ノートパソコンは姿勢悪による肩こり必至。健康を守るデスク改善法・対策
▼シェア&フォローする▼

ノートパソコンを使っていて、肩こりや首の痛み、腰の痛みを経験したことはありませんか?
また、あまりの肩こりや眼精疲労などにより仕事に集中できなくなった経験はないでしょうか?

これでは、仕事をすればするほど、身体の痛みで集中力が落ち、集中力が落ちるからさらに長時間労働を強いられるという悪循環にハマっていきます。

これを改善するためには、「姿勢を直す」しかありません。
姿勢を悪くせずに仕事ができる環境を構築すべきです。

アイテム投入で、あなたの健康を守る方法を2つ紹介します。

社会的インパクト投資【ネクストシフトファンド】

ノートPC利用で肩こりになる理由

ノートパソコンは持ち運びがしやすく便利な反面、姿勢が前傾姿勢(猫背)になりがち。

猫背

仕事やネットサーフィンなどに集中すると、前傾姿勢が長時間続くため、ボーリングの球ほどの重さのある頭の荷重がダイレクトに首や肩への負荷となることに。こうなると、通常、前を見ているときに、首の骨は30~40度程の湾曲をもって頭を支えていますが、前傾姿勢にあると、この湾曲がストレートになってしまう、いわゆる「ストレートネック」(下図:左)と言われる状態になります。

左:悪い姿勢(ストレートネック)、右:正しい姿勢
このストレートネック状態が長くなると、最初は軽い肩こりだったものが、腰痛、眼精疲労、頭痛、吐き気といった様々な症状を引き起こすことになります。「スマホ首」という言葉をよく聞くようになりましたが、スマホの長時間使用も、ストレートネック状態をさらに加速させ、ますます、肩こりに悩む人が増えているのです。

前傾姿勢(猫背)対策は、心構えだけでは治らない

ストレートネックは一度なってしまうと、なかなか元に戻すことが難しくなります。だからこそ、ひどくならない前に、姿勢を正すことが大事。

しかし、「姿勢を正す」といっても、ノートPCを使ってると、知らぬ間に前傾姿勢になってしまうもの。だからこそ、単に「正しい姿勢を保つ心構え」に頼るのではなく、姿勢が前傾しない環境を構築してしまうことが大事です。

ノートパソコン使用時の姿勢・肩こりを直す2つの方法

ノートパソコン使用時の姿勢をを前傾にしない環境を作るのは簡単。アイテム投入で簡単にあなたの健康を守ることができます。

ノートPC利用時の姿勢を正す2つの方法

①外部ディスプレイを利用する
②ノートPCスタンドを利用する

対策① 外部ディスプレイを利用する

第1の方法は、外部ディスプレイを使用する方法です。外部ディスプレイをメインディスプレイとすることで、目線が下向きにならないようにします。これで、頭が首の上に乗るので首への負担が軽減できます。

ディスプレイ自体はフルHDでも1万円ちょっとで購入が可能。さらに欲張って複数のモニターをつないでマルチモニター化すれば、画面が広くなることで仕事効率がアップするという利点もあります。肩こりでマッサージや接骨院などに通う時間と費用を考えるなら、安い投資と言えるのはないでしょうか。

フルHDコスパ抜群デイスプレイ

以下は、フルHD(1920×1080)、23インチ以上でありながら、コスパ抜群のモニターをセレクトしました。

created by Rinker
I-O DATA
¥11,980 (2019/10/16 04:34:52時点 Amazon調べ-詳細)

この価格なら、2画面以上のマルチディスプレイをして仕事の効率アップをしたいとお考えなら、以下の記事に、ノートパソコンでも簡単にマルチモニター化を実現する方法を紹介しています。

また、フルHDより4k画面モニターがいいという方は、以下の記事をご参考に。

対策② ノートPCスタンドを利用する

最近は、オフィスのフリーアドレスが進んでいて、自分の固定席がないといった場合、①の方法を使うのはなかなか困難です。

そんな場合は、ノートパソコンを守ると共に、長時間使っても疲れない姿勢をキープできる「ノートパソコンスタンド」を利用しましょう。
ノートPCスタンドは、ノートPCの画面の高さや確度を調整し、目線を高めることで姿勢の改善が可能。姿勢が正されることで、長時間のデスクワークでの肩や首などへの負担を軽減してくれて、ノートパソコン使用時の姿勢改善に役立ちます。

ノートスタンドなら、2000~5000円程度の投資で姿勢が可能。ただ、キーボードが打ちにくくなるため、外付けUSBキーボード/bluetoothキーボードも用意したほうがよいでしょう。
要Check!Amazon売れ筋キーボードランキング

おすすめノートPCスタンド

Amazonで売れ筋のノートPCスタンドをピックアップしました。

売れ筋No.1

売れ筋No.2

売れ筋No.3

最後に

いくら収入UPのために仕事を頑張り資料作成等に励んでも、その分をマッサージや医療費に使ってしまうようでは何のために仕事を頑張ってるのかわからなくなります。

若いうちは健康をないがしろにしがちですが、歳をとると健康の大事さが身に沁み、若いうちに●●しておけば…というようなことにもなりかねません。

健康を守るのはご自身です。仕事の合間のストレッチに努めると同時に、健康を害さなくても済む環境を整えるように配慮をしましょう。