▼シェア&フォローする▼

株やFXで市場を大きく動かす事件・要人発言・指標発表。
一瞬にして株なら数百円、FXなら1円動くことも珍しくなく、トレンドが変わったのではないかと思わせ、ポジションをどう持つか、判断に悩まされます。しかし、実際は長期トレンドを大転換させるようなイベントは滅多にありません。大体は、一定期間を経て元のトレンドに戻ります。

しかしながら、株式/FXのトレンドを大転換させる重要事項は確実に存在します。

トレンド大転換のキッカケとなる変化・予兆は、経済の原理原則を知っている人なら、株式・FXニュースなどを読んでいる方なら気が付く内容です。しかし、「トレンド大転換」は、単純に0/1で切り替わるわけでなく、上下動を繰り返しながらゆるゆると方向転換するためトレント大転換に気が付きにくいのです。

結果、多くの人はリーマンショック・コロナショック時のように、気が付いたときには大暴落に巻き込まれていて手の打ちようがなくなってしまいます。

では、何に注意すればいいか?

それは金融市場の炭鉱のカナリアとも言われる「金利と、なんだかんだ言っても世界経済に最も大きなインパクトを与える国「米国の動向です。

今回は、堀井正孝著「改訂版 金利を見れば投資はうまくいく」や、その他参考記事なども踏まえながら、重要ポイントを紹介します。

created by Rinker
¥1,650 (2022/12/04 23:19:13時点 Amazon調べ-詳細)
楽天ふるさと納税もポイントUP対象

セールをよりお得に【利用術】

大きな相場の方向性を決定づけるもの:金利

「金利」がなぜ重要なのか

市場は常に上下動を繰り返しています。しかし、そこにはあるルールが存在します。

通常、経済イベント・事件などによる値動きは一時的

経済指標の発表などで予想が大きく外れた場合、市場は動揺し、市場が乱高下します。

しかし、経験則ですが、長期時間軸で見れば、経済指標によりトレンドが大転換するのは極々まれな話。多くの場合は、早ければ1時間後、数日~数週間かかっても、結局、長期トレンド方向に戻っていきます。これは、株の場合も、FXの場合も同様です。

そのため、大きなトレンドを読まず、市場で繰り返される気迷い(上下動)に付き合っていると、資金管理に厳格なルールを敷いている方ほど、「行ってこい」でやられることになります。

「金利」がなぜ重要なのか

ただし、「金利」に関する方向転換の示唆があった場合は別です。この場合は、市場の動揺と共にトレンドが転換する可能性が高いです。

以下は、2019年の藤巻健史氏のツイッターですが、「為替は米国でも動かせず、動かせるとしたら金利を動かしたときだけだ」と発言されています。

つまり、「米国の金利が動くとき」が重要。
だから、「金利」と「米国の動向」を見ることが大事です。
chami
chami

金融市場の炭鉱のカナリア「金利」

金融市場の炭鉱のカナリア「金利」

炭鉱のカナリア」とは何らかの危険が迫っていることを知らせる前兆を指す言葉です。その昔、炭鉱労働者がカナリアを籠にいれて坑道に入って、有毒ガスの探知に利用したことにたとえ、金融の世界では、株価の急落や景気変調のリスクを示すシグナルの意味で使われます。

この炭鉱のカナリアとなるのが「金利」です。

なぜ、金利は為替を動かすのか?

ではなぜ、そのようなことが起こるのか?

各国の中央銀行は、景気のバランスを取るために金利を調整しています。具体的には、

好景気なら…

・モノが売れる
・企業は資金需要が増加、個人は消費拡大、金融機関は貸出が増加
・結果、お金の需要は高まり金利が増加

不好景気なら…

・モノが売れない
・企業は資金需要が現象、個人は消費抑制、金融機関は貸出が減少
・結果、お金の需要が低く金利が低下

つまり、中央銀行が金利上昇から金利低下に舵をきるということは、不景気でモノが売れなくなり始めたことを示す合図です。それ以降、景気は悪くなる可能性が高いため、株価は上昇から下落に転じることになります。

景気のサイクル ~金利・金融政策との関係

上記は、金利と金利政策の関係を含む「景気サイクル」を示した図です。

景気サイクルを理解すれば、何に投資すればいいかがわかる

景気サイクルの図を見ると、景気が上向き始める「春」、景気拡大期となる「夏」、景気が下降に転じ始める「秋」、不景気の「冬」の4つのそれぞれの局面で、投資家は何に投資をすればいいか、おおよそ判断ができます。

まずは、現在がどの段階にあるか、抑えることが大事です。

米政策金利(FFレート)を把握する

さて、ここで、景気サイクルのどの局面にあるかを見るにあたって、重要なのは、世界経済を引っ張っているのは「米国」です。故、上記、景気サイクルの現在地を把握する場合も、見るべきは「米国の金利」であり、「米国の経済状況」です。

では、米国の政策金利はどのように推移してきたのでしょうか?

米政策金利(FFレート)の推移とバブル・不況

上記は、米政策金利(青線)と不況期灰色)の関係を表した図です。米政策金利の低下が起こってからしばらくしてバブル崩壊が起こっていることが分かります。この歴史は繰り返されています。

今後も、株式であれ、FXであれ、米国の政策金利、および、米国債の金利がどのように動くかを見ながら、投資を行うことが極めて大切です。

2022年、「金利」の重要度が更に高まる理由

FRBはテーパリング(量的緩和策を縮小)を2022年3月に完了することを発表。その後は、インフレ抑制などのために3回程度の政策金利の引き上げを行うとみられています。

つまり、2022年は政策金利が上昇する年となり、その変化状況に応じて、株価が大きく影響を受ける年となります。つまり、その後にやってくるであろう、景気ピークアウト→不況期に備えて、株式投資のポジションを減らし、現金比率、あるいは、債権比率を高めていく必要が出てきます。

よって、米国金利の動向確認は欠かせません。

以下は、関連する情報をまとめた記事です。読んでおくと、理解が深まると思います。

金利は何度も景気減速示唆する警鐘を鳴らしていたことがわかる良書

created by Rinker
¥1,650 (2022/12/04 23:19:13時点 Amazon調べ-詳細)

2022年3月、米国のCPIは前年比8.5%となりました。これは、 40年ぶりの高い上昇率です。コロナショック前(2019年12月)と今を比べると、供給網の制約で供給が需要に間に合わない財関連などの値が高騰しています。
その要因についてや、これからの米国経済の今後についてを、世界経済の事情(ヨーロッパ、新興国…)にも触れながら解説されています。
深い学びが得られること、間違いなしです。

こちらも良書!4つの相場サイクルを押さえろ!

こちらの本では政策金利を変化点に、相場を「金融相場・業績相場・逆金融相場・逆業績相場」の4サイクルに切り取り、その時々、どのように投資すべきかが紹介されています。

最後に:トレンド転換の前には「予兆」がある

今回は、トレンドが大きく転換する前には、ある程度の準備期間や予兆があり、注視すべきは「金利」と「米国の動向」で紹介しました。

経済・投資の原理原則を押さえることで、投資効率は確実に上がります。相場変動のストレスも軽減されるので、是非、理解をすることをお勧めします。以下、景気サイクルに関するお勧めの参考書を紹介して、本記事を終わりにしたいと思います。

相場に役立つおすすめのサイクル論の参考書

created by Rinker
¥223 (2022/12/05 01:04:38時点 Amazon調べ-詳細)