【書評/要約】稲荷山誠造 明日は晴れか(香住泰著)(★3) 本のサナギ賞受賞作、じじまごが巨悪を切る
▼シェア&フォローする▼

じいさんとまご ふたりが、巨悪を切る!

痛快な娯楽ストーリーを読みたい方におすすめな本のご紹介です。

created by Rinker
¥1,485 (2023/11/29 05:37:10時点 Amazon調べ-詳細)
Kindle Unlimited 対象本

本作は、本のサナギ賞受受賞作。この賞は、「本の虫」である書店員が「世に出したい」小説=「本のサナギ」を見つけ、ベストセラーという「蝶」に育て羽ばたかせたい、という思いから生まれた文学賞です。

テレビドラマになった「3匹のおっさん」のような痛快さがあるストーリー。ストーリーがリズミカルなので、最後まで一気読みしました。

今回は香住泰さんの小説「稲荷山誠造 明日は晴れか」の感想です。

[スポンサーリンク]
\ 購入で最大10%のお金相当が増える /


今月のおすすめ本
\ ふるさと納税:本日最大還元 /

稲荷山誠造 明日は晴れか:あらすじ

稲荷山誠造 明日は晴れか:あらすじ

関西の金融会社会長、稲荷山誠造(いなりやませいぞう)のもとに、既に縁を切った娘、桃代(ももよ)の息子――すなわち孫の翔(しょう)が訪れ、「お袋がいなくなった」と告げる。金のことしか頭にない頑固物だが、パワフルな行動力と肝っ玉をもつ誠造(70歳)と、大食いなだけで頼りない翔(19歳)。
かみ合わない爺孫(じじまご)コンビは、桃代を見つけ出すことができるのか!?

翔の母の失踪をきっかけに、次々と事件が発生。
税務調査、殺人事件、ヤクザ、拉致、そして官僚・政治家の不正へと話が展開していきます。

稲荷山誠造 明日は晴れか:感想

久しぶりに、この手の小説を読みました。ただただ、痛快です。

じじいパワーに圧巻

本書に溢れるのは、誠造の「老人パワー」です。

関西の金融会社会長で、切った張ったの世界で生きてきた人物だけあって、たとえ、体力・頭の衰えを日々感じていたとしても、やっぱり、頭が回る。特に、巻き込まれた事件・危機の土壇場で、素晴らしい頭の回転を見せます。歳をとっても、頭の回る老人って、いいなぁ。自分もそうありたいなぁと思った次第です。

いやいや、そんなうまくはいかんだろう、というストーリーもありますが、そこがこの小説の良さとなっています。

また、ストーリーのところどころに、ケチケチ思考がでてくるのですが、それが、またいいです。

まごの成長

あすじの中にもあるように、とつぜん現れた孫の翔は、最初はとても頼りない青年。しかし、爺さんパワーに接しているうちに、たった数日の間の出来事ですが、翔を強くしていきます。

人生には「自分を飛躍させる出来事」があるものですが、翔が変容していく姿が描かれています。

また、最初は、互いの人生が全く理解できない、愛情を感じない爺さんと孫息子の間に、生まれてくる愛情も見どころです。

著者の香住さんの狙い通り、「人は何歳になっても変われる」というメッセージが伝わってきました。

最後に

今回は、香住泰さんの「稲荷山誠造 明日は晴れか」を紹介しました。
このストーリー、テレビドラマにすると、どの俳優さんが適任か、などと考えて読むと、さらに面白いかもしれません。

created by Rinker
¥1,485 (2023/11/29 05:37:10時点 Amazon調べ-詳細)
Kindle Unlimited 対象本

過去、文学賞「本のサナギ賞」を受けた作品では、清水カルマ著「禁じられた遊び」を読みましたが、こちらは、2023年に映画化予定。こちらはぞっとするホラーですが、引き込まれました。