感たっぷり・・・

【書評/要約】アノニム(原田ハマ 著)(★4) 1枚のアートが世界を変える!? 米芸術家ジャクソン・ポロックとグローバル経済と美術史と...

【書評/要約】アノニム(原田ハマ 著)(★4) 1枚のアートが世界を変える!? 米芸術家ジャクソン・ポロックとグローバル経済と美術史と…

小説

アートは世界を変えられるか!? 美術作品を取り扱った作品で読者を楽しませてくれる作家原田ハマさん。 小説というエンタテイメントとしての面白さだけでなく、キュレーターとして美術知識に支えられた小説は、単・・・

【書評/要約】賢者の書(喜多川泰 著)(★5) 人生を変えたい・生まれ変わりたいすべての方へ、この1冊があなたを導く!

【書評/要約】賢者の書(喜多川泰 著)(★5) 人生を変えたい・生まれ変わりたいすべての方へ、この1冊があなたを導く!

小説

思うように行かない仕事、フラストレーションがたまる日常に、絶望を感じたり、全くやる気がなくなってしまうことは、長い人生の中で何度もあることです。そんな時に、自分を励ましてくれたり、生き方を変えようと奮・・・