財布がボロボロの男性は自ら「金運」を下げている。年収UPのために今すぐ改めるべきこと
▼シェア&フォローする▼

お財布は、自分の「お金に対する姿勢」を反映するようなアイテムです。

実は、「お金は大事」と言いながら、貧乏な人ほど、お金を大事に扱っていない傾向があります。例えば以下のような習慣です。

・お尻のポケットに財布を入れ、お尻でお金を敷いている。
・領収書やポイントカードで財布がパンパン
・財布がボロボロ

こういう方、大体、年収低くないですか?彼らは、自ら金運を下げています。

ご本人なら今すぐ改める必要がありますし、気になる異性(男性、女性)がいるなら、財布の状態を見て、ボロボロならあなたの将来の幸せのためにもお付き合いはやめるべき。
また、彼氏・彼女、旦那・奥さんが該当するなら、今すぐ態度を改めさせるべきです。

理由は簡単です。以下でご説明します。

社会的インパクト投資【ネクストシフトファンド】

財布はお金の居場所。居心地の良さを考えよ

「お財布」は、お金の居場所

あなたは汚い部屋にいつまでもいたいと思いますか?そんなことありませんよね。できるだけ居心地のいい場所で生活したいと思うものです。これはお金にとっても一緒。居心地がよく、きれいな財布であることが、お金を貯めるためには必須です。

おしりのポケットに入れられて座る度に尻にひかれ、かつ、ボロボロ、パンパンといったお財布の環境は、お金の立場に立てば、「こんな財布からは逃げ出したい」と思って当然です。

事実、お金持ちの方の財布はきれいです。質が良いものを使い、お札も整っています。私はお金持ちの方で財布が貧相な方は見たことがありません。

貧乏人ほど月に何度もATMでお金をおろす

あなたは月に何度お金をおろしますか?頻度が高い人はお金に縁がありません。
また、コンビニでお金をおろす人は、お金が出ていきやすくなります。

理由は、手数料に無頓着な方が多いからです。1件1件は大した金額ではないかもしれませんが、このようなことが様々な重なると大きな無駄につながります。
この点も改めるべき点です。

年収UP/収入UPしたいなら財布の意識を変えよ

上記のような、傾向は貧乏人ほど当てはまります。貧乏人ほど財布の扱いが雑です。

お金持ちには綺麗で上質な財布を使っている人が明らかに多いですが、私は、お金持ちでお尻のポケットに財布を入れて方を見たことがありません。

人を大事にする人は人脈に恵まれるのと同じで、お金、お財布に対しても日ごろから大事にする姿勢が重要なのです。

今すぐ実施!お財布の使い方/お金の使い方の改め方

まずは、ボロボロな財布を使っている人は財布を買い替え、お尻のポケットに入れて持ち歩くのはやめましょう。

キャッシュレス化が進む現代であれば、現金払いを減らすことでお金、特に小銭をじゃらじゃらと持ち歩く必要もなくなります。

また、家計簿アプリとクレジットカード/金融機関などを連携させれば、領収書をもらわなくても、自動的にアプリ上に支払い履歴が残るため紙の領収書は不要になります。

ちなみに私は、クレカ/電子マネー払いを基本とし、現金でしか支払えない場所でしか現金では支払いません。これで家計簿は半自動で生成可能。現金はあまり持ち歩かなくなりました。

オススメ:キャッシュレス時代の機能&コンパクト財布

一般的には、お金にはお金を折り曲げない「長財布」がいいとも言われます。しかし、クレジットカード決済やPayPayやLINEペイなどのアプリ決済が急速に進むキャッシュレス時代には、機能的でコンパクトな財布が便利なのではないかと思います。

今の時期なら、女性が彼氏・旦那に改心させるため、クリスマスプレゼントとして財布を贈るのもいいですね。

以下で、キャッシュレス時代に便利な機能的な財布をご紹介します。

コンパクト性、機能に定評!abrAsus(アブラサス)の財布

「薄い財布 abrAsus」などが話題になり、『TOKYO1週間』『UOMO』『IT media』『MONOQLO』『TOKYO HEADLINE』…など、多数のメディアで紹介されている財布です。

とにかく薄くて機能的です。

薄いだけじゃない
使いやすさも両立した5つのしくみ

①一覧できるから使いやすい
②鍵を入れて手ぶらででかけよう
③カードが取り出しやすいしくみ
④名刺も収納可能
⑤コインは999円入る設計

薄い財布

薄い財布

薄い財布 abrAsus(アブラサス):14,950円 カラーバリエーション豊富、女性用あり

薄い財布 abrAsus (アブラサス) classic 16,200円 ※他の色もあり

最後に

今回は、財布がボロボロな人と付き合ってはいけない理由をまとめてみました。
お金を大事に金運を高めたいなら、財布の扱いを変えることは非常に大事です。以下の記事もご参考に!