第170回 芥川賞・直木賞が発表。最新受賞作&歴代受賞作 まとめ

良い小説を読みたいなら、まずは、芥川賞・直木賞 受賞作品感動作品・深い作品に巡り合う可能性が格段にUPします。

芥川賞・直木賞は上半期・下半期の年2回発表されますが、2024年1月17日には、「弟170回 2023年下半期」の芥川賞・直木賞受賞作が発表されました。

今回は、2つの文学賞受賞作芥川賞・直木賞の選考基準の違い(これがわかれば、読む本を選びやすくなる)、歴代の芥川賞・直木賞 受賞作を一覧を紹介します。また、文学賞受賞作をお安く読む方法も紹介します。

[スポンサーリンク]

おすすめ読み放題:ビジネス書 自己啓発  お金・投資マネー本  小説

「芥川賞・直木賞の違い」がわかると本選びがしやすくなる

芥川賞・直木賞って何?

芥川賞・直木賞ってどんな賞?

芥川賞は、新人作家の純文学作品に与えられる賞です。1935年に菊池寛が直木賞とともに創設した、歴史ある文学賞で、「文學界」・「新潮」・「群像」・「すばる」・「文藝」の五大文芸誌に掲載の文芸誌に掲載される、純文学の中・短編作品のなかから選ばれます。純文学の新人にとって登竜門的な賞です。

直木賞は、新人・中堅作家による大衆小説の単行本に与えられる賞です。芥川賞と同じく菊池寛によって創設されています。

芥川賞・直木賞の選考会は年2回。上半期は7月、下半期は翌年1月に行われます。前年12月~5月までに刊行された雑誌・書籍が上半期の、6月~11月までに刊行された雑誌・書籍が下半期の対象となります。

芥川賞と直木賞の違い

芥川賞・直木賞の違いは大きく3つあります。違いを理解しておくと、本選びに役立ちます。

芥川賞直木賞
正式名称芥川龍之介賞直木三十五賞
創設者菊池寛 ※文藝春秋創設者
創設者毎年1月・7月
選考の違い
❶選考ジャンル純文学大衆小説
❷対象作家無名・新人
※新人の登竜門
新人~中堅
※最近は中堅作家が多い
❸作品の長さ短編・中編短編~長編

芥川賞:純文学では、「芸術性」「形式」が重んじられます。また、文章の美しさや表現方法の多彩さも重視されます。

直木賞:大衆小説では、「娯楽性」「商業性」が重んじられます。簡単に言えば、読んで楽しいというエンターテイメント性が重視されます。

芥川賞・直木賞に優劣はない。名誉ある賞

「芥川賞・直木賞」はどちらが格上か知りたい人も多いですが、この2つの賞は、そもそもジャンルや選考基準が違うで、どちらが格上ということはありません。両方名誉のある賞であり、自分がどのような本のジャンルを読みたいかで選べばいいのです。

読書初心者は「芥川賞」の方がおすすめ

読書を始めたばかりで、どの本から読んだら良いのかわからないという方は、是非、文学賞受賞作品を手に取ってみて下さい。プロから選び抜かれた作品ですから、どれも素晴らしいものばかりです。

小説初心者🔰は、文章が短めの「芥川賞受賞作」の方が読みやすいでしょう。芥川賞受賞の短編を読むと、「本の深み・読み応え」は小説の長さではないということに気づかされます。

【最新】第170回 芥川賞・直木賞受賞作

それでは、第170回 芥川賞・直木賞受賞作の作品を見ていきましょう。

【芥川賞受賞作品】東京都同情塔 / 九段理江

日本人の欺瞞をユーモラスに描いた現代版・バベルの塔

ザハの国立競技場が完成し、寛容論が浸透したもう一つの日本で、新しい刑務所「シンパシータワートーキョー」が建てられることに。
犯罪者に寛容になれない建築家・牧名沙羅は、仕事と信条の乖離に苦悩しながらパワフルに未来を追求する。
ゆるふわな言葉と、実のない正義の関係を豊かなフロウで暴く、生成AI時代の預言の書。

―Amazon紹介文より

【直木賞受賞作】ともぐい / 河﨑 秋子

己は人間のなりをした何ものか――人と獣の理屈なき命の応酬の果てには
明治後期の北海道の山で、猟師というより獣そのものの嗅覚で獲物と対峙する男、熊爪。図らずも我が領分を侵した穴持たずの熊、蠱惑的な盲目の少女、ロシアとの戦争に向かってきな臭さを漂わせる時代の変化……すべてが運命を狂わせてゆく。人間、そして獣たちの業と悲哀が心を揺さぶる、河﨑流動物文学の最高到達点!

―Amazon紹介文より

【直木賞受賞作】八月の御所グラウンド / 万城目 学

死んだはずの名投手とのプレーボール
戦争に断ち切られた青春
京都が生んだ、やさしい奇跡

女子全国高校駅伝――都大路にピンチランナーとして挑む、絶望的に方向音痴な女子高校生。 謎の草野球大会――借金のカタに、早朝の御所G(グラウンド)でたまひで杯に参加する羽目になった大学生。 京都で起きる、幻のような出会いが生んだドラマとは–
今度のマキメは、じんわり優しく、少し切ない 青春の、愛しく、ほろ苦い味わいを綴る感動作2篇

―Amazon紹介文より

Audible、文学賞受賞、読み放題本多数作が読み放題

読書を遠のかせている理由が、「書籍代」と言う方もいるでしょう。そんな方に、無料体験で試してほしいのがAudibleです。

Amazon Audible オーディブル

Audibleは12万タイトル以上が定額聴き放題になる会員型の月額サービス。Audible会員になれば定額聴き放題対象の本なら何冊読んでもお値段変わらず。

Kindle本比べて発行数は少ないですが、毎月、続々と対象本が増えています。聴けば聴くほどお得な神サービスです。

最初の30日間は無料体験を開催中。無料期間中に解約すれば料金はかかりません。2か月あれば、読書習慣もつきます。利用しない手はありません!

芥川賞受賞作 一覧(1990年以降)

芥川賞受賞作 一覧(1990年以降)

以下では歴代の芥川賞・直木賞受賞作を一覧紹介します。

読書は、「他者の考えやさまざまな情報・知見から、自らの視野を広められる素晴らしいもの」です。小説で主人公の気持ちを疑似体験することも、「物事を見る視点」を広げます。視野が広がり、柔軟な考えができるようになれば、人生も豊かになります。

Audibleで聴き放題で読める本Kindle Unlimitedで読み放題で読める本には赤字で印がついています。

また、読み放題対象でなくても、各出版社が随時割引セール・ポイント還元セールを行っています。特に、Kindle本はセールになっていることが多いです。各本、紙の本、Kindle本、Audibleのリンクを掲載しているので、価格の確認にお役立て下さい。

一覧リスト

画像受賞時期/タイトル/作家KindleAudible
東京都同情塔170回/2023年 下

東京都同情塔
九段理江

KA
ハンチバック169回/2023年 上

ハンチバック
市川沙央

K
読み放題
A
聴き放題
この世の喜びよ168回/2022年 下

この世の喜びよ
井戸川射子

KA
聴き放題
荒地の家族168回/2022年 下

荒地の家族
佐藤厚志

K
おいしいごはんが食べられますように167回/2022年 上

おいしいごはんが食べられますように
高瀬隼子

KA
聴き放題
ブラックボックス166回/2021年 下

ブラックボックス
砂川文次

KA
聴き放題
貝に続く場所にて165回/2021年 上

貝に続く場所にて
石沢麻依

KA
聴き放題
彼岸花が咲く島165回/2021年 上

彼岸花が咲く島
李琴峰

KA
聴き放題
推し、燃ゆ164回/2020年 下

推し、燃ゆ
宇佐見りん

KA
聴き放題
首里の馬163回/2020年 上

首里の馬
高山羽根子

K
破局163回/2020年 上

破局
遠野遥

KA
聴き放題
背高泡立草162回/2019年 下

背高泡立草
古川真人

K
むらさきのスカートの女161回/2019年 上

むらさきのスカートの女
今村夏子

KA
聴き放題
ニムロッド160回/2018年 下

ニムロッド
上田岳弘

K
1R1分34秒160回/2018年 下

1R1分34秒
町屋 良平

K
送り火159回/2018年 上

送り火
高橋弘希

K
おらおらでひとりいぐも158回/2017年 下

おらおらでひとりいぐも
若竹千佐子

KA
聴き放題
百年泥158回/2017年 下

百年泥
石井遊佳

K
影裏157回/2017年 上

影裏
沼田真佑

K
しんせかい156回/2016年 下

しんせかい
山下澄人

K
コンビニ人間155回/2016年 上

コンビニ人間
村田沙耶香

KA
聴き放題
死んでいない者154回/2015年 下

死んでいない者
滝口悠生

K
異類婚姻譚154回/2015年 下

異類婚姻譚
本谷有希子

K
スクラップ・アンド・ビルド153回/2015年 上

スクラップ・アンド・ビルド
羽田圭介

KA
聴き放題
火花153回/2015年 上

火花
又吉直樹

KA
聴き放題
九年前の祈り152回/2014年 下

九年前の祈り
小野正嗣

K
春の庭151回/2014年 上

春の庭
柴崎友香

K
穴150回/2013年 下


小山田浩子

K
爪と目149回/2013年 上

爪と目
藤野可織

K
abさんご148回/2012年 下

abさんご
黒田夏子

K
冥土めぐり147回/2012年 上

冥土めぐり
鹿島田真希

K
道化師の蝶146回/2011年 下

道化師の蝶
円城塔

KA
聴き放題
共喰い146回/2011年 下

共喰い
田中慎弥

K
きことわ144回/2010年 下

きことわ
朝吹真理子

K
苦役列車144回/2010年 下

苦役列車
西村賢太

K
乙女の密告143回/2010年 上

乙女の密告
赤染晶子

K
終の住処141回/2009年 上

終の住処
磯崎憲一郎

K
ポトスライムの舟140回/2008年 下

ポトスライムの舟
津村記久子

時が滲む朝139回/2008年 上

時が滲む朝
楊逸

K
乳と卵138回/2007年 下

乳と卵
川上未映子

KA
聴き放題
アサッテの人137回/2007年 上

アサッテの人
諏訪哲史

ひとり日和136回/2006年 下

ひとり日和
青山七恵

K
八月の路上に捨てる135回/2006年 上

八月の路上に捨てる
伊藤たかみ

K
沖で待つ134回/2005年 下

沖で待つ
絲山秋子

K
土の中の子供133回/2005年 上

土の中の子供
中村文則

グランド・フィナーレ132回/2004年 下

グランド・フィナーレ
阿部和重

KA
聴き放題
介護入門131回/2004年 上

介護入門
モブ・ノリオ

蛇にピアス130回/2003年 下

蛇にピアス
金原ひとみ

K
蹴りたい背中130回/2003年 下

蹴りたい背中
綿矢りさ

KA
聴き放題
ハリガネムシ129回/2003年 上

ハリガネムシ
吉村萬壱

K
しょっぱいドライブ128回/2002年 下

しょっぱいドライブ
大道珠貴

K
パーク・ライフ127回/2002年 上

パーク・ライフ
吉田修一

KA
聴き放題
猛スピードで母は126回/2001年 下

猛スピードで母は
長嶋有

K
中陰の花125回/2001年 上

中陰の花
玄侑宗久

K
聖水124回/2000年 下

聖水
青来有一

熊の敷石124回/2000年 下

熊の敷石
堀江敏幸

きれぎれ123回/2000年 上

きれぎれ
町田康

K
花腐し123回/2000年 上

花腐し
松浦寿輝

K
蔭の棲みか122回/1999年 下

蔭の棲みか
玄月

夏の約束122回/1999年 下

夏の約束
藤野千夜

K
日蝕120回/1998年 下

日蝕
平野啓一郎

K
ゲルマニウムの夜119回/1998年 上

ゲルマニウムの夜
花村萬月

K
ブエノスアイレス午前零時119回/1998年 上

ブエノスアイレス午前零時
藤沢周

K
水滴117回/1997年 上

水滴
目取真俊

海峡の光116回/1996年 下

海峡の光
辻仁成

家族シネマ116回/1996年 下

家族シネマ
柳美里

蛇を踏む115回/1996年 上

蛇を踏む
川上弘美

K
豚の報い114回/1995年 下

豚の報い
又吉栄喜

KA
聴き放題
この人の閾113回/1995年 上

この人の閾
保坂和志

おどるでく111回/1994年 上

おどるでく
室井光広

K
タイムスリップ・コンビナート111回/1994年 上

タイムスリップ・コンビナート
笙野頼子

KA
聴き放題
石の来歴110回/1993年 下

石の来歴
奥泉光

寂寥郊野109回/1993年 上

寂寥郊野
吉目木晴彦

K
犬婿入り108回/1992年 下

犬婿入り
多和田葉子

K
運転士107回/1992年 上

運転士
藤原智美

K
至高聖所アバトーン106回位

至高聖所アバトーン
松村栄子

自動起床装置105回/1991年 上

自動起床装置
辺見庸

K
背負い水105回位

背負い水
荻野アンナ

妊娠カレンダー104回/1990年 下

妊娠カレンダー
小川洋子

KA
村の名前103回/1990年 上

村の名前
辻原登

KA

直木賞受賞作 一覧(1990年以降)

一覧リスト

画像受賞時期/タイトル/作家KindleAudible
ともぐい170回/2023年 下

ともぐい
河﨑秋子

KA
八月の御所グラウンド170回/2023年 下

八月の御所グラウンド
万城目学

KA
聴き放題
極楽征夷大将軍169回/2023年 上

極楽征夷大将軍
垣根涼介

KA
聴き放題
木挽町のあだ討ち169回/2023年 上

木挽町のあだ討ち
永井紗耶子

KA
聴き放題
地図と拳168回/2022年 下

地図と拳
小川哲

K
しろがねの葉168回/2022年 下

しろがねの葉
千早茜

K
夜に星を放つ167回/2022年 上

夜に星を放つ
窪美澄

KA
聴き放題
塞王の楯166回/2021年 下

塞王の楯
今村翔吾

KA
聴き放題
黒牢城166回/2021年 下

黒牢城
米澤穂信

KA
聴き放題
テスカトリポカ165回/2021年 上

テスカトリポカ
佐藤究

KA
聴き放題
星落ちて、なお165回/2021年 上

星落ちて、なお
澤田瞳子

KA
聴き放題
心淋し川164回/2020年 下

心淋し川
西條奈加

KA
聴き放題
少年と犬163回/2020年 上

少年と犬
馳星周

KA
聴き放題
熱源162回/2019年 下

熱源
川越宗一

KA
聴き放題
渦 妹背山婦女庭訓魂結び161回/2019年 上

渦 妹背山婦女庭訓魂結び
大島真寿美

K
宝島160回/2018年 下

宝島
真藤順丈

KA
聴き放題
ファーストラヴ159回/2018年 上

ファーストラヴ
島本理生

KA
聴き放題
銀河鉄道の父158回/2017年 下

銀河鉄道の父
門井慶喜

KA
聴き放題
月の満ち欠け157回/2017年 上

月の満ち欠け
佐藤正午

KA
聴き放題
蜜蜂と遠雷156回/2016年 下

蜜蜂と遠雷
恩田陸

K
海の見える理髪店155回/2016年 上

海の見える理髪店
荻原浩

K
つまをめとらば154回/2015年 下

つまをめとらば
青山文平

K
流153回/2015年 上


東山彰良

KA
聴き放題
サラバ!152回/2014年 下

サラバ!
西加奈子

KA
聴き放題
破門151回/2014年 上

破門
黒川博行

KA
聴き放題
恋歌150回/2013年 下

恋歌
朝井まかて

KA
聴き放題
昭和の犬150回/2013年 下

昭和の犬
姫野カオルコ

K
ホテルローヤル149回/2013年 上

ホテルローヤル
桜木紫乃

KA
等伯148回/2012年 下

等伯
安部龍太郎

K
何者148回/2012年 下

何者
朝井リョウ

KA
聴き放題
鍵のない夢を見る147回/2012年 上

鍵のない夢を見る
辻村深月

KA
聴き放題
蜩ノ記146回/2011年 下

蜩ノ記
葉室麟

KA
聴き放題
下町ロケット145回/2011年 上

下町ロケット
池井戸潤

KA
聴き放題
漂砂のうたう144回/2010年 下

漂砂のうたう
木内 昇

K
月と蟹144回/2010年 下

月と蟹
道尾秀介

K
小さいおうち143回/2010年 上

小さいおうち
中島京子

K
ほかならぬ人へ142回/2009年 下

ほかならぬ人へ
白石一文

KA
聴き放題
廃墟に乞う142回/2009年 下

廃墟に乞う
佐々木譲

K
鷺と雪141回/2009年 上

鷺と雪
北村薫

悼む人140回/2008年 下

悼む人
天童荒太

KA
聴き放題
利休にたずねよ140回/2008年 下

利休にたずねよ
山本兼一

K
切羽へ139回/2008年 上

切羽へ
井上荒野

K
私の男138回/2007年 下

私の男
桜庭一樹

K
吉原手引草137回/2007年 上

吉原手引草
松井今朝子

KA
聴き放題
まほろ駅前多田便利軒135回/2006年 上

まほろ駅前多田便利軒
三浦しをん

K
風に舞いあがるビニールシート135回/2006年 上

風に舞いあがるビニールシート
森絵都

K
容疑者Xの献身134回/2005年 下

容疑者Xの献身
東野圭吾

K
花まんま133回/2005年 上

花まんま
朱川湊人

K
対岸の彼女132回/2004年 下

対岸の彼女
角田光代

KA
聴き放題
空中ブランコ131回/2004年 上

空中ブランコ
奥田英朗

K
邂逅の森131回/2004年 上

邂逅の森
熊谷達也

K
号泣する準備はできていた130回/2003年 下

号泣する準備はできていた
江國香織

後巷説百物語130回/2003年 下

後巷説百物語
京極夏彦

K
4TEEN129回/2003年 上

4TEEN
石田衣良

K
星々の舟129回/2003年 上

星々の舟
村山由佳

K
生きる127回/2002年 上

生きる
乙川優三郎

A
聴き放題
あかね空126回/2001年 下

あかね空
山本一力

K
肩ごしの恋人126回/2001年 下

肩ごしの恋人
唯川恵

K
愛の領分125回/2001年 上

愛の領分
藤田宜永

K
ビタミンF124回/2000年 下

ビタミンF
重松清

K
プラナリア124回/2000年 下

プラナリア
山本文緒

K
GO123回/2000年 上

GO
金城一紀

K
虹の谷の五月123回/2000年 上

虹の谷の五月
船戸与一

K
長崎ぶらぶら節122回/1999年 下

長崎ぶらぶら節
なかにし礼

王妃の離婚121回/1999年 上

王妃の離婚
佐藤賢一

K
柔らかな頬121回/1999年 上

柔らかな頬
桐野夏生

K
理由120回/1998年 下

理由
宮部みゆき

A
赤目四十八瀧心中未遂119回/1998年 上

赤目四十八瀧心中未遂
車谷長吉

K
女たちのジハード117回/1997年 上

女たちのジハード
篠田節子

K
鉄道員(ぽっぽや)117回/1997年 上

鉄道員(ぽっぽや)
浅田次郎

KA
山妣116回/1996年 下

山妣
坂東眞砂子

凍える牙115回/1996年 上

凍える牙
乃南アサ

KA
恋114回/1995年 下


小池真理子

K
テロリストのパラソル114回/1995年 下

テロリストのパラソル
藤原伊織

K
白球残映113回/1995年 上

白球残映
赤瀬川隼

K
帰郷111回/1994年 上

帰郷
海老沢泰久

KA
聴き放題
二つの山河111回/1994年 上

二つの山河
中村彰彦

K
新宿鮫 無間人形110回/1993年 下

新宿鮫 無間人形
大沢在昌

KA
聴き放題
恵比寿屋喜兵衛手控え110回/1993年 下

恵比寿屋喜兵衛手控え
佐藤雅美

KA
聴き放題
マークスの山109回/1993年 上

マークスの山
高村薫

恋忘れ草109回/1993年 上

恋忘れ草
北原亞以子

K
佃島ふたり書房108回/1992年 下

佃島ふたり書房
出久根達郎

KA
聴き放題
受け月107回/1992年 上

受け月
伊集院静

緋い記憶106回/1991年 下

緋い記憶
高橋克彦

K
青春デンデケデケデケ105回/1991年 上

青春デンデケデケデケ
芦原すなお

夏姫春秋105回/1991年 上

夏姫春秋
宮城谷昌光

漂泊者のアリア104回/1990年 下

漂泊者のアリア
古川薫

K
蔭桔梗103回/1990年 上

蔭桔梗
泡坂妻夫

K

最後に

今回は、あなたの本選びに役立つ芥川賞・直木賞の違いについて紹介しました。また、本選びの参考に、芥川賞受賞作一覧直木賞受賞作一覧を掲載しました。

この記事が読書の一助になれば幸いです。人生を豊かにする「読書」を、是非、初めて見てください。