不動産クラウドファンディング「SYLA FUNDING(シーラファンディング)」が本日ファンド1号案件の募集を開始で口座開設してみた
▼シェア&フォローする▼

少しずつクラウドファンディング投資を進めているChami(@poststand)です。

クラウドファンディングをする場合は、最悪のケース(デフォルト)を想定し、の分散投資を徹底する方針で投資を行っています。

今、私は、米国株式も日本株式も非常に高水準にあり積極投資がしにくい状況で、案件選定さえ間違わなければ、値動きを気にせず「待つだけ」のミドルリスク・ミドルリターン投資が実現するクラウドファンディングは重要な投資対象と位置付けています。

そんな中、これまで融資型のクラウドファンディング=ソーシャルレンディングに投資を行ってきましたが、不動産に投資を行う不動産型のクラウドファンディングにも興味を持っています。

また、クラウドファンディングのポートフォリオを形成する上で、投資期間が数ヵ月と短い案件も用意していきたいと考えていたところ、新しく募集が始まる不動産クラウドファンディング『SYLA-FUNDING』があったので、早速会員登録を行いました

以下、SYLA FUNDINGの不動産クラウドファンディング(クラファン)の特徴、口座開設法など紹介します。

SYLA FUNDING(シーラ ファンディング)とは

SYLA FUNDING(シーラ ファンディング)は、1口1万円から投資が可能な不動産クラウドファンディングサービス

2010年設立の「株式会社シーラ」が手掛ける自社ブランド「SYFORMEシリーズ」の物件の中から、投資家自身が物件を選択し、投資家自身が自ら投資ポートフォリオを組むことができるようになっています。

SYFORMEシリーズ物件は、IoTとデザインで驚異の入居率99.8%を誇る人気物件。自社物件の強みとして、物件の詳細はもちろんのこと、実際の現場の写真を豊富に使用し、投資に必要な情報を積極的に提供することが可能。この利点を最大限に利用し、対象不動産に対する透明性高め、投資家が納得した上で投資申込ができるように努められています。

募集案件の状況

本日12/13から第1号・第2号のファンドの初募集が開始されたばかりですが、ファンドの投資期間3ヵ月で4%台となっており、最初の案件として人気がでそうな雰囲気です。
物件場所も、世田谷区、渋谷区となっており、需要が十分見込めそうな場所です。
当然、第1号・第2号ファンドですから、会社側としても魅力的な案件を打ち出すと同時に、成功の自信もあると考えられ、人気を集めるのではないかと思われます。

SYLA FUNDING(シーラ ファンディング) 第1号・第2号ファンド

物件情報の詳細を見るには、登録が必要になるので、本案件、或いは今後の物件に期待して、口座開設をしましょう。

「J-REIT」や「株式投資」との違い、「銀行預金」との違い

特に、SYLA FUNDINGに限ったことではありませんが、「不動産クラウドファンディング」と「J-REIT」「株式投資」との大きな違いは、投資元本評価がマーケットに影響されにくく、資産価値の変動が低いことです。
案件のデフォルト・資産の毀損がなければ期間終了と共に、リターンとともに投資元本が返金される「ミドルリスク・ミドルリターン」の「待つだけ投資」と言えます。

円定期貯金が0.01%、普通預金に至っては0.001%の金利しか付きません。つまり、日本の銀行に預けておくのに対し、400倍、4000倍のリターンがある投資と言えます。

「不動産クラウドファンディング」と「銀行定期預金」には圧倒的な金利差

これまでの不動産投資は、富裕層や高所得者向けの投資であり、一般的にはハードルが高いというイメージがありましたが、「SYLA FUNDING」のような事業者が、簡単に案件に投資できるサービスを提供してくれることにより、投資家は投資対象・投資機会が増えたと言えます。

本クラウドファンドサービスに関するリスク

株式会社シーラは設立以来、同様の不動産事業に携わってきておりますが、過去10年間の投資実績はディフォルト率0%
一般投資家にクラウドファンディングを募集するに当たって、更に投資への安全度を高める仕組みとして「優先/劣後方式」の仕組みを採用しています。

優先/劣後方式

・利息計算期間ごとのリターンは投資家から優先的に分配
・売却時などに損失が発生した場合には運営者から優先的に負担

運用資産の評価額が下落した場合、その下落額は、まずは劣後出資者である運営者が負担し、劣後出資者の元本全額をもって補填できない場合には、優先出資者の元本が減少するという仕組みです。
優先出資:劣後出資 = 70:30ならば、不動産評価額が運用開始時評価額の30%超下落しなければ、投資家の元本は毀損しません。

リスクはないわけではありませんが、運営者自体が先行して損をしないためにも、なんとしても収益化しなければならない使命をもって、事業に当たってくれる点は安心できます。

優先出資者の元本の安全性を高める「優先/劣後方式」:SYLA Funding(シーラファンディング)

SYLA FUNDING(シーラ ファンディング)口座開設の方法

SYLA FUNDING(シーラ ファンディング)の口座開設は難しくありません。一度、クラウドファンディング系の口座を開設したことがある方なら、同じ要領で口座申し込みが完了します。

口座開設の流れ

口座開設の流れは以下のようになっています。

口座開設の流れ

Webサイトにアクセスし、名前・メールパスワードなど入力し申込
②すぐに送られてくるメールのURLをクリックし、ログイン
③投資者情報の登録(確認のための質問は少な目、本人確認書類のアップロード必要)
④SYLA FUNDINGでの投資家審査
⑤審査通過後、登録住所に本人確認の簡易書留が到着
 
※太字が投資家本人がやるべきこと

身分証明書さえあれば、①②は5分もかからず完了します。
また、①②が完了すれば、物件情報の詳細は確認可能です。

最後に

今回は、不動産クラウドファンディング「SYLA FUNDING(シーラファンディング)」について紹介しました。

米国株式も日本株式も非常に高水準にあり、積極的に投資がしにくい状況で、案件選定さえ間違わなければ、待つだけのミドルリスク・ミドルリターンの当時が実現するクラウドファンディングは重要な投資対象と位置付けています。
いろんな募集案件を確認することで、自分のクラウドファンディング投資経験も高めていきたいと努力中です。

もし、私と同じようにお考えになるなら、以下の案件も確認してみてください。Amazonギフト券がもらえるキャンペーンもあるので、皆さんもご活用を!

クラウドファンディング サービス一覧

安心した案件を探す方法として私は以下のような案件を重視して投資を行っています。

安心度の高い案件を見つけるChamiの重視ポイント

❶日本保証の保証付き案件 ※日本保証の保証付きファンドあり
❷一部上場会社、あるいはそのグループ会社が運営する案件 ※赤字記載
❷創業間もない会社の案件 ※ New!
※下記、一覧内のマーク

❸については安全性という観点から矛盾があるように思えますが、企業にとってはその後の顧客獲得のために絶対に成功させたい案件であるはずです。特別優遇のプレミアがついていることも多いので「狙い目」と考えています。

以下、一覧を見る際のご参考に。

 クラウドファンディング会社一覧
社名特徴利回り目安
運用期間目安
融資型(ソーシャルレンディング)
オススメ!
Crowd Bank
(クラウドバンク)

クラウドバンク
過去にデフォルトなし累計募集額がまもなく1,000
・安定的な募集があり、申込しやすい
・証券会社(第一種金融証券取引業)が運営する安心感
・1万円から投資可能

5.0~7.0%
2~36ヵ月
オススメ!
クラウドクレジット
海外案件を扱う案件で最も信頼性が高い
・新興国を対象とする高利回り案件に投資可能
・1万円から投資可能
・SBI、三菱UFJ、LINE、伊藤忠などが株主である安心感
5.5~11.0%
13~31ヵ月
SAMURAI Fund
SAMURAI FUND
日本保証の保証付きファンドあり
JASDAC上場企業の完全子会社が運営
保証付きや上場企業の連帯保証付き案件が魅力
・1万円から投資可能
5.0~9.0%
3~24ヵ月
CAMPFIRE Owners
日本保証の保証付きファンドあり
購入型国内最大級のクラウドファンディングCAMPFIREグループが運営
保証つき ファンド実績あり
・国内・海外も含めた様々な事業案件を予定
 農業、古民家再生、待機児童対策幼稚園 等
・一般的に従来の金融機関・金融サービスでは取扱いが
 難しい資金需要に対し、資金調達機会の提供を目指す
・1万円から投資可能
3.0~7.0%
10ヵ月~
LENDEX
(レンデックス)

案件の大部分に担保を設定。LTV80%以下
・国内不動産案件に特化
・東急リバブルと事業提携し、不動産担保の評価額に利用
・2万円から投資可能
・1年以内の短期投資が中心

6.0~13.0%
6~12ヵ月前後
Pocket Funding
(ポケットファンディング)

Pocket Funding
日本保証の保証付きファンドあり
人口増加率国内トップクラスの沖縄の高利回りファンドに投資が可能
・LTV70%以下の保全背の高いファンドを提供
・沖縄で認知度の高い財全グループが運営
・軍用地投資、ホテル・観光施設案件などにも投資可能
・1万円から投資可能
4.0~9.0%
3~24ヵ月
Bankers(バンカーズ)
バンカーズ
・創業昭和44年3月、第二種金融商品取引業保有の企業
・12月15日から第1号ファンドが募集予定
・1万円から投資可能

【6/30まで】

4.0%程度
6ヵ月~24ヵ月
FUELオンライン
FUELオンライン
融資先は上場企業(不動産案件専門)
・12月スタートの新しいソーシャルレンディング
・ただし、2020年2月から運用のCRE Fundingにてソシャレン運営実績あり
・1万円から投資可能

2.5%程度
6ヵ月~24ヵ月
不動産投資型
CRE Funding
CRE Funding
東証一部上場のCREグループが運営
・安定性の高い物流不動産ファンドへの投資
・第二種金融商品取引業者による厳格な案件審査
・1万円から投資可能

3.0%
12ヵ月
CREAL(クレアル)
CREAL
不動産投資型では運用資産残高No.1
・運用資産残高約300億円の不動産アセットマネジメント会社※が運営
 ※ブリッジ・シー・キャピタル
・募集案件が大型で、申込時もクリック合戦とならず申込可能
・優先劣後方式で一定割合の下落はCREALが負担
・1万円から投資可能
3.5~5.0%
6~24ヵ月
Jointoα(ジョイントアルファ)
Jointoα(ジョイントアルファ)
東証一部上場企業の穴吹興産が運営
・運営期間が12ヵ月程度の案件が多い
・優先劣後方式で3割以下の下落はJointoαが負担
・10万円から投資可能で、他サービスより投資下限が高い

【6/30迄延長】新規会員登録で
Amazonギフト券 1,000円分プレゼント

Jointoα(ジョイントアルファ)
3.5~5.0%前後
12ヵ月
Rimple(リンプル)
Rimple(リンプル)
東証一部上場のプロパティエージェントが運営
ポイント投資が可能
 (永久不滅ポイントハピタスモッピー
・都心に特化した高利回りの優良物件を取り扱い
・優先劣後方式で3割以下の下落はRimpleが負担
・1万円から投資可能
5.0%前後
6ヵ月
ぽちぽちFUNDING
ぽちぽちFUNDING

創業50年の老舗が運営
・原則、解約可能
・優先劣後方式で3割以下?の下落は運営会社負担
・案件はこれから、ただし同種サービス実績あり
・1万円から投資可能

?
ASSECLI(アセクリ)
アセクリ

8%という高い想定利回り設定!
・優先劣後方式30%で投資家の元本安全性を最大化
・1万円から投資可能
4.0~8.0%
victory fund(ビクトリーファンド)
victory fund
東京エリアの不動産事業に特化するカチデベロップメントが運営
・地価が非常に安定している東京で一棟収益不動産の小口投資案件を提案・運用
・不動産のバリューアップ及び売却までを一気通貫で実施
・1万円から投資可能

ローンチ記念!口座開設キャンペーン(5/31まで)
~10.5%
ファンド貸付型
Funds(ファンズ)
Funds
上場会社、監査法人が監査をしている会社に投資が可能
・VCなどから出資・投資を受ける成長期待のスタートアップ企業にも投資可能
・1円から投資可能

【6/9まで】Amazonギフト券プレゼント

1.5~6.0%
株式投資型
FUNDINNO(ファンディーノ)
FUNDINNO(ファンディーノ)

IPOやバイアウトを目指す企業への投資が可能
・投資が成功すればリターンは10数倍以上
・エンジェル投資税制の適用案件が多い
・10万円前後から投資可能
Unicorn(ユニコーン)
ユニコーン
成長著しい分野の企業へ投資が可能
エンジェル税制認定業者
・IPOに至ればリターンは極めて大きくなる
・IT×金融に強いメディア「ZUU online」の株式会社ZUUが運営に関与
・5万円から投資可能
イークラウド
イークラウド
IPOやM&Aに至ればリターンは極めて大きくなる
・大和証券グループとの連携
CAMPFIRE Angels 
IPOやバイアウトを目指すスタートアップ企業への投資が可能
・エンジェル税制適用したベンチャー投資が可能
・プロの厳正な審査した案件のみ取扱い
・1口10万円程度から投資可能
購入型
CAMPFIRE
CAMPFIRE
購入型国内最大級のクラウドファンディング
・コロナ禍をきっかけに大躍進。企業・投資家(購入者)から大きな支持を獲得
・続々と最新案件がエントリー

※最大手「SBIソーシャルレンディング」については、投資家が安心に投資できないニュースが飛び出しましたので、表から削除しました。

待つだけ投資!クラウドファンディング・ソーシャルレンディング
クラウドファンディング・ソーシャルレンディングを始めよう

資産形成・老後資金確保のために投資の必要性は十分感じているけれど、リスクの高い投資は避けたいし、毎日、チャートチェックして投資タイミングを計るのは時間的にも難しい。
そんな方向きの一つの投資方法として、注目を集めるのが貸付型(融資型)のクラウドファンディング「ソーシャルレンディング(ソシャレン)」です。

投資の特徴を学ぶ
クラウドファンディング とは(種類、市場規模、拡大の理由、メリット、リスクなど)
ソーシャルレンディングサービス比較一覧(特徴、利回り、運用期間)
ソシャレンで利回り6%で増やす資産形成(利回り計算シミュレーション)
デフォルト歴なし!クラウドバンクのソシャレン投資
ソシャレンの早期償還:メリットとリスク
クラファンの税金と確定申告

クラファン会社の特徴
融資型  :クラウドバンク SAMURAI Fund CAMPFIRE Owners
不動産型 :CREAL Rimple CRE Funding Jointoα 
株式投資型:FUNDINNO Unicorn
購入型  :CAMPFIRE

私の”実”投資案件
クラウドバンクの太陽光発電ファンドへの投資の理由
日本保証付き 好条件ファンドに投資!
【比較】仮想通貨レンディングのメリット・デメリット、国内サービス比較を徹底解説

未来のお金とクラファンの理解を深めるために最適な良書(書評)
家入一真 著「なめらかなお金がめぐる社会。」
伊藤 慎佐仁 著「インパクト投資」

▼シェア&フォローする▼
この記事を書いた人

chami(チャミ)

chami(チャミ)

好奇心旺盛に楽しく生きるをモットーとする、弱小個人投資家。
身銭を切って、株/FX/CFD/仮想通貨など取引。以下の2点を投資の基本方針に、税・節約なども意識し、賢く資産を増やす方法を探求中。

・税制優遇制度はしっかり利用し投資
・市場を問わず、底値買いして一定期間保有

趣味は、海外旅行読書ジムサウナ
ライフ:気軽なバツイチ、おひとりさま女

▼皆さんのフォロー・お便りが励みです▼

マルチモニターPCで効率的に仕事・投資をしよう!

コメントを残す