▼シェア&フォローする▼

2022年5月に終了した「楽天ポイントギフトカード」に代わって、リニューアルして登場した「楽天ギフトカード」。

内容がリニューアルして、使い勝手がよくなり、使い方次第で、投信積立、ポイ活、100万円修行などにも役立てられるようになりました。

今回のリニュアルで、楽天ギフトカードがどのように新しくなったのか、どのように活用できるか考えてみます。ポイ活、ポイント重複取り、100万円修行、投信積立などに大いに使えそうです。

楽天ギフトカード とは

楽天ギフトカード とは

楽天ギフトカードとは、全国のコンビニ、スーパーなどで購入できるギフトカード(POSAカード)のことです。楽天市場でのお買い物など楽天の各種サービスで利用できます。

カードは「金額固定タイプ」と「金額指定タイプ」の2種類があり、後者の場合、最大50,000円までチャージできます。

ギフトカードとして人に贈っても喜ばれますが、クレジットカードなしでネットショッピングを楽しむために「自分利用」している人も多いカードです。毎月の利用金額を決めて楽天ギフトカードを購入すれば、使いすぎ防止に役立ちます。

ただしメリットはこれだけにとどまりません。

楽天ギフトカード リニューアル内容

今回、「楽天ポイントギフトカード」から「楽天ギフトカード」にリニューアルにより、以下のようにサービス内容が変更されました。

カード名楽天ポイントギフトカード楽天ギフトカード
時期2022年5月末まで2022年6月~
振替先期間限定楽天ポイント楽天キャッシュ(基本型※)
有効期限6カ月10年間

上記表のとおり、利用可能な期間が「6カ月」から「10年」に延長された点は大きな利点。これまで、期限を気にする必要がありましたが、もはや気にする必要はなくなります。

楽天キャッシュへの変更により利便性も増しますが、利便性について理解するには、まず、楽天キャッシュの利用に関する理解が必要です。

楽天キャッシュとは

楽天キャッシュとは

楽天キャッシュとは、楽天の電子マネーです。

楽天の電子マネーには、「楽天Edy」「楽天キャッシュ」の2種類がありますが、楽天Edyがコンビニをはじめとする街の加盟店で利用可能な電子マネーであるのに対し、楽天キャッシュはオンライン上の電子マネーです。
楽天Payもあって混乱のもとになっていますが、楽天Payは「電子マネー」そのものではなく「決済手段」です。

楽天キャッシュ:「基本型」と「プレミアム型」の違いは?

楽天キャッシュには、「基本型」と「プレミアム型」の2種類があります。

基本型プレミアム型
本人確認の手続き不要事前審査が必要
銀行への出金不可可能
用途通常利用ラクマ・アフィアリエイト報酬の支払い
楽天ウォレットアプリ暗号資産からのチャージ 等

上表のとおり、「基本型」がその名の通り、基本であり、楽天市場での通常のお買い物はもちろん、楽天の各種サービス(楽天トラベル楽天ふるさと納税楽天ブックス楽天モバイル、楽天Pay、他)などで利用できます。

楽天ギフトカードの利用メリット

さて、楽天キャッシュについて理解をしたうえで、リニューアルでUPした「楽天ギフトカードの活用法・利用のメリット」を考えてみたのが、以下の4点です。

楽天ギフトカードの利用メリット

❶コンビニなどのPOSAカードの購入キャンペーンで、実質的に安く買える
❷提携クレカからのチャージでポイント獲得
❸クレジットカードの「クレカ修行」に活用
❹楽天キャッシュへチャージし、楽天証券の投信積立でポイント獲得

以下、4点をより詳しく説明します。

❶コンビニなどで実質的に安く買う

セブン-イレブンではnanaco、ファミリーマートではFamiPayでは、、POSAカードが実質的に安く買えるキャンペーンがあります。nanacoやFamiPayで支払うことでポイントが還元されるので、実質的に楽天ギフトカードなどが安く買えることになります。

また、ファミリーマートでは「毎月10日・25日」の「チャージの日」に、3000円以上チャージしてFamiPayで楽天ギフトカードを買えば、無料クーポンが獲得可能。通常の買い物と違って、無駄遣いにもなりません。お金の置き場所を買えるだけです。

この場合、決済自体にポイントは付きませんが、❷のクレカチャージでポイントを得られれば、お得になります。

❷提携クレカからのチャージでポイント獲得

一般的に楽天ギフトカードのようなPOSAカードをコンビニなどで買っても、ポイントは還元されません。しかし、提携クレジットカードからのチャージならポイントが付きます。

セブンカードプラス から nanaco へのチャージで0.5%還元
ファミマTカード から FamiPay へのチャージで0.5%還元

❸クレジットカードの100万円修行に活用

クレジットカードの100万円修行に活用

維持費の安いゴールドカードとして人気の「三井住友カード ゴールドNL」。

人気の高い理由は、以下のようなメリットがある点です。

三井住友カード ゴールドNLの利点

❶1回でも年間100万円利用を達成すると、ゴールド会員の年会費5500円が永年無料
 さらに毎年達成で10,000ポイントが獲得できる
❷SBI証券でのクレカ積立で、積立額の1%のポイントが還元

ここで、❶の100万円を達成することを「100万円修行」と呼んだりします。

さて、三井住友カード ゴールドNLは❷SBI証券のクレカ積立でポイントがもらえますが、このクレカ積立代金は100万円修行の利用代金にカウントされません…その他、対象とならない支払いの詳細は以下記事にて解説しています。

しかし、以下のルートでnanacoチャージを行うと、チャージ代金を100万円修行の利用代金として加算ができ、おまけに、合計ポイント還元率も2.0%になります。これは❷で示した「提携クレカからのチャージでポイント獲得」よりもポイント還元率が高いというメリットもあります。

お得なチャージルート

 三井住友カード ゴールド NL(最大1.5%)
au PAYプリペイドカード(0.5%)
MIXI M
⇒ nanaco
⇒ 楽天ギフトカードを購入 

ポイント重複取り、さらに、三井住友カードの利用金額を増やしたい人には、非常にメリットがある使い方です。

❹楽天キャッシュ×楽天証券の投信積立でポイント

今年、楽天証券のクレカ投信積立の改悪に衝撃が走りました。2022年9月より、人気の低コストインデックス投信の買い付けで得られるポイントが1%から0.2%引き下げられると発表されたからです。該当ファンドで楽天カードで5万円の毎月積立を行っていた場合、獲得ポイントが毎月500㌽→100㌽に減。年間なら6000㌽→1200㌽に減となり、結構大きな減額です。

しかし、2022年6月下旬より、楽天キャッシュで楽天証券の投信積立ができるようになることが発表されました。また、同時に、キャンペーンで12月まで楽天キャッシュでの投信積立で0.5%のポイントが還元されることが発表されました。

つまり、❸のお得ルートで購入した楽天ギフトカードを利用して、以下のように楽天証券で投信積立をすることで、ポイントが獲得できます。

利用ルート

⇒「楽天ギフトカード」で「楽天キャッシュ」にチャージ
⇒「楽天キャッシュ」で 楽天証券 投信積立

上図にある通り、楽天カード⇒楽天キャッシュ⇒楽天証券投信積立の場合、合計還元率は1%となりますが、❸のポイ活分も含めると、❸❹の方法を組み合わせた方が還元ポイント合計は大きくなります。

また、❸と❹の組み合わせで投信積立を行えば、利用代金は5万円×12カ月=60万円となり、100万円修行達成まで40万円だけショッピングなどで利用すればよくなります。

なお、買った投信は売却が可能なので、月5万円の積立の継続が難しい場合は、「積み立てて売却」を行えば、原資となる種銭は少なくて済みます。

最後に:今後のお得ルートにも期待

今回は、楽天ギフトカードを、ポイ活、ポイント重複取り、100万円修行、投信積立 など活かす方法を紹介しました。

還元率が高くて年会費を無料化可能なカードは、三井住友カードゴールドNL以外にも、エポスカードゴールドがあります。このカードの場合は、年会費無料のエポスカードで実績を積むことでゴールドカードへのインビテーションが受け取れて無料でゴールドカードを手に入れることができます。

このカードでも、上記で示した100万円修行と同等な利用で、利用額を実績を踏むことが可能です。詳細は以下の記事に記載していますので、興味のある方はごご参考に。

私はまだエポスカードゴールドを持っていないので、この手法を使うのも一つの手かなと思っております。