追記:読者様より「誤:サクラダファミリア」「正:サグラダファミリア」と教えて頂きましたので訂正致しました。ご連絡ありがとうございました!

スペイン旅行8日目。
昨日、バルセロナ市内を散策してみてわかったことは、バルセロナは見るところがたくさんあって、徒歩のみでの観光は無理だということ。そして、地下鉄を利用してもいまいち効率的には回れないということです。

そこで本日は1日レンタルバイクをすることに!行きたい場所へ気が向くままに出向くのは私の旅のスタイルです。もちろん、事前予約では入れなかったサグラダファミリア聖堂にも行ってきます。

レンタルバイクで市内を走る

さて、初めての海外レンタルバイク。ちょっと緊張します。
自転車は「車両」なので、車と同様、乗車ルールがあります。また、バルセロナでは自転車用の道路、自転車道の整備がどんどん進んでおり、自転車道がある場合は、ここを走ることになります。
バルセロナ自転車道マップ

日本人の感覚では、自転車道というと、車道と歩道の間と考えますか、時には左右の車道の真ん中に自転車道がある場合もあります。
はじめはちょっと緊張。自転車に乗る人の動向を観察しながら、レンタルバイク観光をスタートしたのですが、実に爽快!本日の観光が充実しそうな予感、満載です!

レンタル自転車
自転車用車道

レンタルバイク情報
バルセロナ市内にはところどころにレンタルバイク屋さんがあります。料金は、時間貸し、日数貸しなど時間に依存します。8時間レンタルで10~13ユーロ程度です。その他、保険のかけ方でプラスの料金がかかります。
レンタル時にはパスポートを要求されることが多いと思いますので、パスポートを携帯してショップに行きましょう。

英語で予約OKな方  : Googlemap:レンタルバイクショップマップ
日本語で予約したい方 : ベルトラ バルセロナ自転車ツアー

本日は自転車の機動力を活かし、モンジェイックエリアへ

本日は、昨日よりもさらに遠方、バルセロナの南西部モンジェイックエリアに出かけてみます。このエリアには、バルセロナの街を一望できるモンジェイックの丘をはじめ、バルセロナオリンピック時のメイン会場、公園、美術館などが点在しています。
本日のルートはこんな感じです。
凱旋門 → コロンブスの塔 → モンジュイックの丘 → スペイン広場 → 元闘牛場、噴水、カタルーニャ美術館 → 市内を自転車走行 → サグラダファミリア聖堂

まずは、凱旋門へ

バルセロナ凱旋門は、1888年に万博会場となったシウダデーヤ公園の入り口にある門です。一般的に凱旋門は軍事的勝利を讃え、その勝利をもたらした将軍や国家元首や軍隊が凱旋式を行う記念のために作られた門ですが、バルセロナの凱旋門はそのような類のものではありません。しかし外観は非常に立派で、装飾も美しく、多くの観光客が写真撮影をしていました。

海沿いを走り、コロンブスの塔へ

ラブランス通りの南側のウォーターフロントにあるコロンブスの塔はアメリカ大陸の発見を記念して立てられた塔です。塔の頂には、コロンブスが海に向かって右手を挙げています。こちらも1888年のバルセロナ万博の際に作られました。ウォーターフロントエリアも多くの観光客で賑わっていました。近くにはロープウェイもあり、モンジェイックの丘まで、空中散歩が楽しめるようになっています。

モンジェイックの丘に登る

さて、ここまで来たら、モンジェイックの丘に登らなければ!
自転車で登るのはつらいので、途中に自転車を止め、歩いてモンジェイックの丘に登ります。丘に上がるのは結構大変!バスかタクシーを利用、或いはレンタルバイクをする場合は電動タイプを借りましょう。バスはスペイン広場から50番に乗るといいです。
丘に登るとバルセロナ市街からウォータフロントエリアが一望できます。もちろん、サグラダファミリアも見えます。

バルセロナ市街を一望
ウォータフロントエリアも一望

次は、スペイン広場に移動!カタルーニャ美術館、噴水、元闘牛場など見どころいっぱい

モンジェイックの丘を下り、直線道路を移動した先に次はスペイン広場に移動。スペイン広場は、バルセロナ中心地へと入る西の玄関口です。空港バスの乗り場にもなっているにぎやかな広場です。このエリアには、元闘牛場(現ショッピングセンター)、噴水、バルセロナ万博の際の入場門、カタルーニャ美術館があります。特に、広場から噴水→入場門→カタルーニャ美術館を望む景色は素敵です。夜になるとライトアップされた噴水がとても素敵なのだとか。私は昼間に行ったのでライトアップ噴水が見れずに残念でした。

スペイン広場
円形状の建物が素敵な元闘牛場
スペイン広場からみるカタルーニャ美術館
(手前に噴水、門があり、きれい!)
カタルーニャ美術館

ランチ&お茶を済ませた後、サグラダファミリアの入場まで少し時間があるため、街を自転車で散策しながらお土産を購入。知人に配るために、ワインと各種おつまみ、パスタ、スイーツなどを購入。かなり荷物が重たくなってしまったので、一度ホテルに戻りました。

いよいよサグラダファミリア聖堂へ

昨日予約したサグラダファミリアの入場時間が迫ってきたので、サグラダファミリア聖堂へ。相変わらずサグラダファミリア周辺は多くの人で混んでいます。
時間になるまで周囲を散策し、時間と共に列に並びました。いよいよ、サグラダファミリア。建築家アントニ・ガウディの代表作で世界中に知られる建造物ですが、今も建設工事が続いています。完成予定は現在ガウディ没後100年に当たる2026年なのだそうです。

とにかく美しいのがサグラダ・ファミリア教会の東側入り口、イエス・キリストの幼少期が表現された「生誕のファサード」。入口上部中央には、イエス・キリストが誕生の彫刻。その周囲には、マリアの受胎告知から、誕生、成長のエピソードが石でできた彫刻とは思えないほどの美しく、細かな彫刻で描かれています。多くの観光客がこの彫刻を前に見入っていました。

さて、続いて聖堂の中へ。聖堂は森をイメージして作られており、立派な幹を想像させる柱で支えられています。また、外からは全く分かりませんでしたが。窓には非常にきれいなステンドガラスとなっており、入り込む光が幻想的な空間を作り出しています。

本日の徒歩数

その後、公園を回ったりしながら、20時までのレンタル返却時間に合わせ、一日乗り回したレンタルバイクを返却しました。その後、惜しみながらスペイン旅行最後の夜を過ごしました。
本日は、レンタルバイクで移動したため、徒歩数は少なめの13,819歩。でも、移動距離は最長だったのではないかな。

明日は、バルセロナからフランクフルトに移動し、日本へ帰国です。

旅行を楽しむため、現地ツアーを賢く利用しよう!
旅に不慣れな方、英語が苦手な方は、スペインツアー、グラナダ現地ツアーを活用ください。グラナダ観光が堪能できます!
スペイン バルセロナ オススメ現地オプションツアー

(続く)

Chamiのスペイン女一人旅ルート

・マドリードから始まる5都市周遊の旅
マドリード→コルドバ→セビリア
→グランダ→(マガラ)→バルセロナを周遊

【Expedia】航空券 + ホテル を探す & スペイン旅行ガイド

【オススメツアー】HIS スペイン旅行、ツアー一覧