人間の寿命は生活習慣次第

50歳にはまだまだ時間がありますが、最近、知人に糖尿病と診断され、糖質制限しなければならなくなった知人がおり、自分の健康が気になって読んだ本です。

さて、本書は、50歳からの糖質制限+αをすすめる本。
本書によると、本来、人間には100歳まで元気に生き続ける遺伝子が備わっています。そして、不老長寿の生き方に、第一に重要なのは「食べ方」です。食べ物はエネルギーを作り出すわけですが、人間の体は50歳を境に大きくエンジンが切り替わります。若いころと同じような生活をしていたら老化が加速するのです。

50歳で切り替わるエネルギーエンジン

50歳までは、糖分を燃料としてエネルギーを作る解糖エンジンが働きます。しかし、それ以降は酵素を燃料としてエネルギーを作り出すミトコンドリアエンジンが働きます。
故、50歳からは主食を取らなくても大丈夫。がん予防にも、第一に糖質の豊富な食品を控え、解糖エンジンの働きを抑えることが大事になります。これはボケ防止にもつながる健康法です。

人間の寿命を決めるもの

寿命は運命次第ではなく、生活習慣次第。具体的には、ミトコンドリア、テロメア、長寿遺伝子、腸内細菌という、人体に存在する微小の物質たちが関係しています。日常生活の中でこれら4つの物質をうまく活性化できるかどうかにかかっています。

現代には体に悪い食物がたくさん

現代は噛まずにおいしいと感じる食べ物が多い。しかし、これは人間の体にとって不自然なこと。このような食べ物は、脳が活性化せず、自律神経のバランスを崩す原因になります。また、体は水に支配されています。健康のためには硬度の高い水を飲みたいものです。

日本人の便は小さくなっている

腸内細菌の数は糞便の量に大きく関係しています。糞便の半分は死んだ腸内細菌と生きた腸内細菌です。故、便の量で腸内細菌の量がわかります。

免疫力の70%は食事、残りの30%は心が決める

糖質が体によくないといわれると、あれもこれも食べられないと心が窮屈になってしまいます。しかし、ストイックに禁欲しても免疫は上がりません。心が楽しむことで、NK細胞活性が向上します。

コメントを残す