ノートPCを複数の外部ディスプレイと外付け接続し、2画面/3画面以上のマルチモニター出力する設定方法
▼シェア&フォローする▼

狭いノートPCのディスプレイ。どうしても作業効率が悪くなりますよね。

外部ディスプレイをつないでマルチモニター化したいと思っているけど、【パソコン設定・ケーブル接続】は難しそうで苦手…とお悩みのあなた。

「USB接続 外付けグラフィックアダプター」を導入すれば、1台のノートパソコンで複数の外部モニター(2台以上)と接続して、表示エリアを広げらます。デュアルディスプレイ、トリプルディスプレイになれば、大型モニターとの接続により仕事効率は驚くほど効率化されます。

そこで、今回は、マルチモニター歴 15年以上のChami(@poststand)がわかりやすく「1台のパソコンで複数のモニターを利用する設定方法」を解説します。

本記事でわかること

・外付けグラフィックアダプターって何?
・ノートパソコンに2台以上の外部モニターを増設し、マルチディスプレイ環境を構築するには
・Windows10の画面設定(2画面、3画面それ以上のディスプレイ表示設定のやり方)
・おすすめグラフィックアダプター 
 すぐに USBタイプ品 を確認  すぐに Type-Cタイプ品を確認

目次

1000円の本を毎日読めば、1ヵ月で3万円分の自己投資!
自己研鑽の"神サービス"

初めてなら 30日無料 or 3ヵ月99円 (12/1まで)📚!
解約方法を事前に確認

【基礎】ノートPCの出力端子を理解しよう

通常、マルチモニターにするには、パソコンに用意されたグラフィック端子と外部ディスプレイを接続し、マルチモニターにします。まずは、外部出力端子について理解しましょう。

ノートパソコンの種類によって、外部端子が異なるので、まずはお手持ちのパソコンがどちらのタイプに当てはまるか、確認しながら見てきましょう。

一般的なノートPCの場合(USBタイプ)

現在主流のノートパソコンの場合、パソコンの側面についているグラフィック端子は一つ。
最近のノートパソコンの場合、外付けのディスプレイあるいはプロジェクターなどに接続してデュアルディスプレイにするためのHDMI端子が1つついています(写真A)。このままでは1台の外部ディスプレイにしか接続できません。

ノートPCの側面(外部端子)
写真A:一般的なノートPCのHDMIポートは一つのみ

薄型モバイルノートPCの場合(USB Type-Cタイプ)

薄型軽量モバイルノートPCの場合、外部端子はさらに限定的です。写真Bのように、1つのHDMI端子すらついていないものもあります。HDMI端子はおろか、一般的な電源端子もついていません。これは、USB Type-Cと呼ばれる端子が、「パソコン周辺機器」と「電源」、両方の端子を兼ねているからです。

ノートPCにUSB Type-Cポートしかない
写真B:最新の軽量モバイルノートPCの場合、USB Type-Cポートしかない場合も

自分のノートPCの外部出力端子を確認しよう

皆さん、ご自身のノートPCの、HDMIディスプレイコネクタ、USBコネクタなどの個数を理解していますか?

まずは、ご自身のノートPCの側面を見て、HDMI・USB・Type-Cポートの有無・個数を押さえましょう。この外部端子の状況によって、マルチディスプレイ化の対策方法が異なります。

あなたのノートPCの外部出力端子の状況は?

写真A:通常のUSBポートとHDMIポートがともに搭載されたノートパソコン
   ⇒現在主流のノートPC 
写真B:USB Type-Cポート1つのみ(HDMIなし)のノートパソコン
   ⇒最新の薄型軽量モバイルノートPCにありがち

USBグラフィックアダプターって何?

上記の写真A、Bのようなグラフィック端子が1つ、あるいは、1つもないノートPCでも、外部ディスプレイとの接続を可能にしてくれるのが、グラフィックアダプターです。

USB接続グラフィックアダプターでデュアルディスプレイ
外部モニター1台追加し、デュアルディスプレイ化

どちらのケースの場合も、適切なデバイスを購入すれば、デュアルディスプレイ、トリプルディスプレイの構築は可能です。初心者でも難しいことはありません。下の図のように、それぞれの画面に違う画像を出力することも、すべての画面に同じ画像を出力することも可能です。

USB接続グラフィックアダプターでトリプルディスプレイ
外部モニターを2台追加し、トリプルディスプレイ化

上記画像の説明
[ノートPC(Windows、Macbook、chromebook、Surface)/タブレット/ゲーム機/スマホ] に グラフィックアダプター1台を接続し、2台の外部ディスプレイに映像を出力
上より、3台のディスプレイに
 ① すべて異なる映像を出力
 ②③ノートPCディスプレイ と 2台の外部ディスプレイで異なる映像を出力
 ④ 3台すべてのディスプレイに同じ映像を出力

上記はトリプルディスプレイ(外部ディスプレイ2台接続)ですが、デュアルディスプレイ(外部ディスプレイ1台接続)でも同様の方法で環境構築ができます。

外付けグラフィックアダプターの選び方

では、ノートPCを外部モニターに接続するに当たって、どんなグラフィックアダプターを選べばいいか見ていきましょう。
①②の2つに分けて説明するので、該当する部分のみご確認ください。


 
①写真A型のパソコン
通常のUSBポートHDMIポートがある


②写真B型のパソコン
USB Type-CポートのみHDMIポートなし

【①写真A型のパソコン】をマルチモニターにする方法

通常のUSBポートHDMIポートがあるパソコンの場合のマルチモニター化の方法の解説です。

デュアルディスプレにする方法

ディスプレイ端子(HDMI)と外部ディスプレイを接続すれば簡単にマルチモニター環境が構築できます。

トリプルディスプレイにする方法

2台の外部ディスプレイとノートPCを接続したい場合、1台目のディスプレイは既に説明した方法で解決済みですね。

では2台目のセカンドディスプレイはどう接続すればいいのか?

ここで登場するのが、USB接続のディスプレイアダプターです。以下におすすめ品の紹介です。

おすすめ:I-O DATA グラフィックアダプター

I-O DATA製のグラフィックアダプターです。ディスプレイの端子は形状によって、4つのタイプがあります。

現在の主流は 「HDMI端子タイプ」 です。少し古いノートPCなら「アナログ端子タイプ」です。
わからない方は、お手持ちのディスプレイのケーブル差し込み口を確認し、下の写真のどの端子ならはまりそうか、確認しましょう。

4k端子用
4kディスプレイ対応
HDMI端子用
現在最も主流
DisplayPort用アナログRGB対応
少し古いPC

現在主流の「HDMI端子タイプ」 の場合、1台のパソコンに設計上は最大6台まで同時接続が可能。ただし、ノートPC1台にたくさんの外部モニターを接続すると、グラフィック処理能力が追い付かずにパソコンの処理速度が著しく低下します。ノートPCのグラフィック性能によりますが、現実的には、外部モニター2台(+ノートPCの画面1台)程度で利用することをお勧めします。

おすすめ:サンワサプライ製のUSBグラフィックアダプター

現在最も主流なタイプ、PC:USB3.0 – ディスプレイ HDMI 接続なら、フルHDか4Kに合わせて以下からご選択を。


USB3.0-HDMI
ディスプレイアダプタ
(4K対応)

USB3.0-HDMI
ディスプレイアダプタ
(1080P対応)

おすすめ:Plugable製のUSBグラフィックアダプター

Plugable製のグラフィックアダプターにも、ディスプレイに合わせて4タイプあります。
接続方式 × 解像度(4k用と2K(フルHD)用)の組み合わせでどれを選ぶか、ご判断下さい。

HDMI 4k用DisplayPort 4k用HDMI 2k用VGA/DVI/HDMI対応 2k用※

※DVI・VGA・HDMI用の接続変換プラグがついています。

1つで何役も!各種機器接続に!USB3.0ドッキングステーション

USB Type-Cのマルチハブをさらに拡張し、あらゆるものを接続。USBポートも複数拡張できるのがドッキングステーション。パソコン持ち出し時のケーブル脱着も楽々。都度、何本ものケーブルを接続する必要がなくなります。

【②写真B型のパソコン】をマルチモニターにする方法

※ここからは、[写真B]USB Type-Cしか外部出力端子がないノートPCの場合の解説です。

従来のUSB2.0やUSB3.0規格のUSB製品を複数所有されている方にとっては、次世代規格のUSB Type-C(USB3.1規格)は同じUSB機器が利用できず、ちょっと厄介に感じますよね。
しかし、規格がUPしたことで機能面では各段に利便性がUPしています。

USB Type-Cのメリット

・コネクタのサイズが小さい→搭載するPCが薄型・軽量化できる
・データ伝送速度がUSB3.0と比較して2倍
 USB Type-Cの伝送速度は最大で10Gbps。サイズの大きい動画データの伝送もスムーズ
・電力も伝送可能

以下ではおすすめのUSB Type-C用 ディスプレイアダプターを紹介します。

どんな口でも大丈夫!USB Type-C 万能ディスプレイ変換アダプタ

パソコンは最新型でUSB Type-Cポートのみ。
でも、ディスプレイは、自宅はHDMI、会社の自分のデスクはDisplayPort、会社の会議室はVGA 等
モニターの種類が置き場所でバラバラということはよくあることです。

こんな時に便利なのが、1台で4タイプのポート(HDMI/VGA/DVI/DisplayPort)に対応する万能ディスプレイアダプタ。1つで様々なタイプのディスプレに対応するので非常に便利です。

created by Rinker
サンワサプライ
¥6,370 (2020/11/30 03:15:33時点 Amazon調べ-詳細)

USB Type-C 万能ディスプレイ変換アダプタ

2台接続可能!デュアルディスプレイ対応 Type-C ディスプレイアダプター

USB Type-Cポート搭載のノートPCで外部2画面マルチモニター環境を構築したいときに便利なのが、デュアルディスプレイ対応 ディスプレイアダプター(USB Type-C用)

USB Type-C用のポート一つで、2台の外部ディスプレイを接続することが可能です。
※ノートPCモニターも合わせるとトリプルディスプレイになります。

特徴
・2つの独立したディスプレイをUSB対応のディスプレイに接続可能
・デュアル4Kは最大4096×2160まで対応
・ThunderboltTM 3ポートとも互換性あり

このUSB Type-C -デュアルHDMIアダプター1つあれば、HDMI外部ディスプレイ2つまで接続できるので、あっという間にトリプルディスプレイ化が可能。外部端子ポートがディスプレイに占有されることもありません。

1つで何役も!Type-C マルチハブ

ディスプレイは1台でOK。そのかわりに、通常のUSBポートが欲しいという方は以下のようなUSB type-Cマルチハブが便利です。

created by Rinker
LENTION
4K, HDMI, ギガビット有線LAN, SD/Micro SDカードリーダー, PD充電機能 USB Type-C, USB3.0 x 2, USB2.0 x 2
created by Rinker
OOWOLF
3つのUSB 3.0ポート / 100W出力 Power Delivery 対応USB-Cポート / 4K対応HDMI出力ポート / 3.5mmオーディオジャック / VGA変換 / microSD&SDカードスロット搭載

1つで何役も!各種機器接続に!Type-C ドッキングステーション

USB Type-Cのマルチハブをさらに拡張し、あらゆるものを接続。USBポートも複数拡張できるのがドッキングステーション。ートPCをオフィスで使ったり、家庭で使ったりする場合外部モニターやSSDなどをいちいち繋ぐ面倒が解消。SSD内蔵可能(256GB)されており、外部ディスクとしても機能。ノートPCの下に敷いて使うことで、ノートPCのモニター位置が高くなり、肩こりがしにくい状態を構築できる点もメリットです。

created by Rinker
magBac
¥23,800 (2020/11/30 01:48:24時点 Amazon調べ-詳細)
USB3.0ポート HDMI VGA 4K映像出力 3.5mmジャック SD TF カードリーダー 1000Mbps LANポート PD対応 変換アダプター デスクトップ収納 MacBook (256GBSSD内蔵)

【番外】会議室など複数メンバーが利用に便利な「マルチ入力HDMI変換コンバータ」

会議室での会議やプレゼンでは、複数のメンバーが1台の大型モニター/プロジェクターにパソコンの出力を行いますよね。このような場合、接続するパソコンが様々で、HDMI、VGA(ミニD-Sub(HD)15pin)、USB Type-Cなど様々な出力端子を持つパソコンとの接続が必要になります。

しかし、それぞれの接続アダプターを用意しておくのは大変。ケーブル本数も増えて、会議室の見た目がごちゃっとしてしまいます。

そんな時に便利なのがサンワサプライのマルチ入力HDMI変換コンバータ VGA-CVHDMLT
これがあれば、HDMI出力、VGA(ミニD-Sub(HD)15pin)出力、USB Type-C出力などいろいろが外部出力端子を持つパソコンを接続し、HDMI信号に変換。大画面モニターやプロジェクターに接続することができます。

古いタイプのノートPCが社内に混在している企業などには便利なアダプターです。

created by Rinker
サンワサプライ
¥15,237 (2020/11/30 03:15:34時点 Amazon調べ-詳細)

様々な映像出力を持つパソコンをHDMI出力に変換しディスプレイやプロジェクターに出力できるマルチ入力対応のHDMI変換コンバータです。

モニターの準備・設定編

ここまでは、マルチモニターを実現するためのグラフィックアダプターの準備についてお話をしてきました。
ここからはグラフィックアダプターを接続する「ディスプレイ」の設定などに関する解説です。以下の順番で話を進めてきます。

・モニターの準備(購入)
・モニターのつなぎ方
・Windowsのマルチモニター出力の設定方法

モニターの準備:おすすめディスプレイ&モニターアーム

マルチモニターにするためには、当然のことながら外部ディスプレイが必要になります。
現在は、外部ディスプレを選ぶにしても、大きく以下の3種類があります。以下では、3種類のモニターのおすすめ品を紹介します。

外部ディスプレイの種類

①安価~プロ用効果品まで種類豊富な「フルHDモニター
②1枚でフルHD4台分の解像度を持つ「4kモニター
③持ち出し可能な「モバイルモニター

フルHDモニター

フルHDモニターは安価な商品であれば1台1万円ちょっとで購入が可能です。

おすすめ商品を目的別に紹介しているので以下にてご確認ください。

4kモニター

4kモニターの魅力は何といってもその解像度です。1台でフルHD4台分に相当する解像度を持ちながら、安価な商品なら3万円台からこうにゅうできます。

おすすめ商品は以下にてご確認ください。

モバイルモニター

フリーアドレスオフィスや外出が多い方にはモバイルモニターが選ばれています。価格も従来に比べリーズナブルになっており、2019年より利用者が増加、さらに今年、新型コロナウイルスによる在宅勤務・テレワークの急で大人気となっています。
おすすめ品をサイズ別にまとめました。最も人気があるのが15.6インチタイプです。

モニターアーム

マルチモニターにする場合にあったら便利なモニターアーム。おすすめ品をまとめました。

ChamiのPC・モニター環境
ちなみに私Chamiは、ノートPCを2台使っていますが、そのうちの1台のノートPCには2台の外部ディスプレイを接続。自分自身の作業内容的に効率の良いよう、「縦画面2枚」にしています。

簡単に縦2画面にレイアウト変更可能
「縦+縦」画面レイアウトで仕事効率UP

通常の仕事利用の場合、Excelで横に長い表の扱いを除き、資料作成、プログラミング、ネット調査(ブラウザ閲覧)などは縦長配置の方が圧倒的に作業効率がUPします。

以下のサンワサプライのガス圧式×画面180度回転型のモニターアームなら、仕事の内容に合わせて、画面レイアウトを横+横、縦+縦、横+縦に自在に変更可能。仕事内容に応じて簡単にレイアウトが変更できます。また、画面の左右配置だけでなく、上下配置も可能で、作業に応じて作業効率のUPが実現できます。

Amazonで買うより「サンワサプライ」で買う方が安く買える可能性が高いので、チェックしてみてください。

モニターの設定:2画面モニター、3画面モニターのつなぎ方

ノートPCの場合、最新の極薄モバイルノートの場合、外部端子として、ディスプレイ端子(HDMI端子等)が1つ、USB端子が1つ以上ついているものが多いことは上記で説明しました。
モニターとPCの接続方法については、あえて記載する必要もないかもしれませんが、念のため、ノートPC(の端子)モニターのつなぎ方をご説明しておきます。

外部モニター2画面(デュアルモニター)の接続方法

1台目のディスプレイ:
 ノートPC(ディスプレイ端子)をディスプレイケーブルでつなぐ
2台目のディスプレイ:
 ノートPC(USB端子)を 上記USB接続 外付けグラフィックアダプター 1つでつなぐ

外部モニター3画面(トリプルモニター)の接続方法

1台目のディスプレイ:
 ノートPC(ディスプレイ端子)をディスプレイケーブルでつなぐ
2台目、3台目のディスプレイ:
 ①ノートPC(USB端子)を 上記USB接続 外付けグラフィックアダプターを2本利用してつなぐ
 ※ノートPCのUSB端子が2つ以上必要
 または
 ②ノートPC(USB Type-C端子)デュアルモニター対応の外付けグラフィックアダプター1つで、2台目、3台目のモニターをつなぐ

Windoesの設定:マルチディスプレイ表示設定方法

外部ディスプレイを接続したら、今度はWindowsのディスプレイ設定に進みましょう。
Windows 10搭載のパソコンでマルチディスプレイ環境をセットアップするのはとっても簡単です!
メインモニター、サブモニターの位置に合わせて、ディスプレイ設定すれば、使い勝手が格段に良くなります。

1. デスクトップ上で右クリックをすると以下のポップアップが表示されるので、「ディスプレイの設定」をクリックします。

マルチディスプレイ設定

2.以下のような画面が開き、赤枠の部分に検出されているディスプレイのレイアウトが表示されます。「識別」ボタンをクリックするとディスプレイに番号が表示されるので、ディスプレイの位置に合わせてメインモニター・サブモニターのレイアウトを設定しましょう。

Windows10でマルチディスプレイ設定

「複数のディスプレイ」の設定を「デスクトップをこのディスプレイに拡張する」を選ぶと、画面のエリアが拡張されます。
ちなみに、上記画像は、1,3がフルHDディスプレイ、2が4kディスプレイです。4kディスプレイだと表示エリアが非常に広いことが一目瞭然ですね。

赤枠の下には、より詳細な設定ができる画面があるので、必要に応じて設定をしましょう。
この画面を閉じれば以上でディスプレイ設定は終了です。

Windowsのマルチモニター設定方法を動画で解説

動画で確認したい方は、VSPECさんの動画が参考になります。

VSPECさんは、4画面以上のマルチモニター対応デスクトップパソコンを多数取扱うパソコンショップ「A-CHARGE」の運営者さんですが、そのサイト内で、マルチモニター対応パソコンの設定画面について動画&説明文で詳細解説されています。

デイトレをはじめとする本格多画面モニター環境の構築をお考えなら、サイトを除いてみるといいですよ。
4画面モニタ・アームセットモデル6画面用モニタ・アームセットモデルなど、まるっとマルチモニター環境が揃うセット商品もお取り扱いされています。

関連情報:デスク環境も整えよう

マルチモニター化に合わせて、デスクやデスク周りの環境もスッキリさせたいとお思いの方は、以下の記事が参考になります。
気分が変われば、作業効率もUPしますよ。

オフィスデスク

オフィスチェアー&デスク周り収納グッズ

【お得】マルチモニターでFXトレードをされる方

不安定な市場でボラティリティがあるから儲かりそうだけど、お金を失う可能性も大きいので怖いとお考えの方。

口座開設で即もらえる証拠金でトレードしてはいかがでしょうか?儲かればもちろんあなたの利益になります。

GemForex口座開設で証拠金2万円プレゼントキャンペーン

MetaTrader4の自動売買EAが無料でもらえるGemForexの証拠金プレゼントキャンペーン。
口座開設で2万円もれなく&即もらえます。

こちらのページでお得な口座開設方法を紹介しています。
トレード量に応じたリベートが毎月25日にキャッシュバックされるので、利用しないと損な口座開設になるので、是非、ご利用を!

▼シェア&フォローする▼
この記事を書いた人

chami(チャミ)

chami(チャミ)

好奇心旺盛に楽しく生きるをモットーとする、弱小個人投資家。
身銭を切って、株/FX/CFD/仮想通貨など取引。以下の2点を投資の基本方針に、税・節約なども意識し、賢く資産を増やす方法を探求中。

・税制優遇制度はしっかり利用し投資
・市場を問わず、底値買いして一定期間保有

趣味は、海外旅行読書ジムサウナ
ライフ:気軽なバツイチ、おひとりさま女

▼皆さんのフォロー・お便りが励みです▼

コメントを残す