生命を維持する上で大切な「睡眠」
ビジネスマンは睡眠がおろそかになりがちですが、仕事のパフォーマンスを上げるためにも睡眠は重要です。

著者は、「一流の人」を「常に一定以上のパフォーマンスを出し続ける人」と定義とした上で、数日の見直しでパフォーマンス向上が見込める「睡眠こそ最強のビジネススキル」だと提案します。
本書では、今の生活スタイルを変えることなく、極端に睡眠時間を増減させることもなく、効率的かつ効果的に睡眠をとって仕事のパフォーマンスを上げる「攻め」の睡眠メソッドが学べます。

睡眠のキモは「量」ではなく「質」

ベットに横になっても、しっかり睡眠がとれていなければ意味はありません。睡眠効率=実際の睡眠時間÷横になっていた時間×100を高めることが大切です。睡眠効率が85%以上を目指すことが大切です。

睡眠では以下の3つの疲れを解消することが大切です。
1.肉体的疲労:体の疲れ
2.精神的疲労:心の疲れ
3.神経的疲労:この疲労が続くと集中力が低下したり、もの覚えが悪くなる

これらを放置すると、お互いがタッグを組んで疲労を悪化してしまいます。この最大の対策が睡眠です。

眠気に注意する時間帯・寝ない方がよい時間帯

人には眠気が襲いやすい時間があります。14~16時の間です。
また、眠りの質を高めるためにも寝ない方がいい「睡眠禁止帯」ともいえる時間があります。19~21時が該当の時間であり、激しすぎない運動で心地よい疲労をさせると良質な睡眠に効果があります。

睡眠は貯金できるか?

「寝貯め」という言葉がありますが、残念ながら睡眠は貯金をすることができません。睡眠不足を補う「借金返済」は可能です。
週末にいつもより長く寝る人は多いですが、これは「寝貯め」ではなく、睡眠の「借金返済」です。但し、一気に睡眠不足を解消しようと休日夕方まで寝てしまうと、生活リズムの乱れにつながり、かえって翌週の睡眠に悪影響を及ぼします。

睡魔を解消するコーヒーの飲み方

コーヒーなどに含まれるカフェインは眠気解消の効果があります。カフェインは睡眠誘発作用のある「アデノシン」という物質の働きをブロックしてくれるのです。効果はアイスよりホットで飲む方が吸収が高まるため、睡眠ブロックの効果も高まります。
なお、血液中のカフェイン濃度は、健康な人の場合2時間半から4時間半ぐらいで半減します。そこで、9時、12時、15時にコーヒーを飲むと効果的です。また、17時以降はカフェインを取らないように心掛けましょう。

今すぐやめるべき睡眠前の悪習慣

1.布団の中でのスマホ
2.寝る前のカフェイン
3.帰宅中の電車内での「うっかり寝」
4.帰宅直前のコンビニ立ち寄り
5.夕食のドカ食い

最適な睡眠時間を見つけるために睡眠ログを取ろう

最適な睡眠時間は人によって異なります。故、自分の最適な睡眠時間を見つけるに、まず1週間の睡眠ログを取ってみましょう。。具体的なつけ方は本書で丁寧に解説されています。

※私は睡眠ログを活動量計FitBitでとっています。
睡眠が浅い時間や2度寝などのログも残るので、睡眠ログを取るためにおすすめです!

Amazonで価格と評価をチェック