Pi Network(パイネットワーク)は毎日1クリックで無料で$Piがたまるデジタル通貨。上場を楽しみに参加しよう
▼シェア&フォローする▼

先日、原資不要で1時間ごとのくじ参加でコツコツビットコインが獲得できるFreeBitcoin(フリービットコイン)(※後述)というサービスを紹介しました。

本日は、誰でも仮想通貨を平等に届けたいとの思いからつくられたデジタル通貨「Pi Network(パイネットワーク)」の紹介です。
現時点では上場前で価格=0です。しかし、将来的に上場したら、上場前にコツコツ貯めておくことでいいことがあるかもしれないという期待の仮想通貨です。
毎日、1回アプリを立ち上げクリックすることで、Pi Networkのトークン $Pi (π:パイ)が日々増えていきます。

【10/18まで】Amazonタイムセール エントリーでポイントUP🥳

Pi Network(パイネットワーク)とは

Piはスタンフォード大学の博士号を有するチームが、誰でも仮想通貨を平等に届けたいとの思いからつくられたデジタル通貨です。

世界で最も広く使用される通貨としてピアツーピアマーケットプレイスを構築するを目的としており、人から人へのネットワークを通じて広がっています。参加人数が1億人になるまで増加予定で、上限に達したら、現在のように、$Piの配布は受けられなくなります。

なお、2021年の6月時点で、世界1800万人以上のユーザがマイニングに参加しています(一人1カウントに限定されています)。

Pi Network(パイネットワーク)とは

$piの現在価値は0だが、無料でマイニングに参加可能

現在は、Pi Networkは現在、開発のフェーズ2。仮想通貨市場に上場してないため、今現在は無価値です。しかし、今現在は誰でも紹介者を通じて、無料でマイニングに参加できます。

無価値なら参加する意味はないと考える方も多いかもしれません。しかし、すべての仮想通貨は最初は無価値。Piは既に巨大なユーザを持ち、ネットワーク・コミュニティも形成されている点は、大きなアドバンテージです。

将来の仮想通貨市場への上場を信じられるなら、無料で始められる今、マイニングに参加しましょう。

上場は2021年後半?2025年に1π=5ドルとの予想も

Pi Network(πネットワーク)は、現開発が進めば2021年後半にも予想するとの予想がありますが、これは確定情報ではありません。

仮想通貨取引所を使わずに、仮想通貨を購入したり仮想通貨を他の仮想通貨に交換できるサービスを展開するChangellyのブログ記事では、予想するのは難しい年ながらも、ネットワークが適切に開発されれば、2025年までに$Piの価格は5ドル以上に上がる可能性があると予想しています。

あくまでも予想は予想。
今は、コツコツ、過度な期待はせず、
コツコツとマイニングしておきましょう。
chami
chami

マイニング速度は参加人数とともに半減

上記で「Piのマイニングに参加しよう」と述べました。ここで、仮想通貨のマイニングというと、ビットコインのマイニングのように、大量の電力や設備機器を想像する方が多いと思います。

しかし、Pi Networkのマイニングはスマホ。使う電気代は微量で、スマホのバッテリーが消耗されることはありません。もちろん、専門知識も不要。1クリックだけでマイニング=$piが増えます。

1日1クリックでマイニングに参加すると、数秒ごとに $Pi は増えてきますが、このマイニング速度はマイニングへの参加人数=マイナーと共に半減しています。ビットコインのように半減期があるということです。

初期のマイニングスピードは0.4π/hでしたが、現在は0.2π/hに減少しています。
今後マイナーの増加と共に、0.1π/h、0.05π/hと半減していき、マイナーが10億人に達するとゼロになります。つまり、早く参加すれば参加した分だけ、先駆者メリットがあります。

Pi Networkダウンロード、ハーベスト半減期

Pi Networkの開発状況

Pi Networkの開発は徐々に進んでいます。


アプリトップページの「create wallet」ボタンからテスト用のウォレットが作成できます

Pi browser画面

Pi2Day:世界的イベント開催

Pi2Dayである今年2021年6月28日からは1ヵ月以上にわたり、世界規模でPi Hackathonが開催されました。

なお、Pi2Dayとは、πx2=3.14x2=6.28という数字の語呂合わせで、6月28日にPiネットワークを祝う記念の日です。

hackathon(ハッカソン)とは、hack(ハック)とmarathon(マラソン)を組み合わせた造語で、プログラマーや設計者などのソフトウェア開発の関係者が集い、短期間に集中的に開発作業を行うイベントです。Pi Hackathonでは、Piプラットフォームを構築する開発者がネットワーク上で集い、piと一緒に未来を構築するための、講演、ワークショップなどが開催されました。

$Piの獲得方法・増やし方

Pi Networkダウンロード

$Piの獲得方法は非常に簡単です。
Pi Networkのアプリをスマホにインストールし、簡単な登録者情報を登録したうえで、アプリ内の獲得ボタンをクリックするだけです。

今、参加しておくと、参戦しておいたら将来いいことあるかも!?なので、早速登録してみましたが、アプリの$pi量が数秒ごとに増えていくので、現時点では無価値であっても見てて楽しいです。
chami
chami

Pi Networkの登録方法

アプリをダウンロードし、インストール
❷Facebookアカウント、電話番号、Appleアカウントのいずれかで登録
❸パスワードを設定
❹アカウントの設定($Piの請求のために「本名」である必要あり)
❺紹介者情報の入力 ※必須

簡単ですね。時間は5分もかかりません。

なお、多くの人に仮想通貨をいきわたらせることをモットーとした仮想通貨のため、「紹介者」が必須です。よろしければ、私の「iamchami」を入力頂けると嬉しいです。

Pi Network アプリ:ダウンロード先情報

アプリをダウンロード
紹介コード(invitation code):iamchami

$Piの増やし方

24時間をマイニングセッション時間としているので、前回の$Pi獲得ボタンクリックから1日経ったら、再びアプリを開いて、$Pi獲得ボタンをクリックするだけです。

また、新しお友達を紹介、ネットワークに参加してもらうことで$Piを増やすことができます。

登録時の注意

登録の際、以下の点のみ注意ください。

日本語設定は簡単

アプリ右上の地球儀マークをタップし、「日本語」を選んでください。

Pi Network 日本語の設定方法

名前は本名で登録

$Piの請求には名前が正しく入力されていることが前提です。この修正は2週間以内にしかできません。
折角 $piが増え、かつ、価値がついたとしても、本名でないと利益を得ることができなくなるので、注意ください。

「プロフィール」は、画面トップ左上の3本線をクリックすると確認できます。

Pi Network プロフィール設定

アカウント名は匿名設定が可能

上記で設定すると、アカウント情報が公開された状態となります。
匿名設定ができるので、設定を済ませておきましょう。

匿名設定は上記と同じページ「プロフィール」より設定できます。「実名を隠す」をONにしましょう。

Pi Networdk 匿名設定

【まとめ:Pi Networkの設定】

以上、将来的においしい思いができるかも!?なデジタル通貨「Pi Network(パイネットワーク)」について紹介しました。
操作方法は極めて簡単なので、是非、やってみてください😄

Pi Network アプリ:ダウンロード先情報

アプリをダウンロード
紹介コード(invitation code):iamchami

毎日1回クリックする際、
$piが増ているのを見るのは結構楽しい♪

人間という生き物は「(数字が)増える」のが本能的に
好きなんだなぁと、しみじみ思います。

chami
chami

その他、タダでトークンをもらう方法

pi networkにご興味のある方は、タダでもらえるコインにご興味があるかと思います。
以下では無料でコインがもらえる方法を紹介します。

Freebitcoin

FreeBitcoin(フリービットコイン)は、原資不要!1時間ごとのくじ参加でコツコツビットコインが獲得できるというサービスです。利用方法は以下にてご確認を。

ビッコレ

ビットコインがたまるポイ活です。口座開設などによりビットコインがもらえます。

【最後に】短期間で「仮想通貨で稼ぐ行動」も起こそう

仮想通貨で儲ける

$piは気長にゆる~く褒美を待つマイニングです。また、Airdropなどのタダでもらえるコインのみで、大きな資産を増やすことは難しいです。

私の仮想通貨の基本の投資スタイルははビットコイン・イーサリアムなど、主要銘柄の長期投資です。しかし、投資経験を積む中で声を大にして言いたいのは、「国内取引所にビットコインなどをただ保有しっぱなしにしているだけではもったいないですよ!」ということ。

仮想通貨金融の先端に行けば、ハイリスクハイリターンの原則はあるものの、すざましい先駆者メリットのある市場があります。現物トークンを保持し続けることをコア戦略としつつも、その中の一部分を積極運用(もちろんここでも分散運用)に回すとリターンが大きくなります。

以下では、もう少し短期的に仮想通貨で利益を得る方法について、記載してきます。

【初心者向け】

「DeFiとか、Metamaskって何?」な人も簡単に始められるのは、レンディング(貸仮想通貨)やステーキングです。
サービスを展開しているプロジェクト・取引所に資金を送金し、簡単な初期設定をするだけで、高年利で、通貨を保有したままで運用ができます。

仮想通貨取引所「Binance」

フレキシブルセービング、固定セービングBNB Valult(BNBの自動運用)、Launchpad(取引所開催トークンセール)など、様々なサービスを利用して、資産を増やすことができます。
また、BSCチェーンでのDiFi運用に必須のBinanceの独自トークン $BNB も高騰。PancakeSwapなどでDiFiの促進も進む。仮想通貨で取引をするなら【必須】といえる取引所です。

貸付ローン・預入運用「Coinloan」

レンディングサービス。BTC,ETH,XRP,LTC,BCH 他が最低でも年利5.2%で運用することが可能
サービス詳細・利用方法

【中級者以上向け】

MetamaskやDeFiの知識が必須です。リスクも高いです。ですが、その分、圧倒的な利回りでトークンを増やすことができます。
まずは、パンケーキ職人になりましょう(Pancakeswapで運用ができるようになりましょう)。

大きな流れは以下の通りです。

手順解説・補足説明
Binanceの口座開設口座開設(図解)
❷国内仮想通貨取引所からBinanceへ$BTCなどを送金送金方法(図解)
❷Binanceで$BNBを購入$BNBはBSCのネットワーク使用料として必要
$BNBの現在価格・チャート
❹MetaMaskによるBSC接続の設定Metamaskの設定
❺$BTCと$BNBをMetamaskのBSCウォレットに送付
❻$BTCをVenusへ預入Venus
❼Venusでの$BUSDと$VAIの借入
❽PancakeswapでLPトークンを作り、流動性を供給PancakeSwap
❾$CAKEの収穫と複利運用

 
これができるようになると、PancakeSwap以外のプロジェクトを見ても、おおよそどうすれば運用開始できるかがわかるようになります。
これら一連の方法を学びたい方向けに、以下の記事でおすすめ本を紹介しています。