クラウドバンクの太陽光発電ファンド案件に2回目の投資を実施
▼シェア&フォローする▼

昨日の記事で、私Chami(@poststand)が人生初にそー洒落るレンディング投資を実施したクラウドバンクの太陽光発電ファンドの一部が早くも早期償還されたことをお伝えしました。

当初投資額10万円に対し、償還額は18,421円。また、税引き後の分配金額もあるため、2万円弱がクラウドバンクの口座に預け入れたまま、運用されずに遊んでいる状態になりました。

私は、今後、決めてしまえばあとは待つだけ、ミドルリスク・ミドルリターン投資のソーシャルレンディング(ソシャレン)の投資額(融資額)を徐々に増やしていきたいという考えを持っています。

そこで、12月2日(月)まで開催の「応募総額700億円突破キャンペーン」を利用して、平時より少しは有利な状況絵投資ができる機会を利用して投資を実施することにしました。



投資案件は口座開設をしないとみられない

クラウドバンクのソシャレン案件は常時複数本が走っています。
公開情報を確認して投資案件を決めるわけですが、投資案件の詳細情報は口座開設者のみに公開されます。

つまり、ソーシャルレンディング投資を考えているなら、まずは、口座を開設し、どのような案件が走っているか確認することが必須になります。1件当たりの募集期間はさほど長くありませんので、なおさらです。まずは、口座を開設しましょう。

事前に口座を開設しておけば、投資申請した投資金額の合計額に応じてキャッシュバックされる「応募総額●00億円突破キャンペーン」を効果的に活用できます。(口座開設、本人確認までに一手の期間が必要。キャンペーンが始まってから口座開設しても、間に合わない可能性が高い

なお、かなり累計投資額の増加ペースが速いため、2か月ほどすると次のキャンペーン開催のチャンスが回ってくる可能性も高いです。
それまで、どんな案件があるのか、どんな案件が多いのかなどを眺めてくといいです。

クラウドバンクキャンペーン

どんな案件に投資したか(2019年11月末、2回目)

それでは私がどのような考えで投資案件を決定したか、解説します。

投資額は10万円

今回の投資額は10万円。その理由は以下の2点。

投資額を10万円とした理由

①上記キャンペーンでキャッシュバック対象金額の最低ラインが10万円
②もともとソシャレン投資は1案件10万円程度で分散投資を前提としている

ちょうど10万円のできるよう、不足額を指定口座に入金。その2時間後ぐらいには、口座に入金が反映されたと連絡がありました。

投資案件は前回同様「太陽光発電ファンド」

今回も前回同様、「太陽光投資ファンド」への投資を行いました。
今回の案件の投資の特徴をまとめると以下のようになります。

今回投資の「太陽光発電ファンド」の概要

目標利回り:6.8% ※税引き前
運用期間 :14ヵ月
担保   :■対抗要件あり
      太陽光発電所用地(所有権および地上権)に対する第一順位の抵当権設定、
      合同会社持分に対する質権設定
      ■対抗要件なし
      経産省IDに対する譲渡担保設定
      電力会社との契約上の地位に対する譲渡担保設定
保証    :関係会社連帯保証、個人による連帯保証
調達単価 :32円/kWh(税別)
投資収益 :投資額10万円の場合、分配金 6,314円(税引後)
 
※追記
運用がスタート。償還予定日は2021/02/05(運用期間;14ヵ月後)となりました。

基本的な、投資決定の考え方は、前回の投資時と同じです。

今回は、前回の案件は連帯保証がありませんでしたが、今回の案件は連帯保証がついていたのが大きな決め手です。
ただし、今回の案件の電力買取価格は32円だった点は、前回投資案件に劣っています。

太陽光発電ファンドに関する補足メモ
クラウドバンクは常時複数の案件が募集中となっていますが、太陽光発電案件は最も案件数が多く、安定的に募集されています。ちなみに12月6日現在、最新の募集案件は「太陽光発電ファンド第1400号」となり、以下に案件が豊富かが理解いただけると思います。

疑問:同じ「太陽光発電ファンド」で投資分散できるの?

今回も太陽光発電ファンドということで、投資案件の分散が図れないのでは?と思われた方、前回とはパネルの設置エリアが異なり、また事業母体も異なるため、全く別案件としてとらえることができます。

太陽光パネルの設置場所が前回は九州であったのに対し、今回は東北なので、地震、台風などでの施設破壊も同時発生することはないと考えられます(もしあるとしたら、日本中が大変なことになっています)。

最後に

今回は、私がクラウドバンクでソシャレン投資した案件の決定ポイントをまとめました。
今後は、他の会社の案件にも投資することで、分散化を図っていきたいと思います。

ソーシャルレンディングなら1万円から投資ができます。まずは、毛嫌いせずに、勉強を兼ねて少額から投資をしてみてはいかがでしょうか。

なお、各社キャンペーンを実施していますので、皆さんもご活用を!

社名社名特徴キャンペーン
オススメ!
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディングSBIグループの信用力が魅力
オススメ!
Crowd Bank
(クラウドバンク)
クラウドバンク証券会社が運営する唯一のソーシャルレンディング
オススメ!
SAMURAI証券
SAMURAI証券上場企業の子会社という信用があり、破綻リスクも極めて低い。利回りも悪くない【1/31迄】
新規口座開設完了でAmazonギフト券1000円分プレゼント
クラウドクレジット
海外案件で高配当案件が揃う。10%以上も。【12/31迄】
SBIポイント5000ptプレゼント
FUNDINNO(ファンディーノ)FUNDINNO(ファンディーノ)株式投資型のクラウドファンディング【先着1000名:12/25迄】
投資家登録でAmazonギフト券1000円分ぷr前途
COOL(クール)COOL1万円から投資可能。アジアのビジネスに特化
LENDEX
(レンディックス)
LENDEX国内不動産案件に特化。利回り高め。運用期間も短め。