タイ旅行3日目:パタヤビーチへエクスカージョン。船で青い海の広がるラン島でマリンリゾートを楽しむ~長距離バス/フェリーの乗り方
▼シェア&フォローする▼

暑い国に来たのだから、マリンリゾート気分も味わいたい。

そこで、タイ旅行3日目はバンコクを飛び出し、2時間かけてパタヤビーチへ。
船に乗って、ラン島まで足を延ばして、海辺でのんびりしてきました。

パタヤ&ラン島はバンコク市民のリゾート地

パタヤはバンコクから長距離バスで2時間ほどの南下したところにある海沿いの街です。
日本でいうと熱海のような日帰りも可能な街で、日ごろの疲れを海で癒しに行くだけでなく、歓楽街で楽しむことも可能な街です。

バンコクから2時間 パタヤビーチ

今回の私のエクスカージョンの目的は、パタヤからさらに足を延ばして海のきれいな「ラン島」にわたってビーチでマリンリゾート気分を味わうことです。

①長距離バスに乗る、②船に乗る など、ハードルはありますが、頑張ってみました。

パタヤへの行き方:長距離バス

バンコクからパタヤへ行く方法はいくつかありますが、最もメジャーなのが、バンコク 東ターミナル(BTS エカマイ駅そば)から長距離バスに乗る方法。
5:00~23:00ぐらいまで約40分おきにバスが出ていて、所要時間は2時間ほど。料金は100~150THBです。

バンコクからパタヤへ 長距離バス移動(エカマイ駅)

エカマイ駅を降りてすぐのところにバスターミナルがあり、中に入ると、行き先別にチケットカウンターが並んでいます。チケットカウンターを探さなくても、「パタヤ~」と声掛けしている方がいるので、その人に尋ねるとチケットカウンターを教えてくれました。(何社かバス会社があり、それぞれ、客引きをしてるようです)

バンコクからパタヤへ 長距離バス移動(エカマイ駅)
バンコクからパタヤへ 長距離バス移動(エカマイ駅)

案内されたバスはバンタイプ。8:15ごろにエカマイ駅を出発。渋滞にはまることもなく、2時間ほどでパタヤターミナル駅に到着しました。

ラン島への行き方:バリハイ桟橋への移動とフェリーの乗り方

無事にパタヤターミナル駅に到着。
しかし、ターミナル駅からラン島への船が出る桟橋までは離れていて歩ける距離ではありません。足を確保する必要があります。

パタヤターミナル駅からバリハイ桟橋への移動:タクシーバイク

バスターミナルからバリハイ桟橋へはタクシーなどでの移動が必要です。私は、まだ乗ってない交通手段としてバイクタクシーを利用することにしました。

バイクタクシーとは、簡単に言えば、原チャリの二人乗りです。オレンジ色のジャケットを着ているドライバーさんに「バリハイ桟橋まで行きたい」と伝えると、料金は150THB。交渉も面倒なので、そのまま利用することにしました。

パタヤバスターミナルからバリハイ桟橋への移動はタクシー

バイクの後ろに乗ったのは久しぶり。お兄さんの腰につかまって風を切りながらの移動はちょっと楽しい。スピードメーターを見ると、大通りでは50~60km/hで走行。10~15分程でバリハイ桟橋に到着しました。

ガイドブックに記載のあった通り、パタヤビーチの海の色は濁っていて泳ぐビーチではありませんね。

パタヤ パタヤビーチの海の色は微妙

バリハイ桟橋からラン島への移動:フェリー

バリハイ桟橋のピアを歩いて島に渡る船乗り場を探します。

バリハイ桟橋からラン島に行く方法は2種類あります。

①スピードボート(約1500~2000THB?所要時間20分)
②フェリー(30THB、所要時間40分)

私が乗りたい②のフェリー乗り場は「A乗り場」。ピアの先頭にありました。
汽笛を鳴らしていて、間もなく出航の模様です。行き先も確認せず、急いで満員のフェリーに乗り込みました。

なお、フェリーには行先が2箇所あります。それぞれ出航時間が異なります。

A.ナーバーン桟橋行き
B.タウエンビーチ桟橋行き

私が乗ったフェリーは、B.タウエン・ビーチ桟橋行き でした。

船乗している方を見ると、多くは欧米人。そして、次に多そうなのは中国人でした。私が乗ったフェリーでは日本人は見かけませんでした。

パタヤ バリハイ桟橋でフェリーに乗る
パタヤ バリハイ桟橋でフェリーに乗る

ラン島で最大のビーチ、タワエンビーチを楽しむ

10:45分ごろにバリハイ桟橋を出て11:30ごろにタウエンビーチ桟橋に到着!

タワエン埠頭を出て左に行けばタワエンビーチ、右へ行けばサンワンビーチを楽しむことができます。

賑やかなラン島最大ビーチ:タウエンビーチ

タウエンビーチは、ラン島で最大のビーチです。
レストランや海の家、コンビニはもちろんのこと、マリンスポーツのアクティビティサービスの種類も豊富。そのため、ビーチは非常に多くの人でにぎわっています。

明るい賑やかビーチといった雰囲気です。

写真:4travel

パタヤ ラン島、賑やかなタウエンビーチ

静かな時間が過ごせる:サンワンビーチ

サンビーチは、とても静かなビーチ。隣りのタウエンビーチとは全く異なる趣で、ビーチチェアーでゆっくり海を見ながら時間を過ごすことができます。

パタヤ ラン島、静かな時間が過ごせるサンワンビーチ
パタヤ ラン島、静かな時間が過ごせるサンワンビーチ

私は最初は、タワエンビーチで賑やかビーチの雰囲気とランチを楽しんだ後、サンワンビーチに移動。ビーチチェアーに寝転んで、波の音を聞いたり、読書したり、まどろんだりとゆったりとした時間を過ごしました。

パタヤの歓楽街:ウォーキングストリート

ビーチでの時間を楽しんだ後、15時出発のフェリーに乗って、バリハイ桟橋へ。
あまり、時間はありませんが、パタヤビーチ沿いに沿って走るストリート「Walking Street」を歩いてみます。

パタヤの歓楽街:ウォーキングストリート

パタヤ ウォーキングストリートはパタヤ最大の歓楽街。たくさんのクラブが軒を連ねています。

私が歩いた時間は夕方前だったので、ナイトフィーバーした様子を楽しむことはできませんでしたが、夜になると大音響で騒々しい通りになることは容易に想像がつきます。

写真:freelifer.jp

う~ん、ちょっと遊んでみたいと思いながら、残念ながら時間的に無理。通りを歩ききったところで終了となりました。

再びバスターミナルへ:帰りのバンコク行き便は大混雑!

さて、そろそろターミナルに戻らないと、バンコクに到着する時間が心配です。そこで、16時半過ぎに、再びバイクタクシーを探して乗車。ちなみに帰りも150THBでした。

パタヤ→エカマイへの長距離バスチケットの購入方法

無事、ターミナルに到着したので、バスチケットを買います。
バスチケットは、行き先別に異なります。バンコク エカマイ行きのバスは、一番右側で列ができていたので迷うことなくわかりました。

パタヤ バスターミナル チケット購入

窓口で次の便は何時と聞くと、18:10発。購入時の時間は17時10分程なので、1時間ほど待たなければなりません。まあ、仕方ないと待合室で待つことにしました。
なお、バスチケットは行きの料金より安くて108THBでした。

パタヤ バスターミナル チケット
パタヤ バスターミナル 待合所

バス待合室はバス待ちの観光客でごった返す

ところがです。
バスは1/2の夕方、増便がされているのか、10分ごとに到着するものの、全体的30分~1時間にバスの運行時間が遅れている!!

どうしようもないのでひたすら待ちます。結果、バスが出発したのは18:50。エカマイ駅に到着したのは20:40でした。

パタヤ バスターミナル バス乗車

その後、朝来た時ど同様、スカイトレインBTSのスクンビット線 エカマイ駅からパヤタイ駅まで移動した後、タクシーでカオサンまで移動。その後、食事をして帰ると、ホテル到着は23時ごろでした。

今日の疲れた~。
明日は、本日よりも朝が早い。5時に起きて、現地オプショナルツアーを利用して、カンチャナブリーに出かけます。

タイ(バンコク/パタヤ/カンチャナブリ)旅行記(3泊5日)

2018年-2019年の年末年始にタイ バンコクを中心に旅行をしてきました♪

タイ旅行記 2019年
 タイ旅行スケジュール
1日目:出国→バンコク市内移動カオサン観光
2日目:バンコク市内観光 3大寺院ディープタウン
3日目:マリンリゾートでラン島へ パタヤ
4日目:「戦場にかける橋」のある町で鉄道旅行 カンチャナブリ
5日目:帰国

 知ってくべきタイ情報
タイの物価:いくら両替する?
タイバーツ/円のお得な両替方法
海外キャッシング繰上げ返済

タイのトイレ事情
貴重品入れに超便利!「SPIBELT(スパイベルト)」