月別アノマリー投資で儲ける!リスクを回避する!FX・株式で知っておくべき月別特徴(2020年6月更新)
▼シェア&フォローする▼

株やFX には上がりやすい月と下がりやすい月がある

相場の世界では、「説明はつかないけどよく当たる」、アノマリーという現象があります。

中には格言と言われているものも含みますが、相場に内在する、サイクル、季節性、クセを攻略し、アノマリーを意識してトレードする投資家も多いため、結果的にアノマリーの通りに相場が動くことが見受けられます。

アノマリーを活かした投資法を知っていると、効果的に投資、或いは、適切でないタイミングでの投資を回避でき、失敗確率が下げられる可能性が高まります。知っていて損のない情報です。

\抗体検査で安心を手に入れよう/

月別騰落率と月別上昇率

日経平均の1949年5月以降の「月別上昇確率」「月別平均騰落率」、ドル円の1998年10月以降の「月別上昇確率」「月別平均騰落率」は以下のようになっています。

日経平均

日経平均:月別上昇確率

日経平均:月別平均騰落率

ドル円

ドル円:月別上昇確率

ドル円:月別平均騰落率

※ 平均騰落率=(終値÷始値-1)の月別平均
参照:第一商品

月別アノマリー投資

相場には、月ごとに特有の動きがあります。毎年そのルールが当てはまるとは言えませんが、相場の傾向を把握したうえで売買戦略を考えた方が成功確率は高まることは間違いありません。

以下のアノマリー投資本は是非、一読をおススメします。

1月:順張り

1月の方向性は、第一週目の方向性と一緒になることが確率的に高いです。
つまり、第一週目に上昇すれば、1月全体でも上昇基調となりますし、下落なら1月全体でも下落基調となります。

株式では、「ご祝儀相場」という言葉がありますが、新年度で気分新たに相場に挑もう!という人が増えるため、株価が上がりやすいと言われますが、ドル円月間騰落率を見ると、かならずしもそうなっていない状況が伺えます。

2月:逆張り

2月の相場はあまのじゃくで、月初とは逆の動きをします。
2月1日で円安でスタートすれば、その月全体の値動きは円高になりやすい傾向があります。

3月:値動きが激し目の月

3月、4月は、日経平均は1年で値動きが激しい月です。以下は、日経平均の1949年5月以降の「月別平均騰落率」、ドル円の1998年10月以降の「月別平均騰落率」で、平均的には上昇が多かったですが、今年は例年のようにはいかなさそうです(2月の下落の反動で上げるというパターンもありますが、嬉しい状況ではないですね)

日経平均:月別平均騰落率
ドル円:月別平均騰落率

また、株式では、「節分天井彼岸底」という相場格言があります。
節分(2月上旬)に高値をつけ、彼岸(3月中旬)に安値をつけるという意味ですが、2020年の節分と彼岸の具体的な日付は、以下のページでアノマリー投資について確認ください。

4月:逆張り

FXでは、4月は3月と逆の値動きになりやすい傾向があります。

株式では、4月が新年度の始まりであるため、ニューマネーが入りやすく株価が上がりやすとされています。
一方で、最近はSell in Mayが意識されたり、また、ゴールデンウィーク前のポジション調整のために株価が下落する傾向がみられます。

2020年4月コロナショック後の世界経済:考察

今年2020年の4月は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界経済の大低迷でどうなるか、全く想像がつきません。4月スタート時に発表されている記事は悲観的なものが多数です。
※ポジショントークであるものもあるかと思いますが…

1)著名投資家 ジム・ロジャース氏

ジム・ロジャースは今後数年間で「私の人生で最悪の弱気市場」を予想 (2020年4月1日)
 
世界的な株が世界的な金融危機以来の最大の四半期損失から反発しているものの、ベテラン投資家のジム・ロジャースは今後の事態はさらに悪化、「今後数年で、私の生涯で最悪の弱気市場になると予想する」と回答。
 
コロナ・ショック、高水準の債務、低金利(将来の金利上昇)の3つの弱点があることがその理由。
 
最悪の弱気相場の前の上昇は、上げ幅が大きくなる可能性もあり、狙い目は以下の企業・分野
・債務の少ない企業
・債務が多くなく、市場シェアの大きな企業
・日本株 ※検討中
・最も打撃を受けたセクター 中国・世界の旅行、輸送、航空、農業 底が来たら
 
現在のロジャーズ氏のポジション状況は以下の通り
・米ドル現金を保有
・中国・ロシアの株を保有

2)国連経済社会局

2020年4月1日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)で、今年の世界の国内総生産(GDP)が前年比0.9%減少する可能性があるとの見通しを発表
各国で経済活動への制限が7~9月期まで続き、景気対策で所得減や消費低迷に対する十分な支援が行われなければ、さらに大きく落ち込む可能性も指摘

5月:相場の転換点

ドル円に関して言えば、中旬ぐらいから相場の方向性が変わる傾向があります。つまり、5月にその年の高値、もしくは、安値を付けやすくなります。

また、相場格言では最も有名なものの一つSell in Mayがあります。5月に売れという意味ですが、このフレーズには先があるので以下の記事で確認しておきましょう。

また、ヘッジファンドの決算期に絡んだ「45日ルール」なるものがあり、4半期決算の45日前付近にヘッジファンドがポジションを解消すると言われます。
4半期決算は通常、3月、6月、9月、12月ですから、その45日前の2月、5月、8月、11月にポジション整理が起こりやすいと言われ、株式市場では警戒が高まります。中でも、5月と11月は下落の影響が出やすいといえます。

2020年ゴールデンウィークの金融商品の売買可能日について

ゴールデンウィークは土日はもちろん、祝日も国内株式・投信は売買できません。ただし、その他マーケットで売買可能な金融市場は存在します。
2020年のゴールデンウィークの株式相場カレンダー、及び、各金融マーケットの売買可能状況については以下のページにて解説しています。
重要 2020年ゴールデンウィークの金融商品の取引 & 気をつけること & 投資戦略

2020年ゴールデンウィークカレンダー

 

6月:相場の転換点

通常の年であれば、6月のアノマリーは…
6月も5月に引き続き、「相場の転換点」となりやすい傾向があります。
その理由は、米国10年金利が年間の底や天井を付けやすい時期だからです。為替は金利の影響を強く受けるため、この時期は、為替も底や天井を付けやすくなります。

惑星の逆行状況

今現在、5月の半ばに、土星・金星・木星の3つの惑星が次々に逆行入りし、これと同時期に、緊急事態宣言が解除への期待・実施から、社会の潮目が変わりました(好転しました)。

6月は、相場が不安定化する「水星が逆行入り」します。
逆行期間は「6月18日~7月12日」
どのような影響があるかは、以下にてご確認を。

アメリカ大統領選に向けた戦い本格化
今年2020年はアメリカ大統領選。以下の日程で、大統領候補同士の争いが繰り広げられます。

米国大統領選挙の流れ

①年明けから全米各州で~6月まで「予備選挙」もしくは「党員大会」が開催
②7〜8月に「全国党大会」で各党1名の代表が決定
③11月に「一般投票」 ※各党1名の一騎打ち戦。TV討論など白熱
④大統領決定

特に、今後は、予備選挙・全国党大会の事前予測・結果が株価に大きな影響を与えていきますので、アメリカ大統領選について、知識を深めておきましょう。
以下の記事では歴代の大統領選に関するデータもまとめています。是非、ご確認を。

2020年6月の相場をどう読む? (Chamiの勝手な予測)

世界経済に急ブレーキをかけた新型コロナウイルス感染拡大防止のための各国が行った行動規制。今なお、ブラジルなど本格的に感染が拡大する国もありますが、先進国については、日本では緊急事態宣言解除、世界でもロックダウンが段階的にとかれ、それを見越して、株価は先行して大きく反発をしてきました。特に、感染者数・死者数とも少ない中、緊急事態宣言が解除された日本の反発は大きく、実体経済と離れた株価の動きに、個人的には違和感を感じています。
一方、中国が全国人民代表大会で、米国が批判していた反体制活動を禁じる「香港国家安全法」の制定方針を採択したことで、米中の対立が深刻化が懸念されるところです。

◆日本株
日本株は先んじて大幅に上昇してきたこともあるので、ここからは上値が重いのではないでしょうか。米中関係悪化も懸念です。

◆為替
ドル円は値動きの小さい展開が続いていますね。今は「ドル」も「円」も逃避通貨として機能し、これまでパワーバランスが拮抗してきたように思いますが、米中がざわつくと円高傾向?ただ、これまで同様、方向感が乏しそうに感じます。

米国の新型コロナウイルスに伴う影響、および、株式市場の動向は、世界経済の方向性を予測するためにも重要ですが、日本にいると海外の情報は取得しにくいものです。そんな米国の情報を知りたいなら、以下の無料情報ページに登録をしておいて損はないと思います。

米国株式の一次情報を無料でGet!登録はメールアドレスのみ
モトリーフール:無料メルマガ登録
プライム会員2ヵ月199円/再登録299円キャンペーン

小説、ビジネス本、実用書だけでなく、コミック、アダルトなどオールジャンルの本が200万冊読み放題になるAmazonの本の読み放題サービスKindle Unlimited

特別キャンペーンを利用すれば、何冊読んでも期間中は追加料金不要!
対象者は以下のキャンペーンページクリックで、特別価格が提示されます。
期間内に解約すれば追加費用は一切かかりません。賢く情報収取しましょう!

高価な投資本「パンローリング書籍」も価格を気にせず読める!

7月:円安ドル高

7月の円安ドル高はリーマンショックまでは非常に強力なアノマリーを活かした投資法でした。現在は、少し影響度が低下しています。

この時期ぐらいから、相場の流動性が減る「夏枯れ」への注意が必要です。

8月:円高ドル安

7月と逆で「円高ドル安」となりやすい月です。
また、7月・8月は「夏枯れ相場」と言われ、相場参加者が夏休みで減少するため、取引量が減りやすく動かなくなるか、平時よりも少ない資金量で相場が動くため、値がいきなり動くこともあります。

これは株式でも同様です。

9月:トレンドが出やすい月

9月はトレンドが出やすい月です。夏休みが終わった投資家も戻ってきて、夏枯れも終わりを告げます。9~10月にかけて、重要な国際会議が行われることが多く、相場を動かす「材料」も出てきます。トレンドが出た方向に素直についてくのがいいでしょうお。

ただし、格言「Sell in May」に続く言葉とその提言を理解してから相場入りするのが賢明です。

Sell in May, and go away; don’t come back until St Leger day.
「5月に売ってセント・レジャー・デー(9月第2土曜日に行われる競馬レース)まで戻って来るな」という意味になります。

9月の第3週目ぐらいから、様子を見ながら相場に参入する方が投資効果が上がりやすいと考えられます。

10月の欄にも書きましたが、大暴落が起きやすい時期でもあるので、「暴落の当たり年」となりそうか相場の雰囲気を感じ取る必要が必要があります。

10月:大暴落

世界を大混乱に陥れる大暴落は10月に起きている

大暴落が起きやすいのは、統計的に9月・10月
10月は、金融市場の関係者にとって不吉な記憶の強い月です。過去に滅多にないほどの規模の大暴落が複数回発生しています。

過去に起きた10月の大暴落

1929年10月24日 暗黒の木曜日、NY初世界同時株大暴落
1987年10月19日 暗黒の月曜日、NY株大暴落
1998年10月6日 たった3日間で25円ものドル大暴落
2008年10月24日 FXパニック相場、リーマンショック後の円大暴落

10月の投資戦略

大暴落が起きやすい9月、10月を避け、それが終わったころに株式購入、Sell in Mayの5月前に株を売るというのは、十分考慮の余地のある戦略です。

非常にシンプルな手法ですが、勝率UP、リスク軽減につながります。

Chami’s投資 「暴落当たり年」でなければ、かなり良いタイミングで株が買える

私は過去、夏枯れ相場が終了&暴落しやすい月である9~10月ごろにNISAで日経平均レバレッジ・インデックス(1570)を買い付けて、後はほったらかす「ずぼら積立投資(買い増し放置プレイ運用)」を実施。投資合計額276万円で227万円の利益(利益率+82%)となりました。

11月:株高の月

11月のアノマリーは「株高の11月」
相場格言「Sell in May」では、投資家は5月に市場を去り、9月第2週の土曜日までは帰ってくるなとの教えがありますが、9月、10月は過去の大暴落の月なだけに、市場が恐々としていることがあります。そんな投資家が本腰を入れ始めるのが11月。米国では12月にサンタクロースラリーによって株価が上がりやすい傾向があるため、その前に買っておこうと11月から先行して株価が上がりやすいとも言われています。

10月の決算が悪い年は「45日ルール」による株式売却に注意

10月の決算結果発表が悪い場合は、ヘッジファンドの45日ルールで売りが膨らむ可能性もあります。
ヘッジファンドの4半期決算は通常、3月、6月、9月、12月ですから、その45日前の2月、5月、8月、11月の各15日ににポジション整理が起こりやすくなり株式市場では警戒が高まります。中でも、5月と11月は下落の影響が出やすい月になります。11月の場合は、節税対策の観点から売りが増える場合もあります。ただ、最近はヘッジファンドの11月決算は少なくい傾向にあるため、影響は限定的になりやすいです。

「米国大統領選挙と株価」のアノマリー

米国で4年に一度開催される大統領選挙。開催月は11月です。

この大統領選挙にちなんだ有名なアノマリーが「大統領任期3年目は4年に1度の買い相場」というもの。

今年は、トランプ大統領任期3年目。ダウがスタートしてからから、1期4年(1年目の選挙翌年、2年目の中間選挙、3年目の選挙前年、4年目の大統領選挙)の各年間の株価騰落率を計算すると、3年目は株価が上昇しやすいことが統計からわかっています。理由はなぜかについては、以下の記事にてご確認ください。

12月:年末にドル高になりやすい

12月は、年末にドルが買われやすいと言われます。
一番の理由は、米国企業の決算に伴い、外貨を米ドルに換える動きが強まるということが挙げられています。企業決算に伴い外貨を自国通貨に換える動きはリパトリエーション(リパトリ)と言われ、決算期には、相場の世界でこの言葉が飛び交います。

特に相場が動くのは、クリスマス休暇前後
11月末のサンクスギビングデイ(勤労感謝の日)までに結果を出せなかった投資家が、小動きになるクリスマス休暇を前にして、結果を出そうと年内最後の勝負をかけるからです。

欧米ではクリスマス休暇が明けると、実質的な新年相場がスタートします。12月は方向感がなく、かつ値幅大きく荒れやすくリスクが高いので、取引は控えめに!

さて、気になるのは今年2019年末がどう終わるかですが、昨年は12月4日をピークに最安値12月26日までの間に4000ドル以上の急落を見せました。
現在米ダウ、S&P500、ナスダックも史上最高値を更新中です。まだ上がりそうな気配はあるものの、用心するに越したことはないでしょう。

最後に

今回は、月別のアノマリー投資について解説しました。
市場には、理由はよくわからないけど、確かに存在する傾向があることがお分かりいただけたのではないかと思います。

いつもその通りになるとは言えませんが、ちょっと意識していると、効率的な投資ができるのではないでしょうか。