通常のノートPCの場合、1つの外部ディスプレイであれば簡単にケーブル配線し、Windowsのディスプレイ画面設定を変えることで簡単に2画面表示に変更できます。しかし、ノートPCにさらにモニターを接続したい(外部モニター2画面以上+ノートPCのモニター=トリプルモニター以上)となると、そのままでは接続できません。

こんな問題を解決してくれるアイテムが、USB接続 外付けグラフィックアダプターです。

簡単にマルチモニター環境が構築できる!「USB接続 外付けグラフィックアダプター」

USB接続 外付けグラフィックアダプターは、USB接続で簡単にマルチディスプレイ環境を実現できるアダプターです。デスクトップマシン、ノートPCをPC用ディスプレイに出力するだけでなく、ワイド液晶やハイビジョンテレビにも出力できます。

以下がおススメのI-O DATA グラフィックアダプターです。
ディスプレイの端子の形状によって、4つのタイプがあります。

現在の主流は 「HDMI端子タイプ」 です。少し古いノートPCなら「アナログ端子タイプ」です。
わからない方は、お手持ちのディスプレイのケーブルを確認し、下の写真のどの端子ならはまりそうか、確認しましょう。

4k端子ディスプレイ対応

・最新・高スペックノート対応
HDMI端子対応 

 
現在主流のノート対応
デジタル&アナログ端子両ディスプレイ対応

・DVI-I 29pin×1、RGB D-Sub 15pin×1
・対応ノート機種は少な目
アナログRGB対応

・RGB D-Sub 15pin×1タイプ
・やや古めのノートに対応

現在主流の「HDMI端子タイプ」 の場合1台のパソコンに最大6台まで同時接続が可能。ノート型パソコンと本製品6個&モニターを接続できれば、合計7台(1台はノートPCの画面)のディスプレイを簡単に操ることができます。

【例】ノートPCで2画面モニター、3画面モニターの場合

ノートPCの場合、外部端子として、ディスプレイ端子(HDMI端子等)が1つ、USB端子が1つ以上ついていますよね。
これら外部端子を利用すれば、外部モニター2出力、3出力が可能。簡単にマルチディスプレイ化が可能です。

外部モニター2画面(デュアルモニター)表示にしたい場合
・ノートPCのディスプレイ端子 に モニターケーブル をつなぎモニター接続 × 1
・ノートPCのUSB端子 と上記USB接続 外付けグラフィックアダプター をつなぎモニター接続 × 1

外部モニター3画面(トリプルモニター)表示にしたい場合
・ノートPCのディスプレイ端子 に モニターケーブル をつなぎモニター接続 × 1
・ノートPCのUSB端子 と上記USB接続 外付けグラフィックアダプター をつなぎモニター接続 × 2
 ノートPCにUSB端子が2個あれば実現できます。

最新のモバイルノートPCなどUSB Type-Cポートでも大丈夫。Type-C ディスプレイアダプター

USBはUSBでも、最近の新しいパソコンは、外部入力端子がUSB Type-Cのものが増えていますよね。スリムなモバイルノートPCの場合は普通のUSBのポートが一つもないなんてことも。私が持っているPCにも外部端子はUSB Type-Cポートのみで、普通のUSBポートもディスプレイポートもどちらもないものがあります。

そんな時は、USB Type-C ディスプレイアダプターを使えば大丈夫です。

どんな口でも大丈夫!USB Type-C 万能ディスプレイ変換アダプタ

パソコンは最新型でUSB Type-Cポートのみ。
でも、ディスプレイは、
自宅はHDMI、会社の自分のデスクはDisplayPort、会社の会議室はVGA 等
モニターの種類が置き場所でバラバラということはよくあることです。そんな時に便利なのが、1台で4タイプのポート(HDMI/VGA/DVI/DisplayPort)に対応する万能ディスプレイアダプタです。

サンワサプライ USB Type C-HDMI/VGA/DVI/DisplayPort変換アダプタ AD-ALCHVDVDP

外部ディスプレイ2台接続可能なデュアルディスプレイ対応 Type-C ディスプレイアダプター

そんなUSB Type-Cポート搭載のノートPCで外部2画面マルチモニター環境を構築したいときに便利なのが、デュアルディスプレイ対応 ディスプレイアダプター(USB Type-C用)
これを用いると、下図のように、USB Type-C用のポート一つで、2台の外部ディスプレイを接続することが可能です。
※ノートPCモニターも合わせて、トリプルディスプレイ

特徴
・2つの独立したディスプレイをUSB対応のディスプレイに接続可能
・4Kまでの解像度のモニター接続が可能(1920×1080、2560×1440、3840 x 2160)
・ThunderboltTM 3ポートとも互換性あり

これ1つあれば、外部ディスプレイ2つ迄接続できるので、あっという間にトリプルディスプレイ化が可能。外部端子ポートがディスプレイに占有されることもなくていいですね。

Windows10のノートパソコンで実現する、マルチディスプレイ設定方法

Windows 10搭載のパソコンでマルチディスプレイ環境をセットアップするのはとっても簡単です!

1. デスクトップ上で右クリックをすると以下のポップアップが表示されるので、「ディスプレイの設定」をクリックします。

マルチディスプレイ設定

2.以下のような画面が開き、赤枠の部分に検出されているディスプレイのレイアウトが表示されます。「識別」ボタンをクリックするとディスプレイに番号が表示されるので、ディスプレイの位置に合わせてレイアウトを設定しましょう。

Windows10でマルチディスプレイ設定

ちなみに、上記画像は、1,3がフルHDディスプレイ、2が4kディスプレイです。4kディスプレイだと表示エリアが非常に広いことが一目瞭然ですね。

赤枠の下には、より詳細な設定ができる画面があるので、必要に応じて設定をしましょう。

この画面を閉じれば以上でディスプレイ設定は終了です。

グラフィックアダプターと一緒にまとめ買いされるもの

当サイトでは、上記グラフィックアダプターに追加し、以下の商品がまとめ買いされています。

HDMIモニター

格安4Kモニター

周辺小物

4Kモニターで高解像度化、モバイルモニターでどこでもマルチモニターという方法もある

単純にマルチモニター化するのではなく、1枚or2枚でより高解像度&モニターサイズ拡大という手もあります。
また、場所を移動してもマルチモニター化したいなら、モバイルモニターでマルチモニター化という手もあります。以下の記事を参考にしてください。

気分も変えて仕事・投資に集中・没頭したいならデスク環境の改善も

せっかくモニターをそろえても、仕事・投資に集中する環境がないと意味ありませんよね。そんな時は、思い切って、デスク環境も変えてみては?気分を変えるには最強です。