タイ旅行のトイレ事情:バンコク街歩き時はトイレットペーパーは持参せよ/有料の場合のあり

海外に行くと困ることの多いトイレ事情。国の発展度合いによってかなり事情が異なります。いろんな国に行きましたが、何これ?ってこと結構あります。

では、タイのトイレ事情はどうなのか?

日本とはかなりトイレ事情が異なります。多いな違いは以下の5点です。

・コンビニ・駅でトイレが借りられない
・タダでトイレが利用できるとは限らない
・和式手動水洗トイレが結構ある
・トイレットペーパーは流してはいけないトイレあり
・トイレットペーパーがあるとは限らない

一日中歩き回ることが多い旅行中は、トイレ事情を知らないと凄く困ることになるので、旅行前に確認をしてきましょう。

タイではコンビニ・駅でトイレが借りられない

日本の場合、コンビニや駅でトイレが借りられるので困りません。しかし、タイではコンビニや駅でトイレを借りられないケースが大半です。地下鉄や高架鉄道にも公衆トイレはなく、鉄道駅でも有料だったりします。

では、どこでトイレを借りたらいいのか?

最も利用しやすいのは、バンコク市内なら、高級ホテル、或いは大型商業施設(デパートなど)でしょう。これらのトイレはきれいです。

次なる候補は、観光スポットですが、特に女性の場合は、トイレの前に長蛇の列ができています。そして、列待ちの上、トイレの入り口に到着すると、トイレの前に座っているトイレ番がいて、「心づけ」としての少額のお支払いが必要になることもあります。トイレ清掃の方へのチップのようなものですね。

どこでもタダで使えると思ってはいけません。

洋式自動水洗トイレとは限らない。古い和式手動水洗が結構ある

日本では、用をたした後、レバー或いは自動で水洗洗浄するが当たり前。しかし、タイでは事情が異なります。

タイのトイレは、昭和の日本にもよくあったしゃがんで使う和式タイプの便器から、洋式のタイプの便座にかかりつつある過渡期です。ホテルや近代的な商業施設ではもちろん洋式で自動或いはレバー式の水洗洗浄です。

しかし、少し古い建物になると、バンコク市内であっても、和式が多く、手動水洗式。トイレの横に水ためがあり、そこから手桶で水をくみ取ってトイレに水を流します。

これは、もともとタイでは、トイレットペーパーではなく、手桶にくんだ水で、手でお尻を洗うスタイルだったからです。もともと、水でお尻を洗う文化だったからなのか、かなり古いトイレでも、お尻を洗うウォッシャーがついているところが非常に多かったです。

タイのトイレ事情:お尻用の小型シャワー付が大半

トイレットペーパーはゴミ箱に捨てる

トイレの個室内に大きめのゴミ箱が置いてある場合は、その中に、使用後のトイレットペーパーを捨てましょう。これは下水インフラなどの信頼性にも関係しているのでしょう。

詰まると皆が困るので、ルールを守りましょう。

トイレットペーパーは持参せよ

施設によって異なりますが、トイレットペーパーは備え付けでないと思った方が無難です。

もちろん、ホテルや近代的な商業施設の場合、トイレットペーパーは備え付けです。しかし、少し古くなるとトイレットペーパーは備え付けではありません。
トイレの前にトイレ番がいて、少額のお金と交換でトイレットペーパーをくれるトイレもあります。

いずれにせよ、バンコク市内、郊外を観光する場合は、必ず、ティッシュペーパーやトイレットペーパー(ロール式のものそのまま)を持参しましょう。

タイトイレ事情:街歩きにはトイレットペーパーは持参が必須!

個室に荷物フックがないことも

日本では、トイレの個室内に荷物を置くフックや場所が必ずありますよね。しかし、荷物フックがないケース、結構あります。

街歩きをする場合は、荷物を少なめにしておいた方がいいよ。バックはボディーバックやリュックの方が無難かもしれません。

異国の地ではおなかを壊しやすいので注意を

異国の地では、時差や食事事情が異なるため、おなかに異変を起こされる方も多いでしょう。特に、タイは辛い料理が多く、刺激が強すぎておなかを壊してしまうことも。

おなかの常備薬などをお持ちならば、是非、持っていきましょう。

私は利用することはありませんでしたが、私の場合、胃腸のトラブルは「胃」に出やすいので、旅行に行くときは「太田胃散」が必須です。タイ旅行でも持参しました。

お得!【30%OFFも】Amazon ドラックストア 医薬品クーポンAmazon限定の医薬品もあり


太田胃散<分包> 32包

私の旅の常備薬

ストッパ下痢止めEX 12錠

Amazon下痢止め部門で
ベストセラー

強ミヤリサン 錠
Amazonで人気!

タイ(バンコク/パタヤ/カンチャナブリ)旅行記(3泊5日)

2018年-2019年の年末年始にタイ バンコクを中心に旅行をしてきました♪

タイ旅行記 2019年
 タイ旅行スケジュール
1日目:出国→バンコク市内移動カオサン観光
2日目:バンコク市内観光 3大寺院ディープタウン
3日目:マリンリゾートでラン島へ パタヤ
4日目:「戦場にかける橋」のある町で鉄道旅行 カンチャナブリ
5日目:帰国

 知ってくべきタイ情報
タイの物価:いくら両替する?
タイバーツお得な両替方法
海外キャッシング繰上げ返済

タイのトイレ事情