Binance Staking とは | ステーキングへの預入で通貨を保有したまま年利数十%で資産を増やせる!
▼シェア&フォローする▼

世界最大の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)

実に様々なサービスを展開していますが、前回は Binance Lending(Saving) の3つのプランについて紹介しました。
今回は、Binance Staking(バイナンスステーキング)について紹介します。

Staking(ステーキング)とは、ステーキング対象の仮想通貨を保有し、ブロックチェーンのオペレーションに参加することで報酬を得られる仕組みです。Binanceでは複数の通貨で高利回りなステーキングが行えます。

値上りを期待し保有している通貨を保有したまま、通貨量を増やすことができるので、遊休資産の活用に絶対利用すべきサービスです。

この記事でわかること

・Binance Stakingとは?基本的な仕組み
・Binance Stakingの2つのプランの特徴
・Binance Stakingの利用方法

Binance Stakingとは?基本的な仕組み

Staking(ステーキング)とは、ステーキング対象の仮想通貨を保有し、ブロックチェーンのオペレーションに参加することで報酬を得られる仕組みです。

これらステーキング対象となる通貨は、PoS(Proof of Stake)のコンセンサスアルゴリズムにより管理されており、国内で取扱いのある通貨では、Tezos(XTZ)、Stellar(XLM)等が対象通貨です。
これら対象通貨をステーキングに対応した取引所で保有している場合、仮想通貨レンディングとは異なり、申し込みは不要で、ただ保有しているだけで報酬が得られます。

Binanceでは、2018年に買収したTrsut Walletを活用することでステーキング事業を拡大。ユーザのステーキング収入を増やすことを目的としたBinance独自のステーキングサービス「Binance Staking(バイナンスステーキング)」を展開しています。

Binance Stakingの2つのプランと特徴

Binance stakingの2つのプランの特徴

Binance Stakingには以下の2つのプランがあります。いずれも不定期に募集が行われます。

Binance Savingsの3プラン:特徴

❶ロックステーキング(Rocked staking)
 15日、30日、60日など、一定期保管が義務付けられたステーキングにより報酬がもらえる
❷DeFiステーキング(DeFi Staking)
 DeFiプロジェクトでステーキングをすることで報酬がもらえる

❶ロックステーキング

Binance Staking:ロックステーキング

15日、30日、60日など、一定期保管が義務付けられたステーキングにより報酬がもらえます。過去44件の募集が実施されており、人気が高いものはあっという間に募集枠が埋まり募集打ち切りとなります。

3月9日に発表された「最大年利27.49%のBNBステーキング」もロックステーキングの募集の1つに当たります。
BNBステーキングでは、ロック期間により以下のような年利が提示されました。非常に有利な募集のため、年利がよいプランは即「売り切れ」となっています。

15日:27.49% ※売り切れ
30日:8.49%
60日:12.49% ※売り切れ
90日:16.49% ※売り切れ

❷DeFiステーキング

Binance Staking:Defiステーキング

DeFi (分散型金融) とは、スマートコントラクトで利用者に金融サービスを提供する方法です。通常、DeFiへの参加は秘密鍵の管理、リソースの取得、トレードの作成、その他複雑な作業を要するため上級者向けですが、バイナンスでは、ユーザが特定のDeFi商品に簡単に参加できるプラットフォームを用意しており、収益獲得や分配を代行して実施しています。
BNBヴォールトではこれらのサービスにも自動参加することができます。

Binance Stakingの利用方法

それでは、Binance Stakingの具体的な利用方法を見て行きましょう。

Binance Stakingは、Binanceに口座を持ち、ステーキング対象の通貨を保有していることが利用の前提となります。

ステーキング申込の流れ

❶ロックステーキングのBNBステーキングを例に、申込の流れを紹介します。設定は非常に簡単です。

  1. Binance Lendingの「バイナンスステーキング」にアクセスします。
  2. ステーキングを開始したい通貨から、「ステーキング期間」を選択肢、「今すぐステーク」ボタンをクリックします。

  3. ポップアップ画面で、ステーキングをしたい通貨数量とチェックボックスにチェックを入れ、内容を確認の上、最下部のボタンをクリックします。

  4. 以上で、ステーキングの申込設定は完了です。

最後に

今回は、Binance Stakingについて、その仕組みやサービス内容、利用の方法について紹介しました。

私は、BNBを最も効率的に自動運用してくれるBNB Vault(ヴォールト)にBNBを預け入れて運用を行っていますが、残念ながら、今回のBNBステーキングは対象外のようですね。

確かに、BNB Valultはいつでも開始/解約ができるサービスのため、今回のような申込時に期間が確定してしまうロックステーキングは運用の対象に含めることができないのだと思います。

う~ん、もっと早くBNBステーキングのアナウンスに気がついていれば、90日でロックステーキングしたかった!

本件のように、アナウンスと同時に募集が開始されるサービスは今後もいろいろ出てくると思うので、様々なお得な仮想通貨サービスを利用し資産を増やしたいとお考えの方は、口座開設の上、国内取引所からの通貨送金、通貨の売買などを行うなど、少しbinance口座に慣れておくことをお勧めします。