定期預金利息にかかる税金を極力払わない!利回り最大化/最適化計算法。預入額調整で定期預金税金対策
▼シェア&フォローする▼

定期預金はいくらで預け入れても同じ利率・利回りだと思っていませんか?

実際はそうではありません。適当に預入額を設定したときと、預入額を最適化したときでは「実質利回り」が異なります。

では、なぜ、実質利回りが変わるでしょうか?

理由は「税金」です。理解せずに適当な額を預け入れをすると損することになります。

そこで今回は、定期預金利息にかかる税金を極力払わなくて済む預入額の調整計算について解説します。

\ふるさと納税:Amazonギフト券【最大7%】還元🎉/
1000円の本を毎日読めば、1ヵ月で3万円分の自己投資!
自己研鑽の"神サービス"

初めてなら 30日無料 or 3ヵ月99円 📚!
解約方法を事前に確認

定期預金の利息には税金がかかる

まず、理解しなければならないのは、定期預金の利息には税金がかかるということです。その税率は20.315%

2013年1月から2037年12月末までの25年間は、東日本大震災からの復興のために、復興特別所得税が上乗され、所得税・復興特別所得税15.315%、地方税5% の合計20.315%の税金がかかります。

かなり細かい端数の税率となっているため、預入額によって、「1円以下の端数の切り捨て」が発生します。これにより、預入額によって実質的利回りが変わるのです。

定期預金最適化シミュレーターで最適預入額を計算してみよう

上述のように言われても、いまいち、具体的なイメージがつかめない方が大半ではないでしょうか?
そこで、以下の特別優遇金利の定期預金に100万円を預けることを前提に、最もお得な預け入れ方を考えてみましょう。

特別優遇定期預金 ★

楽天銀行 2週間定期預金(特別金利キャンペーン)
優遇金利 0.2%/年 ※通常の湯通預金金利は0.02%
預入最低額10万円 ※最大1000万円までの預け入れ可能

定期預金最適化方法:1口の預入額(最適額)

定期預金の最適預入額の計算は結構面倒です。
しかし、定期預金最適化計算に定期預金最適化シミュレーター Ver.2を用いると簡単に計算できます。★の優遇金利条件をシミュレーターに入力してみましょう。

すると、最もお得に預けられる元本(金額)は、以下のようになります。

【結論】最も効率的な金利で預け入れる場合、一口いくらにすればいい?

元本    169,465円
受取利息  12円(利息13円-国税1円-地方税0円)
-----------------------
実質利回り 0.185%

100万円を銀行定期預金に預ける際の、最も得する預け方

下図は、10万円から100万円を預けた時の実質利回りの推移で、預入額によって変動します。図から、一口169,465円で預けた時が最も実質利回りが高いことが分かります。

結論です。

100万円を銀行定期預金に預ける場合、最も得する預け方

・100万円を1口で定期にしない
一口169,465円の定期を6回申し込む 
※合計預入金額は1,016,790円と100万円を少し超えます

なお、本優遇金利適用の最大預入額は1000万円までです。この枠最大までの預け入れを行いたい場合は、とても面倒ですが、59回、169,465円の定期を組むと最もお得になります。

100万円を銀行に預けるならどこがいい?

さて、では、手元に100万円などまとまったお金がある場合、どこの銀行に預けるのがよいでしょうか?

残念ながら、空前の超低金利の現状にあっては、3年、5年といった定期預金であってもお金は増えません。5年定期であっても100万円でオリックス銀行の0.35%、3年定期ならオリックス銀行の0.30%が最高金利といった具合です。多くの人は、数年にもわたる定期預金を望まれていないのではないでしょうか?

そこで、以下でもっと預入期間が短く比較的金利が高い預入先を紹介します。

イオン銀行 イオンカードセレクトで普通預金金利最大0.1%

イオン銀行では、キャッシュカードとクレジットカード、WAONの機能が1枚になった「イオンカードセレクト」を発行しています。

このカードを保有する最大の特典は、普通預金の金利が上乗せされること。条件を満たせば、最大0.1%の金利で預け入れることが可能です。

普通預金なので、定期預金のように資金が固定化されてしまうこともなく、いつでも口座から引き出しが可能です。また、給与口座にしてけば入金したその日から、優遇金利が適用されるのは嬉しいですよね。

マイナポイント事業での特典も最大クラス

2020年9月1日から始まるマイナポイント事業においても、競合を圧倒する最大2000相当のWAONがもらえます。イオンなら「クレジット」も「デビット」も「WAON」もどれでもマイナポイントの対象!

多くのマイナポイント事業参加競合が500円、1000円のポイント還元のキャンペーンにとどまる中(抽選式のキャンペーンは省く)、最大2000円がもらえる特典は非常に大きいです。

楽天銀行 マネーブリッジで普通預金金利0.1%

楽天銀行には、銀行口座開設楽天証券の2つのサービスをブリッジ(連携)させる「マネーブリッジ」というサービスがあり、この連携だけでメガバンクとの比較で100倍の優遇金利年0.1%が適用されます。

イオン銀行の優遇金利に比べて、極めて簡単な条件で優遇金利が適用になるのが魅力。その他、楽天ポイントが溜まったりと特典も多いので、絶対に持ってくべき口座です。

\当ブログからの申込で必ず1000ポイントもらえる/
楽天銀行 口座開設

楽天のマイナポイントキャンペーンはいまいち

楽天のマイナポイントキャンペーンの特典はあまり大きくありません。
楽天ペイ独自特典は最大800ポイントにとどまります。

【Chami提案】銀行でお金儲けは無理!少しリスクを取ってお金を増やす

上記では、少しでも有利な生活資金口座用銀行の中から、少しでも有利な金利が付く銀行を紹介しました。

しかし、増えるのはたった0.1%。これでは、お金でお金を増やすのは無理。そこで提案するのがミドルリスク・ミドルリターンの「貸付型クラウドファンディング」や「不動産投資型クラウドファンディング」という新しい投資方法です。

1万円から投資できるので、100万円の定期を組もうと考えるなら、1万円、5万円でもいいので始めてみよう。

投資額100万円、1年後の利息(税引前)は?
例)投資額100万円、1年後の利息(税引前)は?
年利5%のクラウドファンディングなら、銀行定期比較で500倍の利息差が!

クラウドファンディングでお金を貸す

❶融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)

貸付型クラウドファンディングは「ソーシャルレンディング」とも言われますが、新しい資産の預け先として注目されている投資法。お金を資金を必要としているプロジェクトに貸し付けることでリターンを狙うミドルリスク・ミドルリターンの投資方法みで、年利3~10%のリターンを見込むことができます。

❷不動産投資型クラウドファンディング

上記が融資であるのに対し、投資対象となる物件に事前に決まった金額を預入、不動産が生み出す利益(賃貸料、売却料)を配当益としてもらうのが不動産型クラウドファンディングです。

2つのクラウドファンディングの利点

これら2つのクラウドファンディングの利点は、値動きの心配一切なし。投資案件を見極めてしまえば、後は期日が来るまで「ただ待つ」だけの投資で、満期になると資金が利息付きで戻ってくる点です。株式・FXに比べて忙しいビジネスマンでも投資がしやすいと言えます。

私は❶に該当する「クラウドバンク」で太陽光ファンドへ金利6.8%(税引き前)で資金を貸し付けて、毎月金利分配を受けています。

クラウドファンディングについては以下のリンクに様々な情報をUPしているので、是非、ご確認を。

【税金を制するなら】iDeCoやNISAで優遇税制で投資する

銀行に預けるのではなく、優遇金利&節税しながら投資することを検討してみてもいいのではないでしょうか?
60歳まで引き出さないことを前提にするなら、iDeCoの方がメリットが大きいです。

以下はまとめサイトになっているので、合わせてご確認を。

最後に

今回は、預入額によって異なる定期預金の実質利回りについて紹介しました。

税金に疎いと損することがたくさんあります。
自分の興味のある分野からでいいので、マネーの勉強をして、損しないように努力していきましょう!