オシレーター系指標「MACD」の逆行現象は"相場転換"の合図
▼シェア&フォローする▼

テクニカル分析には大きく分けて「トレンド系」と「オシレーター系」がありますが、オシレーター系の代表といえる最もメジャーな指標がMACD

MACDは、Moving Average Convergence/Divergenceの略で、通常、マック・ディーと呼ばれます。MA=移動平均とある通り、長期・短期の指数平滑移動平均線(EMA)をベースとした指標です。

通常、オシレーター系指標は、売られすぎ買われすぎを探る指標として機能し、逆張り指標として使われますが、MACDはMAをベースとした指標であることから、先行指標として機能するため、順張り指標として用いられます。

MACDとは

MCDは短期(12日)と長期(26日)の指数平滑移動平均線をもとに、短期戦の値から長期戦の値を引いてその差(乖離)をグラフで示したものです。これにシグナルと呼ばれる期間9日の指数平滑移動平均線を組み合わせ、これらがクロスする部分を、買いサイン、売りサインとして売買判断に用います。

オシレーター系指標:MACDの見方

MACDの売買サイン

MACDの売買判断は非常にシンプルです。

買いサイン

  • MACDがシグナルを下から上に抜いたとき
  • 上記の上で、両方の線がゼロのラインを上抜けてプラスに転じたときは強い買いサイン

売りサイン

  • MACDがシグナルを上から下に抜いたとき
  • 上記の上で、両方の線がゼロのラインを下抜けてマイナスに転じたときは強い買いサイン

Chamiが最も重視:MACDの逆行現象(ダイバージェンス現象)

MACDの指標を見るうえで、Chamiが重要視しているのは、MACDの逆行現象です。

ダイバージェンス現象ともいわれますが、これは、高値圏、安値圏で、ローソク足チャートが以前の高値(安値)水準よりも上昇(下降)しているにもかかわらず、MACD上では、以前の高値(安値)をつけた時の水準よりも下(上)に位置している現象のことです。

MACDの逆行現象(ダイバージェンス)

このような価格とMACDが違う動きをしている部分を「逆行している」といい、トレンドの動きが転換を示唆する大事な指標となります。
Chamiはこの現象の発生を確認するために、MACDをチャート分析に採用してると言っても過言でないほど、この指標を重視しています。

まとめ

チャート分析の基本は「トレンドを見極めること」です。
オシレーター系指標で買われすぎ、売られすぎを確認する以上に、現在のトレンド(上昇トレンド、下降トレンド、レンジ)を見極めることが大事です。

MACDをはじめ、オシレーター系指標は、あくまでも補足ツールと使うことをおススメします。

おすすめFX口座

準備がなければ、いざというとき動きようがありません。まずは口座準備。
口座開設特典が大きい、他社にないサービスを持つ国内FX業者を紹介します。

FX会社特徴
DMM証券
  • 初心者でもわかりやすい
  • FX口座数国内第1位 ※2018年1月末時点
  • 1万通貨から取引可能、米ドルスプレッドは0.3銭原則固定
  • カスタマイズ性の高いプレミアチャート
  • スマホアプリの使いやすさに定評
  • 口座開設で最大20,000円のキャッシュバック
  • 独自ポイント制度があり、1pt=1円で交換可能
FXトレード・
フィナンシャル
  • 自動売買も可能なMT4が利用可能M
  • 経済指標の予定をチャート上に表示するなど、独自ツールを多数搭載
  • 1000通貨から取引可能、米ドルスプレッドは0.3銭
  • 仮想通貨チャートも見れる
  • 口座開設で最大21,000円のキャッシュバック
FOREX.com
(フォレックス・ドットコム)
  • 自動売買も可能なMT4が利用可能
  • 通貨ペアは84種類と他を抜く多さ
  • 1000通貨から取引可能、米ドルスプレッドは0.3~0.9銭
  • 自動売買用EAやインジケーターがもらえる
  • 条件クリアで自動売買用VPSがタダになる
  • 取引量応じた複数のキャッシュバックが豪華
投資で成功する極意!

#リンクが未整備な部分は、今後、取り揃えていきます♪

実践トレーディングの心得
自分のトレードスタイルを決める
相場をリードしている銘柄を探す
エッジ(優位性、勝てる確率)を意識する
為替が動く時間帯を狙う
資金配分とポジション管理
売りこそ大きく儲けやすい
チャンスの時はポジションを増やして売買
期間を変えてチャートを見る
アノマリー・相場サイクルに注意する

超マルチなチャートツール
株式指数・FX・CFD・仮想通貨もこれ一つ
 TradingView(トレーディングビュー)

Chamiが愛するテクニカル分析指標
トレンドライン
200日移動平均線200週線
一目均衡表
MACD
フィボナッチ・リトレースメント

▼参考:一目均衡表初心者にオススメ
スパンモデル
スーパーボリンジャー

▼その他、売買テクニック
ベガス式 1 ベガス式 2
※ポンド用鉄板指標