▼シェア&フォローする▼

株式/FX/仮想通貨などあらゆるチャート分析で重要とされるトレンド系指標の「200日移動平均線」(200日線)

英語で移動平均線はMoving Average。故、200日移動平均線の場合は、頭文字をとって「200MA」と表現されます。

一般的に移動平均線は、トレンドの方向性を見るために利用されますが、日足では5日/25日/75日/200日の移動平均線がよく利用されます。

なぜ、これらの移動平均線、中でも特に200日移動平均線は大事なのでしょうか?
そして、これら移動平均線を投資判断に利用する際、どう活用すればよいのでしょうか?

1000円の本を毎日読めば、1ヵ月で3万円分の自己投資ができる
自己研鑽の"神サービス"


対象者は2ヵ月199円での利用も可能!
※対象者にはアイコン↑クリックでキャンペーン価格が提示

移動平均線はトレンド系指標の基本

チャート分析の中でもっともポピュラーといえる移動平均線。トレンド系指標の代表です。

当日を含めた過去の一定期間の終値の単純平均値を線グラフ化したもので、トレンドがはっきりしている相場、或いは、トレンド転換した場合に移動平均線はトレンドを識別する手段となります。MA乖離、ボリンジャーバンド、一目均衡表なども移動平均線をベースに構成されるなど、チャート分析の基本の「キ」となる指標です。

長期と短期の移動平均線が交差する点(ゴールデンクロス、デットクロス)は売買タイミングの判断に役立ちます。ただし、トレンドがはっきりボックス相場では「だまし」も多いため、他の指標と一緒によく使われます。

ゴールデンクロスとデッドクロス

ゴールデンクロス:短期線が長期線が下から上に抜くタイミング→買いのタイミング
デットクロス  :短期線が長期線が上から下に抜くタイミング→売りのタイミング
※ボックス相場では「だまし」が発生しやすいため判断に注意が必要

移動平均線:ゴールデンクロスとデットクロス

5/25/75/200日移動平均線が示す意味

日足チャートの重要指標としてよく使われる移動平均線には、5日/25日/75日/200日移動平均線があります。

時間軸が異なる移動平均線のもつ意味とは

これら時間間隔の違いがある移動平均線はどのような意味を持っているのでしょうか?

時間軸が異なる移動平均線のもつ意味

5日線:過去1週間の終値の平均価格
25日線:約1ヵ月の終値の平均価格
75日線:約3ヵ月の終値の平均価格
200日線:約1年の終値の平均価格

これらがなぜ大事なのでしょうか?理由は2つあります。

①移動平均線と株価の位置関係で投資家の損益状況がわかる

それぞれの移動平均線が持つ意味を理解した上で、移動平均線と株価の位置関係を見れば、大よその投資家の損益状況もわかってきます。

例えば、5日移動平均線の向きが上向きで株価が5日移動平均線よりも上に位置している場合、過去5日間に購入した投資家の多くは利益が出ているとみることができます。

移動平均線と株価の位置関係で投資家の損益状況がわかる

②移動平均線はレジスタンス・サポートになりやすい

もう一つ、移動平均線が持つ重要な意味として、移動平均線は、レジスタンスやサポートになりやすいという点です。

下落時に移動平均線に到達した場合は、移動平均線水準で下落に歯止めがかかったり(レジスタンス)、逆に、常称寺は、移動平均線で上昇の歯止めがかかったりしやすい(レジスタンス)傾向があります。そのため、利益確定の水準として利用したり、新しくポジションを建てたりするのに非常に役立ちます。これは、時間軸が長いほど、よく機能します。

移動平均線はレジスタンス・サポートになりやすい

一方で、移動平均線を株価が勢いをつけて割り込むと、割れた方向に一気に相場に弾みがつきます。
例えば、相場下落時に200日移動線で一旦下げ止まることなく一気に割り込むと、さらに加速して下落。逆に、200日移動平均線で上値が押えられ一旦反転下落したとしても、再度200日移動平均線を試した結果、相場が上抜けると、一気に上昇トレンドに加速がついたりします。

なぜ、200日移動平均線は”特に重要”なのか?

移動平均線の中でも最も重要なのが200日移動平均線(200MA、200日線)です。それは上述の通り、おおよそ1年間の株価終値の移動平均線であり、投資家が非常に注視している平均線だからです。

では、移動平均線を投資判断に利用する際、どう活用すればよいのでしょうか?

繰り返しになりますが200日移動平均線は1年間を通じてどういう傾向があったかの軌跡であり、一旦手じまいされる傾向が強いです。故、利益確定ポイントとして利用しましょう。一方で、この水準を勢いよくブレークすると、一気に相場が加速する傾向があるため、その場合は、トレンドについて行きましょう。

200日移動平均線は株式・FX以外の相場でも機能する

株式、および、FXなどの相場では長きにわたりこの200日移動平均線(200日線)が重要視されてきました。

しかし、この指標が機能するのは株式・FXに限ったことではありません。貴金属・原油などのコモディティ、さらに、歴史の浅い仮想通貨の売買判断にも非常によく機能します。

以下は、2018年のビットコイン日足チャートです。200MAを太線水色で描いていますが、200MAが上値抵抗線や下値抵抗線になっていることが確認できますね。

ビットコインチャート 200日線

【参考】年中無休の仮想通貨市場の場合は、365日移動平均線も注視

200日線は、土日休みの株式・FX市場の1年間の平均線です。一方で、仮想通貨は年中無休です。それ故、1年の平均を見るなら、365日移動平均線が正しい線となります。

そこで、仮想通貨チャートで365日移動平均線を表示してみたのが下図です。

ビットコイン 365日線

上記図からお分かりの通り、365日線も非常によく機能するんですよね。
チャート上に3つの〇を描きましたが、365日線水準がレジスタンスとなり、ひとたび割れてしまうとさらに相場が加速している様子がよくわかります。

むしろ200日線以上に、Workしているかもしれません。

仮想通貨の場合は。、200日線だけでなく、365日線も注視して投資判断に活かしましょう!

【参考】Chamiが長きにわたり利用しているチャート分析指標

投資で利益を上げるためには過去の価格動向から現状を分析する「テクニカル分析」は必須の知識。
200日線以外にChamiが長きにわたり利用しているチャート分析指標を紹介します。

投資で成功する極意!

リンクが未整備な部分は、今後、取り揃えていきます♪

実践トレーディングの心得
自分のトレードスタイルを決める
相場をリードしている銘柄を探す
エッジ(優位性、勝てる確率)を意識する
為替が動く時間帯を狙う
資金配分とポジション管理
売りこそ大きく儲けやすい
チャンスの時はポジションを増やして売買
期間を変えてチャートを見る
アノマリー・相場サイクルに注意する
ボラティリティの変化を把握する

便利な市場確認ツール
株式指数・FX・CFD・仮想通貨もこれ一つ
 TradingView(トレーディングビュー)
米国株を一覧把握
 finviz(フィンビズ)
米国市場の状況を無料で知る
 Motley Fool(モトリーフール)
米国株の大暴落の予兆を知る
 ヒンデンブルグオーメンの点灯

Chamiが愛するテクニカル分析指標
トレンドライン
200日移動平均線200週線
一目均衡表
MACD
フィボナッチ・リトレースメント

▼参考:一目均衡表初心者にオススメ
スパンモデル
スーパーボリンジャー

▼その他、売買テクニック
恐怖指数:VIX指数戦略
ベガス式 1 ベガス式 2
ポンドドル鉄板テクニカル指標

口座開設特典が大きい おすすめFX口座

準備がなければ、いざというとき動きようがありません。まずは口座準備。
口座開設特典が大きい、他社にないサービスを持つ国内FX業者を紹介します。

FX会社特徴
DMM証券
  • 初心者でもわかりやすい
  • FX口座数国内第1位 ※2018年1月末時点
  • 1万通貨から取引可能、米ドルスプレッドは0.3銭原則固定
  • カスタマイズ性の高いプレミアチャート
  • スマホアプリの使いやすさに定評
  • 口座開設で最大20,000円のキャッシュバック
  • 独自ポイント制度があり、1pt=1円で交換可能
FXトレード・
フィナンシャル
  • 自動売買も可能なMT4が利用可能M
  • 経済指標の予定をチャート上に表示するなど、独自ツールを多数搭載
  • 1000通貨から取引可能、米ドルスプレッドは0.3銭
  • 仮想通貨チャートも見れる
  • 口座開設で最大21,000円のキャッシュバック