クラウドバンクの「太陽光発電ファンド」へ初ソシャレン。やってみた理由と投資額・投資方針(実績・評判など含み)
▼シェア&フォローする▼

案件を決めてしまえば、待つだけ資産運用のソーシャルレンディング(ソシャレン)

2019年夏、クラウドバンクで最も扱い数の多い「太陽光発電ファンド」へ投資を始めました。

かつてのFXがそうだったように、新しい投資法は不安・怪しいという気持ちがつきまといます。ソーシャルレンディング投資そのものへの不安もありますし、クラウドバンクの場合は、「太陽光発電案件」ばかりである点が怪しく感じてしまうケースもあるでしょう。

私は投資を始めてよかったと思っていますが、初ソシャレン前には、「ソーシャルレンディング投資を始めるに当たって大切なこと」を熟考しました。

・今後どのような戦略でソシャレン投資を行っていくか
・クラウドバンクに投資して大丈夫か
・太陽光発電ファンドへ投資しても大丈夫か 等

その時考えた、投資決断理由・投資方針、そして、その後、実際に運用を始めて気づいた点などまとめて紹介します。

3ヵ月無料申込は【6/16まで延長!】
在宅ワーク音楽♪は相性が良い。
未体験なら、仕事のバックグラウンドミュージックに
事前に解約方法を知りたい場合はこちら

クラウドバンク(Crowd Bank)とは:実績、取扱い案件 など

クラウドバンク(Crowd Bank)は、「待つだけ、資産運用」をキャッチコピーに初心者でも少ない元手で着実にお金を増やす投資を提案するソーシャルレンディングサービスです。

全ファンド、事前に決められた利回りで毎月配当されるので、相場の値動きを常にチェックして売買を行う必要がありません。

実質平均利回り6.99%、投資先を選んだら、あとは待つだけ。特別な知識がなくても、プロが運用をしてくれるので、「ほったらかし」で資産が増えます。値動きに悩まされたくない、忙しく投資に時間をさけないビジネスマンには最適な投資法です。

これまで貸倒もなく他社より安心して投資できることもあり、2013年12月のオープンから5年9ヶ月、2020年2月までに応募総額800億円を突破。元本回収率(実績)も100%です。
クラウドバンク 取扱高800億円を突破!

サービスの詳細、口座開設方法などは以下に詳細にまとめているのでご確認ください。
現在募集中の案件の詳細部分は、口座開設を行わないと情報確認ができません。まずは、口座開設(無料)の上、案件収集・確認を始めるところから開始することをおすすめします。

私が初のソシャレン投資を クラウドバンクに決めたわけ

私がソーシャルレンディングの初投資はクラウドバンクの「太陽光発電ファンド」
以下で
①「クラウドバンク」への投資を決めた理由
②太陽光発電ファンドへの投資を決めた理由
を順に説明します。

まず、1つ目のクラウドバンクで初ソシャレンを行った最大の理由ですが、それは、クラウドバンクはソーシャルレンディング会社の中で当時累計応募額が600億円と多いながら、過去の貸倒(デフォルト)が0件であったからです。
参考HP ソシャレン投資のリスク

結論
ソシャレン投資、最大のリスクは「貸倒(デフォルト)リスク」
➡ 取扱い高など過去実績から、最も安心な「クラウドバンク」でのショシャレン投資を決定

ソシャレン投資のリスクを軽減する「ソシャレン基本方針」

クラウドバンクへの投資を決めるに当たって、投資リスクへの対処として、以下のソシャレン投資基本方針を決めました。
ソシャレン投資のリスクを軽減する「ソシャレン基本方針」

ソシャレン投資基本方針(分散投資)

  • ソーシャルレンディング1案件につき、投資額は10万円
  • 投資する会社を分散する
  • 具体的に投資する案件も分散する

太陽光発電ファンドへの投資ポイント

クラウドバンクの「太陽光発電ファンド」

私が投資がなぜ、数あるソシャレン案件の中から「太陽光発電ファンド」への投資を決めたかを述べる前に、まずは、投資案件の概要を見てきましょう。クラウドバンクでは上記に類する太陽光発電案件を多数取扱いしています。

クラウドバンク「太陽光発電ファンド」:概要

目標利回り:6.8% ※税引き前
運用期間 :13ヵ月
担保   :合同会社持分(5社分)に対する質権設定、
      太陽光発電所用地(5社分)の所有権・地上権に対する抵当権仮登記設定
保証   :なし  ※ここは心配要素
投資収益 :投資額10万円の場合、分配金 5,863円(税引後)

投資を決めるに当たって、まずは、個別案件より以前に、「そもそも論として、太陽光発電ビジネスは儲かるのか」を明らかにすることにしました。

調査結果:太陽光発電ビジネスは条件が揃えば儲かる

いろいろ調べた結果、太陽光ビジネスの投資妙味は以下の点にあると言えます。

太陽光発電ファンドの投資妙味:判断ポイント

  • 太陽光発電ビジネスは、国が20年間の電力買取価格を約束してくれるので、買取額が高ければ儲かるシステム
  • 国が買い上げてくれるで電力買取価格に対して、設備投資が小さくて済めばますます利益が出やすい

そこで、太陽光発電ビジネスの収支構造を考えてみることにしました。

太陽光発電ビジネスの収支構造

どんなビジネスにおいても、設備費・ランニングコストなどの費用以上に収入があれば、そのビジネスは儲かります。
太陽光発電ビジネスは、【収入】電力の買取額が高く、【支出】発電施設コストが安けれは、儲けは出やすいと言えます。この【収入】【支出】について考えてみましょう。

太陽光発電ビジネスの投資ポイント:収入と支出

【収入】電力買取額

電力買取価格は認定が通った年が基準となり、2012年に申請が通ったものであれば固定価格40円で電力を買い取ってもらえます。

なお、この固定価格での買取期間は2019年11月以降順次満了を迎えます。つまり、仮に2013年に認定が通った事案件の場合、2013年から2022年までは個定額36円の買取が認められます(FIT制度)。※たとえFIT制度が終ったとしてもすぐに収益がなくなるわけではありません。
参考HP 経産省資源エネルギー庁「固定価格買取制度についてのお知らせ」

産業用の電力固定買取額 
2012年 40円+税
2013年 36円+税
2014年 32円+税
2015年 29円+税
2016年 24円+税
2017年 21円+税
2018年 18円+税 ※買取価格は20年間保証される
参考HP 太陽光発電総合情報

【支出】太陽光パネルなどの設備費

支出面で大きな費用を占めるのは太陽光パネルなどの初期設備費です。

この太陽光パネルは技術革新の進展により、基本的にどんどん価格が低下します。
つまり、できるだけ買取額が高い2012~2014年に申請が通った権利を利用し、パネルなどのコストが下がるのを待ってから接続するのが最も儲かると言えます。

太陽光パネルの設備投資が押さえられれば儲かる

※ただし、太陽光パネルが値下がりするまで事業を始めない業者が続出していたので、FIT法の改正により、経済産業省は2017年3月31日までに接続契約を締結していない業者については認定を取り消してます。

今後は、国の高い電力買取価格の投資案件は、必然的に減っていくことになります。

【結論】太陽光発電ファンドに投資を決めたわけ

今回の太陽光発電ファンドの場合の場合、投資した案件の電力買取価格は36円となっており、かなり高い買取価格です。
まだ、今後減っていく「お宝投資」の一つであると判断。太陽光発電ファンドに投資することを決断しました

【疑問】事業者は、なぜ、銀行融資でなく金利の高いソシャレンを利用?

銀行融資でなく金利の高いソーシャルレンディング?
今回、投資を検討した案件は、正直、利益が見込めるビジネスです。それなら、太陽光発電事業者は高い金利を払ってクラウドソーシングなどせずとも、銀行が低利で融資してくれそうなものです。

しかし、実際は、銀行は以下のような理由でお金を貸してくれません

銀行が太陽光発電事業者に融資をしてくれない理由

・新しいビジネスに消極的
・借り手となる事業者に実績がない
・太陽光パネルを設置するような場所の土地は安い

事業者側は、ソシャレンで高い金利を払っても、国の電力買取保証を利用すれば、十分な採算が取れるので、ソーシャルレンディングで資金を募ってでも積極的にビジネス展開を行おうと考えていると思います。

これだけ国内に金融機関があっても、以下のような借り手・投資家側のニーズがマッチングしない典型的な例です。

ソーシャルレンディングは、これまで直接的に融資を結び付ける方法がなかった「個人」と「中小企業」の仲介者として、まさに機能をしています。ノーリスクとは言えずとも、預金金利よりはるかに高い 3%~ 7% 位のリターンを得る機会がソーシャルレンディングによって得られるようになったことは、「個人投資家」にとっては大きなチャンスと言えるのではないでしょうか。

【疑問】クラウドバンクは「太陽光発電」案件ばかりだけど大丈夫?

ネットなどを見ていると、クラウドバンクは「太陽光発電」ばかりで怪しいといった意見も見かけます。たしかに、素人から見ると怪しく見えるかもしれません。

しかし、「太陽光発電(固定価格での電力買取)という時限付きの儲かりビジネス」があるなら、企業としてそこに資金を投入しビジネス化するのは当たり前。さらに、同様の案件をたくさん扱い、ビジネスノウハウ(ソシャレンビジネスのノウハウ)を持つなら、同様の事業者に声をかけてでもビジネス化し、ソシャレンを成功させるというのが、儲けの鉄則であると思うのですがいかがでしょうか?

ノウハウのあるビジネスに集中するのは企業なら当たり前
ノウハウのあるビジネスに集中するのは、通常のビジネスなら当たり前

ノウハウがあれば、ソシャレン失敗のリスクも減らせ、また、ソシャレン一案件を組成するにもコストをかけずに済みます。

上記観点から、個別案件ごとでの投資判断は必要ですが、クラウドバンクの太陽光発電案件は投資の検討に値すると考えています。

まとめ

今回は、クラウドバンクの太陽光発電ファンドへの投資について調査し、最終判断として、投資をすることに決めました。

投資は勉強し続けないと成果は出ません。今回の件で、いろいろと視野が広がったと感じています。

もし、本記事を見て、クラウドバンクの太陽光発電ファンドに興味をもったら、募集内容の詳細の確認のためにも、まず、口座開設することをお勧めします(口座[未]保有者への案件開示は制限されています)。今すぐ、投資せずとも、情報収集することから始めてください。

待つだけ投資!クラウドファンディング・ソーシャルレンディング
クラウドファンディング・ソーシャルレンディングを始めよう

資産形成・老後資金確保のために投資の必要性は十分感じているけれど、リスクの高い投資は避けたいし、毎日、チャートチェックして投資タイミングを計るのは時間的にも難しい。
そんな方向きの一つの投資方法として、注目を集めるのが貸付型(融資型)のクラウドファンディング「ソーシャルレンディング(ソシャレン)」です。

投資の特徴を学ぶ
クラウドファンディング とは(種類、市場規模、拡大の理由、メリット、リスクなど)
ソーシャルレンディングサービス比較一覧(特徴、利回り、運用期間)
ソシャレンで利回り6%で増やす資産形成(利回り計算シミュレーション)
デフォルト歴なし!クラウドバンクのソシャレン投資
ソシャレンの早期償還:メリットとリスク
ソシャレンの税金と確定申告

クラファン会社の特徴
融資型  :クラウドバンク SAMURAI Fund 
不動産型 :Rimple SYLA Funding
株式投資型:FUNDINNO 

私の”実”投資案件
クラウドバンクの太陽光発電ファンドへの投資の理由
なぜ再び? 太陽光発電ファンドへ2回目の投資
【比較】仮想通貨レンディングのメリット・デメリット、国内サービス比較を徹底解説

未来のお金とクラファンの理解を深めるために最適な良書(書評)
家入一真 著「なめらかなお金がめぐる社会。」

▼シェア&フォローする▼
この記事を書いた人

chami(チャミ)

chami(チャミ)

好奇心旺盛に楽しく生きるをモットーとする、弱小個人投資家。
身銭を切って、株/FX/CFD/仮想通貨など取引。以下の2点を投資の基本方針に、税・節約なども意識し、賢く資産を増やす方法を探求中。

・税制優遇制度はしっかり利用し投資
・市場を問わず、底値買いして一定期間保有

趣味は、海外旅行読書ジムサウナ
ライフ:気軽なバツイチ、おひとりさま女

▼皆さんのフォロー・お便りが励みです▼

コメントを残す