テーパリング(量的緩和策縮小)はいつで、株価にはどのような影響があるのか。一般投資家は対処すべきか。
▼シェア&フォローする▼

6月16〜17日に行われた米連邦公開市場委員会(FOMC)。注目は「テーパリングの開始時期」で、パウエルFRB議長はテーパリング(金融緩和縮小)の議論を始めることを認めました。また、8月下旬のジャクソンホールで債券購入の縮小の可能性も示されるなど、金融緩和政策の縮小が行われる時期が前倒しになる可能性が高くなりました。

では、テーパリングが実施されると株価にはどのような影響があるのでしょうか?
そして、テーパリング時期はいつ頃なのでしょうか?

今回は、来るべきテーパリングに備え、前回テーパリング時の株価の動きも検証しながら、金融緩和政策の縮小と株式市場への影響を確認します。

テーパリングとは

テーパリングとは「先細り」を意味する「taper」から派生した言葉で、中央銀行が実施してきた金融緩和政策を段階的に引き締め、終了に向かわせる手法です。

一般的に、中央銀行は、景気が後退する局面で、政策金利を引き下げると同時に、政策金利を0近辺まで引き下げても景気が回復しない場合、次の一手として、国債などの金融資産を市場から大量に買い入れて資金供給をする量的金融緩和政策を実施します。

これらの政策の効果で景気が回復してくると、今度は、インフレが過剰となるため、徐々に量的緩和政策を縮小する必要があります。この量的緩和政策を終わらせることがテーパリングで、出口戦略とも言われます。

テーパリングで株価が動揺するのはなぜか?:テーパリングの影響

テーパリングの影響

テーパリングの動きを理解するには、債券と金利の関係の理解が必要です。債券は一般的に価格が上昇すると利回りが低下しますが、これが企業にとってどんな意味を持つのか見てきましょう。

テーパリングと企業の資金調達

景気後退を食い止めるために、中央銀行が長期国債の利回りをコントロールし、金利を下げると、それに連動して銀行の貸付金利も下がります。これにより、企業は、資金調達がしやすくなり(資金を借りやすくなり)、設備投資などを積極的に行うようになるため、経済活動が活発になります。

さて、ここで、景気が十分回復したとして、テーパリングが実施されるとどうなるでしょうか?
教科書的には、テーパリングを行う=長期金利が上昇するため、企業は資金調達を手控えるようになり、企業価値を反映する株価は安くなります。

テーパリングによる債券・株への影響

当然、これらの動きは、債券・株の価格に株価にも大きな影響を与えます。

まずは、債券の動きです。
金利が上がるとリスクの低い債券投資の魅力が増すため、株式市場から債券市場に資金が流れ込みます。

一方、株式は、長期国債の金利が増加すると株の理論的価値が低下し、現在の株価が割高となり、売却につながります。結果、株式を売却し、その資金は債券市場に流れます。この時、景気回復により大きく上昇した株や資金調達⇒投資に積極的だった企業の株ほど売られやすくなります。

重要

金利が上昇すると、株価は下がる

【現状】市場はテーパリング開始を2022年中と予測

【現状】市場はテーパリング開始を2022年中と予測

足元、米国では、ワクチン接種が進んだことで経済が回復。インフレも進行しています。この状況を鑑み、市場ではFRBが2022年にかけてテーパリングを開始するという見方が強いです。

過去、FRBは、2013年5月当時にFRB議長であったバーナンキ氏が、「テーパリングが将来必要」と発言した直後に世界中の株が急落した「バーナンキ・ショック」を経験しているため、パウエル議長は慎重な言い回しに徹しています。そのため、テーパリングの時期を検討し始めたことを明らかにするも、米ダウは小幅な下落におさまり、その後、株価は上昇しています。

【今後】投資難易度は徐々に上昇

【今後】投資難易度は徐々に上昇

今後の米国市場は、米国の景気回復を確認する経済指標が発表される度に、FRBがテーパリング議論をいつ始めるかを推察し、その都度マーケットは反応していくことになります。

投資難易度が上がる理由

これは、例えば、経済指標の結果に対する株価の動きを予測することを難しくします。

例えば、雇用統計の結果がよかったら、景気回復初期は株価に高絵協を与えますが、テーパリングが意識されると、雇用が良い⇒テーパリングの時期が早まると意識され、株価が下げる可能性が出てくるなど、経済指標がよいからといって、マーケットは好感して株価上昇すると判断できなくなります。テーパリングが実施される頃には、市場は落ち着いた反応となり、影響は限定的との見方もある中、株式のプロでなければ、相場を読むことは益々難しくなっていくことでしょう。

一般投資家が対処できること

こんな時に、一投資家である私ができることは、以下の3点であると考えています。

テーパリングを意識した、一般投資家の対処法

・現金ポジションを徐々に増やす
・損切りを徹底
・テーパリングの影響を受けにくい株式に投資銘柄を徐々に切り替え
 影響を受けにくい:景気敏感株 影響を受けやすい:グロース株
・景気後退期に強い銘柄への投資に徐々に切り替え
 景気後退期に強い:公共、ヘルスケア、通信 等
 ※いずれも、「徐々に」である点が重要

但し、テーパリングの時期時期である2022年まではまだ時間があり、過去の傾向から、株価はまだ上がると思われると思われます。今すぐ、株価から撤退すればいいわけではないところが、株式投資の難しいところです。

そこで次の節では、前回のテーパリングで株価はどう動いたか見て行くことにしましょう。

前回のテーパリング時、株価はどう動いたのか

複雑な株価の動きが予想されるテーパリングですが、過去の動きを見ておくことが、今後の株価の動きを予測する上では大いに役立ちます。

FRB資産額 と S&P500株価の関係
FRB資産額 と S&P500株価の関係
青線:FRB資産額 :S&P500

前回のテーパリングの時期は、2014年1月~10月。サブプライムショックからの景気回復期に実施されました。グラフを見る限り、テーパリングの期間、一時的に株価は下落することがあっても、大きな下落は起きていません。FRBが上手に市場と対話した結果と思います。

米国政策金利 と S&P500株価の関係
米国政策金利 と S&P500株価の関係
青線:米国政策金利 :S&P500 ピンク縦線:政策金利利上げ時期

上図は、米国政策金利 と S&P500株価の関係です。これを見ると、政策金利の上昇が意識された時期に少し大きめの株価下落が発生、また、大きめの株価下落を見て、それ以上の利上げがストップしています。下図は、その状況をより分かりやすく該当期間を拡大表示したものです。

米国政策金利 と S&P500株価の関係
米国政策金利 と S&P500株価の関係(利上げ期間)
青線米国政策金利 :S&P500

これを見ると、テーパリング時期も、その後の政策金利上昇時期も、さらに、政策金利上昇以降、約3年間、長期的な株価上昇傾向に変化がなかったことを示しています。

今回のテーパリングは2回目ということもあり、前回以上にテーパリングの影響は限定的になるとの見方もあります。一方で、コロナショックで金融緩和への依存度が格段に上がっているため、前回より強くテーパリングや利上げの影響が出る可能性もあります。

ただし、過度に早期から株式ポジションをクローズしたり、逆に売りに転じたりすることなく、都度、相場を冷静に見つめながら、冷静に対処することが大事そうです。

最後に

今回は、テーパリング(量的緩和策を縮小)で、株価にはどのような影響があるのか、教科書的なロジックでどのような動きが予想されるか説明したうえで、実際に、前回のテーパリング実施時の株価の動きを確認しました。

また、一般投資家はどのように対処すべきか、基本的なことをまとめました。

本文でも解説した通り、テーパリングを過度に心配してポジションをクローズすると、株価の上昇に置いて行かれる可能性も高いので、上手な立ち回りが必要です。情報収集に努めつつ、適度なリスクを取りつつ資産形成に努めましょう!