PayPay、他社クレジットカードの締め出しを2025年1月までの延期を発表

キャッシュレス関連の改悪が止まりません。今度はPayPayです。

(私にとって)大きな改悪は3つあります。

・PayPayチャージに他社カードが利用できなくなる
・PayPay払い時のポイント還元単位が200円にUPし、利用額切り捨てが増える
・PayPayカードからのチャージも2回目以降は2.5%の手数料チャージ

本記事では、PayPayの改悪と、改悪後もお得にPayPayチャージ・支払いするためにどうするか、その攻略方法について紹介します。

[スポンサーリンク]

今月の読み放題:おすすめビジネス書・自己啓発  おすすめ小説

PayPay、改悪続々…

8月から利用可能なクレカは「PayPayカード」のみに

8月から利用可能なクレカは「PayPayカード」のみに

PayPayは、2023年8月1日(予定)以降、PayPayを利用した支払いは、「PayPayカード」「PayPayカード ゴールド」以外のクレジットカードを利用した決済ができなくなることを発表しました。これにより、他社クレジットカードをPayPay払いに使用できなくなります。これに伴い、2023年7月初旬よりクレジットカードの新規登録も停止となります。また、8月以降は、既に他社カード利用登録している人も、提携解除となり、利用ができなくなります。
ニュースリリース – PayPay

上記を、時系列でまとめると以下のようになります。

【7月初旬~】新規のPayPayカードの新規登録停止

【8月1日~】クレジットカード支払いが不可に
支払方法は以下に限定
・PayPayカード、PayPayカードゴールド
・PayPayあと払い
・PayPay残高払い

【8月1日~】登録済みクレジットカードは登録解除
「PayPayカード」、「PayPayカード ゴールド」以外のクレジットカードで登録している方は、登録が解除されます。

アイタタタ…な改悪です。

今後、他社カードが利用できなくなることで還元率が悪化

上記変更に伴い、これまで高還元率で利用できたPayPay払いが実現できなくなります。

なお、PayPay利用で6%還元が受けられる「あおぞら銀行VISAデビット」のキャンペーンは、7月31日まで。PayPayの改悪の影響を受けずに済みます。
これが、高還元率払いのラストとなりそうです。

ポイント還元単位が200円に。利用額の切り捨てが増える

別のアナウンスでは、PayPayステップの特典付与条件などを変更することもアナウンスされています。

■2023年6月1日以降
PayPayあと払い登録済み会員のPayPayカード ゴールド0.5%特典をPayPayステップに組み込み

■2023年7月1日以降
PayPayステップおよびPayPayカード特典をご利用金額200円(税込)ごとの付与に変更
・PayPayステップ達成条件を「200円以上の決済回数30回以上かつ決済金額10万円以上」に変更

ポイント付与単位も「利用金額200円につき1%」となるので、切り捨てとなってしまう利用額が増えます。

PayPayステップなども、正直、分かりにくく、ポイント特典の受け取りづらさにつながっていると感じるのは、私だけではないはずです。

【見直し】PayPya払い、今後どうするか対策法

【見直し】PayPya払い、今後どうするか

お得すぎるものは、見直される。特に、景気が悪い時は。大事なのは、今後どうするかです。

お得に使い続ける支払う方法は2つあります。

PayPayの2023年7~8月の改悪を乗り切る攻略法

❶PayPay QRコード払いなら、LINE Payで支払い
❷ソフトバンクまとめて支払いを利用する ※ソフトバンク、ワイモバイル、LINEMOユーザ限定

以下、それぞれ解説します。

PayPay QRコード払いなら、LINE Payで支払い

多くの人にとって利用しやすいのが、「PayPay QRコード払いの利用」です。

実は、PayPay加盟店での支払いは、「店頭のQRコードをスキャンする方式の決済」であれば、LINE Payでも支払えます。2022年7月1日以降、店頭QRコードは、PayPayとLINE Payでコード統一化がされています。

「店頭のQRコードをスキャンする決済」は、小規模店舗での導入が進んでいる決済方式です。現金払いしかできない店舗でも、PayPay QRコードスキャン式でなら決済できる店舗は多数あります。

LINE Payでの支払い方法

PayPay加盟店での支払いは、「店頭のQRコードをスキャンする方式の決済」であれば、LINE Payでも支払えます。

レジ前に以下のような案内がある場合、LINE Payで支払が可能です。
支払に当たって、特別な設定は不要です。「PayPay払いで」と伝えて、LINE Payアプリで、QRコードを読み取れば、決済ができます。

ここで、三井住友カードのVISAカードホルダーなら、LINE Payアカウントに三井住友カードを事前に紐づけしておけば、LINE Pay(チャージ&ペイ)で決済が可能です。

LINE Pay(チャージ&ペイ)とは、事前にチャージをしておくのではなく、紐づけたクレジットカードで支払う方法です。

この時、紐づけクレジットカードに「LINEクレカP(+)」を設定すれば、月1万円までの限定ですが5%還元となります。
また、高還元率な三井住友カードを紐づければ、LINE Pay側にはポイントがつきませんが、三井住友カード側でポイントがつきます。富裕層でなくとも使いやすいおすすめカードは、三井住友カードゴールド(NL,VISA)です。

どのカードがお得かはPayPayの利用額次第

どのクレジットカードをLINE Payに紐づけるのが良いかは、PayPayの利用額次第となります。
その、目安基準となるのが、月の利用額25,000円となります。

カード還元率支払上限備考
LINEクレカP(+)5%10,000円1万円利用で500ポイント獲得
・支払上限がボトルネック
VISA決済/iDの還元率が0.5%還元と低い
三井住友カードゴールドNL(VISA)2%
※2%還元は、
 年100万円利用+マイ・ペイすリボ利用 時
・500/2%=25,000円以上の利用で
 500ポイント以上貯まる

月間の利用額、及び、クレジットカードの総合的な利用戦略を考えて、ご自身にとって、どちらがお得か検討の上、利用ください。

ソフトバンクまとめて支払いを利用


ソフトバンクまとめて支払い」とは、複数のソフトバンクのサービスをまとめて1つの請求書にまとめることができるサービスです。このサービスは、ソフトバンクだけでなく、ワイモバイル、LINEMOのいずれでも利用が可能です。

ソフトバンクまとめて支払いの対象になる支払い

・スマホ通信料
・スマホなどで購入した商品代金
・デジタルコンテンツの支払い
・アプリの購入代金
電子マネーへのチャージ

上記で注目は、「電子マネーへのチャージ」です。ソフトバンクまとめて支払いの設定が済んでいれば、チャージ方法から「ソフトバンクまとめて支払い」を選択して、PayPayにチャージが可能になります。ポイントは、PayPayカード以外も登録できることです。支払いカードに高還元率カードを選択すればいいですね。

私は、現在、スマホ回線の一つとしてLINEMOを使用しているので、この方法は、PayPayチャージ・払いで得する有力な選択肢候補です。

なお、ソフトバンクまとめて支払いには、利用上限があり、人によって異なります。上限を確認の上、利用してください(上限額です。ソフトバンクまとめて支払いの上限額は10万円ですが、上限額は人によって異なります(電話回線契約後3か月目までは5,000円)。

ソフトバンクおまとめ払い向け:高還元率なクレジットカード

まず1番目に候補になるのが、最大還元率が2.5%が狙える「エポスゴールドカード」です。
このエポススゴールドカードの特典「選べるポイントアップショップ」にMIXI Mを登録して、MIXI Mを「ソフトバンクまとめて支払い」の支払いクレジットカードに設定します。

なお、エポスゴールドカード通常年会費5,000円ですが、年会費無料のエポスカードの年間利用金額50万円以上になると、エポスからインビテーションが届き、カード乗り換えすれば、翌年以降年会費永年無料でエポスゴールドカードを利用できます。

その他、「三井住友カードゴールド(NL)」も、高還元率です。マイ・ペイすリボ利用で最大2.0%還元となります。

ソフトバンクまとめて支払いの注意点 2つ

利用に当たっての1つ目の注意点は、チャージした残高は「PayPayマネーライト」となり、以下の制約がある点です。
・出金できない
・請求書払いの税金(固定資産税、自動車税など)支払いに使えない
※公共料金の支払いは可
・Amazonでの支払いに使えない

2つ目の注意点は、2023年5月1日に発表された改悪で、2023年8月1日より「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」によるPayPay残高へのチャージで月2回目以降は2.5%(税込)の手数料がかかるようになる点です。毎月初回のチャージは手数料無料です。

今後、必要に応じて、月に何度もちょこちょこチャージする方法は取れなくなります。月1回、必要になるであろう費用+αを計算してチャージしましょう。

ソフトバンクまとめて支払い設定⇒PayPayチャージまでの大きな流れ

ソフトバンクまとめて支払いに申込
 ※支払いカードに高還元率カードを設定
❷PayPayアプリ起動画面の上部にある「チャージ」をタップ
❸支払先に「ソフトバンクまとめて支払い」を選択
❹PayPayにチャージ

最後に

今回は、PayPayから発表された改悪、及び、改悪を乗り換えて、利用するお得な利用法(攻略法)を紹介しました。

繰り返しになりますが、お得すぎるものは、見直される。特に、景気が悪い時は。大事なのは、今後どうするかです。

以下の記事では、様々な支払い方法の見直しについてまとめています。参考になれば幸いです。

お得なキャッシュレス関連キャンペーン