数日前、楽天銀行から以下のようなメールを受け取りました。

この度、以下の通り外貨定期貯金の優遇金利を適用させて頂きます。
なお、本優遇金利は、2018年04月16日から2018年04月25日までのお預入れ分(※円からの預入時)
■外貨定期預金 豪ドル 預け入れ期間 7日 年24%(税引き後 年19.12%)

1週間の外貨定期預金とは言え、年24%とはインパクトあります。
でも、なんで、こんな高額な金利がつけられるのでしょう?
高金利に飛びつく前に、100万円を貯金したらどうなるか考えてみます。

豪ドル金利27%定期(1週間)はお得?

金利計算に利用したのは、じぶん銀行の外貨定期預金シミュレーター
最低預入期間が1ヶ月までしか選べないので、金利24%で1ヶ月預入でどうなるか計算してみます。

 シミュレーションの前提
現在の為替レート水準をもとに、100万円を円貯金から豪ドル定期(金利24%)に1ヶ月預入、満期時の為替レートは預入時と同水準とします。

 現在の為替レート
1豪ドル円=83.89円 (2018年4月17日時点、TTS)

 円⇒外貨貯金にかかる為替コスト
楽天銀行の場合、為替コストが片道45銭かかります。つまり、往復で90銭の為替差損が生じます。

 計算してみよう、その結果は・・・
計算入力値

計算結果

損益分岐点

1ヶ月定期なら、税抜き前で4800円弱のプラスが出ます。7日間なら1,120円。豪ドルが下落すればあっという間に金利差益は吹き飛びます。

結論

優遇金利なら多少の利益は出ますが、為替コストが90銭とは大きすぎます。超短期の優遇金利ではリスクに対するメリットが小さすぎます。
それなら、為替コスト(スプレッド)が安いFXの方が断然有利
円安向かうと判断できたとき、長期駅な為替差益+スワップ金利を得る中・長期的なポジションを仕込み、じっくり寝かせてください。

仮想通貨で積立という方法もありますよ。

コメントを残す