海外旅行・海外出張で、JCBカードは使える?
▼シェア&フォローする▼

海外に出かけるとき必須ともいえるクレジットカード
今やショッピング、ホテル宿泊の支払いはもちろんのこと、数百円相当の電車代すらクレジットカードで支払いが可能です。

日本で知名度の高い国際ブランドカードといえばJCB(Japan Credit Bureau)。海外で使えるでしょうか?
結論から言うと、「使えない店・サービスも多い」のが現状です。

今回の海外旅行に際し、ホテル宿泊、飛行機、電車、人気観光スポットのWeb予約を出発前に行うため、各種サイトでクレジットカード決済を行いましたが、多くの場合、JCBカードは使えませんでした。私の個人的印象ですが、ヨーロッパの決済には弱いです。

JCBは加盟店を徐々に増やしてはいますが、海外出国時にJCBカードしか持っていないと支払いができず困ることになります。

なぜ、JSBは海外で使えないことが多い?

世界で使えるカードかどうかを知る判断材料の一つが、国際ブランドの売上げシェアです。売上シェアが高ければ、加盟店、利用者の両方から支持されており、利用価値が高いカードと言えます。
JCBは日本国内ではVISA、MasterCard以上に加盟店が多いですが、海外を含めた加盟店数はVISA、MasterCardに及びません。それゆえ、下表の国際ブランドTOP5の売上高のランキングの結果の通り、JCBは圧倒的にVISA,MasterCardに圧倒的な差をつけられております。

クレジット売上高世界シェア(2015年調査)

順位カードシェア加盟店数
1位

VISA58%4000万店舗以上
2位MasterCard28%4000万店舗以上
3位中国銀嶺10%1000万店舗以上
4位Amex3%2000万店舗以上
5位JCB1%2000万店舗以上

海外渡航時にJCBカードしか携帯しないのは危険。年会費無料&高還元率のカードを作ろう

JCBカードは、現在、加盟店を増やしているものの、まだまだか海外では弱く、カード利用ができないということが多分に起こります。故、メインカードがJCBの方も、VISAかMasterCardも一緒に携帯することが必須となります。

では、新たにクレジットカードを作る場合、どうしたらよいでしょうか?

そんな方にオススメしたいのが、年会費無料ながら、高還元率でポイントもたまりやすいカードを持つことです。年会費を払う必要がないので、気軽に作れますし、利用額の大きくなりがちな海外旅行で使用すれば、ポイントもためやすいというメリットがあります。国際ブランドに迷うなら、売上高シェアの大きい「VISA」を選びましょう。

おすすめな高還元率クレジットカード

年会費無料ながらも高還元率かつポイント利用がしやすいカードを以下に挙げました。
還元率が1%より低いクレジットカードを使っている方は、今すぐ、乗り換えましょう!年会費無料なので「複数持ち」も気兼ねなくできます。

絶対持つべきおすすめクレジットカード

私の目下のメインカードは「LINEカード」。
還元率3%でマジで、ザクザクポイント貯まる!
但し、LINEカードの3%還元は4/30まで。その後のためにリクルートカードも一緒に準備したい
chami
chami
カード還元率
年会費
ポイント交換先
特徴
No.1!

Visa LINE Payカード
(LINEカード)

期限付き
3.0%還元

初年度無料
2年目以降、1回の使用で無料

LINEポイント

より詳細を確認

  • 2021年4月30日まで&LINE Payアカウントへのクレジットカード登録が必須という条件があるものの、ポイント3%還元率は最強
  • 年会費は初年度無料。2年目以降は1回の使用で無料になるので、実質年会費無料
  • 積極利用でポイントランクがUP。チャージポイントやクーポン特典がUP
  • LINE証券でのポイント投資にも利用可能
  • マイナポイント対応
リクルートカード

リクルートカード

1.2%還元

年会費無料

Pontaポイント

  • ポイント還元率が最高クラス
  • Pontaポイント、JALマイルに変更可能
  • au PAY×Pontaカードでポイント2重取り可能
  • au PAYふるさと納税で利用可能な㌽に高還元率返還可能
  • リクルート系のサービスで高いポイント!
  • 電子マネーへのチャージでポイントがたまる
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイに対応
楽天カード

1.0%還元

年会費無料

楽天ポイント

より詳細を確認

  • 楽天サービス理由でポイント還元率がどんどん上がる(最大30%
  • 楽天ふるさと納税での寄付にもポイント使える
  • 楽天証券でのポイント投資が可能
  • プリペイド型電子マネー「楽天Edy」搭載
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイも対応
  • マイナポイント対応
dカード

1.0%還元

年会費無料

dポイント
Pontaポイント
JAL

  • ドコモユーザ以外でもメリットが大きく、キャンペーン多数
  • d払いの支払い方法をdカードに設定すると、dポイントが2重もらえる
  • 日興フロッギー+ docomo」「THEO+ docomo」でポイント投資が可能
  • 電子マネーiDを搭載
  • スマホ決済:Apple Payに対応
  • マイナポイント対応

貯まったポイントはポイント投資に利用

私は、カード決済などでたまったポイントは、基本的に、ポイント投資の資金として使用することにしています。

理由は、ポイント利用でショッピングをしてもポイントがつかない、或いは、ポイント還元率が悪いからです。ショッピングはカード払いにして、たまったポイントは証券会社などで投資原資として使用します。

また、もらったポイントなら、相場急落時などにも、現金を投入するほど、不安にならずに大胆投資ができるというメリットもあります。

ポイントのポイント投資先

LINEポイント :LINE証券
楽天ポイント   :楽天証券
Tポイント    :SBIネオモバイル証券 or SBI証券
・Pontaポイント:au PAYポイント投資 ※
・dポイント    :日興フロッギー
永久不滅ポイント :Rimple(リンプル)(不動産クラウドファンディング)
は、投資実績あり

特に利用価値が高いのは「楽天ポイント」のポイント投資!
毎月の投信買付など、お得すぎるのでやらないと損です。
chami
chami

◆ポイント投資、投資例(暴落相場時の投信購入) 
以下は、2020年3月のコロナショック時にポイント利用で買ったハイリスク投信「楽天日本株4.3倍ブル」は、+388.43%のリターン(2021年1月19日現在)になっています。


原資47,332㌽が1年もたたず23万円以上に…
さすがハイレバ商品