▼シェア&フォローする▼

新しいノートパソコンを購入する際、ビジネス業務に必須のMicrosoft Officeは、Office搭載パソコンを買うべきか、別売でOfficeソフトを購入するべきか、迷ってしまう方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

私は、Office搭載パソコンは買いませんし、Officeソフト(パッケージ)も購入せず、1年更新のクラウド型Microsoft 365 Personalを毎年更新して利用しています。

Microsoft 365なら、常に最新版Officeが使えるばかりか、ストレージやSkypeで電話をかけることもできます。世界の携帯電話、固定電話と毎月60分無料で通話でき、音声SIMが入っていない携帯電話からでも発信が可能。通話代の節約で、Microsoft 365の代金の何割かを回収できます。

今回は、Microsft 365利用のメリット(料金含む)について紹介します。



ふるさと納税コスパランキング 🍚お米 🥩牛肉・豚肉 🍗鶏肉
珈琲を楽しむ返礼品 ☕コーヒーメーカー 🫖電気ケトル ミル

Microsoft 365はメリットたくさんなサブスクサービス

created by Rinker
マイクロソフト
¥11,682 (2022/09/29 10:44:59時点 Amazon調べ-詳細)
Microsoftからのダウンロード利用で、1か月無料体験が可能
Amazonからの購入の場合、割引クーポンが利用できることも...

Microsoft365は、常に最新のMicrosoft Office+αが利用できる、サブスクリプションサービス。かつては、「Office365」で提供されていましたが、名称が変更されて現在に至ります。

個人ユーザー向けプランは「Microsoft 365 Personal」で、料金は年間1万2984円(1ヵ月当たり1,284円)で7つの最新版Officeアプリ(Word、Excel、Powerpoint、OneNote、Outlook、Access、Publisher)が利用できます。同一ユーザなら同時に5台までサインインできるので、価格面でも十分お得です。

Windows PCやMacだけでなく、タブレットまたはスマートフォンでも利用可能です。ま

Office以外のサービスが優れモノ

Microsoft365には、Officeアプリ以外にも、以下の利用が含まれており、これら利用だけでも十分、費用の元がとれます。

OneDrive (1TB)
Skype (60分/月の無料通話付き)
Microsoftエディター

OneDriveストレージ

外部ストレージを利用している人は多いと思いますが、Dropboxなどのストレージサービスを利用しているなら、Microsoft365を利用することで、サービスを1本化&節約ができます。
容量は1TBで、通常のノートパソコンの記憶容量(256GB or 512GBが多い)を大きく上回ります。バックアップにも十分です。

【参考価格】
Dropbox Plus 3年版:容量2TBで38,280円(月あたり1,063円)

Skype通話

国内はもちろん、世界の携帯電話、固定電話と毎月60分無料の通話ができます。相手がSkype ユーザーでなくてもOK。固定電話、携帯電話番号へも発信ができます。
Windows搭載のSkypeアプリでPCから電話がかけられるのはもちろん、スマホにSkypeアプリをインストールし、すれば、通話SIMが入っていないスマホからでも通話ができます。

通話だけでも元が取れる

携帯の音声通話は、通常、格安SIM系で20秒10円、楽天モバイルでもRakuten Linkアプリを使わない場合は30秒20円です。ここで価格シミュレーションをしてみましょう。
 
仮に通話料金が30秒20円ならで60分かけるとすると、
通話代金=60分/30秒×20円=2400円/月
一方、Microsoft 365 Personalの料金は月当たり1,284円の中に、Skype通話60分が含まれます。つまり、通話料金だけでも、料金の元がとれます。

Microsft365はパッケージ版より高くないのか

Microsft365はパッケージ版より高くないのか

Microsft365を選択する場合、どうしても気になるのは、永続ライセンスであるパッケージ版を買った方が価格的に安いのではないかという点です。

サブス版ク VS パッケージ版 料金比較

サブスクMicrosft365とパッケージOffice Personal 2019(永久ライセンス)の価格は以下の通り。Microsoft Office 料金表

料金比較

Microsoft 365 Personal:¥12,984/年 ※同時利用5台
Microsoft Office Personal 2019 :¥32,784
※永続版 PC2台

単純な価格比較では、パッケージ版を購入し、サポート終了期限である2025年10月までバージョンアップせずに使い続けるのが最も安いです(2年半以上の利用でパッケージ版の方が安くなる)。しかし、サブスク版の方がサービス内容が上なので単純比較はできません。

ストレージやSkype、利用台数などを考慮して、1ヵ月1,284円なら、十分魅力ある価格設定と言えるのではないでしょうか。

パッケージ版の場合、どうしてもサポート終了期限を気にしたり、サポート切れで新しいバージョンをインストールするなどのわずらわしさも生じます。このようなわずらわしさがないのもサブスク版のメリットです。

Microsoftホームページからの申し込みの場合は、Microsoft 365は1ヵ月間無料体験ができるので、使ってみたい方は試してみてください。

created by Rinker
マイクロソフト
¥11,682 (2022/09/29 10:44:59時点 Amazon調べ-詳細)
Microsoftからのダウンロード利用で、1か月無料体験が可能
Amazonからの購入の場合、割引クーポンが利用できることも...

【寄り道】パソコン買ったらすぐ必要なセキュリティソフト

パソコン買ったらすぐ必要なセキュリティソフト

これまで、新しいパソコンを買ったらすぐに必要になるソフトとしてMicrosoft Officeについて解説してきました。
もう一つ、すぐに必要になる大事なソフトはセキュリティソフトです。

私は、パソコンを利用するなら必須のセキュリティソフトは、日本で一番売れている「ウイルスバスターを利用しています。

世界No.1は「ノートン」ですが、両方使ってみた感想として、日本人にはウイルスバスターの方が使いやすいと感じています。

私は、コスパに優れた「個人利用で3台インストールできるウイルスバスター(3年版)」を利用中。PC、タブレット、スマホにインストールしています。以下のキャンペーンでお得に利用できます。

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

最後に

今回は、パソコンを買う際に悩みがちな、Microsoft Office の利用について、私ならどうするか紹介しました。
サブスクサービスは、Microsoft365に限らず、非常に便利になっています。所有から利用というスタイルでの消費も上手に利用したいですね。

新パソコン購入時のオススメPCは以下にて紹介してるので合わせてご確認を!

おすすめ お仕事&投資兼務パソコン
古くて遅いパソコン・1画面表示で不自由してませんか?
非効率な環境を改善する、おすすめのパソコンをご紹介
皆様へのお願い🙏

本記事が少しでもお役に立ったなら、記事を書く励みになりますので、Twitterフォローしてもらえると嬉しいです。新規記事公開時にお知らせいたします。