▼シェア&フォローする▼

お金の保管場所である「財布」。
財布と年収には、以下のような法則があること、ご存知ですか?

年収200倍の法則

年収 = お財布の購入額 × 200倍

\ふるさと納税で高還元!/

さらに還元率を+3%UPする方法

年収200倍の法則

お金持ちは「お財布」に気を使います。理由は、お財布の扱いがお金の扱い(たまりやすさ)に直結することを知っているからです。

ベストセラー書籍「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」で著者である税理士の亀田潤一郎氏は、税理士という立場で、お金持ちの財布をたくさん見てきて、導き出した経験則があると言います。

それが、財布と年収の関係を示す「年収200倍の法則」です。

2万円の財布の人の年収は400万円
5万円の財布の人の年収は1000万円
10万円の財布の人の年収は2000万円 ということです。

確かにお金持ちの方の財布はきれいで、日ごろから丁寧に財布を扱われている感じが伝わってきます。

created by Rinker
¥1,075 (2021/12/05 20:30:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,320 (2021/12/05 21:46:30時点 Amazon調べ-詳細)

お財布は「お金の休息場所」

お財布は「お金の休息場所」

お財布は「お金の休息の場所」であるということを理解すれば、この法則の意味も分かってきます。

お金だって、汚い安宿より高級ホテルの方が好き。居心地がよいホテルなら、長くそこにとどまりたいと思います。

また、お札の入れ方がバラバラ、領収書だらけの古い財布よりも、お財布のメンテナンスが行き届いた財布の方が、お金自身も大事に扱われていることが分かり、長くそこにとどまりたいと考えても不思議はありません。

これは財布を持つ人の「お金を大切にする姿勢」そのもの。その姿勢が収入・支出に影響するのは必然です。

いい財布を持っていると気分も上がる

不思議なもので、人は、質のいいものを身に着けたり、持っていたりすると気分がいい。

現代人は単に「高級である」ということに昔ほど意義を見出さなくはなりましたが、それでも、「品質がいいもの」「デザインがいいもの」を身に着けたり、保有していると、気持ちがUPし、それにふさわしい自分であろうと努めます。それだけ、「心地いいもの」が人の「脳」に与える影響は大きいのです。こういう人間の特性を利用しない手はありません。


「お金」に対する敬意と年収アップの意識づけという観点からも、いい財布を持つことは重要です。

いくらぐらいの財布がいいか?まずは年収1000万円を目指す財布

さて、そうなったとき、いくらぐらいの財布を持つのがよいでしょうか?

現在、日本人の平均年収は400万円台。このようないわゆる普通の人が、まず、ターゲットとして目指すのが「年収1000万円」ではないでしょうか。

これを「年収200倍の法則」に当てはめるなら、一つの目安は5万円程度のお財布というのが一つの目安として見えてきます。

もちろん、「年収1000万円目標」ではあまりに現実味がないと考えるなら、「年収÷200」を1つの目安とし、目標年収を達成するごとに、財布買い替え時により高級な財布に乗り換えていくというのもいいかもしれません。

或いは、願掛け財布・開運財布を買い求めてみるのも、「年収アップという目標」を明確にするのに良いかもしれません。

ちなみに私はゲン担ぎで、「1億円札」をお財布に忍ばせています😆

最後に

今回は、財布と年収の深い関係「年収200倍の法則」について紹介しました。

お金と良好な関係を築く観点からみて、古い財布を使い続けることはよくありません。また、財布の中の領収書やクレジットカードの整理も必須です。

特にクレジットカードの見直しは、損をせずしっかりポイントを貯めるためにも非常に重要です。昨今、業界の変化が激しく、お得な新カードが登場する一方、改悪カードも目立ちます。

是非、この機会にあなたのお財布の中を見直してみてください。