価格急騰中のバイナンスのBNBトークン。どんなトークン?価格上昇の背景は?
▼シェア&フォローする▼

ビットコインやイーサリアムが勢いづいてきたことで、これまで国内仮想通貨取引所のみで取引をしてきた人の中には、多彩・多様な運用を求めて、海外仮想通貨取引所での取引を始めてみたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

海外仮想通貨取引所にデビューするなら、まず考えるべきは、仮想通貨取引所世界最大手のBinance(バイナンス)

新たな仮想通貨運用の道」を開くためにも、是非、口座開設し運用を始めてもらいたいのですが、ここで、初心者🔰がぶち当たる壁が「Binance口座への入金」です。

事実、Binanceで口座を開設してみたものの、入金でとん挫してしまい、「新たな仮想通貨運用の道」に踏み出せない人が多数!(多分、取引まで到達する人は1/4もいません)。折角、普通の人より、更なる運用を求めて動き出したはずなのに、これでは進展がありません。

私も、過去、様々なことを、小さな挫折で後回しにして後悔したこと多数!でも、これはもったいない!
そこで、本記事では、海外取引所のbinanceで取引するに当たって最初の壁となる「入金方法」をわかりやすく図解。送金手数料・売買手数料を抑えてバイナンスへ資金移動する方法も合わせて紹介します。

最大手取引所Binanceとは

Binance(バイナンス)は、仮想通貨取引所世界最大手。取引高No.1で、日本国内で取扱いのない通貨・トークンはもちろん、各種運用サービスも揃っています。Webもアプリも日本語対応しているので、英語が苦手な方でも無理なく利用できます。

正直、日本の仮想通貨取引所のみで取引していると、仮想通貨市場の最新事情はわかりません。世界の動向・サービスを知る上でも、口座開設をしておいた方がいい取引所です。

以下の話は、binance口座があることを前提に話を進めるので、まずは口座開設(日本語、無料)を行ってください。
Binanceの詳細や、口座開設方法(図解付き)については、以下の記事で紹介しているので、ご存じない方、改めて理解したい方は以下の記事を参考にしてください。

以下では、海外取引所を使うとに初心者🔰がぶつかる「2つの壁」を解説します。理解さえすれば、手続き自体は難しくありません。

Binanceで取引を始める第1の壁:入金

世界最新の取引所サービスが簡単に利用できるBinanceは大きなメリットがありますが、冒頭でも述べた通り、日本人にとって最初の”壁”となるのが「入金」です。

Binanceをはじめ、海外の仮想通貨取引所は、基本的に「銀行口座からの日本円の入金」ができません。よって、取引を始めるには、以下の手順を取る必要があります。

Binanceへの入金方法

❶日本国内の取引所で仮想通貨を購入
❷Binanceに仮想通貨を入金(取引所間送金)

【参考】クレジット購入という方法もあるが、手数料が高くつく

銀行口座入金、仮想通貨入金以外の第3の方法として、「クレジットカードで仮想通貨を購入」という手段があります。しかしこの方法は、手数料が高くつくのでおすすめしません。
※クレジット購入は、BTC/ETH/BNB/XRP/USDT/BUSDに対応。即日反映
 
クレカポイントがたまるというメリットはありますが、それを差し引いても手数料が高くなります。そのため、「仮想通貨の取引所間送金」が一般的な方法です(今回の説明でもクレカ利用の詳細は割愛します)。
 
今後、Binance以外の様々なサービスを利用して運用しようする場合も、「取引所間送金」は必ず必要なステップとなるので、日本語で手続きができるBinanceで慣らしましょう。

第2の壁:送金に使う取引所(取引手数料・送金手数料を安くする)

ここまでで、バイナンスで取引を始めるには取引所間送金が必要なことは分かりました。次に考えなくてはいけないのは「どの仮想通貨取引所から送金するか」です。

既に仮想通貨を保有している取引所があるなら、最初は、その口座からの送金で構いません。

しかし、今後、新規に国内取引所で仮想通貨を購入し、Binanceへの送金を考えているなら、「取引手数料・送金手数料がともに安い取引所を使う」ことをおすすめします。

私が海外送金用の国内口座としておすすめするのは、「GMOコイン」です。

GMOコインなら取引所間送金手数料0!

GMOコインは、Coincheckやbitflyerに比べて知名度が低いですが、国内、海外ともに取引所間送金の手数料がかかりません。

また、販売所でなく、取引所取引で板取引(指値買い)をすることにより、購入額や取引手数料も抑えることができます。

海外取引所口座への送金専用として、口座を用意しておくだけでも価値があります。口座開設にかかる時間も短いです。

「送金手数料」はバカにならない

coincheckやbitflyerの場合、送金手数用がかかると述べましたが、具体的にいくら送金手数料がかかるのか?
 
例えば、coincheckの場合、BTC送金の場合、0.0005 BTCが必要です。1BTC=600万円なら「3,000円」でバカにならない手数料がかかります。
 
その他の送金手数料は以下にてご確認ください。
coincheck:手数料一覧
bitFlyer:手数料一覧

Binanceへの仮想通貨送金の流れ

以下では、Binance、および、GMOコインの口座が開設済みであることを前提に、具体的に以下を実行する手順について解説します。

Binanceへの入金方法

❶GMOコインで仮想通貨を購入(日本円入金→仮想通貨購入)
❷GMOコインからBinanceに仮想通貨を入金

❶GMOコインで仮想通貨を購入

①GMOコインにログイン後、右上の「日本円を入金」をクリックする。

②「即時入金」画面で入金する金融機関を選択
 ※画像表示以外にも取扱金融機関あり ※振込入金も可能

③「入金額」を入力の上、「送金開始」をクリック

④右上の取引余力が増えたことを確認の上、「取引所 > 現物取引」に移動で、購入条件を入力の上、「確認画面へ」をクリック。
下図は、ビットコイン0.1BTCを指値600万円で指値購入する場合の図です。

ワンポイント

一般的に「販売所」で購入するより「取引所」で買う方が安く買えます。
また、「指値買い」を利用することで、少し安く通貨を購入することができます。
ただし、指値を低く設定しすぎると、指値にヒットせず購入できなくなります。確実に買いたい場合は「成行」で買うなど、相場状況に応じて、設定ください。

⑤確認画面で問題がなければ、「確定」をクリック。
 約定案内が届けば、通貨購入は完了です。

GMOコインからBinanceに仮想通貨を入金

ここからは、実際にBinanceへの送金です。最初は着金までドキドキしますが、これをクリアしないと、「仮想通貨の新たな運用の世界」が開けませんので、頑張りましょう。
以下では、ビットコインBTCの送金を例に話を進めます。
※少し前の画面キャプチャ―のため、若干取引画面が変わっている可能性がありますが、流れはわかると思います。

①バイナンス上部メニューから「ウォレット」>「フィアットと現物」をクリック。

②ビットコインをバイナンスへ送金したい場合は検索窓に「BTC」と入力し、見つかったら「入金」をクリック。

③画面にバイナンスの送金先が表示されるので、QRコードで読み取る、或いは、コードをコピーします。

③送金元となるGMOコイン口座にて送金画面を開く。
 GMO「入出金」>「暗号通貨」>「送金したい通貨(下図の場合はBTC)」と進む。

④画面上部のメニューの「送金」をクリックすると、以下の画面が表示される。
❶まずは、Binanceで確認した入金用のアドレスを「新しい宛先を追加する」で登録。
 →GMOコインから「宛先リストの登録」メールが届くのでメール内URLをクリック(10分以内)
❷その後、画面に追加された宛先をクリック選択する。
❸次に、送金数量を入力したら、2段階認証コードを受け取り、入力。
❹最後に、「確認画面」に進み、追加の2段階認証コードを入力し、送金を済ませてください。

⑤少し待つと、Binanceから着金のお知らせメールが届く。
 無事、着金(DEPOSIT)が完了したか確認してください。

以上で、入金作業は完了です。

入金(送金)時のトラブルを避けるための注意点

送金後、着金するまでの間は多少時間がかかります。しかし、最近は、ネットワークの混雑などで、長時間待たされることはないと思います。
送金通貨にもよりますが、数分~長くても30分でしょう。
以上で、これで、BTCを元手に、バイナンスで取扱いのある通貨を取引したり、DeFi運用のためにBSCに送金することが可能になります。

なお、送金時にトラブルになりやすいのは、送金アドレスの入力ミスです。送金を間違えると資産を失うことになります。
送金時は「送金アドレスが間違っていないか」(手入力はミスのもと、コピーで入力)は、十分確認をしてください。

最後に

今回は、世界最大級の取引所Binance(バイナンス)での取引を始めるに当たって、初心者が最初につまずく「仮想通貨送金の壁」を打破するために、送金方法までのステップを図解で解説しました。
また、バカにならない送金手数料を抑えるためのおすすめ国内口座としてGMOコインを紹介しました。

仮想通貨はまだまだ新しい金融資産で、先駆者メリットはあります。しかし、1年スタートが遅れるだけでも、手が出しづらくなり、また、うま味も薄くなります。是非、興味を持った時に、「新しい世界」を切り開いてください。