【書評/要約】仕掛学 ―人を動かすアイデアのつくり方(松村真宏 著)(★3)
▼シェア&フォローする▼

日々の生活の中で、「無意識のうちにそうしていた」「思わず反応してしまった」といった経験が少なからずありますよね。それは、誰かの「仕掛け」によって意図的に引き起こされたものかもしれません。

kindle Unlimited対象本30日間体験無料♪

created by Rinker
¥1,485 (2020/09/21 10:17:33時点 Amazon調べ-詳細)

本書「仕掛学」は、日常生活にある「つい、したくなる戦略的仕掛け」と、そのアイデアの仕方をまとめた一冊。

食べ過ぎや整理整頓ができないといった、「した方がいい」とわかっていてもできないことを「ついしたくなる」ようにする様々な「仕掛け」は、無理なく行動を変えることで自分をよき方法に導いてくれます。

今回は、「仕掛学」から、「よき仕掛け」とはどのようなものなのか、そのような仕掛けはどのように生み出したらいいのか(発想したらいいのか)について紹介します。

1000円の本を毎日読めば、1ヵ月で3万円分の自己投資ができる
自己研鑽の"神サービス"


対象者は2ヵ月199円での利用も可能!
※対象者にはアイコン↑クリックでキャンペーン価格が提示

「仕掛け」の重要性

人は怠惰な生き物。整理整頓した方がいい、運動した方がいいと自ら改善するのはもちろんのこと、人から言われてもなかなか改善できないものです。しかし、巧みな仕掛けで「ついしたくなる」ように間接的に伝えて結果的に問題を解決することを狙うのが「仕掛学」です。

例えば、斜めの線を引かれると順番に並べたくなる、男性の小便器に的があるとその的を狙いたくなるなどは、一例です。

これらに共通するのは、無理やり行動を変えさせようとするのではなく、つい行動を変えたくなるように仕向けられてしまうこと。「ついしたくなる」ように仕向けることは不確実性を含むので遠回りに見えますが、一個人の問題だけでなく、社会問題にも使える有望なアプローチになります。

「良い仕掛け」と「悪い仕掛け」

仕掛けは悪用することもできます。では、「良い仕掛け」と「悪い仕掛け」とはどんなものなのでしょか?

「良い仕掛け」と「悪い仕掛け」の区別は簡単です。仕掛ける側と仕掛けられる側の双方の目的を知ったときに「素晴らしい、こりゃ一本取られた」と笑顔になるのが良い仕掛けであり、「だまされた、もう二度と引っかからないぞ」と不快にさせるのが悪い仕掛けです。

良い仕掛けの3定義

公平性(Fairness):誰も不利益を被らない
誘引性(Attractiveness):行動が誘われる
目的の二重性(Dualityofpurpose):仕掛ける側と仕掛けられる側の目的が異なる

良い仕掛けの一例

例えば、早く置きたかったら、「ホームベーカリー タイマーでの起床」も一つの方法です。

ホームベーカリーでパンが焼きあがると、おいしく頂くにはすぐにパンを取り出す必要がありますよね。これを活かして、「がんばって起きた結果、焼きたてのパンが食べられ、目覚まし時計」とできます。これは、上記「良い仕掛けの3定義」の「目的の二重性」を満たす例です。

負担が小さいほど良い仕掛け

ここで、ポイントとなるのが仕掛けの「実行&心理負担」です。

行動を変えるときに必要な負担が大きければ、それに見合う便益が得られないと人の行動は変わりません。一方、負担が小さければ便益が小さくても人の行動は変えやすい。仕掛けは負担が小さいほど良い仕掛けと言えます。如何に、小さく、コストのかからない方法を考えられるかが非常に大事になります。

仕掛けの作り方

仕掛けの有効性はよくわかったものの、いざ、FDA要件に則った新しい仕掛けのアイデアを考えようと思うと難しい。では、どうしたらいいか?

仕掛けのアイデアは、基本的には「アイデアとは既存の要素の組み合わせ」以外の何者でもありません。対象とする問題と類似した仕掛けの事例が見つかるのであれば、その仕掛けの一部を変えてみることが一番簡単かつ確実な方法です。

そこで使えるのが、アイデア発想法。ここでは有名な2つの方法を紹介します。

オズボーンのチェックリスト

アイデア発想につまったときは視点を切り替えるのが良い。そのときによく使われるのが以下の9カ条からなるオズボーンのチェックリストです。

オズボーンのチェックリスト

1.他の使い道は?(Puttootheruses?)
2.他に似たものは?(Adapt?)
3.変えてみたら?(Modify?)
4.大きくしてみたら?(Magnify?)
5.小さくしてみたら?(Minify?)
6.他のもので代用したら?(Substitute?)
7.入れ替えてみたら?(Rearrange?)
8.逆にしてみたら?(Reverse?)
9.組み合わせてみたら?(Combine)

このチェックリストの覚え方として「ださく似たおち」(代用・逆さま・組み合わせ・似たもの・他の用途・大きく・小さくの頭文字をつなげたもの)があります。

SCAMPER法

オズボーンのチェックリストを改変版がSCAMPER法です。SCAMPERは以下の7つの要件の頭文字をつなげたものです。

SCAMPER法のチェックリスト

1.入れ替えたら?(Substitute?)
2.組み合わせたら?(Combine?)
3.他に似たものは?(Adapt?)
4.変えてみたら?(Modify?)
5.他の使い道は?(Puttootheruses?)
6.取り除いたら?(Eliminate?)
7.並び替えたら? 逆にしたら?(Rearrange)

「ハンマーを持てば、全てが釘に見える」という「マズローのハンマーの法則」がありますが、どんな問題にでも固定概念や自分の得意な手法を使うことにこだわってしまうと広い発想で物事を考えられなくなります。広い視野で物事を考えましょう。

最後に

今回は、松村真宏さんの「仕掛学 ―人を動かすアイデアのつくり方」を紹介しました。わかっているけどできない自分を動かす仕掛け、或いは、社会的に意義のある仕掛けづくりに本書の考え方を活かすといろんなメリットが得られそうですね。日頃から意識していると、ふとした時にアイデアが思いつくかもしれません。

kindle Unlimited対象本30日間体験無料♪

created by Rinker
¥1,485 (2020/09/21 10:17:33時点 Amazon調べ-詳細)