海外クレジットカード決済の手数料はいくら?海外ショッピング時の手数料率・為替レート比較(VISA/Master/JCB/AMEX/Diners)
▼シェア&フォローする▼

海外に行くなら所有必須のクレジットカード。

渡航先の現金の確保は、銀行で外貨両替するよりもクレジットカードで海外ショッピング・海外キャッシングした方が手数料が安く、海外ショッピングの場合はポイントもたまってお得です。

でも、海外ショッピング、海外キャッシングした場合、具体的にいくら手数料がかかるのでしょうか?

クレジットカードの国際ブランドごとに手数料は異なります。具体的にどのぐらいの手数料がかかるのか見ていきましょう。

海外決済時のクレジットカードの手数料

海外でショッピングをした時の請求額は、以下のように決まります。

海外でショッピングをした時のクレジットカード手数料の請求

円建て請求額=(A)現地購入価格×(B)適用為替レート×(1+(C)手数料率)

上記の通り、(A)購入品の現地価格に対し、
(B)のカードの国際ブランドが公式発表している基準レートをかけた価格に、
(C)の手数料(手数料率)が上乗せされた金額が海外決済時の請求額になります。

この時、(B)と(C)の値が国際ブランドごとに異なります。

クレジットカード会社の為替手数料率

まずは簡単な(C)手数料率から見ていくことにしましょう。

クレジットカード会社の海外キャッシング時の事務手数料は、国際ブランドによって異なることは既にご説明しましたが、この海外キャッシング手数料は、現金を両替するときに掛かる手数料相当に該当し、以下の様に設定されています。

国際ブランド為替手数料
VISA1.63%
MasterCard1.63%
JCB1.60%
American Epress(AMEX)2.00%
Diners Club1.30%
海外クレジットカード決済の手数料は国際ブランドにより異なる
海外クレジットカード決済の手数料は国際ブランドにより異なる

国際ブランドの適用為替レート

次は(B)適用為替レートについて見て行きましょう。
為替レートは時々刻々と変動しているため、各国際ブランドは、所定金融機関の為替レートに準じる等、一定のルールに基づき決定しています。VISA、Mastercard、JCBについては基準レートが公表されているので確認が可能です。

国際ブランド基準レート基準レートの確認方法
VISA基準レートを確認必要項目を埋め、「Calculate exchange rate」をクリックすると基準レートが確認可能
MasterCard基準レートを確認印が付いている必要項目を埋めて確認果房
JCB基準レートを確認
基準レートに関する説明
日付をクリックし、日本円「JPY」欄を確認
American Epress
(AMEX)
基準レートは非公表
Diners Club基準レートは非公表

基準レート適用日に注意

ここで注意すべきは、実際に商品購入時に適用される為替レートの日付です。

商品を購入した日ではなく、その決済情報がカード会社に届いた日のレートが適用されます。そのため、タイムラグが2~4日ほど生じることになります。通常はさほど大きな変動はありませんが、為替マーケットが変動した時は注意が必要です。

クレジットカード明細で決済日を確認してみよう
クレジットカード明細で決済日を確認しよう

ポイント還元率が高いカードを選ぼう

絶対ではありませんが、前章のルールをもとに各国際ブランドカードの手数料を換算すると master > JCB > VISA となることが多いようです。ただし、海外ショッピングの際、為替レートの変動、為替レート決済日・時間をコントロールすることは実質的に不可能です(できるとすれば、あまりに急激な為替レートの変動がある際に、利用を控える程度)。

故、この手数料を気にするよりも、カードそのもののポイント還元率を重視するほうが大事です。年会費無料かつ高還元率なクレジットカードを普段からお使いになることをお勧めします。

年会費無料で高還元率!おすすめクレジットカード

絶対持つべきおすすめクレジットカード

カード還元率
年会費
ポイント交換先
特徴
No.1!

Visa LINE Payカード
(LINEカード)

5/1から
3.0%→
2.0%還元
 
初年度無料
2年目以降、1回の使用で無料

LINEポイント

より詳細を確認

  • 5/1から還元率が3.0⇒2.0%に変更されても、最強還元率
  • 年会費は初年度無料。2年目以降は1回の使用で無料になるので、実質年会費無料
  • 積極利用でポイントランクがUP。チャージポイントやクーポン特典がUP
  • LINE証券でのポイント投資にも利用可能
  • マイナポイント対応
  • 【注意】公共料金・税金・iDの支払は1回あたり5万円以内のみ還元対象。ふるさと納税は対象外 詳細
リクルートカード

リクルートカード

1.2%還元

年会費無料

Pontaポイント

  • ポイント還元率が最高クラス
  • Pontaポイント、JALマイルに変更可能
  • au PAY×Pontaカードでポイント2重取り可能
  • au PAYふるさと納税で利用可能な㌽に高還元率返還可能
  • リクルート系のサービスで高いポイント!
  • 電子マネーへのチャージでポイントがたまる
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイに対応
楽天カード

1.0%還元

年会費無料

楽天ポイント

より詳細を確認

  • 楽天サービス理由でポイント還元率がどんどん上がる(最大30%
  • 楽天ふるさと納税での寄付にもポイント使える
  • 楽天証券でのポイント投資が可能
  • プリペイド型電子マネー「楽天Edy」搭載
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイも対応
  • マイナポイント対応
dカード

1.0%還元

年会費無料

dポイント
Pontaポイント
JAL

  • ドコモユーザ以外でもメリットが大きく、キャンペーン多数
  • d払いの支払い方法をdカードに設定すると、dポイントが2重もらえる
  • 日興フロッギー+ docomo」「THEO+ docomo」でポイント投資が可能
  • 電子マネーiDを搭載
  • スマホ決済:Apple Payに対応
  • マイナポイント対応

貯まったポイントは「ポイント投資」が最強!その理由は?

私は、カード決済などでたまったポイントは、基本的に、ポイント連携する証券口座に移行し、ポイント投資します。

理由は、ポイント利用でショッピングをしてもポイントがつかない、或いは、ポイント還元率が悪いからです。

相場が急変で大きく下落したとき、買い挑むのは怖いですよね?
そんな時、ポイント投資なら、現金投資に比べて圧倒的に気軽に大胆な投資ができるというメリットもあります。

以下は、大暴落時の投信買い=2020年3月のコロナショック時に買い付けたハイリスク投信「楽天日本株4.3倍ブル」の資産状況です。+388.43%のリターン(2021年1月19日現在)になっています。


原資47,332㌽が1年もたたず23万円以上に…
さすがハイレバ商品

ポイント投資ができる連携先は以下の通りです。各社、投資家登録キャンペーンをやっているので、それを利用すればさらに投資原資が増えます!

ポイントプログラム連携金融機関
LINEポイントLINE証券
楽天ポイント楽天証券
TポイントSBIネオモバイル証券 SBI証券
Pontaポイントau PAYポイント投資
dポイント日興フロッギー
永久不滅ポイントRimple(リンプル)(不動産クラウドファンディング)
PayPayポイントPayPay証券

上記の中で、最も利用しやすく特典が大きいのは「楽天ポイント」のポイント投資!毎月の投信買付など、お得すぎるのでやらないと損です。
以下の記事にて解説をしています。

海外出張・旅行中は、為替の動きに敏感になろう!

さて、これまでは、海外でショッピング・キャッシングするならクレジットカードを利用しようと説明してきました。しかし、海外滞在中に一気に為替レートが円安・円高に進んだ場合は話が違ってきます。

渡航中に為替レートが大きく変動することも
渡航中に為替レートが大きく変動することも

例えば、私が2017年6月に欧州出張・旅行に行ったときは、ユーロが4円以上も動きました。また、2019年年始にタイ旅行の際も渡航中に世界中に経済不安が起こり一気に円高が進みました。想像以上に、為替が数円一気に動くタイミングに出くわすことは多い印象です。
場合によって、出国直前に両替した現金があるなら、その現金で払った方が最終的な支払金額が安くて済むこともありますし、帰国時に余った海外通貨を円に返還すると大きく損をする場合もあります。

故、海外滞在中は為替レートに敏感になりましょう。現在は、海外でもネット接続が簡単ですのでスマホにFXアプリなどを入れておくと、レートチェックに非常にです。

マネーパートナーズなら、海外両替にも強いので、FXアプリも合わせて使うと重宝しますよ。