クラウドバンク、貸倒実績(デフォルト)ゼロ、利回り平均6.99%の人気ソーシャルレンディング。特徴・メリットを解説
▼シェア&フォローする▼

只今、市場規模な年々拡大中のクラウドファンディング。
新しいサービスのアイデアや新規プロジェクト(企業、NPO等)がインターネットを通じて賛同者(投資家)に呼びかけ、資金協力を得る新しい金融の形ですが、その中でも、市場規模が急拡大しているのが「ソーシャルレンディング」とよばれる貸付型のクラウドファンディングです。

クラウドバンク(Crowd Bank)も、ソーシャルレンディングサービスの運営を行う事業者です。「待つだけ、資産運用」をキャッチコピーに初心者でも少ない元手で着実にお金を増やす投資を提案。実質平均利回り6.99%、投資先を選んだら、あとは待つだけで、手間や時間をかけずに投資できるサービスを運営しています。

今回は、クラウドファンディングの基礎と、クラウドバンクについてわかりやすく紹介します。

クラウドバンク


【基礎】ソーシャルレンディングとは

クラウドバンク(Crowd Bank)のサービス紹介をする前に、ソーシャルレンディングとは何かご存知でしょうか?まずはそこから解説してきます。

ソーシャルファンディングの一つの形態である「ソーシャルレンディング」は、簡単に言うと、
お金を必要とする人お金に余裕がある人お金を提供する(貸す・寄付する)を実現するサービス。

ソーシャルレンディングの仕組み

お金を借りたい「借り手」と寝ているお金を投資し、代わりに配当を得たい「投資家」をつなぐプラットフォームの役割を果たすのがクラウドバンク(Crowd Bank)です。

このようなプラットフォームが登場により、これまで、一部の富裕層しか参加できなかった投資案件に個人が好条件で参加できるようになっています。

クラウドファンディングやその一つであるソーシャルレンディングの市場規模などについてより詳細に知りたい場合は以下をご参考に。

クラウドバンク(Crowd Bank)の特徴

クラウドバンク(Crowd Bank)は貸付型クラウドファンディング、つまり、ソーシャルレンディングサービス。サイト上で募集している様々なファンドから、気に入ったものを選ぶだけで、投資案件に参加することができます。

全ファンド、事前に決められた利回りで毎月配当されるので、相場の値動きを常にチェックして売買を行う必要がありません。特別な知識がなくても、プロが運用をしてくれるので、「ほったらかし」で資産が増えます。値動きに悩まされたくない、忙しく投資に時間をさけないビジネスマンには最適な投資法です。

鳴海璃子さんがCMをするなど露出が拡大しているので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

Crowd Bank(クラウドバンク)の特徴

  • 過去の貸倒(デフォルト)は0件
  • 1万円から投資可能で、投資先を選んだら、あとは待つだけ
  • 平均利回り年6.99%と高い
  • 累計応募額550億円突破。顧客満足度No.1
  • 証券会社(第一種金融証券取引業)による安心運用

上記特徴の中で、特に投資をする上で重要な点を解説します。

過去の貸倒(デフォルト)は0件

投資にはリスクが伴います。貸付型(融資型)のソーシャルレンディングの場合、最も大きなリスクが、デフォルト(貸倒れ)リスクです。

デフォルトとは「債務不履行」のことです。簡単に言えば、「貸したお金が返ってこない」ことです。

デフォルトが発生すると、投資したお金は返ってきません。投資額の全部、或いは一部を失うことになります。

リスク対策としては、不動産や売掛債権などの担保、借り手代表者の保証などがどうなっているか確認すること。運用(融資)先毎に運用(融資)額を上回る評価額の担保が設定されている案件を選ぶことで、融資先から回収できない場合でも、担保等による回収可能性が高く見込めます。

結果、サービス開始以降、多くの利用実績がありながら、元本回収率100%!

これは、貸し付けを行う個人投資家にとって非常に安心ができるポイントです。

1万円から投資可能。利回りは平均6.99%

クラウドバンクでは、常時数本のファンドの募集を行っています。以下は、過去の取り扱いファンドの実績です。
様々なファンドを取り扱っていますが、それらに1万円~投資が可能。
投資期間も短いものかなら3ヵ月から、長いものなら1年以上もあり、あなたの家計状況に応じて投資が可能です。

利回りも平均6.99%!大手メガバンクに定期預金として預けても金利は0.01%。これでは資産が増えるはずもありません。余裕資金があるなら、気に入るファンドに預けている方が得策です。

クラウドバンク、過去の取り扱いファンド

クラウドバンクの口座開設方法

クラウドバンクの口座開設は、以下の流れになっています。

COOLアカウント開設の流れ

①「クラウドバンクのホームページ」にアクセス
②メール、パスワードの登録
③口座開設の申込(氏名、住所などの登録)
④身分証明書・マイナンバーの写真のアップロード
⑤審査(最短1営業日)
⑥口座開設審査完了通知が郵送。コード入力で投資が可能に

以下、図解します。

①クラウドバンクにアクセス

クラウドバンクのホームページ」にアクセスし、「今すぐ無料ではじめよう」ボタンをクリックします。

②会員登録情報の入力

メールアドレス、パスワードを入力して登録します。すぐにメールが届くので、メール内URLをクリックして、サイトにアクセスします。
クラウドバンク 口座開設

③口座開設の申込

氏名、住所などを登録します。

クラウドバンク 口座登録

④身分証明書・マイナンバーの写真のアップロード

身分証明書(免許証など)とマイナンバーの写真をアップロードします。

クラウドバンク 口座開設
クラウドバンク 口座開設

以下の表示が出れば、一旦登録は完了です。審査結果が届くのを待ちます。

クラウドバンク 口座開設

⑥口座開設審査完了通知が郵送

数日すると、クラウドバンクから封書が届きます。サイトにアクセスし、8桁の「着荷証明番号」を入力します。
クラウドバンク 口座開設

上記コード入力後、ページにログインできたら登録は完了です。

最後に

クラウドバンクの特徴と口座開設方法について解説してきましたが、ご理解いただけたでしょうか。

私は、ソーシャルレンディングの特徴(メリット、リスク)などをふまえ、以下ような考え方でクラウドファンディング投資を行っていく予定です。

Chamiが考えるクラウドファンディング投資法

  • 特徴の異なる投資案件への投資可能性を確保するため、複数のソーシャルレンディング会社に口座を開設する
  • 1投資案件最大10万円として分散投資(総額100万円)
  • 少額投資を複数・並列で実施することで、ソーシャルレンディングについて学ぶ

まずは、初めてのソーシャルレンディングとして、まずは10万円を投資してみたいと思います。
今後は、他のソーシャルレンディング会社のファンドにも投資をしていきます。

クラウドバンク