LINEクレカの3.0%還元が終了。今後、お得な年会費無料のクレジットカード・Pay払いは何か
▼シェア&フォローする▼

クレジットカードや電子マネーで賢く支払いをしていますか?

私はこれまで、驚異の3%還元のVisa LINE Payクレジットカード(LINEクレカ)を利用してきましたが、4月30日から還元率2.0%に減ってしまいました。

もっと有利な決済方法はないのか?

そこで、2021年5月以降、特別キャンペーンを除き、常時開催ポイント還元が最も有利ででお得な支払方法は何か、調べてみました。

【結論】2021年5月以降の決済、どうするとお得?

まずは、結論です。

お得なキャッシュレス決済

基本的は、Visa LINE Payクレジットカード(還元率2%)を継続利用
但し、利用店によっては還元率が高い以下の決済手段を利用する。

・税金・社会保険料払い:リクルートカード利用で51.2%還元
 ・Visaタッチ決済:Apple Pay決済で5%還元
・QuickPay利用可能なら:セゾンパールアメックスで常時3%還元
 
また、期間限定のお得キャンペーンがある場合はそれを利用する
・各種ペイ払い(PayPay、dポイント、auPay、楽天ペイ など)

以下で詳細解説します。

オールマイティにお得:LINEクレカ

還元率が3%→2%となりましたが、実質年会費無料カード(※)の中で一歩抜き出てオールマイティに高還元率なカードであることは変わりません。
※LINEクレカの場合年に1回決済すれば年会費無料

ただし、お得になるのはプラスチックのクレジットカードを利用した場合のみ。下図の通り、4月30日まではお得だったチャージ&ペイは還元率0.5%となり、お得ではありません。

LINEポイント、ショッピング払いの利用は「損」

多くの方は、貯まったLINEポイントは商品購入・ショッピングに用いていると思いますが、実は、ショッピングでのLINEポイント利用はちょっと「であること、ご存知ですか?

少し損をしてしまう理由、及び、最もお得な利用方法は以下の記事で紹介しています。

税金・社保払いは「リクルートカード」で1.2%還元

とてもお得なLINEクレカ。高還元率を活かして、年間でも支払額が大きい税金や社会保険料の支払いでポイントがついたら最高ですよね。

しかし、LINEクレカでは、税金・社会保険料関連の支払いには厳しい対象外規制があります。

LINEクレカ:税金・社保関連のポイント対象外項目

・税金/保険において、1回あたりの支払につき5万円を超える分
・国民年金保険料
・寄付、募金(ふるさと納税を含む)

上記に該当する場合は、還元率1.2%のクレジットカード「リクルートカード」がお得です。公金払いに必要な決済手数料を支払っても、ポイント還元で得になります。

リクルートカードは絶対持っていたほうがいいクレカ。
LINEカードの苦手な分野を補完してくれる!
私は長らく愛用しています。
chami
chami

Visaタッチ決済、Apple Pay決済なら三井住友カードNLで5%還元

三井住友カード(NL)のNL=Number Less(ナンバーレス)のことで、クレカの券面に番号の記載がなく、かつ、プラスチックカードがなくてもスマホで決済ができるクレジットカードです。各社クレジットカードはセキュリティ面からもこのナンバーレス型のクレジットカードの普及に力を入れています。

三井住友カード(NL)では以下の決済時はポイント還元率が5%になります。

・(プラスチックの)クレジットカードのタッチ決済(VISA/MasterCard)
・ApplePayにMastercardを登録してタッチ決済

また、新規登録なら、5000円分のポイント還元があるので有効に利用しましょう!

QuickPay利用可能なら、セゾンパールアメックスで常時3%還元

SAISON PEARL AMERICAN EXPRESS CARD Digital

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード デジタルは、永久不滅ポイントで人気のあるセゾンのカードの最短5分で使えるデジタルカード。
前年に1円以上のカード利用で翌年も無料になるので、実質的に年会費無料。QUICPay(クイックペイ)加盟店で、「Apple Pay」「 Google Pay 」「セゾンQUICPay」を使ってお買い物をすると、利用合計金額(税込)の3%相当(永久不滅ポイント6倍)が還元されます。

QUICPayは、コンビニ、ドラッグストア、飲食店、ガソリンスタンドなど様々な場所で使えるのがいいですね。もちろん、口座開設特典もあります。

最後に

今回は、LINEクレカの3.0%還元が終了に当たって、今後、使うべき決済方法を確認しました。

たかが1%でも、年間120万円(月10万円)をクレカ・キャッシュレス決済すれば、1年で1万円のお得。10年たてば10万円の差になります。

生きていく上で必要な「お金」。
多くの人はお金が大事と言いますが、新しいサービスが次々出ては消えていく世の中で、使用しているクレジットカード、銀行口座、固定費(通信費、電気代、ガス代など)、民間保険料を見直そうとしません。

あなたの周囲にはいろんな支出の無断が眠っているはずです。

平時は仕事が忙しくて見直す時間がないかもしれません。GW、夏休み、年末年始など長く休みが取れるときでもいいので、見直す癖を付けましょう。