【書評/要約】読書について(ショーペンハウアー 著)(★5) 良書!
▼シェア&フォローする▼

読書は大事。では、どう読めばいいのか?とお思いの方は多いのではないでしょうか。

今回紹介の「読書について」は、19世紀のドイツの哲学者 ショーペンハウアーによって書かれた読書本です。
ショーペンハウアーは、ニーチェをはじめ、アインシュタイン、フロイト、トルストイなど広範囲の人に大きな影響を与えたことで知られています。

created by Rinker
¥770 (2020/12/02 22:59:13時点 Amazon調べ-詳細)
Amazonの本読み放題サービス「kindleUnlimited」なら0円!

さて本書ですが、
・自分の頭で考える
・著述と文体について
・読書について
の3部構成で成り立っており、モノの考え方、文章の書き方、読書の仕方の3点についてまとめられています。

全編を通じ、厳しい言葉が並ぶストレートな文章で書かれており、「1日を多読に費やす勤勉な人間はしだいに自分でものを考える力を失う」等、現代を生きる私たちにも通じる耳が痛い言葉が並びます。

個人が多数の発信メディアを持つ現代社会において、有限な時間を無駄にしないために、「どう読み」「どう考え」「どう発信すべきか」深く考えさせられる一冊。時代を越えても変わらない真理をついた本で一読の価値ありです。

多読を否定。自分の頭で考えろ

「自分の頭で考える」「読書について」で、ショーペンハウアーは一貫して「多読」を批判します。

どんなにたくさんあっても整理されていない蔵書より、ほどよい冊数で、きちんと整理されている蔵書のほうが、ずっと役に立つ。同じことが知識についてもいえる。いかに大量にかき集めても、自分の頭で考えずに 鵜吞みにした知識より、量はずっと少なくとも、じっくり考え抜いた知識のほうが、はるかに価値がある。

多読することよりも、自分の頭で考えることの重要性を説いているのです。本を読むことは、自分の考えではなく、他人の頭で考えることです。読書三昧のみでは、自分の頭で考える能力がしだいに失われてゆく危険があることを厳しく指摘しています。

匿名で書くこと否定

現代社会においても、SNSにおける匿名での攻撃的な批判が問題となっていますが、「著述と文体について」では、匿名でものを書くことを厳しく批判しています。

自分が書いた文章の下に署名しないのは名誉心なき者だ。面と向かって率直に発言する相手なら、うまく折り合い、和解することができる。これに対して、陰でこそこそ言う人間は、臆病な卑劣漢で、自分の判断を公言する勇気すらない。自分がどう考えたかはどうでもよく、匿名のまま見とがめられずに、うっぷんを晴らし、ほくそ笑むことだけが大事なのだ。

また、「何一つ主張がないのに、あるように見せかけたくだらない文章」「知者を装った文章」「はっきりしない、あいまいな表現の文章」「語彙力の不足」などについても痛烈に批判しています。

今は、一人一人の個人が、Facebook、Twitter、Instagram、youtube、ブログと複数のメディアをもって発信できる時代。一部の人しか発信できなかったショーペンハウアーの生きた時代以上に、現代社会においてますます重要な問題です。簡単に情報発信ができる今の時代だからこそ、我々は、情報の発信の仕方を今一度考える必要があると言えそうです。

悪書を読むな

上述の通り、ショーペンハウアーは自分の頭で考えず多読することに否定的です。ただし、読書を全否定しているわけではありません。

人の人生・時間は有限です。故、良書とその高尚な目的に向けられるべき時間と金と注意力を無駄にしないために「悪書を読むな」と指摘します。

悪書を読まないための方法として、以下のような読書をすべきとアドバイスしています。

悪書に無駄な時間をせず、読書を血肉にするアドバイス

・大衆受けする新刊書ばかりを読まない
・古人が書いた古典・名著を読む
・思想体系をもって公正な関心を持って読む

快楽な読書ばかりではいけないことを改めて思い知らされます。

最後に

今回は、ショーペンハウアーの「読書について」を紹介しました。

本書は、私個人、本の読み手として、そして、個人メディアでの発信者として耳の痛い言葉ばかりです。それ故、「どう読むべきか」「どう書くべきであるのか」を深く考えさせられます。

本を読んでも自分の血肉となるのは、自分で反芻し、じっくり考えたことだけです。そういう観点からも、本書は自分の行動を改めるべく考えさせられる本であり、非常に有益な本でした。

本書ですが、kindleUnlimited対象本でサービス利用者なら無料で読めます。よい本なので一読を!

created by Rinker
¥770 (2020/12/02 22:59:13時点 Amazon調べ-詳細)
Amazonの本読み放題サービス「kindleUnlimited」なら0円!