世界的「脱炭素化」の動き。日本も2050年までに温暖化ガスの排出量0を目指す方針で、再生エネルギーファンド投資にも益々期待!?

脱炭素化の動きがより鮮明になった2021年。

バイデン大統領は就任した2021年1月20日に、トランプ前政権が離脱した温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」への復帰を指示。CO2などの温室効果ガス排出量を実質的にゼロにする「ゼロエミッション」の目標に、4年間に環境・インフラ部門に2兆ドル(約210兆円)を財政支出する「クリーンエネルギー革命」を打ち出しました。

日本では、菅首相が2020年10月26日、首相が就任して初めての所信表明演説にて、地球温暖化の原因となる温暖化ガスの排出量について2050年までに実質ゼロにするという目標を明らかにしました。

これまで、融資型クラウドファンディングで再生エネルギー関連案件にいくつか投資をしてきた私Chamiとしては、ますます、太陽光発電やバイオマスなどの再生エネルギーファンドに注目。今後も、再生エネルギー系案件が増えるのではないかと期待大です。

[スポンサーリンク]

おすすめ読み放題:ビジネス書 自己啓発  お金・投資マネー本  小説

日本のグリーン成長戦略方針

冒頭で触れた通り、日本では、菅首相が2020年10月の所信表明演説で「2050年までの実質ゼロエミッション」を表明した。さらに2020年12月には実質ゼロの実現に向けた「グリーン成長戦略」を公表し、EVや洋上風力など14分野の目標・工程を策定しました。

この中で、グリーン成長戦略の前提となる2050年の電力需要は、現状比30~50%増の約1兆3千億~約1兆5千億キロワット時になると試算されていますが、需要の100%を再生可能エネルギーで賄うことは困難と強調としつつも、あらゆる政策を総動員して日本として「実質ゼロ」を目指す方針。今後、予算、税制、金融、規制改革などが行われていくこととなります。
参考 2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略(経済産業大臣説明資料)


「太陽光パネル」や「バイオマス発電」も図内に記載アリ(図クリックで拡大)
グリーン成長戦略「14分野」の中で、
「太陽光発電」や「バイオマス発電」については項目化はされていませんが、ゼロエミッションの目標達成の一つとして、今後も重要な分野であることは変わりないと、考えています。
chami
chami

日本の再生エネルギー利用状況

石炭火力の比率が高いことなどを理由に海外からの大批判を受けている「日本のエネルギー政策」。
理由は、東日本大震災後に停止した原発の分を補うため、電力各社が石炭や液化天然ガス(LNG)火力の比率を高めているからです。

化石燃料への依存度

日本のエネルギー2010~エネルギーの今を知る10の質問(経済産業省 資源エネルギー庁)によると、東日本大震災以降、化石燃料への依存度は高まっており、2017年度は87.4%にもなっています。

明らかに、化石燃料依存が加速…

世界からの「日本のエネルギー政策」に対するブーイングがメディアにはあまり取り上げられていないように思うけど、気のせい?

chami
chami

世界主要国の発電電力量に占める再エネ比率の比較

再エネ電力比率は2017年で16.0%、世界主要国の発電電力量に占める再エネ比率の比較(2017年)見ても、再生エネルギーの導入割合は明らかに遅れています。

主要国の発電電力量に占める再エネ比率の比較(2017年)

世界比較:再生エネルギー導入状況・太陽光発電導入状況

再生エネルギー導入と太陽光発電導入の状況は下図のようになっています。
日本の再生エネルギー導入状況

今後の再生エネルギー方針

上記のような、日本の再生エネルギーの世界的出遅れ感を背景に、2020年10月に梶山氏は再生エネルギーについて「(電源構成上で)上限を設けずに比率を引き上げていく」と発言。再生エネは2018年にまとめた現行のエネルギー基本計画で「主力電源化を目指す」として、発電量に占める割合を30年に22~24%に高める目標を掲げました。

なお、「グリーン成長戦略方針」の中では2050年の目標として、以下のような電源構成の参考値として、以下のような数値が提示されています(議論は今後深められる予定)。

・再生可能エネルギー:50~60%
・原子力と二酸化炭素回収を前提とした火力:30~40%
・水素・アンモニア発電:10%程度

また、梶山氏はエネルギー政策について「民間企業の予見可能性を高めることが重要だ」とも指摘し、政府が投資環境を整備することで民間参入を促す方針を明らかにしました。

具体策として、これまで国内でほぼ普及していない洋上風力を全国に整備し、30年までに原発10基分にあたる1000万キロワットの容量を確保する計画だとか。また、再生エネは海外に比べて高い価格と不安定な出力が普及の課題となっている状況に対し、高性能な蓄電池や新型太陽光パネルなどの技術開発を予算措置も含め後押しと発言しています。

再生エネルギークラファンにも期待したい

再生エネルギー関連に国の追加で予算がつくとなれば、融資型クラウドファンディングの再生エネルギー系ファンドにも期待が持てそうだなぁと思った次第。

太陽光発電パネルなどは、年々価格は安くなっていますが、研究加速でますます価格が安くなるなら、ますます収支が出やすくなり、投資案件としてのリスクも軽減します。

以下は、太陽光発電など、再生エネルギー系の融資型クラウドファンディングを実施しているサービスです。

再生エネルギー系ファンド 取扱サービス

クラウドバンク:太陽光発電ファンド、バイオマスファンド、水力発電ファンド
CAMPFIRE Owners:太陽光発電所売買、ソーラーシェアリング事業支援

どちらのサービスも、予定利回り6~7%の再生エネルギー系ファンドの募集を実施しています。最新の募集状況は、各企業のページにてご確認ください。

以下は、私が最初に太陽光発電ファンドへのクラファンを行うに当たって、なぜ、投資を決めたか、調査結果などをまとめた記事です。

今後、クラファンの再生エネルギーファンドに、「地熱発電」とか「海洋発電」なども出てくると面白いね。
chami
chami

再生エネルギー発電案件で注目したい2社

案件はすぐになくなってくので、投資家登録を済ませて、案内と同時に申し込みが必須です。

クラウドバンク
太陽光発電ファンド、バイオマスファンド、水力発電ファンドを取扱い
クラウドバンク
CAMPFIRE Owners
太陽光発電所売買、ソーラーシェアリング事業支援に関するファンドを取扱い
待つだけ投資!クラウドファンディング・ソーシャルレンディング
クラウドファンディング・ソーシャルレンディングを始めよう

資産形成・老後資金確保のために投資の必要性は十分感じているけれど、リスクの高い投資は避けたいし、毎日、チャートチェックして投資タイミングを計るのは時間的にも難しい。
そんな方向きの一つの投資方法として、注目を集めるのが貸付型(融資型)のクラウドファンディング「ソーシャルレンディング(ソシャレン)」です。

投資の特徴を学ぶ
クラウドファンディング とは(種類、市場規模、拡大の理由、メリット、リスクなど)
クラウドファンディング比較一覧(特徴、利回り、運用期間)
ソシャレンで利回り6%で増やす資産形成(利回り計算シミュレーション)
デフォルト歴なし!クラウドバンクのソシャレン投資
ソシャレンの早期償還:メリットとリスク
クラファンの税金と確定申告

未来のお金とクラファンの理解を深めるために最適な良書(書評)
家入一真 著「なめらかなお金がめぐる社会。」
伊藤 慎佐仁 著「インパクト投資」

私がクラウドファンディング投資をするにあって重視している点

安心した案件を探す方法として私は以下のような案件を重視して投資を行っています。

安心度の高い案件を見つける私の重視ポイント3つ

❶日本保証の保証付き案件
❷一部上場会社、又はそのグループ会社が運営する案件
❸クラファンサービス開始から間もない案件、新しい取り組みの案件

❸については安全性という観点から矛盾があるように思えます。しかし、企業にとってはその後の顧客獲得のために絶対に成功させたい案件であるはずです。特別優遇のプレミアがついているケースが大半で、その分利回りが上がります。

以下、一覧を見る際のご参考に。

邪道だけど、リスクなし!手堅くリターンを得る

以下で紹介するサービス一覧の中には、投資家登録をするだけでAmazonギフト券がもらえる案件(一覧表示内ピンク枠のある案件)が複数あります。
情報収集も兼ね、すべての案件に申し込むと、Amazonギフト券が数千円分もらえます。
申込に必要になる身分証明書などの書類は各社同じなので、一気に登録するのが最も「時短」になります。

クラウドファンディング サービス一覧:特徴・利回り・投資期間

 クラウドファンディング会社一覧
社名特徴利回り目安
運用期間目安
融資型(ソーシャルレンディング)
オススメ!
Crowd Bank
(クラウドバンク)

クラウドバンク
・融資型クラファン最大手 累計募集金額2480億円超
過去にデフォルトなし
・安定的な募集があり、申込しやすい
・証券会社(第一種金融証券取引業)が運営する安心感
・1円からの投資が可能

口座開設・投資で楽天ポイント

5.0~7.0%
2~36ヵ月
Funds(ファンズ)
Funds
貸付型ファンドであることに特徴
上場会社、監査法人が監査をしている会社に投資が可能
・VCなどから出資・投資を受ける成長期待のスタートアップ企業にも投資可能
 利回りは低いが、投資先に安心感
優待付き案件もあり
・1円から投資可能

【10/31まで】はじめての購入で

1.5~6.0%
Bankers(バンカーズ)
バンカーズ
・創業昭和44年3月、第二種金融商品取引業保有の企業
SBIソーシャルレンディングから事業を承継
・前身の泰平物産株式会社
 46年の営業実績がある貸金業の老舗企業
・資金提供先の企業名やモニタリングの詳細情報も提供
・1万円から投資可能
2.0~5.0%
6ヵ月~24ヵ月
LENDEX
(レンデックス)

案件の大部分に担保を設定。LTV80%以下
 貸倒れや返済遅延が発生なし
・国内不動産案件に特化
・東急リバブルと事業提携し、不動産担保の評価額に利用
・2万円から投資可能
・1年以内の短期投資が中心

6.0~10.0%
6~12ヵ月前後
クラウドクレジット
海外案件を扱う案件で最も信頼性が高い
・新興国を対象とする高利回り案件に投資可能
・公共性の高い案件から、ハイリスクハイリターン案件まで揃う
・1万円から投資可能
・SBI、三菱UFJ、LINE、伊藤忠などが株主

6.5%~9.3%
13~31ヵ月
AlternaBank(オルタナバンク)
SAMURAI FUND
日本保証の保証付きファンドあり
第一種金融商品取引業者のSAMURAI証券株式会社が運営
保証付きや上場企業の連帯保証付き案件が魅力
・元本償還実績100%
・1万円から投資可能

【1/11まで】初回投資で最大3万円還元
3.75~12.0%
3~24ヵ月
Funvest(ファンベスト)Funvest

2社の金融・不動産のプロが集結してチームを発足
 大和証券&クレディセゾン グループ

・「信用力の高い借手(上場企業 等)」や「財務が健全」であることを重視した案件に特徴
・国内外の投資が可能
ファンド募集に合わせたキャンペーンを開催
・10万円から投資可能

Amazonギフト券もらえる
2~3%
5ヵ月~
不動産投資型
COZUCHI(コズチ)
WARASHIBE
高収案件が多い!
需要の高い都内の不動産中心
 再開発物件、売却決定済み物件が多い

・物件仕入力を活かし年利10%超の高利回り案件を提供
・キャピタルゲインとインカムゲインで高収益
・投資対象も他のクラファンと比較し多種
中途解約可能
・運営会社は1999年創業の不動産会社 LAETOLI
・1万円、最短3ヶ月から投資可能

~20%
2ヵ月~2年
CREAL(クレアル)
CREAL
東証グロース上場会社が運営
不動産投資型では運用資産残高No.1
・運営元は東証グロース上場企業 クリアル
・大規模~小規模案件まで揃う。社会貢献度の高い案件も
・優先劣後方式で一定割合の下落はCREALが負担
 不動産価格の低下率が10%までであれば、CREALが損失負担
・賃料収入をもとに配当
・1万円から投資可能
4.0〜5.5%
6~24ヵ月
Jointoα(ジョイントアルファ)
Jointoα(ジョイントアルファ)
東証一部上場会社が運営
穴吹興産が運営
・運営期間が12ヵ月程度の案件が多い
・優先劣後方式で3割以下の下落はJointoαが負担
・10万円から投資可能で、他サービスより投資下限が高い

【12/31迄】新規会員登録でもれなく
Jointoα(ジョイントアルファ)
3.5~6.0%前後
12ヵ月
Rimple(リンプル)
Rimple(リンプル)
東証プライム上場会社が運営
・マンション投資会社プロパティエージェントが運営
・自社社企画・開発したマンション
 「クレイシア」シリーズ案件が中心
ポイント投資が可能
 (永久不滅ポイントハピタスモッピー
・優先劣後方式で3割以下の下落はRimpleが負担
・1万円から投資可能
5.0%前後
6ヵ月
大家.com
大家.com
日本保証の保証付きファンドあり
・「手軽にはじめられる大家さん」「家賃収入」をコンセプトとした収益不動産を提供
・家賃収入がベースとなるため、単なる不動産物件案件より安心
・将来の本格「大家」を目指した情報収集が可能
東証sスタンダード上場のJトラストが親会社
・1万円から投資可能

4.0~7.0.0%
7~12ヵ月
ちょこっと不動産
ちょこっと不動産

・株式会社良栄が運営
・用地取得から市場分析、企画、設計、施工、アフターサービスに至るまで自社一貫体制
・レジデンス、オフィスビル、テナントビル、店舗などの案件
・1万円から投資可能
3.9%前後
6~12ヵ月
ASSECLI(アセクリ)
アセクリ

8%という高い想定利回り設定!
・都心一等地、駅前周辺再開物件など、物件立地にこだわり
・優先劣後方式30%で投資家の元本安全性を最大化
・1万円から投資可能
4.0~8.0%
victory fund(ビクトリーファンド)
victory fund
東京エリアの不動産事業に特化するカチデベロップメントが運営
・地価が非常に安定している東京で一棟収益不動産の小口投資案件を提案・運用
・不動産のバリューアップ及び売却までを一気通貫で実施
・1万円から投資可能

~10.5%
株式投資型
FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO(ファンディーノ)

IPOやバイアウトを目指す企業への投資が可能
・投資が成功すればリターンは10数倍以上
・エンジェル投資税制の適用案件が多い
・10万円前後から投資可能

Unicorn(ユニコーン)
ユニコーン
成長著しい分野の企業へ投資が可能
エンジェル税制認定業者
・IPOに至ればリターンは極めて大きくなる
・AI✕IT、Bio Tech、Ed Techなどのベンチャー投資案件
・5万円から投資可能

イークラウド
イークラウド
IPOやM&Aに至ればリターンは極めて大きくなる
・大和証券グループとの連携

▼シェア&フォローをお願いします▼
🟥【まもなく終了】キャンペーン【Amazon】【楽天】
ブログ管理人:Chami(チャミ)
chami(チャミ)好奇心旺盛に楽しく生きるをモットーとする、長期投資家
積立投資を軸に、株/FX/CFD/仮想通貨なども売買
税・節約なども意識し、資産を増やす方法を探求中
【モットー】脳が喜ぶ生き方。毎日が自由で幸せ。生きていることに感謝!
【趣味】  読書ジムサウナ旅行
【フォロー】𝕏    

コメントを残す