▼シェア&フォローする▼

Binance Launchpad(ローンチパッド)は、Binanceに新規上場するプロジェクトのトークンが安く買える取引所開催のトークンセールです。

取引所が主催するトークンセールは、一般的に、IEO(Intial Exchange Offering)と呼ばれますが、上場後、セール価格の何倍、何十倍を価格をつけることも多いことから大人気です。

この度、このLaunchPadBeta Finance(ベータファイナンス)が登場。上場日前に安くトークンを買うチャンスです。

今回は、Beta Financeのトークンセールについて紹介すると同時に、以下についても紹介します。
・LaunchPadとは何か
・どのように参加すればいいのか
・安くトークンを買い付けた後の投資戦略

Beta Financのトークンセール(IEO)

Beta Finance(ベータファイナンス)のトークンセール(準備期間含む)は2021年9月30日 – 2021年10月8日に開催されます。

トークンセールの概要

トークンセール概要

セール価格         :1 BETA = 0.06 USD
提供されたトークン     :50,000,000.0000 BETA
ユーザーごとのハードキャップ:20000 USD (333,333.33 BETA)
トークンセール期間     :2021年9月30日 – 2021年10月8日

トークンセールのスケジュール

トークンセールの期間は、4つの期間からなります。

❶準備期間

2021-09-30 9:00~
本セールに参加する条件は、取引所のトークンである「BNB」を保有していること。
BNBの保有残高※により、トークンセールでトークンを購入する権利が与えらます。
上記の期間、ユーザのBNB残高が1時間ごとのスナップショットで計算され、最終的な1日の平均BNB残高によって、後でコミットできるBNBの最大量が確定します。

BNBの保有残高とは

BNBの保有残高は以下のBNBの合計で求められます
・現物アカウント残高
・証拠金アカウント残高
・サブアカウント残高
・バイナンスセービングアカウント残高
・BNBヴォールトアカウント残高
・バイナンスフィアット口座残高
・先物ウォレット残高
・バイナンスカードウォレット残高
・ローンチプールアカウント残高
 
後述しますが、特に運用せずに、ただ現物アカウントに置いたままのBNBがある場合は、「BNBヴォールトアカウント」に置いておくと、自動でBinanceが最適な運用を行ってくれるので便利です。

❷定期登録期間

2021-10-08 15:00~
この期間は、購入の権利行使をするための時間です(4時間)。
トークンセールで新トークンを購入したい場合は、その意思を示す必要があります。購入契約に署名すると、BNBはロックされ、最終的なトークンの配布まで、転送、引き出し、取引などの他の機能を利用したりアクセスしたりできなくなります。

❸計算期間

2021-10-08 19:00~
この期間に、募集状況に応じて、トークン割り当ての計算が行われます。

❹最終的なトークンの配布

2021-10-08 20:00
最終的なトークンの割り当てが計算され、対応するBNBがロックされているBNBの金額から差し引かれ、代わりにトークンとBNBトークンの両方がスポットウォレットに転送されます。

LaunchPadとは何か、有効な投資戦略は?

・LaunchPadとは何か
・安くトークンを買い付けた後の投資戦略(いつ売るとよいかなどなどの戦略)
などについてより詳細に知りたい方は、以下の記事にて解説しているので参考にいs手ください。

BNBの運用を楽にするBNB Vault

Binanceでは、LaunchPad以外にも、Launchpoolなどユーザへの投資チャンスとなる新規案件が適宜開催されていますが、これら新規案件の開催状況を追うのは、専業投資家でもない限りなかなか難しいものです。

そんな方には、BNBヴォールト(BNB Vault)アカウントへのBNB預入が便利。

このアカウントにBNBを預け入れてくと、Binance側で勝手に最適運用してくれます。利用方法は以下の記事をご確認ください。

Binanceへの国内取引所から送金には要注意

BNBやその他国内取引所で取扱いのないトークンの購入のためにBinanceへ仮想通貨の送金をするとき、どの国内取引所を利用していますか?
送金する取引所を吟味して利用しないと、送金によっては1回当たり3000円とか、大きなコスト差が発生します。
 
以下の記事で、送金で損をしない方法を紹介しています。

BNBの高利回り運用が可能なSwissborg

Swissborg(スイスボーグ)は、従来、限られた一部の富裕層しか利用することができなかったプライベートバンクの管理運用を、AI×ブロックチェーンで実現することを目指すクリプト・ウェルス・マネージメント・プラットフォーム(仮想通貨の運用プラットフォーム)です。

暗号通貨業界は衰退も激しいですが、本プロジェクトの開始は2016年。管理チームは仮想通貨に詳しいばかりか、世界的にも有名な銀行や運用資産会社で重要ポストについてきた人たちで、これまでも、優れた仮想通貨のプロジェクトに与えられる賞で、優れたパフォーマンスやユーザサービスに対して、これまで数々の賞を受賞しています。

このプロジェクトに安心感があるのは、定期的に日本語でもプロジェクトの進捗やパフォーマンスに対してレポートを行っていること。なんと、新入社員が入った場合は、その人の役割や経歴なども紹介されます。とにかくメンバーの顔が見える点に安心感があります。

さて、紹介したいのは、SwissborgのSwissborgの資産管理アプリ「Wealth App(ウェルスアプリ)」。対象資産を預けるだけで、ほったらかし運用が実現します。初心者には難しいDeFi運用の知識は不要。Metamaskなどを使わずともアプリで運用が実現します。

このアプリでの注目はBNBの運用利回りが高いこと。
BNBそのものを増やしたい方は、Binanceに置いておくより高利回り運用ができます。

Swissborg ウェルスアプリ運用利回り
Swissborg ウェルスアプリ運用利回り(2021年10月5日現在)
口座開設&送金などで最大100€相当のSwissborgトークン$CHSBがもらえる🥳
Swissborg を使ってみる

Swissborgのアプリの詳細、口座開設&利用方法などについては、以下の記事にてご確認ください。

最後に

今回は、Binance LaunchPad に新登場のBeta Finance(ベータファイナンス)のトークンセール(IEO)について紹介しました。
もしBNBやBUSDなどをただ口座に保有したままになっているなら、有効な運用方法の一つとして、ご検討ください。

上昇を見せるビットコインを無料で手に入れたい方は、以下のサイトも要チェックです。

皆様へのお願い🙏

本記事が少しでもお役に立ったなら、記事を書く励みになりますので、 Twitterフォロー RSS(feedly)登録をしてもらえると嬉しいです。新規記事公開時にお知らせいたします。