【4Kモニター】コスパ安い価格格安おすすめディスプレイ。ゲーム/トレード/仕事に人気のインチ数、HDR機能など選び方も解説 2020年
▼シェア&フォローする▼

デスクが広いと仕事がはかどるように、ディスプレイが広い(解像度が高く、表示エリアが高い)と、仕事のパフォーマンスが格段に上がりますよね。

現在、最も主流のディスプレイの解像度は価格が安価なフルHDですが、4Kモニターは解像度がフルHDの4倍あることを考慮すれば、価格的なメリットも十分あり!作業効率が圧倒的に良くなるため、機能性と価格のバランスを考えれば、むしろ4Kモニターの方がコスパがよいと言えるかもしれません。

私もiiyama製の「4Kディスプレイ」を使っていますが、視線を大きく動かすことなく書類が一覧できるため、十分、自己投資したかいがある買い物だと思っています。

今回は、これから4kモニターを買おうと思っている方に、4Kモニターの選び方のポイント、コスパ抜群のおすすめ4Kモニターの順で紹介します。

4kモニターとは

モニターの解像度
モニターの解像度
画像:TV&Hi-Fi Pro

4Kモニター4Kディスプレイ)とは、解像度が「3940 x 2160 ピクセル」のモニターのことです。解像度の横幅が約4000ピクセル=4kピクセル なので「4kモニター」と呼ばれます。

4KモニターはフルHDモニターのデスクトップ4枚分で作業効率抜群

手ごろな価格で購入できるフルHDモニターではなく、なぜ、4Kモニターを選ぶのか?

それは、4Kモニターなら、解像度がフルHDの4倍で、1台のモニタでフルHD4画面分がデスクトップが表示できるメリットがあるらです。

モニター(ディスプレイ)の解像度は、机の広さとよく似ていて、どれだけ広く書類を広げられるかと同じ。HDモニターが解像度1920×1080であるのに対し、4Kモニターは3840×2160なので、複数のファイルを広げても左右に並べて同時に確認することができるので、驚くほど作業効率がUPします。

フルHD 4台買うより4k 1台の方がコスパよし

フルHDの比べると4Kモニターは高価ですが、格安モデルなら3万円台から購入可能。フルHDモニターを4台購入、それを組立設置する費用と手間と場所代を考慮すれば、圧倒的に4Kモニター1台の方がコスパがよいといえます。机の上も、すっきりつかえて、紙の書類も広く広げられるので一石二鳥です。

何事においても「複雑・たくさん」よりも「シンプル・1つ」の方が効率はUPします。

4Kモニターの選び方

4Kモニターを買う場合、価格が安いことは重要ですが、価格のみで選んでしまうと後々後悔します。用途にもよりますが、以下のポイントを押さえて購入することが大切です。

4kモニターの選び方:押さえるべきポイント

①モニターサイズ(インチ)
②ノングレア(非光沢)
③スリムベゼル
④HDR機能

4Kモニターの選び方①:モニターサイズ

一般的なパソコンデスクの奥行きを考えると、確保できるモニターまでの視野距離は50~60cm。一方、健康面を考慮(目や姿勢)すると「視野距離はモニタサイズの1.5倍」が理想とされています。

では、具体的にどのサイズの4kモニターが良いでしょうか。用途別にまとめると以下がおすすめサイズです。

4kモニター:用途別おすすめモニタサイズ

23.8インチ:省スペース作業向け。一般的な仕事・トレード用ならこれ以上のサイズを
27インチ :ゲーム、グラフィック用途ならこれ以上のサイズが見やすい
32インチ :バランスが良いサイズ。映画・動画のVAディスプレイとしても迫力あり
43インチ :表示スケーリング100%サイズ。作業エリアが非常に広い

仕事・トレード用の4Kモニターなら23.8インチ以上

仕事用モニターの理想サイズは27インチ~32インチ。このサイズなら、視線を左右に移動させる必要もありません。一方、これ以上小さいモニターは、文字が小さくなりすぎて、見にくくなるためせっかくの高解像度を活かしきれません。
※モニターまでの距離をもっとゆったり確保できるなら、もう一回り大きいモニターの方が見やすいです。

ゲーミ利用ならモバイルディスプレイという選択肢もあり

小さな文字の判別が不要なゲーミングモニターなら、モバイルディスプレイという選択肢も。モバイルモニターなら場所を選ばずくつろぎながらゲームができます。

イラスト製作などグラフィック用途なら画面は大き目で

イラスト製作、映像制作用のディスプレイなら、画面サイズは少なくとも27インチは欲しいところです。また、液晶は発色がよく、色のばらつきが少ないIPSパネルが最適。キャリブレーション機能が付くモデルなど、少し高くても、発色のよいモデルをおススメします。

テレビ用、映像観賞用に使うなら大型モニターを

テレビ用、映像観賞用に使うなら、大型のものがいいですね。40インチ型で6畳、50インチ型で8畳がサイズ選びの一つの目安です。

4Kモニターの選び方②:非光沢

エクセル、メールなど仕事で使うことが前提なら、「ノングレア(非光沢)」なモニターを選びましょう。
表面に光沢のあるモニターは、見た目はきれいです。しかし、長時間使うと目が疲れます。仕事で長時間使う場合は非光沢なノングレアタイプのモニターにしましょう。

4Kモニターの選び方③:スリムベゼル

ベゼルとはモニターの枠の部分です。ベゼルがスリムだとと、モニターがすっきり小さくてすみます。トレード向けモニターなら、ベゼルが狭いものを選びましょう。

特に、複数台のモニターを並べて使用する場合、ベゼルがスリムだと格段に見やすくなります。

4Kモニターの選び方④:HDR機能

HDR機能とは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称で、従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に比べてより広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できる表示技術です。明るさの表現力(コントラスト比)を劇的にアップするため、美しい映像を楽しむことができます。

従来品では、明暗の差が激しい画像(ダイナミックレンジが高い)を表示すると、白が飛び、クロがつぶれるという現象が起きますが、HDRではこれらが起こらず滑らかできれいな画像・映像が表示可能です。


SDRでの見え方
日陰の暗い部分が黒つぶれ

SDRでの見え方
日陰の黒つぶれを防ぐと日向が白飛び

HDRでの見え方
画像:EIZO

では、この機能が必要かどうかですが、そもそもコンテンツがHDRに対応しなければこの機能は必要ありません。結論としては、ゲームや映画などを楽しむ場合はあった方がよいですが、通常の仕事などに使う場合、コスパを重視する場合はなくてもよいと思います。

 

おすすめ4Kモニター

具体的に、どの4Kモニターを買えばいいのか?
今現在、A売れ筋の4Kモニターを、Amazonモニターランキングの中から、4Kモニター上位10モデルをピックアップしました。

今現在、27インチディスプレイなら3万円台から購入できます。
フルHD格安ディスプレイ1万円×4台=4万円と考えると、十分安いと言えるのではないでしょうか。

たくさんの種類を紹介されても、どれにしていいか決めかねるもの。だったら、ほんとに売れている商品から決めちゃいましょう!

27.9インチ4Kモニター JAPANNEXT JN-IPS2700SUHDR

只今一押し!発売記念特化中(3/31迄)
3月19日発売になったばかりのJAPANNEXTの27型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS2700SUHDR」。販売価格は41,970円(税込)ですが、3月19日~3月31日の期間は発売記念の特価販売セールとして特価販売中

解像度が3,840×2,160ドット(4K)でディスプレイにはIPS-ADS液晶パネルを採用。色域はsRGB 100%をカバー。
ゲーミング機能はAMD FreeSyncに対応しており、滑らかな映像表示でゲームをプレイ可能。ゲームに合わせて視認性を高める3種類のゲームモードも備える。音響面では3Wのステレオスピーカーを内蔵。ほか、画面のチラツキを抑えるフリッカーフリー設計と、ブルーライト低限機能を搭載。

27.9インチ4Kモニター BenQ EL2870U

微細なディテールや質感まで桁違いの鮮明さを実現する27.9インチ4Kディスプレイ。
応答速度1ms(GtoG)を搭載し動きの速いゲームに対しても、ラグやゴーストのない美しい映像の表示が可能。AMD FreeSyncテクノロジーにより流れるようなゲームプレイを体感できます。
また、人間の目に優しいフリッカーフリー技術、ブルーライト軽減機能を搭載しているので、目が疲れやすい方にもおすすめです。
雑誌「家電批評 2020年 3月号」でも特集「Amazonベストヒット100」にランクイン4Kで速度も速いゲーム用にも最適なモニターとして評価されています。この機能で3万円台のモニターは安い!

4kモニター: BenQ-EL2870U
4kモニター: BenQ-EL2870U
長時間疲れにくいコスパの良いモニター

31.5インチ EW3270Uもあります。

27インチ4Kモニター I-O DATA EX-LD4K271DB

Amazonで12%OFF
4K UHD(3840X2160ピクセル)解像度に対応した、27型液晶ディスプレイです。上下左右178°の広視野角なADSパネルを採用。見る位置や角度による色やコントラストの変化が少なく、どこから見ても映像を鮮明に映し出します。LEDを点滅させずに、輝度レベルを調整する「フリッカーレス」設計を採用。長時間の使用でも眼に負担を与えません。
3万円台でコスパよく、安いのがいいですね。

27インチ LG 4Kモニター 27UL500-W

2,000円offクーポン + ポイント1%還元
高精細な4K対応モニター 27UL500-WはAmazon限定商品。U2718QMは、HDR10に対応した4K 27インチワイドモニター。フルHDの4倍の解像度が細部まで鮮明に、sRGBを99%カバーする10.7億の表示色が高い精度で鮮やかに、Dell HDR※1が意図された通りのHDR10コンテンツを表示します。AMDのAPU・GPUとモニター間で、コンテンツのフレームレートとモニターのリフレッシュレートを同期させることで、ティアリング(画面のずれ)やスタッタリング(コマ落ち)抑え、滑らかな映像表示を可能にします。

LG モニター ディスプレイ 27UL650-W

一つ上のモデルの高機能バージョン。広域な輝度とコントラストに実現するVESA DisplayHDR 400をサポート。最新のゲーム、映像、画像の表現が大幅に向上し、臨場感をアップさせます。ゲームで利用するならよりこちらのモデルが適しているでしょう。滑らかな描写を可能にする「FreeSync」や、映像出力のタイムラグを抑える「DASモード」を搭載。暗いシーンの視認性を高める「ブラックスタビライザー」などのゲーム機能も搭載しています。

27インチ 4Kモニター PHILIPS 278E1A/11

別世界へいざなう驚異の映像力とコンフォータブルデザインが特徴のPHILIPS。ベゼルが狭いのでスッキリした見た目。 解像度3840×2160の4k対応。パネルやケーブルも含む無料で5年間保証がついている点も魅力です。

23.8インチ広視野角 LG モニター ディスプレイ 24UD58-B

只今、Amazonで21%OFF + ポイント1%還元
4K画質によって緻密で精細な映像を楽しめる4K対応モニター。あらゆる角度から見ても色変化が少ない水平178度/垂直178度の広視野角と自然な色合いを再現。ゲームプレイも快適。低解像度の映像でも、超解像技術によって高精細に表示することができます。
画面サイズが小さめでもよいなら、最も安くコスパの良いモデルです。

31.5インチ4Kモニター Acer モニター ディスプレイ ET322QKwmiipx

HCDP2.2対応のHDMI2.0入力端子を2つ搭載。仕事用のモニターとしての使用はもちろんのこと、4k放送や家庭用ゲームを手軽に大画面で楽しむことが可能です。Acer HDR Ready搭載で、輝度の幅が拡大。より実物に近い映像が再現できるため、臨場感ある映像が楽しめます。

31.5インチ4kモニター LG モニター 32UK550-B

HDR10対応の31.5インチの大画面4Kモニター。滑らかな描写を可能にする「FreeSync」や、映像出力のタイムラグを抑える「DASモード」を採用。暗いシーンの視認性を高める「Black Stabilizer」などのゲーム機能も搭載。5W×2 スピーカー内蔵

31.5インチ4Kモニター BenQモニターEW3270U

HDRで撮影された最先端のエンターテインメントコンテンツの魅力を最大限に映し出すEW3270U。3000:1の高ネイティブコントラストとDCI-P3カバー率95%の広い色域が特長のVAパネルを採用し、臨場感のあるマルチメディアコンテンツが楽しめます。1本のUSB Type-Cケーブルでマルチ接続も可能です。

32インチ4Kモニター JAPANNEXT モニターJN-IPS320CUHDR

JN-IPS320CUHDRはUHD(3840×2160)解像度に対応したHDR対応液晶モニター。圧倒的な表示領域に加え、HDR機能を使用することでよりリアルに迫った色鮮やかな映像体験を味わうことが可能。1本のUSB Type-Cケーブルでスッキリ接続が可能。ベゼルも極薄で2台並べて利用してもベゼルが邪魔になりません。

43インチ4Kモニター I-O DATA EX-LD4K432DB

4K UHD(3840X2160ピクセル)解像度に対応した、大画面43型液晶ディスプレイです。4K 60Hzにより、1秒間に60フレームを表示させることができるので、なめらかで鮮明な映像を表示させることができます。動きの速いスポーツでもクッキリ映像を楽しめます。

グラフィック用途用こだわりディスプレイ

上記では、コスパの良いモニターを中心に紹介しましたが、グラフィック製作用のモニターなら、すこし高いモデルを選んだ方がよいでしょう。色のばらつきの少ないIPSパネルが最適。

LG モニター ディスプレイ 27UL850-W

映像用のHDR規格HDR10とVESAが策定したモニター用のHDR規格DisplayHDR 400に対応。コントラストが向上することにより細部の表現力が大幅に高まり、さまざまなリアリティあふれる映像で再現します。

視野角が広く、発色が鮮やかで自然な映像表現を実現するIPSパネルを採用。水平178度/垂直178度の広視野角と自然な色合いを再現するIPSパネルが4Kの映像美を一層引き立たせます。また、sRGBカバー率99%に対応。色の再現性を徹底的に追求し、高性能プリンターやデジタル一眼レフカメラなど、sRGBの色域に対応した入力・出力デバイスの色再現に対応しているので、DTPや写真・印刷においてカラーマネージメント環境を整えることが可能です。映像を楽しめる5W+5W スピーカーも内蔵。

EIZO FlexScan 31.5インチ ディスプレイ EV3285-BK

ディスプレイの画質と性能に定評があり、グラフィック業界では定番となっているEIZOの4kディスプレイ。ソフトごとに表示モードの関連付けが可能です。
輝度の調整範囲が広く、約1cd/m2の低輝度に画面を暗く調整でき、低輝度時も表示が安定しています。どのような環境でも、最適な明るさに調整し、目への刺激を抑えます。

個人・法人でも利用可能な大型50インチ以上 4kモニター

50インチ以上の大型ディスプレイなら、個人利用なら、映画やゲームの楽しみ方も一味UP。高臨場感が楽しめるようになります。

さらに法人としての利用価値もさらにUP。
50インチ以上のモニターなら、会議モニターとしての利用価値も格段にアップ。USBメディア再生機能でお店などでデジタルサイネージ(店頭での広告用ディスプレイ)としても十分利用できます。

また展示会など大型のモニターが必要な場面でも重宝。モニターレンタルするとそれだけで非常に高額な料金がかかります。購入して、通常はオフィス使い。展示会時は持ち出して使えば、これまでレンタル費としてかかっていた費用を大幅に削減できること、間違いなしです。

50インチ4kモニター JAPANNEXT JN-VT500UHD

created by Rinker
ジャパンネクスト(Japannext)
¥57,567 (2020/03/30 15:36:55時点 Amazon調べ-詳細)
4K解像度に対応した大型液晶モニター。10Wx2のステレオスピーカーを搭載しHDCP2.2対応で4K配信動画も堪能できます。50インチでこの値段は破格!Amazonでも人気の1台です。

55インチ4Kディスプレイ DMM.make DKS-4K55DG3

created by Rinker
DMM.make
¥63,627 (2020/03/30 15:36:55時点 Amazon調べ-詳細)
DMM.make 55インチ4Kディスプレイ「DKS-4K55DG3」は、価格を追求した大型4kモニター。ご自宅のレコーダーやゲーム機を本製品に繋いで4K映像を大画面で楽しめます。映画やゲームも高臨場感で楽しめます。個人利用だけでなく法人で会議ディスプレイ、デジタルサイネージとしても十分活躍するサイズです。

最後に

今回は、コスパのよいおすすめの4kモニターについて紹介しました。
是非、4kモニターの導入で、仕事の生産性をUPさせてくださいね。

マルチモニター用のパソコンも合わせて新調したい方は以下の記事もご参考に!