▼シェア&フォローする▼

オシャレな人のまねをして服を買ってみても、なかなかカッコよく着こなせない。
そして、タンスの肥やしになってくお洋服…

どうして素敵に着まわせないのでしょう?

それは、「ファッションの基本を押さえていないから。

クローゼットは3色でいい」の著者杉山律子さんは、おしゃれには順番があり、そのうえで、自分を知り自分の体形を活かすスタイルを知ることが大事と述べます。

オシャレになるばかりか、タンスの肥やしになる服を買って無駄づかいも防げる!絶対本で置いた方がいい1冊です。

今回は、本書から「ファッションの基本」のポイントを紹介します。

\ふるさと納税:Amazonギフト券【最大7%】還元🎉/
1000円の本を毎日読めば、1ヵ月で3万円分の自己投資!
自己研鑽の"神サービス"

初めてなら 30日無料 or 3ヵ月99円 📚!
解約方法を事前に確認

おしゃれの基本

オシャレな人とは

私たちが勘違いしやすいのは、おしゃれな人はトレンドのカラーやファッションを身にまとっている人勘違いしがち。

大事なことは、ご自身の「雰囲気」や「体型」に「合っている」スタイルを知っていること。「似合う服」を切ること。それがおしゃれの第一歩です。

❶「似合う服」を切ること
❷スタイルよく見える「着こなしの基本」を知ること

オシャレに見えない人とは

頑張っているのにおしゃれじゃない方、多いですよね。彼らの多くには以下のような特徴があります。

❶ご自身の体型を知らない
❷シンプルな形の基本アイテムを持っていない
❸色を多く使いすぎる

ご自身に当てはまっていませんか?

コーデの基本

基本アイテム

ファッション迷子に多いのは、主役アイテムばかりを揃えてしまうから。主役アイテムばかりでは、服の中で不協和音が流れてしまいます。

コーデの基本は、主役アイテムと脇役アイテムの組み合わせ。主役を引き立てる基本アイテムを持ちましょう。

具体的には、白や黒のベーシックな色のシンプルなボトムス。シャツ。Tシャツ。
このような基本アイテムを揃えることから、おしゃれは始まります。

2色でおしゃれ

「ちょいゆる」にする

「ラインがきれいに見える」コツは「ちょいゆる」なサイズ感。これは、すべての体型の方に共通するスタイルアップのコツです。特にボトムスについては、この基本が重要です。

おしゃれ上達のコツ

クローゼットは3色

クローゼットは3色でいい理由は、色が溢れているとコーディネートがバラバラになるから。たったそれだけで、あなたらしさが確立され、コーディネートがしやすくなります。

なかでも、ベースカラーの中から3色を選ぶのが基本です。統一感が出て、品の良い、大人のおしゃれが簡単に作れます。
中でも「白」は重要です。誰でも似合います。

あなたに合うベースカラーの選び方

❶白(真っ白でもアイボリーでも可)
❷黒 か ネイビー
❸上記で見つけた2色に、以下のベーシックカラーから1色を追加する
 グレー、ベージュ、トープ、カーキ

中でも「白」は大事。必ずトップスかボトムスのどちらかに使用します。色味は少ない方が統一感がでておしゃれ。全身2色コーディネートは楽ですし、おしゃれです。

以下は、白、黒、グレーで選んだアイテム。超シンプル。これだけでおしゃれにキレそうですよね。

3色でつくるコーディネート

基本を押さえた上でバリエーションを広げる

カラーが3色まで十分、おしゃれな着こなしができます。まずは、これをマスターすることが大事です。

そうはいっても少しバリエーションを増やしたい。

そんな時は、準ベースカラーであるチャコールグレー、ダークブラウン、デニムの3色から色をつぎ足しましょう。

下図はベースカラー3色、準ベースカラー3色に、ワンプラスカラーを合わせた組み合わせです。ただし、まず最初はベースカラー3色内で着回しができるようになること。差し色が増えるほどコーデは難しくなります。

ベースカラー
カラーの組み合わせ
ベースカラー3色、準ベースカラー3色+ワンプラスから―

最後に

今回は、杉山律子さんの「クローゼットは3色でいい」を紹介しました。

杉山さんは毎日2色コーデで着まわしているそうです。そのぐらい2色だけできれいに着こなせる。しかもコーデがしやすいのです。

本書では、写真でコーディネート付きで、基本の3色から、準ベースカラー追加、ワンポイントカラー追加と徐々に上級コーディネートができるように紹介ができるようになっています。1冊見終わると、「なるほど、カラーが増えるとコーディネートは難しいんだなぁ」と納得できます。

是非、本書でご確認を!