「小説」の記事一覧

【書評/要約】太陽の子 (灰谷 健次郎 著)(★5) ~大人が読みたい児童文学。戦争と沖縄を通じて「学ぶこと・考えることの大切さ」を教えられる良書

【書評/要約】太陽の子 (灰谷 健次郎 著)(★5) ~大人が読みたい児童文学。戦争と沖縄を通じて「学ぶこと・考えることの大切さ」を教えられる良書

小説

「太陽の子」は、灰谷健次郎の長編小説。 主人公の小学生の女の子の目を通じて、太平洋戦争、特に沖縄県民が受けた太平洋戦争後も続く苦しい立場、心情に触れることで、戦争を学ぶ価値ある作品です。 ジャンル的に・・・

【書評/要約】クリスマス・キャロル(ディケンズ 著)(★5) 強欲守銭奴の人生を変えたXmaxの出来事。大人こそ読むべき世界的名著

【書評/要約】クリスマス・キャロル(ディケンズ 著)(★5) 強欲守銭奴の人生を変えたXmaxの出来事。大人こそ読むべき世界的名著

小説

「クリスマス・キャロル」はクリスマス小説の中でも最も有名な世界的名著。1800年代に書かれた英国の文豪チャールズ・ディケンズの代表作です。 主人公はロンドンの下町で商売をしている初老の商人スクルージは・・・

【書評/要約】白い病 (カレル チャペック 著)(★4) 疫病・戦争・貧困がテーマ。作者は何を訴えたかったか。今読むべきディストピア戯曲

【書評/要約】白い病 (カレル チャペック 著)(★4) 疫病・戦争・貧困がテーマ。作者は何を訴えたかったか。今読むべきディストピア戯曲

小説

感染症をテーマとした小説として最も知られている調節と言えば、アルベール・カミュの「ペスト」ですが、疫病(感染症)✕戦争✕貧困をテーマとした、まるで、昨今の現代を映し出すような作品があることをご存じでし・・・

【書評/要約】セイレーンの懺悔(中山七里 著)(★4) 報道の自由・国民の知る権利が「錦の御旗」となってさらなる不幸が量産される現代を斬る

【書評/要約】セイレーンの懺悔(中山七里 著)(★4) 報道の自由・国民の知る権利が「錦の御旗」となってさらなる不幸が量産される現代を斬る

小説

セイレーンとは何かご存じですか? サイレンの語源とも言われる「セイレーン」は、ギリシャ神話に登場する海の魔女。上半身が人間の女、下半身が鳥。岩礁の上から美しい歌声で船員たちを惑わし、難破に誘う人魚、で・・・

【書評/要約】走れ、走って逃げろ(ウーリー オルレブ 著)(★4) 強い意志を持って生き抜け!映画「ふたつの名前を持つ少年」原作。涙の感動作

【書評/要約】走れ、走って逃げろ(ウーリー オルレブ 著)(★4) 強い意志を持って生き抜け!映画「ふたつの名前を持つ少年」原作。涙の感動作

小説

「走れ、走って逃げろ」は、ユダヤ人強制居住区から脱出し、自分の本当の名前を伏せ、片腕と過去の記憶を失いながらも、毎日を生きぬいた少年の勇気と感動の実話。 ペペ・ダンカート監督の2014年公開の映画「ふ・・・

【書評/要約】護られなかった者たちへ(中山七里 著)(★5) 生活保護の闇... 貧乏は不幸・犯罪など悲劇を生む。映画より原作の方が泣ける

【書評/要約】護られなかった者たちへ(中山七里 著)(★5) 生活保護の闇… 貧乏は不幸・犯罪など悲劇を生む。映画より原作の方が過酷で泣ける

小説

貧乏ってのはありとあらゆる犯罪を生むんだ。 上記言葉は、日本の社会問題に警鐘を鳴らす、中山七里さんの小説「護られなかった者たちへ」の中の発言。 本作が取り上げるテーマは、「生活保護の実態と貧困」。 護・・・

【書評/要約】総理にされた男(中山 七里 著)(★4) 怒涛の展開に息を吞む!熱くて、面白くて、ためになる、政治エンタテイメント小説

【書評/要約】総理にされた男(中山 七里 著)(★4) 怒涛の展開に息を吞む!熱くて、面白くて、ためになる、政治エンタテイメント小説

小説

しばらくの間でいい。総理の替え玉をやってくれませんか 加納慎策は、内閣総理大臣・真垣統一郎に瓜二つの容姿とそ精緻なものまね芸をもつ、売れない舞台役者。それが、いきなり連れられて行った先で官房長官に告げ・・・

【書評/要約】車輪の下(ヘルマン・ヘッセ 著)(★4) ~一人の友との出会いから始まる没落人生。落ちぶれ、挫折し、最後には... ノーベル文学賞受賞作家作品

【書評/要約】車輪の下(ヘルマン・ヘッセ 著)(★4) ~一人の友との出会いから始まる没落人生。落ちぶれ、挫折し、最後には… ノーベル文学賞受賞作家作品

小説

ノーベル文学賞を受賞したドイツの小説家・詩人のヘルマン・ヘッセの代表作「車輪の下」 タイトルは知っていても、ストーリーは知らないという方が圧倒的に多いのではないでしょうか。 「車輪の下」は、元々エリー・・・

【書評/要約】老人と海(ヘミングウェイ 著)(★4) ~ノーベル文学賞・ピューリッツァー賞受賞。人生に敢然と立ち向かう人間の姿が胸を打つ

【書評/要約】老人と海(ヘミングウェイ 著)(★4) ~ノーベル文学賞・ピューリッツァー賞受賞。人生に敢然と立ち向かう人間の姿が胸を打つ

小説

人間ってやつ、負けるようにはできちゃいない 老人と海はアーネストヘミングウェイが1952年に発表した作品で、ノーベル文学賞とピューリッツァー賞を受賞したベストセラー。世界文学の中でも名著中の名著と言わ・・・

【書評/要約】何者(朝井 リョウ 著)(★) 何者かであろうとする就活生たちのリアルに感じる息苦さが半端ない。直木賞受賞作

【書評/要約】何者(朝井 リョウ 著)(★) 何者かであろうとする就活生たちのリアル。息苦さが半端ない。直木賞受賞作

小説

「何をするか、何者になるのか」が過剰に求められる現代社会。 小さい時から、「人生の成功には努力が必要」と教えられ、「将来は何になる?」と聞かれ続ける。そして、大人になると「あなたは何をしているのか?」・・・

テキストのコピーはできません。