▼シェア&フォローする▼

海外旅行に行くなら複数枚の携帯が必須となるクレジットカード。

ショッピングと海外旅行保険の観点からクレジットカードが重要とわかっていても、多くの人は、クレジットカードの種類はありすぎて、どれが海外旅行向きのクレジットカードなのか理解してないのではないでしょうか。

理解していないが故、海外旅行保険の内容が不十分なクレジットカードを保有して安心していたり、海外で病気やケガに見舞われても、カードの海外旅行保険が適用されないというケースはよくあります。

そこで今回は、海外旅行に絶対携帯したいクレジットカード「エポスカード」を紹介。その過程で以下についても紹介します。

本記事でわかること

・なぜ、エポスカードは海外旅行に必須の一枚と言えるのか
・海外旅行保険を上手に使うために知っておくべきこと

社会的インパクト投資【ネクストシフトファンド】

年会費無料で海外旅行保険最強のエポスカード

エポスカードは、年会費永年無料&即日発行可なマルイのクレジットカード。エポスカード所有者なら、マルイのバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%OFFになることで知られるカードです。

しかし、このカードの魅力はそれだけじゃない。とにかく年会費無料カードなのに海外旅行保険の充実ぶりが凄いのです。
エポスカードは年会費無料

基本情報:エポスカードのメリット

主な特徴(メリット)をまとめると以下のようになります。海外旅行に関わるメリットはピンクの下線を引いた部分です。次節で詳細説明します。

「エポスカード」のメリット

  • 年会費が永年無料
  • 年4回10%割引のセール(マルコとマルオの7日間)
    実店舗  :マルイとモディ
    Webサイト:マルイのネット通販「マルイウェブチャネル」
         ※1000ブランド以上、セール中は送料も無料
  • 全国10,000店舗以上で優待・割引がある
    特に「お出かけ」に強くて、映画館・テーマパーク・レストランを安く利用できる
    カード提示で5~30%引きになる
  • ポイント還元(0.5%還元)
  • 年会費無料カードでは破格な内容の「海外旅行傷害保険」が自動付帯
    海外出発前の届けや手続きが一切不要でサポート
  • 海外キャッシングの返済がネットから可能
  • tsumiki証券でのNISA積み立てが可能
  • 入会キャンペーンでポイントがもらえる
  • 即日発行が可能、カード審査基準も緩め

海外に行く際、なぜ、海外旅行傷害保険が必要なのか

海外旅行保険で最強のクレジットカード:エポスカード

さて、ここで、エポスカードの海外旅行保険の詳細へと行きたいところですが、たぶん、その内容だけ見てもそのメリットがすんなりとは理解できないと思います。

それは、以下を理解してない方が多いからです。

海外旅行傷害保険を知る上でまず知るべきこと

・海外で医療機関にかかるといくら必要なのか(相場観)
・クレジットカードの海外旅行保険補償で重要とすべきポイントは何か

それぞれ見ていきましょう。

海外で医療機関にかかるといくら必要なのか

海外で医療機関にかかった場合、日本にいるときのように健康保険が利用できないことは、皆さんご存知でしょう。

しかし、どの程度必要か、ご存知ですか?

万一、海外で急な病気やケガで医療を受けると、あっという間に100万単位の高額な医療費請求を受けることになります。特に、手術・数週間入院という事態にでもなれば、1000万円~の費用が簡単に必要になってしまいます。

海外で医療にかかるといくらあっても足りない
海外で医療にかかるといくらあっても足りない

以下は、海外主要国で治療を受けた場合の国別の医療費の比較表です。1度でも医療機関にかかると高額な費用が請求されることが分かりますね。
だからこそ、海外旅行・出張に行く場合は、万一のために、海外旅行保険を掛ける必要があるのです。

海外先での医療費比較

救急車の料金
①公営
②民間
初診料病院部屋代
(1日当たり)
①個室
②平均入院日数
虫垂炎手術の治療費
①総費用
②平均入院日数
日本
参考
①無料
②通常利用しない
2,820円①30,000円~100,000円
②80,000円~100,000円
①600,000円
②4日間
アメリカ
アメリカ
(ホノルル)
①82,000円~
②82,000円~
15,400円~16,400円①330,000円
②880,000円
①3,000,000円
②2日
ヨーロッパ
イギリス
(ロンドン)
①無料
②通常利用しない
16,200円~27,000円①135,000円~202,500円
②405,000円~540,000円
①945,000円~1,350,000円
②2~3日
フランス
(パリ)
①②5,900円~7,300円+走行加算200円/Km11,500円~17,200円①126,100円
②286,700円
①1,089,200円
②3日
スペイン
(マドリード) 
①-
②10,300円
11,800円①27,500円
②76,500円
①597,300円
②3日
アジア
中国
(北京)
①3,100円~31,100円
②通常利用しない
6200円~18,700円①9,300~107,200円
②93,400~355,200円
①77,800~1,556,000円
②3~7日
台湾
(台北)
①無料
②通常利用しない
5,500円①5,000円~20,000円
②-
①-
②-
シンガポール①無料
②通常利用しない
6,100~11,400円
6,700円~9,000円①30,000円
②64,800円
①1,110,500円~1,676,600円
②2日
タイ
(バンコク)
①無料
②7,200円~15,000円
3,000~4,500円①33,500円~40,100円
②55,400円
①480,000円
②3日
フィリピン
(マニラ)
①通常利用しない
②8,200円
1,900円~3,500円①8,200円
②15,200円
①93,600円~140,400円
②4~7日

※参照:ジェイアイ損害火災保険株式会社ホームページ

クレジットカードの海外旅行保険補償で重要とすべきポイント

では、クレジットカードに付帯する海外旅行保険で重要視すべき点は何でしょうか?
大きくは3つあります。

海外旅行保険につ強いを見分けるポイント

①海外ショッピング・海外キャッシングが可能(デフォルト機能)
②海外旅行保険が自動付帯か利用付帯か
③海外旅行保険の補償の充実

①はほとんどのカードが網羅しているため、差別化のポイントは②③になります。

②海外旅行保険が自動付帯か利用付帯か

②は、補償を受けるためにカードの利用条件があるかないかです。
クレジットカードの海外旅行保険は、以下の2つに分けられます。

自動付帯ただ持っているだけで海外旅行保険が受けられる
利用付帯保険が適用されるには利用条件がある
例)渡航前に海外旅行費(航空券、ホテル代)をカード決済 等

カード利用者にとってうれしいのは、自動付帯のクレジットカードです。ただ、海外に持っていけばいいだけです。
一方、利用付帯の場合、きちんと条件を確認しておかないと、万一の時に保険が利用できないことになります。

③海外旅行保険の補償の充実

では、③海外旅行保険の補償の充実の中でも、特にどの項目が大事でしょうか?

それは、死亡保険ではありません。最も大事なことは、最も発生確率の高い「病気やケガの保険がどれだけ手厚いか」です。

エポスカードの海外渉外保険

エポスカードは海外旅行保険最強の一枚

さて、上記を理解したうえで、エポスカードの海外旅行保険を見てみましょう。

以下に、海外旅行保険の一覧を示しましたが、以下の点が優れています。

エポスカードの海外旅行保険が最強な理由

年会費無料にもかかわらず、
①外旅行傷害保険が自動付帯で、海外出発前の届けや手続きが一切不要!
②海外旅行時に最も発生確率の高い「病気やケガの補償」が厚い
 病気の時は270万円、ケガのときは200万円まで補償

ちなみに、ケガの補償200万円とは、年会費1万円以上かかるゴールドカード並みの補償の高さ。これを年会費無料で提供してくれているエポスカードは凄いのです。

詳細:エポスカード

エスカード:海外旅行保険補償一覧

項目補償最高額内容
年会費無料
付帯自動付帯
事故死亡・後遺障害500万円不慮の事故で不幸があったとき、ケガをして後遺症が残ってしまった時の補償金
疾病治療補償270万円病気で入院・治療を受けたときの治療費の補償
傷害治療補償200万円事故でケガをした時の治療費の補償
賠償責任2000万円不意に他人にケガをさせてしまったり、人のものを壊してしまった場合の賠償・弁償費用の補償
救援者費用100万円カード保有者が遭難した際の捜索・救助にかかる費用の補償
カード保有者の事故やケガで家族が現地に駆け付けるための渡航費・宿泊費、国内病院への搬送費も対象
携行品損害1点10万円、
最高20万円
万一、持ち物が盗難にあってしまった場合、或いは、不慮の事故で持ち物が破損してしまった場合の補償
(免責3,000円)
キャッシュレス診療海外での治療を受ける際、カード会社が費用を支払ってくれる。
これにより、数百万円単位の治療費を一時的に個人が支払わなければならない負担がなくなる
緊急アシストサービス万一、海外旅行中に不慮のケガや事故、病気に見舞われた場合、エポスカード海外旅行保険事故受付センターが24時間日本語対応で手配対応してくれる

エポスカード:海外旅行保険の補償例

海外で緊急入院

例えば、海外での食事になれず、現地で緊急入院したような場合。
治療を受けるために、実際に支出した金額(治療費、入院費、薬剤費など)に対して最高270万円まで保険金が保障されます。

海外で入院

観光中にデジカメを壊した

海外旅行中にデジカメを落として壊してしまった場合、最大20万円、負担分(3,000円)を差し引いた金額が保障されます。

詳細:エポスカード

エポスカードだけで海外保険の補償は十分か?

最後に、エポスカードだけで海外旅行の補償は十分と言えるのか、見てきましょう。

最初に結論を言えば、エポスカード1枚では補償額は十分ではありません。しかし、他にも海外保険付きのカードを持っているなら、死亡・後遺障害保険金を除き、最大補償額はその合算値まで拡大します。

死亡・後遺障害保険金の場合は、他の保険も合わせて最高額のものが適用されます。

他の年会費無料で高還元率なカードと保険の内容を比較してみました。

保険の種類補償最高額
エポスカードリクルートカード楽天カード
ポイント
還元率
0.5%1.2%1.0%
付帯自動付帯利用付帯
以下をリクルートカードで支払っていること
・自宅から出発空港までの交通費
・海外旅行代金
・海外ツアーの参加
※上記3点は、出国前の決済なら一部でもOK
・日本出国後、海外旅行先で利用した公共交通費
利用付帯
日本を出国する以前に下記に該当する代金を楽天カードで支払っていること
・自宅から出発空港までの交通費
・海外旅行代金
※出国前の決済なら一部でもOK
事故死亡・後遺障害500万円2000万円2000万円
疾病治療費用270万円100万円200万円
傷害治療費用200万円100万円200万円
賠償責任2000万円2000万円2000万円
救援者費用100万円100万円200万円
携行品損害20万円20万円20万円
評価補償内容最強!
ただ、携帯するだけで高い補償が受けられる!
ポイント還元用に!
計画的に海外旅行の支払いを行うことで、エポスカードの補償額をさらに高めることができる

まとめ

以上、エポスカードが海外旅行保険として最強である所以を見てきました。

大事なことなので、「海外旅行保険の補償額を高める方法」をまとめます。

海外旅行保険の補償額を高める方法

  • 年会費無料で自動付帯&病気・ケガの補償額が高い「エポスカード」は最強
  • 年会費無料&高還元率な「リクルートカード」「楽天カード」で計画的に海外旅行渡航費・出国前交通費を支払うと、より海外旅行保険の最高額を高められる

上記、3つのカードはいずれも年会費無料なので、持っておいて損のないカードです。
海外旅行保険のカード、ポイントを貯めるカードとそれぞれ目的を持たせて作りましょう。