国民年金保険料がauPAY、d払い、PayB、PayPayによるキャッシュレス決済に対応(2/20~)

国民年金保険料が、令和5年2月20日から、スマホアプリを利用したPay払いに対応します。

[スポンサーリンク]

今月の読み放題:おすすめビジネス書・自己啓発  おすすめ小説

国民年金保険料、スマホアプリ決済に対応

今回、キャッシュレス決済に対応するのは、以下の4つのPayです。

・auPAY
・d払い
・PayB(PayBと提携している各金融機関が提供する決済アプリを含む。)
・PayPay

メリットとしては、
・コンビニ・金融機関で現金払いするよりも、ポイントがつく分お得
・バーコード付きの納付書で、自宅で支払いが可能
と言ったところでしょうか。

auPAYの請求書払い特典がなしに(4/1~)

auPAYは、au PAY(請求書支払い)の支払い特典を、廃止することを発表しています。
0.5%還元(税込200円で1Pontaポイント)が0%還元となるので注意してください。
au PAY(請求書支払い)ご利用時の特典変更について

楽天ペイの対応に期待したい

今後は、楽天ペイの対応に期待したい。
楽天ペイなら、ファミマのキャンペーン(POSAカード「5と0のつく日」キャンペーンを利用して、「楽天ギフトカード」を購入すれば、還元率が2.0%以上になります。これを楽天ペイにチャージして支払いに当てればお得です。

国民年金保険については?ですが、4月17日(月)より、税金や公共料金などの請求書から、バーコードやQRコードを読み込むことで、支払いができる「楽天ペイ(請求書払い)」の提供を開始することを発表しています。
ガス、水道、電気などの公共料金や自動車税種別割、固定資産税、住民税などの税金に順次対応していくそうです。
「楽天ペイ」で支払いができる「楽天ペイ(請求書払い)」今春提供開始

私の国民年金保険料の払い方

私の国民年金保険料の払い方

私は、国民年金保険料は「2%還元のクレジットカードで2年前納」をしています。

2年前納+高還元率クレカでいくらお得に支払ったか

私は、昨年2年前納したため、支払額は382,780円。お得額は、前納割引が14,830円+クレカ2%還元7,655円=22,485円となりました。

なお、国民年金保険料は毎年月額金額が変わるので、今年2023年に2年前納する場合は、387,170円(割引額 14,830円)となります。

スマホPay払いができることで、現金で毎月払いするよりはお得になるとは思いますが、現時点では「2年前納+高還元率クレカ」で払うのが最もお得なのではないでしょうか。

国民年金保険料を前納で安くしたい方は、急いで申込書の提出を!

年前納に限らず、国民年金保険料を前納するには申し込みが必要です。申込期日は2月末です。

また、申し込みの際に記載が必要な、クレジットカード選定にも注意が必要です。カードによって、ポイントがつきません!

注意点、および、国民年金払いにおすすめのクレジットカードなどは以下の記事にまとめているので、合わせてご確認ください。