判断が難しい相場で売買するとやられる。連動性の低い銘柄が一口座で管理できる【CFD】なら祝日も分散投資可能
▼シェア&フォローする▼

高値圏にある日経平均、株価と連動性が高いドル円など、連休を挟んだ相場ではなかなか投資が難しい。
多くの場合、判断が難しい相場で無理に売買をすると大抵やられて資産を溶かします。

しかし、平日は仕事でチャートなど見ている暇がないからこそ、休日にじっくりチャートを見ながら取引したいというサラリーマンも多いはず。

そんな方に紹介したいのが、【CFD口座】
①株式指数に加えて、金/銀/コーン/大豆など連動性の低い銘柄が、②祝日でも同一口座で売買できる【CFD】は、口座の準備があると投資の幅が広がるばかりか、ヘッジにも役立ち重宝します。



株式指数と一緒にコモディティ銘柄が取引できるCFD

以下は、私が連休前ツイートです。

現在、日経平均は高値圏、ドル円も取引が難しい水準。敢えて連休期間中に投資をするには難しい水準。今、リスクをとって取引する必要はないかなという判断をしている中、コーン、大豆、天然ガスが急落。長期チャートを見ても、底値圏に沈んでいたんですよね。

ですので、連休前にGMOクリック証券【CFD】でコーン、大豆、天然ガスを小ロットですが買いました。

連休でも売買可能なCFD。取引の幅が広がる

上記、売買の結果、本日、株式相場はお休みですが、CFDは祝日でも可能なので、ポジションチェックしたところ、上昇。コーン、天然ガスは利益となっています。

コモディティのチャートはなじみがない方も多いと思うので、参考のため、日足チャート、月足チャート、週足チャートも掲載します。
大底付近にいる銘柄は、買いポジションが読みと逆に相場が動いて下落しても、時間が含み損を解消してくれる可能性も高く、リスクが抑えられます。

コモディティ3種類:日足チャート

コーン
CFD コーン 日足チャート
大豆
CFD 大豆 日足チャート
天然ガス
CFD 天然ガス 日足チャート

コモディティ3種類:週足チャート

コーン
CFD コーン 週足チャート
大豆
CFD 大豆 週足チャート
天然ガス
CFD 天然ガス 週足チャート

コモディティ3種類:月足チャート

コーン
CFD コーン 月足チャート
大豆
CFD 大豆 月足チャート
天然ガス
CFD 天然ガス 月足チャート

CFDシェア国内No.1 GMOクリック証券【CFD】

広く浅く市場を見て優位性の高い銘柄で勝負する投資戦略

株式投資をする場合、大体、どんなに銘柄選定をしようが、日経平均が下落すれば、連動して下落しますよね。

また、ドル円-株式も連動性が高いため、株高/円安を期待してポジションを貼っている限りは、同じく連動してポジション分散になりません。

株式だけ、為替だけ、仮想通貨だけ と市場を特価して取引する方法もありますが、同一市場のものはとにかく値動きの連動性が高い。

だからこそ、様々な市場を広く浅く銘柄をウォッチして、優位性のありそうな相場のみ少し時間足長く取引するという方法も、投資戦略の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

スキャルピング、デイトレのように神経をすり減らさなくて済みます。

CFD、意外と使えます

CFDを主力で売買している人は少ないと思いますが、株式、為替などとは値動きの異なるコモディティを簡単に売買できるので結構使えます。売買方法はFXと変わりません。上昇すると思うなら「買い」、下落すると思うなら「売り」で、チャートで売買判断ができるなら、特別な知識は必要ありません。

値動きの異なる市場の銘柄を売買できる環境を整えておくと、売買チャンスが広がります。

CFD取引、及び、クリック証券のCFDについては以下で詳細解説してるので、興味のある方はご確認を。

クリック証券【CFD】