タイバーツ-円の両替:最もお得な両替方法は?オススメな両替方法を紹介(私の実例も紹介)

マイナー通貨であるタイバーツの場合、日本で両替すると非常に不利なレートで両替することになるので注意が必要です!

少なくとも、日本国内での両替はNG。現地タイ国内で両替するのが原則です。

しかし、現地で両替と言っても、どこがいいかわからなかったり、両替所前にある販売レート(売値)/買取レート(買値)がよくわからなったり、手数料はどうなるのかなど不安がいっぱい。

そこで、今回は、初めての旅行者でも簡単かつお得に両替する方法をご紹介します。

タイ バンコクならどこにでも両替所・ATMあり

タイ旅行の玄関口はスワンナプーム国際空港
空港から移動するにもタイバーツが必要ですから、いくらかのタイバーツが必要です。

さすが、東南アジア指折りのハブ空港。スワンナプーム国際空港内には、24時間営業の銀行両替所、ATMもたくさんあります。

また、さすが、東南アジア指折りの観光国タイ。バンコク市内のいたるところに両替所「Exchange」があり、両替に困ることはまずありません。ATMもいたるところに設置されているため、ATM引き出しもどこでもできます。

タイの現金事情:小銭必須。特に20タイバーツは必要

実際にタイ旅行をしてわかったのは、現金、特に小銭が必須だということ。中でも、最も小さい紙幣である20タイバーツは必須です。日本でいうところの100円玉のような感覚でよく使います。

観光中によく使う、屋台、タクシー、トゥクトゥクなどでは、すぐに100バーツ、20バーツといった小銭が出せるように事前に用意してきたい場所です。とにかく、100バーツ、20バーツをよく使います。

でも、大きなお金(1000バーツ)しかなくても大丈夫。バンコク市内には至る所にセブンイレブンがあるので、コンビニに立ち寄り水などを買って大きなお金を崩しましょう!

タイのお金:タイバーツ お札とコイン

タイバーツ、いくら両替するか?

いくらぐらい両替が必要かは旅のスタイルによって異なります。しかし、タイの物価を知り、日本と比べれば、いくらぐらい両替すればいいかの目途が立ちます。
以下の記事にまとめたのでご参考に。

直近のタイバーツ推移

以下はタイバーツ(THB)の5年間のレート推移です。2018年は3.4円を中心に狭いレート範囲で推移していました。

タイバーツ-円 レート推移

ここで、2018年12月中旬以降に起こったのが、急激な円高。
2018年12月半ばに113.6円台を付けてピークアウトして以降、2019年1月2日にいきなりのフラッシュクラッシュで一時104円台まで円高が進みました。

一方的な円高が進んだため、タイバーツ/円ももちろん円高へ。タイバーツも3.4円前後から3.25円まで一気に円高が進みました。

タイバーツ両替所で両替:レートボードの見方と手数料

さて、私が、スワンナプーム国際空港に到着したのが2018年12月31日。
以下は、空港内に複数あるサイアム商業銀行(Siam Commercial Bank)の両替所です。紫色の店舗は他の銀行の両替所以上に目立ちます。

タイバーツの両替 両替所前プライスボードの見方

この日のレートは以下のようになっています。

買い(円→タイバーツ):0.269 (1/0.269=3.714円
売り(タイバーツ→円):0.3056(1/0.3056=3.2722円

銀行の両替所店舗には「外為手数料なし」とありますが、買いと売りの間で0.4418円の差があります。
仲値はそのちょうど中間の3.4012円ということになり、両替利用者にとってはこの差額は銀行にとられる手数料と同じです。

最もお得な両替方法はクレジットカードでのキャッシング

では、最もお得な両替方法は何か?

答えは、クレジットカードでの現地通貨のキャッシング(引き出し)⇒なる早で一括返済です。

私は、空港で出国審査後に、すぐに目に入ったサイアム商業銀行のATM(上記アイキャッチ写真の両替所の右横)で現地通貨キャッシングでタイバーツをキャッシングしました。
※実際のキャッシング時レート結果は後述

ATMによる現地通貨キャッシングの方法

ATMによる現地通貨キャッシングは全く難しくありません!
日本国内でATMで引き出しするのと大差はありません。ものは経験!一度試せば、どの国に行っても両替所探しに苦労することがなくなります。是非、チャレンジしてみましょう。

1.画面にタッチし、以下の画面で、クレジットカードの暗証番号を入力し、「OK」ボタンを押す
タイバーツ クレジットカードキャッシング

2.言語選択画面で「日本語」ボタンを押す
タイバーツ クレジットカードキャッシング

3.引き出し金額を選ぶ  ※私は5000THBを選択してみました。
タイバーツ クレジットカードキャッシング

4.手数料の金額を確認し、「はい」ボタンを押す
タイバーツ クレジットカードキャッシング

以上で、ATMから現金がでてきます。簡単ですね。

私は、とりあえず5,000THBをキャッシングしてみました。
写真の通り、220THBの手数料が記載されていますね。

タイバーツ、クレジットカード(リクルートカード(JCB))で海外キャッシング

Chamiはリクルートカード(JCB)でキャッシング、実際のレートは?

私が今回、キャッシングに利用したクレジットカードは、年会費無料なのに高還元率リクルートカード(JCB)です。

実際にリクルートカードのWebサイトでJCBキャッシングの明細を確認した結果が以下です。

タイバーツ、クレジットカード(リクルートカード(JCB))で海外キャッシング結果

海外キャッシングの結果
キャッシング日:12/31
換算日    :1/2
現地レート  :3.40130円
現地通貨額  :5,000THB
日本円額   :17,006JPY

あれ?手数料220THBがとられていない。どうやら、JCBはATM手数料が無料のようです。

いずれにせよ、空港内で銀行両替所で両替した場合のレートは「3.714円」でしたから、かなりお得にレート交換されました。

ただ、この融資利率が15.0~18.0%(返済期間 23日〜56日)となるため、帰国後、即繰上げ返済する必要があります。なお、クレジットカードの場合、利息がかかるのでできるだけ早く繰上返済(まとめ払い)しましょう。

海外キャッシングの繰上返済は必須。最悪2年利18%×2ヵ月の利息が発生

海外キャッシングは非常に便利です。しかし、早期繰上げ返済は必須です。
キャッシング利用日とクレジットカードの締日の組み合わせが悪いと、最悪、最悪2年利18%×2ヵ月の利息が発生して、高額な利息が発生することになります。

繰上げ返済は難しいことはありません。繰上げ返済方法は以下の記事をご参考に。

クレジットカードを賢く使おう:注意点総まとめ

旅をコスパよく楽しむためには、「両替」と「クレジットカード」の知識は必須です。注意点も多いので以下に知っておくべき情報をまとめました。

ただ、トラブルも多いのは事実。以下は最低限の鉄則です。

・複数のクレジットカードを持参する
・国際カードを分散させる(VISA/Master/JCB 等)

以下、私が海外旅行時に経験したクレジットカードトラブルについてまとめてあります。
海外でお金がないほど不安なことはありません。必ずチェックしておきましょう。

 【体験】クレジットカードが渡航日当日、磁気不良であることがわかって焦る
 海外で使えないかも!メインの支払いカードをJCBにしているときのリスク
 海外旅行で限度枠が心配な時の限度額増額方法
 旅行中にユーロ高。現金払い・クレカ払い、どちらが得?どう判断する?

 憧れの空港ラウンジパスが破格年会費で手に入るクレジットカード

タイ(バンコク/パタヤ/カンチャナブリ)旅行記(3泊5日)

2018年-2019年の年末年始にタイ バンコクを中心に旅行をしてきました♪

タイ旅行記 2019年
 タイ旅行スケジュール
1日目:出国→バンコク市内移動カオサン観光
2日目:バンコク市内観光 3大寺院ディープタウン
3日目:マリンリゾートでラン島へ パタヤ
4日目:「戦場にかける橋」のある町で鉄道旅行 カンチャナブリ
5日目:帰国

 知ってくべきタイ情報
タイの物価:いくら両替する?
タイバーツお得な両替方法
海外キャッシング繰上げ返済